238 名前:名前が無い程度の能力 投稿日:2006/09/13(水) 08:58:27 [ 6.XzW2WI ]
『 霊夢ハード 』

紅い霧の異変の為に紅魔館に潜入する霊夢。
だが、それはレミリアの巧妙な罠だった。

「幻想郷の秩序は 私に崩される為に築いてきたんですものね」
「いつもの力が出せれば…こんなレミリアなんかに…!」
「よかったじゃないですか 陰陽玉のせいにできて」
「んんんんんんんっ!」
「へへへ おい、スペルカードを用意しろ。みんなで楽しい夜にしてやる」
(耐えなきゃ…!!今は耐えるしかない…!!)
「霊夢の生脇ゲ~ット」
(いけない…!残機が無くなってるのを悟られたら…!)
「生霊夢様の生被弾を拝見してもよろしいでしょうか?」
「こんな奴らに…くやしい…! でも…感じちゃう!」(ビクッビクッ
「おっと、レッドマジックに当たってしまったか。甘いエンディングがいつまでも見れないだろう?」


苛めるってこうですか?わかりません><