79 :名前が無い程度の能力:2008/07/28(月) 21:38:20 ID:Xle8jN82O
だがちょっと待ってほしい
幻想郷からも忘れられた早苗さんはこちら側、つまり長野に戻ってきてしまうのではないだろうか
しかし、一旦幻想郷に行ったときに家族や友人の記憶からは早苗さんのことは消えていて…


82 :名前が無い程度の能力:2008/07/28(月) 22:35:58 ID:Xle8jN82O
実の家族に不審がられて警察につきだされた早苗さん
警官「だから、本当の名前を言いなさいって」
早苗「本当なんです!私は早苗、東風谷早苗なんですって!嘘だと思うなら戸籍を調べてください!」
警官「今調べてるよ。どうせ嘘だろうがな。一家全員が知らないって言ってるんだから。大方、密入国でもしてきたんだr」
部下「し、調べてきました…」
警官「おう、早いな…おい、これはなんだ!」
部下「ですから、あったんです。戸籍が…」
警官「なん…だと…?」
確かに戸籍はあった。DNA鑑定の結果も適合した。
しかし、早苗さんの家族は『なぜ全く知らない娘を家族として迎え入れなければならないのか。気味が悪い』と受け入れを拒否。近隣住民も口を揃えて『あんな子は知らない。初めて見た』と言う。
白熱するメディアの報道。『受け入れるべき』『いや、受け入れないべき』ワイドショーの格好のネタとなっていた。
『某国のスパイか?』『いや、実家が神社だそうだし神隠しとかじゃね?』『ねーよwww』某巨大掲示板では無責任な憶測が飛びかう。
事態はいつのまにやら首相が発言するほどのレベルにまで達していた。
処遇が決まるまでの間、孤児院に入れられることになった早苗さんは…