561 :名前が無い程度の能力:2008/07/17(木) 03:23:29 ID:H6of0UwY0
ついに!ついにやりました!
射命丸文はやればできる子だったんです!
今までずっと人前ではロングスカートで幻想郷の他の少女のように
パンツを見せるなんてことは決してなかったアリスさんの、
アリスさんが部屋の中でスカートを脱いでるとこをばっちり
盗撮したんです!これはスクープですよ!一体これまで
どれだけの人妖がこの瞬間を待ち望んだことか!
さぁ、早速現像現像

少女暗室中

「……」
「………………」
「……………………あれ?」

文は目が点になる錯覚を覚えた。
アリスの、スカートをはずしてショーツだけになったはずの下半身は
そこにあるはずの腰部もろとも、『無かった』のだ。
比喩の類ではなく、本当に、すっぱ抜けたように存在しない。
大腿部も途中から存在していなかった。まるでそこだけ透明人間のようだ。
文はだんだん怖くなってきた。これは心霊写真を撮ってしまったのか?
それとも魔女のバァさんの呪いか!?
現像したての写真を持って文は家を飛び出て、一番信頼がおける知人である
椛の元へと向かった。

椛は、慌てる文をどうどうと制し、渡された写真を見て、何でもないかのように言った。
「文様。これはポリゴン欠けです。ほら、お腹は写ってるのに、反対側は描写されてない」
「え・・・え?」
「いやだなぁ文様。ゲーム中に見えない部分まで描写するグラフィッカーは居ませんよ」

「文様だって、ほら」
椛はおもむろに文のシャツを脱がして、背中を鏡で見せた。そこには――