236 :名前が無い程度の能力:2008/06/21(土) 02:05:11 ID:D2qPKcMs0


「怖いわ怖いわ、蓬莱人怖いわ妖夢」
「大丈夫ですよわたしが幽々子様を、……って暑いからちょっと離れてください」
「だって怖いんですものー!」








「ふふっ」

 笑ってしまってら目が覚めてしまうと思っていたけれど、笑ってしまった。

 夢を見ていた。
 もうお昼前なのか、障子を通った淡い光がお布団にしみこんで、部屋の中は優しい光に溢れていた。
 楽しい夢だった。
 わたしは布団にもぐりこんで、さっきの夢のことをゆっくりと思い返した。

「ふふっ、うふふっ」

 思い出すと、わたしはおかしくなってもう一度笑った。

 なつかしい。
 あれは確かもうずっと昔のことだ。

 わたしは竹やぶのそよぐ音と、半そでの小さな肩を思い返していた。
 わたしがずっと摘んでいたあの子のシャツは、よく洗濯されていて白く清潔だった。
 わたしを守るとか言って、本当は自分もちょっと怖がってたくせに。

 妖夢、そうだ妖夢。

「ようむ」

 わたしはゆっくり声に出して言ってみた。
 随分久しぶりに口にした名前だった。
 上手く言えるか心配だったけれど、わたしの口はまだその言葉をちゃんと覚えていた。

 わたしが「ようむ」と言うと、あの子はすぐに飛んできた。
 めんどくさそうな顔をしながら、心配そうな顔をしながら、嬉しそうだったりもした。
 わたしはあの子のことが大好きだった。
 楽しかったなぁ、あの頃は。

「ようむ」

 もう一度言ってみた。
 優しい響きだった。
 わたしの声は、誰の耳にもとどかずに静かにお布団のなかに消えていった。