199 :種族:名無し 多様性:高:2008/05/12(月) 00:58:04 ID:1T37StnYO
………ッッ!!!



遅蒔きながら、チルノちゃん最強化→湖の大ガマすらも凍らせて遊び、砕く
「あははははー!あたいったら、ほんとにさいきょーねっ!」
ライフワークである(?)蛙の氷結&解凍遊びも、スケールが大きくなっていたた。

「そうだっ!蛙といえば…」


数刻後、守矢の二柱神がひとりである諏訪子が、ボロ雑巾のような姿で、チルノの足元に倒れ伏していた。
「もうおしまいなのー?
神様っていうから、ちょっとは楽しめると思ったのに…
まぁ、これであたいは名実共に、氷精から氷神になったわけねっ!」
「…ぁ゙……ぅ゙………?」
地面に俯せに横たわる諏訪子は、未だに現実を信じられないかのように呆然とした表情をしている。
諏訪子の体は、痙攣するように震えていた。
酷く痛めつけられた上に、化身の性ゆえの弱点である冷気に、体の芯まで凍えているからである。
「そうそう!あたいね、楽しい遊びを知ってるんだ!」
諏訪子は虚ろな目を低い地面に彷徨わせている。
「カエルを凍らせてね、その後、水につけて元に戻すのを繰り返すの!」
嬉々とはしゃぐチルノの言葉に、虚ろな諏訪子の目が僅かに大きく見開かれ、次いで怯えたように震えた。
「そうやってるとね、おもしろいんだよっ、
三回に一回はね、
氷の中のカエルがね、
氷といっしょにバラバラに砕けるんだよっ!

あははっ、恐い?ねぇ、恐いー?
あんたは何回でバラバラになるのかなっ」



さらに数刻後
ただならぬ悪寒を感知し、紅魔湖に駆け付けた早苗さんの目の前で
「あはははっ!すごいすごいっ、新記録更新だよー!?
さっすが神様、丈夫なんだね!」
眼球が裏返り、白目を向いたまま氷漬けにされた幼い神が
「…諏訪子…さま……?」
氷精に弄ばれ
「さー、どこまで記録を伸ばせるかなっ、そーれっと……あっ」

幾粒もの輝きを弾けさせながら、砕け散った


早苗の呼吸が凍り付き、瞳孔が開いた。
「い…
いやあああぁぁぁああァッ!!」



まで幻視!