30 :名前が無い程度の能力:2011/05/19(木) 21:54:54 ID:/wt9bRzg0
パチュリーは体調を崩した。
魔理沙が図書館に毎日来るようになり、パチュリーの看病をしたり一緒に本を読んだりする。
パチュリーは来る日も来る日もさまざまな状態不良に陥り、
それを魔理沙が図書館で勉強しながら真摯に看護し治療に当たる。

パチュリーはいつも自分を助けてくれる魔理沙が大好きになっていた。
パチュリーの病状に応じて医療、薬学、治療や製薬の魔法関連書物は自由に持ち出せるようになった。
「私はもしかしたら、もう長くないのかもしれない。
こんなに立て続けに異なる症状が出るなんておかしいもの。
私に何かあったら、ここの本…魔理沙に譲るのも悪くないかもね」
「ははは、何言ってるんだ。パチュリーが死ぬわけ無いだろ。
そんな可能性考えたら駄目だぜ。まだお前には元気でいてもらわないと」
「そう…そうよね、ありがとう魔理沙」

ある日パチュリーは、魔理沙が自宅でどれほど熱心に勉強しているのか知りたくなり、
ステルスオプションを魔理沙にくっつけて帰した。
魔理沙は図書館から持ち出した書物を持ったまま、まっすぐアリスの家に。
「ただいま。今日も大漁だぜ」
「おかえり魔理沙。どれどれ…うん、これだけあれば蕁麻疹の本は十分ね。
もう呪いを解くわ。ゆっくりゆっくりよくなって、症状が完全に消失するのは8時間後」
「お疲れさん。今度は胃潰瘍の本とかいってみるかな」
「賛成。胃に悪いお菓子を沢山用意しておくから、お土産に持ってって一緒に食べなさい。
魔理沙は胃薬を飲んでね。それで無事なら、パチュリーに免疫力低下の呪いをかけて発症させるわ。
また優しくしてやって、勉強しながらたっぷり本を貰いなさい」
「民間療法の、逆効果なやつとかあるかなぁ。あれ反応が楽しいんだよな」
「フフ、可哀相に。勢いあまって死んじゃうこともあるかもしれないわよ?」
「構わないぜ。どれだけ悪化しても即死にはならないだろ?
今の状況ならあいつ、図書館を丸ごとくれそうな勢いだからな。いい遺言が聞けそうだぜ」
「あはは。何よ、もうゲームクリアする気なの?
もうちょっと過程を楽しんでもいいじゃない。人間はせっかちねぇ」