※レミリアの能力についての独自設定があります

 

 

 

これは紅魔館の住人が幻想入りするとても前の話。

スカーレット家には優秀な妹フランドールと、あまり優秀とは言い難かったレミリアがいました。

母親も父親もフランドールに愛情を注ぎました。

レミリアはそれを羨ましく思いました。

 

そんなある日、レミリアに能力が芽生えました。その能力は運命を操る能力。

レミリアはそれを悪用し、様々な悪事をしてきました。

 

しかし、両親はこのことに気づきました。

レミリアは怖くなり両親を殺してしまいました。

そして自分が犯人ではなくフランドールが犯人という運命にして、

フランドールを地下室に閉じ込めました。

そうしてレミリアは今、当主の座についているのです。