鉄道写真を撮影するときにしてはいけないこと


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

以下の文章はN○R○様が当時開設していたサイトに記載していたものである。当然のことながら、他人の畑に無断で侵入し、Uターンしてはいけません。

7/30常磐線ドライブ撮影行現場より(モバイル通信開始記念)

このたび、ようやっとモバイル通信機器をそろえました。携帯電話にモバイルコミュニケーションカードをつけてどこからでも通信が可能になりました。・・・ということで、初の撮影行現場実況中継をということで、今、常磐線の内原駅近くの撮影地にいます。ここは常磐線の内原~赤塚です。すぐ近くに内原駅があり、その近くの弧線橋(「跨線橋」の誤り)付近の田んぼで撮影しています。今日は、はじめてですが、常磐線へのドライブ撮影行ということで桐生を早朝の4:30に出発。途中、下館の祭りの「御輿川もみ」のために国道50号線が大渋滞になってしまって、その中に入ってしまって大変な目にあったりしましたが、どうにかやってきました。それで、本来は友部~内原の上下別線区間でやろうと思っていたのですが、道が狭くて分かりにくく、イカロス出版の「伊東久巳の全国鉄道撮影ガイド」に乗っているお立ち台はとても車では入っていけるところではなく、 おまけに畑でUターンをせざるを得なくなり 、非常に自己嫌悪になってしまって、この場所は撮影しないことにしました。ここは内原駅からも歩いてかなりありますので、バイカー(「ライダー」の誤りか?)鉄チャン向きだと思います。周辺に車を止めたりするところもありませんので、僕が見たところではあまりお勧めできません。そんなわけで、別の撮影地を探して今、撮影しています。今日は、水戸駅付近へも行ったりしたいと考えています。《農家のみなさん、大変ご迷惑をおかけしました。この場を借りてお詫び申し上げます。ごめんなさい。(UU;)