405 :名前が無い程度の能力:2008/06/25(水) 00:01:56 ID:hcpuG6aQ0
霖之助を罵倒したい。

魔理沙のことが大好きなパチュリー。
毎日魔理沙に襲撃される日々が続く中、突然魔理沙が来なくなる。
不思議に思って魔法の森まで訪ねると香霖堂で「借りてくぜ」する魔理沙の姿が!
(私だけが特別だと思ってたのに!)思わず店内へ飛び込むパチュリー。

「私よりそんな男のほうがいいと言うのね…」
「な…そんな問題じゃないぜ、ただお前のところから借りすぎたからしばらく控えようと…」
「嘘よ。ねえ…その男のどこがいいの?
確かに器量はそこそこだけど中身はどうなのかしら。
こんなじめじめした魔法の森で店を開くなんて正気じゃないわ」
「…そんなことはないよ、この場所なら人間相手にも妖怪相手にも商売ができる」
「ああ、それと幻想郷の中心のつもりらしいぜ」
「誰も来ないことぐらいわかってるでしょう。「幻想郷の中心」…?
半端者のくせに神様気取りなんて、頭がおかしいんじゃない?
天狗の新聞で読んだことがあるわよ、意味の分からない自分勝手な持論を持ち出して、
自分ひとりで納得してる根暗なんでしょう、あなた」
「…い、いや、当時は利点しか思いつかなかったというか…
それに「幻想郷の中心」というのは魔理沙が勝手に――」
「しかも日頃から外に出ずにありえない妄想に浸って…他にすることは無いの?」
「他にすることはないのか、だって?僕はこの通り古道具屋を…」
「そういえば幻想郷縁起であなたのことが書かれてたわ、
『相手にしたくない性格』だそうよ。
かわいそうな半妖、皆に嫌われて一人ぼっちなのね。
…ああ、だからこんな人の来ないところに人の来ない店を建てて…
ねえ、あなた本当は引篭りたいだけなんじゃないの?」
「ぼ、僕は落ち着いて本を読める物静かな雰囲気が好きなだけで…」
「家に引篭ってるような根暗はみんなそう言うのよ!」
「そ、そんな……」
「そんな根暗で、不健康で、外出もせず本ばかり読んでる…え、あれ?…引篭りなんかより、わたしのほうが、ずっと…」
「………」
「………」
「………」
「………」
「………」

「( ゚д゚ )」