732 名前が無い程度の能力 [sage] 2012/10/16(火) 01:45:04 ID:xybCbs7.0

アリスと喧嘩した魔理沙ちゃん、謝りに訪れても取り付く島もないアリスに、
そんな陰湿な奴だとは思わなかった! と仲直りをあきらめ、パチェや霊夢とつるむようになるが、
パチュリーの魔法を目にするたび、霊夢と昼食をとるたび、アリスと過ごした記憶が思い出してしまう
永夜異変の頃はよかったな、二人で真夜中に異変解決しにいって、
私たち二人の弾幕は、他のどのコンビよりも息があってた
アリスの魔法と私の魔法、協力してあの霊夢をピチュらせたときは、誇らしさに二人笑いあったものだ
どんなに急にアリスの家を訪ねても、寝ているところに上がりこんだって、
邪魔するぜ!と挨拶すると、アリスは嫌な顔もせず、今度は何のようなのと早々支度を始めるのだ
私たちは仲が良かった、親友だと思ってた
それが、どうしてこうなっちゃったのかな
胸をしめつけられるような気持ちで、悶々と夜をすごし、朝を迎えた魔理沙は決意を固めて家を出る
謝ろう、何度でも謝ろう、アリスに許してもらえるまで、
私の後悔の気持ちがわかってもらえるまで、言葉を尽くそう

アリスの冷淡な対応に意気地を萎えさせながらも、必至で頭を下げる魔理沙
思っていた以上のアリスの怒りの深さに、今の自分自身の情けなさに涙をためながらも
仲直りをしてほしいと言葉を紡ぐ
アリスが固い表情を緩め、ふ、と息をつく
もしかして、という期待に魔理沙は両手を握り合わせる

「いいわよ、許してあげる」

顔をパッと明るくする魔理沙

「ただし、条件つきね」

「魔理沙に、私の人形になってもらうわ」

「私と一緒にこの家で暮らして、私の言う事は絶対に聞くの」

「私に服を着せてもらって、髪を整えてもらうの、体も私に洗ってもらうのよ」

「そして、夜は人形棚でお行儀よくしていてもらうわ」

できる? と問いかけるアリス
その代わり、とっても優しくしてあげる、喧嘩なんか絶対しない仲良しになるのよ
私のお人形になってくれたら、前よりもずっとずっと可愛がってあげる
・・・・・・人形になれないのなら、仲直りの話しはなし。私たちは赤の他人ね
笑顔のまま、凍りつく魔理沙に、アリスは囁くようにいった。

後日、文文。新聞の1面に、仲むつまじい二人の姿があった。
新たな異変発生も即日解決! 詠唱組み健在!


  • お人形魔理沙ネタって多いな -- 名無しさん (2014-07-02 15:19:27)
名前:
コメント: