律「澪~!!」

澪「わっバカ!教室で大声だすな!」

律「なんでだよ~」

澪「桜ヶ丘は共学になったとはいえ男子の生徒はまだ少ないんだぞ」

律「はっは~ん、男子とお話しているところを見られるのが恥ずかしいのかぁ~」

澪「へっ変なこというな!」ベチッ

律「あ痛ぁっ!暴力反対~っ!」

澪「それで、何か用か?」

律「おーそうだった。澪、軽音部に入ろうぜ!」

澪「軽音部?いやでも私、文芸部に入るつもりだし…」

律「頼むっ!入部したはいいけれど、部員数が足りないんだ」

律「今月中に4人入部しないと廃部になっちまうんだよ!」

澪「う~ん、でも…」

律「とりあえず、見にくるだけでも!」ガシッ

澪「あ…ぅ…律…」ボッ

律「こっちこっちー」タッタッタッ

律「ムギー!新入部員つれてきたぞー!」ガラッ

澪「おい律!私、まだ入部するとは…」

紬「あらあらりっくん」

澪「!」(お、女の子…?)

律「ムギ、俺の幼なじみの澪だ」

澪「あ、秋山澪です…」

紬「琴吹紬です。よろしくね、澪ちゃん」

澪「な、なあ律、部員はお前と紬さんしかいないのか?」

紬「ムギでいいわ、澪ちゃん」

律「ああ、俺とムギだけだけど?それがどうかしたか?」

澪(律が他の女の子とふたりっきり…?)

澪「だ、ダメだ!」バンッ

律「おわっ!急になんだよ!」

澪「律!私、軽音部に入部する!!」

律「えっ、ほ 本当か!?」

紬「あらあら」フフフッ

澪(それに、やっぱり律の近くに居たいし…)

律「これで部員は3人、あと1人入部してくれればっ!」グッ

紬「あっそういえば!」

澪「どうしたんだムギ?」

紬「言い忘れてたんだけど、入部希望の生徒が1人いたらしいの~」

律「マジでかっ」

澪「これで軽音部は廃部にならなくてすみそうだな」

律「よかった~!」

紬「たぶん今日あたり部室にくるんじゃないかしら」

コンコン

?「すいませ~ん…」

澪「噂をすればなんとやらだな」

律「はあーい!今開けマース!!」

ガラッ

唯「こ、コンニチワ…」

律「…」

紬「ようこそ軽音部へ~。入部してくれた平沢唯さん?」

唯「は、はいそうなんです!ケド…」

律「……」

澪「お、おい律?」

律「………」

律「天使だ…」ボソッ

澪「え?」

律「新入部員がこんなにかわいいわけがない」

唯「へ?」

澪「お、おい律、なに言って」

律「ありがとう平沢さん、軽音部に入ってくれて」

唯「え、いや、あのぉ」

律「君は俺に青春という名の春を届けにきてくれたんだね!」

唯「あわわわわわ」

澪「意味のわからないこというな!!」ゴンッ

律「そげぶっ」ドサッ

紬「りっくんどうしたのかしら」

唯「あ、あの、ごめんなさい!」

澪紬「え?」


律「」

紬「じゃあ唯ちゃんは辞めるって言いにきたのね?」

唯「ご、ごめんなさい…。もっと違う楽器をやるんだと思って…」

澪「たとえば何ができるんだ?」

唯「カスタ…ハーモニカとか」

紬「あ、ハーモニカなら確かここに…」ゴソゴソ

唯「ごめんなさい吹けませんすいません」

澪「じゃあ平沢さんは楽器初心者なんだ…」

唯「うん…。私なんかがいても、きっと何もできないと思うし…」

律「そんなことはなぁい!!」ガバッ

唯「うひゃぁっ!」

澪「きゅ、急に復活するな!」

律「何ができるできないじゃないんだ。なにかをしたいって気持ちが大切なんだよ」

澪「律…」

律「平沢さんは興味があったから軽音部に入部しようと思ったんだろ?」

唯「う、うん」

律「だったら、はじめる前から決めつけちゃだめだぜ。誰だって最初は初心者なんだからな」

律「俺も澪もムギも、平沢さんのために精一杯の力になるよ」

澪「うん、そうだな」

紬「唯ちゃん、私たちも頑張るわ!」

唯「みんな…」

律「平沢さん、軽音部に入部してくれませんかっ」

澪紬「「入部してくれませんかっ」」

唯「……」

唯「…みんな、優しいんですね」

唯「決めました!私、この部に入部します!」

律澪紬「「「やったああーー!」」」ワッ

澪「これから一緒に頑張ろう!」

唯「でもでも、私全然楽器できないし、迷惑かけちゃうかも…」

澪「大丈夫、それなら律だっておんなじようなもんだし」

律「どーいう意味だよそれ!!」

唯「あははっ」

紬「うふふ、これで4人そろったわね」

律「ああ、軽音部結成だ~!」

唯「でも良かった、今年から共学になったっていうから男の子がいたらどうしようかと思ってたんだぁ~」

律澪紬「「「え?」」」

唯「ほえ?」

律「なにそれ怖い」


唯「え?え?」

澪「平沢さん…律は男なんだ」

律「…てへっ」

唯「えぇぇぇ!?」

紬「…」オロオロ

唯「嘘でしょ!?確かにボーイッシュだなって思ったけどこんなにキレイな顔してるし…」

律「///」

唯「はっ、ド、ドッキリかー」

唯「…ちょっと失礼」ツンツン

律「わぁっ」

唯「…おっぱいが…無い」


――――――――――――――――――――

唯「…それでね、なんとその律って子が男の子だったんだよ!」

和「ああ、その男子って田井中だったのか。僕も初めて会ったときは女の子かと思ったよ」

唯「でしょぉ?ほんとにビックリしたよぉ~」

和「まあいくらジャージだったからっていっても声で気付きそうなもんだけどね」

唯「それでね、今度の休日にギター見に行くことになったんだ~!」

和「ギター?唯、ギター始めるの?」

唯「うん、そうだよぉ」

和「…ギターっていくらぐらいするか知ってる?」

唯「う~ん…5000円くらい?」

和「……部活を始めても唯は唯のままだね……」


――――――――――――――――――――

唯「う~い~」

憂「あ、お姉ちゃんおかえり~」

唯「お願いがあるんだぁ」

憂「なあに?」

唯「お金を貸してくだせぃ!」

憂「どうしたの?急に…」

唯「私、軽音部に入ったんだけどね…」

憂「ええぇ!?お、お姉ちゃんが軽音部!?」

唯「それでね、ギターを買うのにすっごいお金が必要なんだぁ…」

憂「う~ん、私もあんまり持ってないよぉ…」

唯「う~い~……」

憂「そうだ!お母さんに前借りしたらどうかな!」

唯「おぉ!さすがは憂だよぉ~」ナデナデ

憂「お、お姉ちゃん…///」ドキドキ

唯「これでりっくん達にお金を貸してもらわなくてもすむよ!」

憂「え…?お姉ちゃん、今なんて言ったの…?」

唯「ほぇ?」

憂「りっ『くん』…?」ゴゴゴゴ・・・

――――――――――――――――――――


律「あっいた!おーい、平沢~!」

唯「お~、りっく~ん!」

紬「これで全員そろったわね」

澪「唯、お金は大丈夫だったのか?」

唯「うん、お母さんに無理言って5万円前借りさせてもらったよ!」

律「よ~し、そんじゃあ行きますか!」

――――――――――――――――――――

唯「すごーい、ギターがいっぱーい…!」

律「はっはっは、どうだ驚いたか!」

澪「お前の店じゃないだろ…」

紬「これだけたくさんあるとどれにしようか迷っちゃうわね~」


唯「あっ、このギターかわいい!」

律「選ぶのはええ!」

紬「唯ちゃん、そのギター25万円するわよ?」

唯「えっ、あっホントだ…買えないや…」

唯「……」ジー

紬「…このギターがほしいの?」

唯「うん…」

律「…よし、みんなでバイトしよう!」

唯「ええっ!?」

律「みんなでバイトすれば20万なんてあっという間だぜ」

澪「うん、唯を軽音部に入部させたのも私達だもんな」

唯「そんな、悪いよぉ…」

律「言ったろ、俺達は平沢のための力になるって」

紬「私、一度バイトやってみたかったの~」ワクワク

唯「みんなぁ…」

律「よーし、やるぞー!」

唯澪紬「「「おぉーーー!」」」

唯「りっくん、やさしいんだね!」

律「ぶっ!!なんだよ急に!」

唯「だって私達、出会ってから2週間くらいだよ?」

律「時間なんか関係ねえよ、俺は平沢だから手を貸すの!」

唯「えっ?」

律「あっ、いや……//」カアアア

唯「りっくん変なの~」

紬「あらあら」クスクス

澪「…ほっ、ほら、唯!もうこの店には用ないだろ?はやく出よう!」

律「な~に慌ててるんだよ~、そんなに急ぐことないだろ~?」

澪「いいから、ほら!」

律「お、おい澪!……なんだってんだよ~…」

澪(律…もしかして…唯のこと……)


――――――――――――――――――――

律「そして我々はまた楽器店まで来ているわけだが」

澪「バイト代を足しても全然足らないな…」

唯「う~んギターほしぃよぉ~…」

紬「唯ちゃん…」

店員「あれ…あそこにいるのは…」

店員「こ、琴吹社長の娘さん!?」

紬「はい?」

律「ん?」

澪「な、なんだ?」


店員「ど、どうしてこのようなところに…?」

紬「お友達がギターを買いにきたんですけど、ちょっとお値段が高くて手が出ないんです…」

店員「で、では……このくらいのお値段でいかがでしょうか…?」

紬「もうひとこえ~!」

店員「はっはいぃぃぃぃ!!」ビクッ

――――――――――――――――――――

唯「5万円で買えちゃった…」

澪「いったいどういうことなんだ…」

紬「ふふふ、よかったわね唯ちゃん」

唯「ムギちゃん、ありがと~!」ギュッ

紬「あらあら、うふふ」

唯「澪ちゃんもありがと~!」ギュッ

澪「こ、こら!急に抱きつくな!///」

唯「りっくんもあ澪「ストップーーーー!!!」

澪「いくらなんでも律に抱きつくのはマズイだろ!」

唯「えっ、なんでぇ?」

律「俺は男として見られてないってことですか…」ズーン・・・

唯「あっ、そ、そうかぁ…///」

紬「りっくんが私達の中に完全に溶け込んでたってことよ♪」

律「そ、そっか!そうだよな!わはははー」

澪「ムギ、ナイスフォロー!」ヒソヒソ

唯「りっくん女の子みたいな顔してるからすっかり忘れてたよ…///」

澪「い、いつまで照れてるんだよ唯は…」

律「これで、やっとスタートだな」

澪「私達の、軽音部」

紬「夢はおおきく♪」

律「武道館だーーーー!!」

澪唯「ええええええ!?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

律(こうして始まった、俺達の軽音部)

律(今はまだ全然だけど、これから目標に向かってがんばっていきたいと思う)

律(そんでいつかは平沢とも、今以上に仲良くなれたらいいな…)

律(…なんてな!)



♯3 特訓!


和「唯ー」

唯「あ、和くーん!」

唯「どうしたの?今日帰るの遅いんだね~」

和「ああ、図書室で中間試験の勉強してたからね」

唯「へぇ~…………っえぇ!?」

――――――――――――――――――――

律「あ~!やっとテストから解放されたぁ~!」

紬「高校になってから急に難しくなったわね~」

唯「あ は は は は …」ドヨーン

澪「ど、どうしたんだよ唯、そんなにテスト悪かったのか?」

唯「クラスでただ一人追試だそうです…」ガックシ

律「う、うわぁ…」

紬「だ、大丈夫よ、今回は勉強の仕方が悪かっただけじゃない?」

律「そうそう、ちょっとがんばれば追試なんてヨユーだって!」

唯「ううん、ずっとギター弾いてて勉強は全然しなかったんだけどねぇ~」

律「励ましの言葉返せコンニャロォー!」

唯「それでね、追試の人は合格点取るまで部活禁止だって~…」

律澪紬「「「…………えぇえええ!?」」」

律「こりゃーマズイな、平沢がいないと部員は三人…」

澪「軽音部が廃部になってしまう…」

紬「唯ちゃん、追試はいつごろなの?」

唯「一週間後だってぇ」

律「がんばれよ平沢!軽音部の存続のために!」

唯「うぃぃ……」


2