394 :名前が無い程度の能力:2011/08/20(土) 19:45:27 ID:H2WZFApM0

今朝、とっても変な夢を見た

紫が霖之助に恋をしてるんだけど、自分の立場や評判上この恋は実らないだろう……とか思って悲しんでいる
……しかし、霖之助は霊夢に恋をしているため、頻繁に神社を訪れる
霊夢は霖之助の恋心になど微塵も気づいておらず、『親友』という認識でお茶を飲みながら談笑

何も気づいていない霊夢、頬を赤らめて幸せそうに笑う霖之助
時折その場に姿を現す紫だが、霖之助は恐れを抱いているのかやや引き気味
それにすら気付かず、自身に対しても屈託のない笑みを向ける霊夢が妬ましくなって、ひとり歯噛みをする紫

ある日、紫は嫉妬に狂って、「貴女さえ……貴女さえいなければ!」とか叫んで霊夢を隙間送りに
隙間に飲み込まれた霊夢は、紫が呼びもどすか、紫が死ぬかしない限り永遠に空間の狭間を彷徨うことに……

たまたまそれを見てしまった射命丸文は、写真を撮って幻想郷中にばらまく
それは、霊夢のかたき討ちをするメンバーを集めると言う意図もあった

翌日、新聞を読んだ藍が、おそるおそる紫に事実の確認を取る
「うるさい!」と叫んでその手を振り払い、文のもとへ
隙間から顔を出した紫の視界に飛び込んできたのは、殺意を込めた目で彼女を睨む幻想郷の住人達……


チルノ「よくも霊夢を! あたいたちは死んでも一回休みの妖精だ! みんな、特攻するわよ!」
大妖精「うん、行くよ!」
三妖精「おー!」
無数の雑魚妖精「……」ドバババババババ(無言で紫に弾幕を放つ)

魔理沙「敵討ちのためなら、この命! 惜しくもなんともないぜ! 恋符『マスタースパーク』!!」
アリス「私だって!」(通常弾幕展開、同時に特攻する人形たち)
萃香「見損なったよ八雲紫! 私はアンタを許さない!」

レミリア「貴様、霊夢をよくもー!」
咲夜「許しません、絶対に!」
パチュリー「お礼をさせてもらうわ、受け取りなさい!」
フラン「あはははははっ! 許さない許さない許さない……」


映姫、小町、妹紅、慧音、永琳、輝夜、優曇華、てゐ、幽々子、妖夢、神奈子、諏訪子、早苗、にとりがいた
その後ろにも様々な人妖がいっぱい
霊夢の人望を目の当たりにして絶望し、自棄になって応戦するも弾幕に飲み込まれてぼろぼろになって倒れる紫

……で、突如開いたスキマから、欠伸をしながら霊夢が出てくる
「あれ、なにこれ?」とか言ってる霊夢にみんなが殺到


「ちょっ!? え、なになに!?」とか言いながら、かわるがわるいろんな人に抱きしめられる霊夢。
紫がそれを薄目で見つめながら、えっぐえっぐと嗚咽を漏らして泣きじゃくり続ける


ここで目が覚めた
悔しそうに泣きじゃくるゆかりんと、みんなの嬉し泣きと抱擁に戸惑う霊夢がかわいかった





  • この夢を見たのはこの文書いた人って事か… -- 名無しさん (2011-08-28 13:12:45)
  • ゆかりんwwww -- 名無しさん (2011-09-19 16:34:47)
  • カリスマあるな…このチルノ -- 名無しさん (2012-03-02 16:47:33)
  • いいゾ~これ -- 名無しさん (2015-01-20 02:15:35)
名前:
コメント: