731 名前が無い程度の能力 [sage] 2012/10/15(月) 09:49:33 ID:p.mcw3oI0

魔理沙は、本を読んでいる時だけかわいい。
飛んで跳ねて、つむじ風のように周りをかき回すこの少女は、椅子に座って本を手に取るときだけ、私の理想の少女になる。
毛先のゆるく丸まった、つややかなブロンド。柔らかそうな白い頬。桃色の唇。
普段ならば動き続ける表情は、明度と色をそのままに湖のように静まっている。
青い目で手元を見下ろしている様は、長いまつげと相まって、眠たそうにも見えた。
輝きを深く沈めた透明な瞳、どんな種類の鉱石を使っても、再現はできなかった。
紙の擦る音をさせ、細い指がページをめくる。
あの指先の色艶をどうやって出すか、幾度も試行錯誤を重ねたが、納得のいくものは作れなかった。
欲しい。この魔理沙のような人形が欲しい。
半年前ならば掌で転がすこともできたその欲求は、いまや馬鹿馬鹿しいほどに大きく膨らみ、必至に押さえこまねばならなくなっていた。

「はしたないわよ」

同卓についている魔女が、目を本から上げずに言う。

「レディを嘗め回すように見るものではないわ」

パチュリーの冷淡な嗜めは、医療メスの鋭さと無神経さでアリスのプライドを切り裂いた。
欲望を魔理沙の前で暴かれた恥ずかしさに、熱が顔に集まっていく。
アリスが狼狽しながらも口を開こうとすると、それより先に魔理沙が落ち着いた声音で言った。

「いいんだ、パチュリー」

文字を目でなぞりながら、視線をあわせずに続ける。

「アリスはいつもそうなんだよ」

「凄い目で見られてたわよ。知っていたの?」

「ああ、アリスは私をモデルに人形つくってるからな。それを使って新婚ごっこをしている」

「な、なんで知って」

「面白いこと聞いたわ、レミィに教えていい?」

「いいぜ」

「ダメーーーーー!!!」

やっぱりアリスは魔理沙ちゃんをいじめられないよぉ

名前:
コメント: