723 名前が無い程度の能力 [sage] 2012/10/12(金) 22:20:14 ID:nmrm9AmA0

「霊夢にビンタ」を題材にいぢめとリョナと排水溝でそれぞれ書いてみた。
ちょっと不快かも知れない。

  • いぢめ
私は霊夢の頬を張った。
物を叩いた時独特の感触が手に伝わると同時に、パァンという小気味よい音が耳に届く。
彼女は訳が分からないという顔をしながら、私と自分の頬に貼られた物を交互に睨む。
「な、なにこれ…?」
私が貼った物。それは冷湿布であった。
恐らく初めての感触であろう、ひやひやした不可思議な感覚に、彼女は戸惑っている。
きっと何らかの術が施された符だとでも思ったのだろう。慌てて剥がしにかかるその手を、
私はがっちりと掴んだ。霊夢はあっという声を上げる。かわいい。
「どうだ。冷たいだろう」
私はニッコリと微笑んで、空いていた手でもう一つの冷湿布を霊夢のオデコに貼り付けた。
パァン。いい音がした。

  • リョナ
私は霊夢の頬を張った。
物を叩いた時独特の感触が手に伝わると同時に、バチィンという耳障りな高音が耳に届く。
彼女は訳が分からないという顔をしながら、反抗的な目で私を睨んでくる。
「な、なにをするの!」
反抗的な態度だ。気に入らない。
男に頬を張られるのは、恐らく初めてのことであっただろう。
自分の身に起こった事を理解しがたそうな、奇妙に歪んだ表情を浮かべている。
「どうだ。痛いだろう」
私は残虐な笑みを浮かべて、先ほど叩いた頬を叩いた。彼女が手で頬を押さえていたが構わなかった。
バチィン。耳障りな音がした。

  • 排水溝直通
私は霊夢の頬を張った。
バチィッブチッ。下品な音とともに、霊夢の顔が飛んだ。
彼女は訳が分からないという顔を固まらせ、茫洋とした目で宙を睨んでいる。
「ゆっくり(笑)」
私はクスッと来てしまい、霊夢の身体から噴出す鮮血から逃げそこなった。
血をを浴びて真っ赤に染まる自分を見つめながら、私はただ立ち尽くしていた。
(汚いな…風呂に入って身体を清めよう)
そう考えたのは、首を失った霊夢の身体が石畳の上に倒れる音を聴いてからだった。



724 名前が無い程度の能力 [sage] 2012/10/12(金) 22:33:10 ID:Pgn897Ag0

実にわかりやすい



725 名前が無い程度の能力 [sage] 2012/10/12(金) 22:53:41 ID:nmrm9AmA0

口直し+一つ忘れていたので急遽作成

  • ギャグ
私は霊夢=サンの頬をヒットした。
ドガァン。博麗神社が爆発四散した。
「アイエエエエ!ジンジャ!?ジンジャナンデ!?」
何でもくそもない。マッポーを生きる幻想郷では爆発はコモンイベントだ。
「ジンジャは抹殺する!ゴウランガ!」
私は勝ち誇った。
だがしかし、ただちに危険なアトモスフィアを纏った霊夢=サンは私に
手裏剣めいたショットを放ちだした。
「Wasshoi!オタッシャデー!」
これは大変非常に恐ろしい。私は死ぬかもしれない。
私はジンジャをキルした。巫女はカタキを討つつもりだ。これがインガオホーか。
「フヒッヒイ!遺憾の意!」
私はとっておきの術"遺憾の意"をオミマイした。だがなにもおこらない。
シット!古事記にも書かれているユイショ正しいジツのはずなのに!
「ムソーフーイン!」
「グワーッ!サツバツ!」
巫女が叫びながらヤバイ級の銃弾を浴びせた。実際大変非常に恐ろしい。
「おお!ナムアミダブツ!」
私は叫んだ。無意味にも。
「ザッケンナコラー!!」
「アバーッ!」
私はカイシャクされてしまった。



  • 最後ww -- 名無しさん (2014-07-29 22:44:28)
  • グ・・グロイ!!! -- サクラクローバー (2014-10-16 19:18:26)
  • ワロタw
    -- 名無し (2015-07-25 14:47:57)
  • あらまww -- 名無しちゃん (2015-07-27 10:37:29)
名前:
コメント: