298 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/17(日) 09:07:26 [ 1yFsOfSA ] ↑参照
290氏をリスペクト。  長文失礼致します。



椅子に縛り付け、布で口を封じられたみすちー。
彼女には、厨房がよく見える特等席に御着席して頂く。

パスタの茹で具合を逐次確認しつつ、
オリーブオイルを伸ばしたフライパンに、細切りにしたニンニクとベーコンを入れ、バターで炒める。
ベーコンがカリっ焼けた頃合を見計らって、刻みチーズと生クリームを加える。
そして…

「うん、元気な卵ですね。 何より、新鮮です」
卵―――みすちーの生み落とした卵を取り出し、彼女によく見せつける。
「どうです、この肌触り。」
彼女の頬に、愛しい我が子を触れさせる。 

「さあ、この子達の一世一代の晴れ舞台です。しっかり見ていてあげるんですよ」
卵が―――子が、母親の頬を離れる。

「…!」
息を呑むみすちー。
手に持った卵を、すーっと右へ動かすと、それを追って彼女の両目も一緒に右へ動く。左に動かせば左へと動く。
そして次は、その卵をゆっくりと鉄釜のふちに当てる。

「っっ!!」
途端に、必死の形相になり、力いっぱい身をよじって激しく暴れ出すみすちー。
ガタガタと、椅子と床がぶつかり合う衝撃音が虚しく響く。

そのまま、卵を鉄釜の角に

「ん”っ! ん”っ!!」

 <<カシャリッ>> ぶつけて割る

「ん”ん”っ!!」
両目をカッと大きく見開き、布越しにくぐもった絶叫を漏らすみすちー。

続けて、もう一個の卵も

「ッ”ん”ぐ”ん”ーーッ!」

 <<カシュッ>> 割る

「ん”ん”ん”ん”ん”ん”ーー~~~ッッ!」
いやいやをするように首を激しく左右に振るみすちー。
透明な涙が飛び散った。

卵2つ分の中身をボウルに落とし、ハシで卵白だけをを取り除いて別の器に入れる。
残った卵黄を先程のフライパンの中へ投下し――――掻き混ぜる。
「…っ…………っ」
もう暴れる動きも止めた彼女は、身体を細かく震わせていた。
焦点の定まらない目は、フライパンの中で攪拌されている、我が子であったモノを見つめている。
その見開かれたままの両目からは音も無く涙が流れ出している。

茹で上がったパスタのお湯を切ってフライパンの中に加え、軽く火を通して味を馴染ませる。
最後に黒胡椒と塩で味を整えて、『特製・夜雀の卵のカルボナーラ』が完成した。
皿に盛りつけたソレを持って、みすちーの前へ歩いていく。
口を封じている布を外す。
唇を半開きにしたままで、彼女は身じろぎもしない。
光を失った瞳で目の前に差し出されたソレを見下ろしていた。


299 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/17(日) 09:09:51 [ 1yFsOfSA ]
「さあ、召し上がれ」
皿の中身にフォークを差込んで、一口分のパスタを絡め上げる。
それを、まだ半開きで無防備なみすちーの唇へ、優しく運んであげる。
しかし放心状態の彼女は、口の中に入れられたソレを咀嚼する事もできなかったので、
フォークから口の中へ移されたパスタのほとんどは、
口からこぼれて彼女の服の前部を汚し、残りは床へ落ちてしまった。
「ああ、駄目じゃないですか、食べ物を粗末にしちゃ」

立ち上がり、糸の切れた人形のように脱力している彼女を見下ろす。
「私の息子はね、このカルボナーラが大好物だったんですよ」
聞こえているのかどうかは判らないが、そのまま彼女に向かって話し続ける。
「無事に帰ってきたら、食べさせてあげる予定だったんです……」
立ち上がり、皿をテーブルに置く。
「ですから、その息子の分まで、貴女に味わって頂こうと思いまして―――他でもない、貴女にね」

「じゃあ次は、デザート用のチーズケーキをお作りしますね。
 先程取り分けておいた卵白からメレンゲを作って、これに合わせましょう」
竹篭から新たな卵を2つ取り出す。もちろん彼女の生んだ卵だ。


テーブルの皿からパスタを絡め上げ、自分の口に入れて咀嚼し、味わう。
…美味い。夜雀の卵は、鶏のソレよりも遥かに美味であった。
これでイーブンだ。
互いに喰い合う事。
だがこれは何も、特別な事はではないのだ。
これは、太古の昔から繰り返されてきた事。
これからも、ずっと繰り返されていく事。
巡り、巡る、自然の環。
生き物の本来の姿。
この世界の掟。
唯一の理。