767 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/11/03(金) 00:38:28 [ 7ajurRLQ ]
幽香の住処まで虐めに行った
気のせいか少し顔が赤い。恐らくいきなりの来訪に腹を立てているのだろう、まずは奇襲成功と言ったところか
幽香がお茶を出してきた。これはチャンスと思い、厚かましくガブガブと飲んで何十回もお代わりを要求してやった
俺の暴弱無人さに少し困った顔をしている。フフフ、こんなのこんなの小手調べよ
更なる虐めを行おうと、おもむろに立ち上がりタンスを片っ端から開ける
下着が入っている段を見つけたので、とりあえず全部ぶちまけてやった。嫌がらせに近い気がするが、そこは気にしない
幽香はいきなりの事で唖然としている

「むぎゃ」

すると、下着と一緒に妖怪が出てきた

「誰てめぇ」
「私?そうね、そこの子の友達って事にしておいて頂戴」

どうやら幽香の友人らしい
友人を虐めてやれば幽香の精神的ショックもより多くなるだろう。恨みは無いが犠牲になってもらうぜ
偶然持ち合わせていたヒジキを、幽香の友人の口に溢れるほど入れて差し上げる
モガモガ叫んでいるが気にしない
ついでだから変な帽子を目が隠れるまで降ろしてやり、574回くらい回してからそこら辺に放り出してあげた
フフフ、自分の友人をここまで侮辱されて激昂しているかな?
少し様子を見るため、顔を向けてみる

「良くあいつが居るのに気付いたわね……別に、か、感謝なんてしないからね!」

そう言いながら真っ赤な顔を後ろに背ける。これは相当怒っている証拠だ
いっそDIO様の様に「初めてはこのオレ様だ!」とか言って無理矢理唇を奪ってみるか
うむ、それはいい。きっと泥水で口を洗ってくれるに違いない
そんな訳で幽香を無理矢理こっちに振り向かせ、ズギューン!

口を離してみると、目が何か潤んで
幽香から顔をちかづ
あれ、なにかおかしいぞ。おれのあたま、いったいどうなって
からだ、あつ、ゆーか、いただ、うまかっ、です

ゆーか
うま