649 名前が無い程度の能力 [sage] 2012/09/15(土) 19:07:51 ID:JMvyWZH20

傘は無謀にも霊夢にドッキリを仕掛けようと考えた
(1)わちき特製わきげシール(※このシールは簡単に剥がせます)を用意する
(2)寝ている腋巫女の腋に貼り付ける!
(3)翌朝、目覚めた霊夢が腋毛を見て驚く!
(4)わちきのお腹が膨れる!
(5)すかさずネタ晴らし
(6)腋巫女、「オマエノシワザダタノカ!?」と驚愕
(7)一度の悪戯で二度おいしい!奇才現る!
ここまで考えた時点で「バレたらどうなるか」が考えから抜け落ちた
小傘は自分の生み出した妙案に酔いしれていた…

思い立ったらすぐ決行!
その日の夜のうちに神社で惰眠を貪る巫女の腋をめくって… もじゃっ
小傘「えっ」
意外ッ!巫女の腋には黒いもじゃもじゃが!
小傘「もしや、既に先達が!?」
小傘は腋巫女の腋の黒いブツを凝視したり引っ張ったりした…取れない
小傘「まさか接着剤を!なんと非道な!」
これには小傘もドン引きである。しかし少しだけお腹が膨れた
(自分で驚いてお腹が膨れる。なにこの自慰行為)
変な事を考えながらブツを凝視する小傘。
(あれ?これってひょっとしてホンモノじゃね?ホンモノなんじゃね??)

霊夢「み~~~~~た~~~~~な~~~~~」

霊夢の腋のブツを観察していた小傘の傍から、地獄の鬼でも出せないようなだみ声が聴こえた!
恐る恐る視線を向けた小傘。そこには目を覚ました鬼巫女の姿があった
小傘「腋げぇ巫女っ!!」
恐怖のあまり、思わず声が上ずってしまい、"げぇっ!"と"腋巫女!"が混ざってしまった

霊夢「結界で誤魔化していた私の腋を見てしまったわね!」
小傘「えっ。まさか本当に腋毛巫女なんですか?ぷっ
小傘は思わず噴出してしまった。

腋毛巫女「……………」
こがちゃ「あっ」
決定的なミスを犯したことに気づいた時には、既に何もかもが遅かった

その後、小傘の姿を見た者はいない

652 名前が無い程度の能力 [sage] 2012/09/17(月) 20:55:43 ID:NsdafwkI0

>>649
進化系はさしずめワキガ巫女ってか。


653 名前が無い程度の能力 [sage] 2012/09/17(月) 21:11:17 ID:4tCe2d7g0

ワキ→ワキゲ→ワキガ→ワキジャ→ワキジャダイン


  • うわぁ -- サクラクローバー (2014-11-16 13:01:59)
  • 小傘ぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーー -- サクラクローバー (2014-11-16 13:02:49)
名前:
コメント: