憂「あのお姉ちゃんなんですけど…」

澪「あぁ悪い…半日すればもとにもどるからさ…」

憂「(やっぱり本物か…)ありがとうございます」

澪「えっ…ああ、あのさ憂今日泊まりにいっていいかな」

憂「あっはいかまいませんよ」

唯「憂~言い忘れてたんだけどさぁ」

憂「どうしたの」

唯「今日あずにゃん泊まりにくるみたいなんだ」

憂「わかった、じゃあ夕ご飯多めに作っておくからね」

憂「お姉ちゃんの部屋も掃除しないと…」

―――30分後

憂「なんか最初は違和感あったけど雰囲気がお姉ちゃんだな…やっぱり」

唯「ん…?何か言った」

憂「なんでもないよ、部屋掃除しとくね」

唯「ありがとう憂ぃ~」

ガチャ

憂「えっとこれはここで、これをこうしてっと」

憂「あれ、お姉ちゃんラムネ(菓子)まだ残ってるのに新しいの買ってるし……」

憂「一つにまとめちゃお…」ガサガサ

憂「よし、完璧だよね」


―――ピーンポーン

憂「あぁ澪いらっしゃい、梓ちゃんもいらっしゃい」

梓澪「おじゃまします」

唯「おぉ来たね来たね」

澪「やっぱ違和感あるな…」

梓「なんといいますか…」

憂「今日はカレーです」

唯「おおっ美味しそうっ」

澪「すごい…」

梓「美味しそうだ」

唯憂澪梓「いただきます」

唯「うまいっ」モグモグ

澪「流石憂だなっ」パクパク

梓「うん、美味しいっ(甘口なのがあれだけど…)」

憂「エヘヘ…喜んで貰えると作ったかいがあります」

澪「これを毎日食べれるなんて唯は幸せだろ~なぁ」

唯「憂はあげないよっ」

澪「はいはい」

憂「お姉ちゃん、ご飯ついてるよ」

唯「おぉ、すまんねぇ憂~エヘヘ

梓「ふぅ~ごちそうさまでした」

唯澪「ごちそうさま」

憂「じゃあ片付けけちゃいますね」

澪「あ、私も手伝うよっ」

梓「あっじゃあ私も…」

澪「…」チラッ

梓「あはは、食べたばっかりだからゆっくりしてます…」

澪「憂行こっか」

憂「はい」

シャカシャカゴシゴシキヌゴシザー

憂「じゃあ澪は布巾で拭いてください」

澪「はーい、エプロン姿もか…可愛いよ憂」

憂「あ、ありがとう///」

澪「(裸エプロン…ゴクリ)……はぁはぁ」

澪「……憂、可愛いよ」モミュ

憂「ひゃっ…い、今は…んっ」

澪「エプロン姿の憂、可愛いくて我慢できないよ…」モミモミ

憂「今はっ…んあっあんっ…ダメっんはっ……」

澪「可愛いよ憂」

憂「んはっ……ほら大分溜まったから…」

澪「うし、やるかな」

唯「お腹いっぱい…動けない」ゴロゴロー

梓「食べたあと、ゴロゴロしてると太りますよ」

唯「大丈夫、私太らない体質だから」ゴロゴロー

梓「なっ…うらやましい」

唯「うぅ…眠たい」

梓「暑くないですか、扇風機は……」

唯「そこだよ~」

梓「あっありました」ポチッ

ウィィィイイイ

梓「あぁ涼しい……ゴクリ……あ゛~~~~」

唯「ククッ…あはは、あずにゃん面白い」

梓「え、いやこれは……///」

憂「お姉ちゃんたち、私たち先に風呂入るね」

唯「うん、あはは」

梓「もー笑わないでくださいっ///」


澪「あっそうだ、なぁ憂…裸エプロンにしてみてくれないか」

憂「は、裸エプロン…ですか///」

澪「ダメならいいんだ」

憂「い、いやダメじゃないですけど…じゃあ風呂上がったらで///」

澪「あ、ありがとな///」

憂「い、いえ…じゃあ入ろっ」ヌギヌギ

澪「そうだな…あっ」ヌギヌギ、ポロッ

憂「ん?これは…なんですか」

澪「これは…唯みたくなる薬だ……」

憂「えっじゃあこれを飲むと男に…ゴクリ…本当なんですか」

澪「本当だ……これはわ、私が憂と……///」

憂「へっわ、私と……///」

澪「風呂上がったら私が男になるから…いいかな…」

憂「……はい…///」

澪「じゃあ風呂入ろっ……うわっ」ツルッ

憂「危ないっ…グプッ…ゴホッゴホッ」

澪「ごめんな…あれ、薬が…」

憂「うぅ……飲んじゃいました」

澪「あああ…ごめん憂…」

憂「いいですよ、なんか変な感じです」ブクブク

澪「ひぃっ…ブクブク」バタッ

憂「み、澪っ…とりあえずこれが収まるまで待とう」ブクブク

憂「あっ止まった……うわぁちんこついてるよぉ…鏡、鏡」

憂「こ、これが私!?…面影はあるけど…ほんとに男になっちゃったんだ…」

憂「で、でも…これで澪の処女……ゴクリ……あっ、澪」

憂「澪、澪ぉ~」

澪「う、うぅ……うわっ…いいあ…」

憂「私です、ほらポニーテール…///」

澪「う、憂か…ごめんな(男の憂も可愛いなぁ……)」ギュゥウウ

憂「大丈夫ですよ、案外面白いかもしれません(澪の胸がっ…普段なら気にならないのに…)」ムクムク

澪「んっ……あはっ憂はエッチだなぁ」

憂「だ、だって澪が抱きつくから…」ムクムク

澪「とりあえず入ろ」

ガラッ、ザバッザバッ、ザブッン

澪「あぁいいお湯~」

憂「うぅ…収まらない……そんなに見ないで澪///」

澪「大きいよなぁ…」カプッ

憂「ひゃっ……んっ」

澪「きもひよくさへてあへるから…」ジュブジュブ

憂「あっんっ……はうっ///」

澪「どんどん硬くなってる…」ペロペロ

憂「んっ…ダメ…そこかなり…んっ」

澪「はむっ…(どこまで入るかな…)んぐっんぐっ…」

憂「はぁ…はぁ…んあっ」

澪「んぐっ…(キツいなぁっ)…んっぷはぁっ」

憂「はぁ…はぁ…」

澪「(パイズリって確か…こうだよな)」ムニュ

憂「あっ…気持ちいい…」

澪「(こういうときに大きいと便利だな…)」ニュプニュプ

憂「あっ…あっ…」

澪「(締め付けてみるか…)」ムキュ

憂「あっ…むっ……んっ」

澪「おっぱい気持ちいい…かな…///」ムニュムニュ

憂「うっはぁ…ん…気持ちいい」

澪「…憂可愛いよ…」ペロペロムニュムニュ

憂「あっあっああっ…イく、イっちゃう」

澪「くひにだひていいよ…」カプッジュブジュブ

憂「あっあああっ…澪ぉぉお」ドピュッドピュッ

澪「っ…グプッ…かっ…ゴホッゴホッ」

憂「はぁ…はぁ…はぁ…」

澪「…んっゴックン…いっぱい出だね(苦いけど)」

憂「すごい…気持ち…よかったです」

澪「エヘヘ……体洗おっか」

憂「はい……」

澪「憂大好きだよ…」ギュゥウウ

憂「は、はい…(またおっぱいが…背中に…)」


唯「あずにゃん、部屋いこっか」

梓「あ、はい……」

バタンッ

唯「あずにゃ~ん」ギュゥウウ

梓「な、なんですか急に」

唯「エッチしよっ」

梓「なっ……はい///」

唯「あずにゃん可愛いなぁ…んっ」チュッ

梓「んっ…んっ、はむっ…ん」

唯「はぁ…もう我慢できないよぉ」

唯「あずにゃんが欲しいよぉ」ギュゥウウ

梓「後ろから抱きつかれても…」

唯「ベッドいこっ……えいっ」バッ

梓「ひゃっ…押さないでくださいよっ」

唯「はぁ…はぁ…あずにゃん可愛いよぉ」ヌギヌギ、ビンッ

梓「もうそんなに…///」

唯「あずにゃん…早くエッチしよっ」

梓「い、今脱ぎますから…ね」ヌギヌギ

唯「あずにゃんの体可愛いよぉ~」スリスリ

梓「ちょっ…あんましくっつくと…あれが当たって…///」

唯「あはは~ごめんごめん」

梓「……い、いれるんですか…?」

唯「だめ?」

梓「だめじゃないですけど…こ、怖いです」

唯「あっ濡らしとけば入りやすいから大丈夫だよぉ」ヌプッ

梓「いやそういう問題じゃ…あっ…んあっ」

唯「あずにゃんはエッチだからすぐ濡れるよぉ」ジュプジュプ

梓「あっあっ……んはっ…あんっ」

唯「いい感じに濡れてるねあずにゃん」

梓「へ、変なこと言わないでください///」

唯「じぁあ…挿れるよ…?」

梓「あの……や、やさしく…お願いします///」くぱぁ

唯「なんか緊張する…いくよっ」ヌプッ

梓「あぎっ…ううぅ……うぅ」

唯「ごめん痛かった?」

梓「痛いですけど…我慢しますからあっっーーっ」

唯「じゃあ奥まで…」ニュプズブブ

梓「あああっんっ…はぁはぁ…いっっ……ううぅ」

唯「あずにゃん泣かないで…ごめんね痛くしちゃって」

梓「大丈夫…ですから……き、キス…はむっ」チュッ

唯「はむっ…ん…んっ」

梓「ぷはぁ…はぁはぁ……」

梓「ああっ……」

唯「おっぱい弄って気持ちよくすれば痛みなんて忘れるよ」ムニュムニュ

梓「あっ…んはっ…いやん」

唯「ちっちゃくて可愛いけど揉みにくいや…舐めちゃえ」ペロペロムニュ

梓「ああっ…ゆ、唯ぃ~…はぁはぁ…んはっ」

唯「あずにゃん痛みない?」

梓「ちょっと痛みますけど…動いていいですよ…はぁ…はぁ」

唯「じゃあ…」ジュプジュプ

梓「あっあっ(奥に当たってり…大きくてちょっと動いただけで…感じちゃう)あんっ…あんっ」

唯「あずにゃんのおまんこ気持ちいいよぉ」パンッパンッ

梓「ゆ、唯のちんこ気持ちいいよっあんっあんっ…んっ」

唯「すごい締め付けられるよぉ…あっあっ」パンパンッパンパンッ

梓「ゆっい……のが奥に、当たってっ……気持ちいいですっもっと…あんっあんっ…ついてくださいあんっ」

唯「あずにゃんは…エッチだなぁ…いいよ、もっとついてあげる」パンッジュプ

梓「あんっあんっ…き、キス…んあっ」

唯「はっ…んっ……むっむはっん……むむ…ぷはぁ」

梓「ああっイきそうですっ…あんっあんっ…にゃああっ」

唯「なんか私もイきそうだよぉ…あっあっ」

梓「な、中にはあんっ出さないっんはっ…にゃああ」ビクンッビクンッ

唯「えっあずにゃんなにっあっイくっ」ドピュッドピュッドピュ

梓「中にだしちゃ…ダメ…ですよ…」

唯「あぁごめんね…気持ちよくて…あずにゃん」

唯「はぁ…はぁ…」

梓「あう……私の処女…唯にあげちゃった…エヘヘ」

唯「私なんかで良かったの?」

梓「…唯じゃなきゃダメです」

唯「あずにゃーん」ガバッ

梓「ひゃっ…もう可愛いですよ唯…」

唯「あずにゃんのほうが可愛いよぉ…エヘヘ」

梓「まだちょっと残ってますね、吸っちゃいます」ジュルルルル

唯「ああっあずにゃん」

梓「エヘヘ…ゴックン……ごちそうさまです」

唯「あずにゃん大好きっ」

梓「次からは外に出すか、ゴムつけてくださいね」

唯「外?ゴム?」

梓「中出しはだめってことです」

唯「えぇ…気持ちいいのにぃ……でもあずにゃんがそうしてほしいならそうするよっ」ムクムクッ

梓「ってまた勃ってきてるし…元気ですね」

唯「だってあずにゃん可愛いんだもん」

梓「じゃあとりあえず唯の精子かきだしてくれますか」

唯「えっ…どうやって」

梓「こう…中にあるのを出すんです」ヒュイヒュイ

唯「こうね…やってみるよ」ニュプニュプ

梓「あっ…早く…かきだして…あんっ」ビクッ

唯「えいっ」ジュプ

梓「あんっ」ビク

梓「(まぁ…今日は、危ない日じゃないからいっか…)」

梓「(でも唯の子供……でもそんなことしたら大変なことになるよね…)」

唯「あずにゃんこんな感じかなぁ」

梓「はい、もういいですよ」
唯「じゃあ挿れるよっ」

梓「ちょっちょっちょっと待ってください…道具じゃないんですから…」

唯「ええ~だってもうこんなにビンビンだよぉ」

梓「そんなすぐにやられても体がもちませんよ」

梓「血の処理とかもあるんですし…ね」

唯「そっかぁ…ごめんねあずにゃん私自分勝手で…」


……

律「んっ……私は…」

紬「あらりっちゃんやっと起きてくれた」

律「ってなんよこれっ…なんで縛り付けられてるんだ」

紬「りっちゃん可愛いから…ね」

律「理由になってねぇよ」

紬「だって付き合ってるのにりっちゃんいつも澪ちゃんのことばかり考えてるじゃない」

律「訳わからねぇよ…早く解いてくれよムギっ」

紬「だめよ…だってりっちゃんは私のものだもん♪」


8