290 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/16(土) 01:16:15 [ f9lnXdgU ]
夜雀が道に落ちていた。他の妖怪に襲われたらしく死にかけていた。死にかけの夜雀が大切そうに抱えているタマゴに気がつく。
夜雀の意識があるのを確認し、タマゴを思いきり、蹴り飛ばす。
バキィ!という音が辺りに響き、タマゴが割れた。
夜雀の頬に涙が伝う。
それは絶望の涙なのか、怒りのあまりに零れた涙なのかはわからない。

「アハハハッ!」
俺の笑い声が辺りに響く。
辺りから何かの気配がし、ガサリと草むらが動く。
たぶん妖怪だろう。
別に喰われようが構わない。
俺は既に外れてしまったのだから…

夜雀ルート
バッドEND