――翌日

律「……ムギおはよ///」

紬「そんなに照れて可愛いわよりっちゃん…(内心まだ澪ちゃんに未練あるのね)」

律「昨日はいろいろとさ…」

紬「ウフフ」

律「悪い…駄目だな」

唯「おームギちゃんりっちゃんおはよーさんさん」

律「唯は元気いいなぁ~」

唯「エヘヘ、あっそうだムギちゃんあの件どうなった?」

紬「あの件?」

唯「ほら、ちん…むぐぐぐ」

律「クラスでそれは控えろっ」

唯「ぷっは~…ごめんごめん」

キーンコーンカーンコーン

唯「やっと授業終わった~」

律「お前は寝てばっかだろ」ビシッ

唯「あてっ…エヘヘ」

紬「部活いこっか」ギュッ

律「わっ……///」

唯「あれ、なんで手ぇつないでるの」

律「こっこれは…だから…その///」

紬「私たち付き合うことにしたの~♪」

唯「おぉ~」

律「でもムギ人前では…恥ずかしくないか……///」

紬「そうかしら、ウフフ」

唯「お腹すいたぁ…お菓子~♪お菓子~♪」

ガチャ

唯「おっあずにゃん早~い」

梓「先輩方が遅いんですよっ…ってムギ先輩と律先輩?」

唯「あぁこの2人ね…」

律「付き合うことにしたんだ///」

梓「な、なんで嫌嫌な感じなんですか……」

律「ち、違うわっ」

紬「りっちゃんまだ澪ちゃんのこと好きなのよ…可愛いわ」

律「ちっちがんっ…んはっ…ムギっ」

紬「ウフフ♪」

律「(なんだこのムギは…異常だぞ)」

唯「あっそうだムギちゃんちんちん生やす薬もってきてくれた?」

紬「あぁその件だけど……」

紬「その薬はなかったの」

唯「がーん…うぅ」

紬「でも一時的に男性になる薬ならあったわ」

唯「男性になる?」

紬「そう、昔泥棒たちが変装するため使ってたものなんだけど、今は使用が禁止されてるのよ…」

律「えっじゃあ使ったら捕まるんじゃ…」

紬「でもこの薬は違う目的で作られた…いわば応用品ね、例えばレズのカップルが子供を欲しいときとか…ね」

紬「ちなみに服用すると半日戻れないから注意してね」

唯「ほ、ほぉ~」プスプス

紬「試してみる?」

唯「う、うん」ドキドキ

律「副作用とかの心配はないのか?」

紬「強いて言うなら射精時にタンパク質が放出される位かしら…でもまぁちゃんと食事してれば問題ないわ」

律「しゃ、射精?…そ、それって…あの精子のか」

紬「そうよ、だから中出しには気をつけてね」

唯「中出し?射精?」

紬「うーんまぁそこらへんは梓ちゃんが…ね」

梓「……はい///」

唯「あずにゃん話わかるの?」

梓「まぁ…だいたい///」

紬「じゃあとりあえず五粒渡しておくからね、あぁくれぐれも一度に二粒以上服用しないでね…あと効果がきれるまで新しいのは服用しないでね」

唯「がってんです」

紬「じゃあとりあえず一粒、はい」

律「まぁどうせ明日は休みだしな」

紬「男性になるときはちょっとグロテスクだから澪ちゃんには…」

澪「遅くなったな……ん?」

唯「あーん……」ゴクン

律「澪っ目ぇつぶれっ」

澪「ちょっなんだよ…」パシッ

唯「おぉ~なんかブクブクしてる~」ブクブク

澪「ひぃぃぃいいい」ブクブクガクッ

律「こっちは違う意味でブクブクしてるし…」

唯「あっ止まった…んふんっ…なんか声変じゃないかな…んふんっ」

梓「……///」

唯「どうかな…自分じゃよくわからないや」

紬「うっ……(元は女だけどちょっと耐性がつくまでしばらくかかりそう)」

唯「ねぇねぇあずにゃんどう?」

梓「はっ……あっ…かっ…かっこいいです、本当に唯なんですか」

唯「うん」

梓「まぁ確かにしゃべり方は同じ…でも全然違う」

律「で、あれはついてるのか?」

唯「えっと…あっ」ポロンッ

梓「おっ…おっきいですね///」

唯「エヘヘ…なんか見られてるとムラムラしてきた」

律「おい、ここで犯すんじゃないぞ」

唯「えーだってぇ…なんかだんだん反ってきたよ」ビクビキ

梓「こ、これが…勃起ですか///」

律「澪ーめぇさませー」パチパチ

澪「うっ……私は……ん?あれは…誰」

唯「あっ澪ちゃん起きたの?」

律「ちょっ前隠せ前っ///」

澪「おっ男っ…ちんこ…」ブクブク

唯「どうしようビンビンだよぉ」

梓「変なこと言わないでください……しょうがないですねフェラしてあげますから」

唯「へら?」


梓「いいからそれをこっちに」

唯「こう?」ペチッ

梓「うっ(チンコ顔に当たった…)…確か…はむっ」

唯「はうっ…ああああずにゃん…んっ」

梓「(大きい…口に収まらない…こうなったら手で)」シコシコペロペロ

唯「おぉ…なんかっんっ…気持ちいいんっ」

梓「(えっと裏すじ…だっけ…ここかな…)」ペロペロ

唯「はうっ…やんっ…あずにゃんのエッチぃ」

梓「(いけるとこまでくわえてみよ)」カプッ

唯「んっ…あっあっ…あんっ」

梓「んむむむグフッ(く、苦しい…)」

唯「あああっんっ」ガシッ

梓「(頭押さえられて抜けないっ)」パタパタ

唯「ああいあっすごいよあずにゃん…んっんっ」

梓「んんんガフッ(鼻だけじゃ呼吸が間に合わないっ)」バタバダ

唯「うわっ」

梓「ゲホッゲホッ…殺す気ですかっ」

唯「だって気持ちいいんだもん」

梓「それになんていうか格好が…」

律「確かに…制服女装したやつみたいだな…」

唯「うぅ…まだビンビンだよぉ」

梓「イかせてあげますから、絶対押さえつけないでくださいね」カプッ

梓「(吸うんだったな…)」チュパチュパ

唯「あっ…さっきより気持ちいいんっ…あんっ…んっ」

梓「(適当に動かしながら…吸う)」チュパチュパジュル

唯「ひゃあっ……んんんっなんかっイキそうな」

梓「(イキそうならスピードをあげるっ)」ジュパジュパ

唯「ひっひいいい…イく、イっちゃう…」ガッ

梓「(ちょっまた押さえ)」ジュルジュル

唯「あああっ…」ドピュッドピュッ

梓「グフッ…ガッ(のどにへばりつく…気持ち悪い…)」ゴキュッ

唯「あああずにゃんごめん…つい…」

梓「気持ち悪いです…精子…ちょっと飲んじゃいました…うれぅー」ドロッ

唯「おお…なんかしぼんできた……と同時になんか力が…」

紬「一回の射精は400Mを全速力で走ったのと同じ疲労なのよね」

律「ムギ、大丈夫なのか」

紬「なんとか…」

梓「まだでてますね…吸い取っちゃいますね」ジュルルル

梓「(なんか唯のって考えると変な感じがする…でも苦いや)」

唯「眠くなってきた…おやすみ」

律「そろそろ澪起こすかな…」

澪「んっ…私はまた…ってなんで男が…」

律「あぁこれなんだけどさ唯なんだよ」

澪「は?なにいってんだよ」

紬「あのね澪ちゃん…」

梓「掃除しなきゃ…」

紬「で今に至る…と」

澪「まぁ…なんか唯っぽさはあるな…」

澪「もしかして…ゴクリ」チラッ

澪「つ、つあてるっうはっ」

律「まぁ男だしな…」

梓「顎が痛い…」

澪「な、なぁムギ私にも一粒…」

紬「今日は五粒しかもってきてないの…で、今唯ちゃんが一粒飲んだから」

澪「あぁわかった…で、副作用は…」

律「ない」

澪「ならいいんだ」

梓「うぅまだ味が残る…」

律「うがいしてこい」

澪「なにかあったのか?」

律「唯のをちょちょいとね」

澪「なっ…いいなぁ」

律「お前は憂がいるだろ」

紬「りっちゃんには私がね、ウフフ」

律「……///」

澪「とりあえず、今日は解散にしよう」

律「そうだな誰かに見つかると…」

ガラッ

和「律いるかしら」

律「ギクッ…は、はいなんでしょ」

和「夏休みに合宿するなら届け出しといてってことを…あれ唯今日いないの?」

律「あ、あぁそうなんだ先帰っちゃったみたいでさーあははー」

和「で、あの人はー…ん、男…まさかね…」テクテク

澪律紬「まずいっ」

澪「あっ和、悪いそれ人形なんだよ…」

律「そうそう、今完成したばかりだから触ると危ないんだよ」

和「なによそれ、まぁいいわ」

唯「う、うぅ…あれ…和ちゃんどうしてここに?」

和「あなた誰?」

唯「へっ和ちゃん私だよぉ~唯だよぉ」

和「ちょっとなんのマネよ、大体男子がなんで家の学校にいんのよ…」

澪「律…説明」

律「あのな…和実は…」


梓「ガラガラ~っぺっガラガラ~っぺっ…うぅ気持ち悪い」

和「それ、本当なの?…てことは唯なのね」

唯「そうだよぉ~和ちゃん」

和「じゃあいくつか質問するから答えて」

和「私の誕生日は、母校の名前は、唯の誕生日は?」

唯「えっと和ちゃんの誕生日は~…で母校は…母校ってなにりっちゃん」

律「すまん、和…唯だろ」

和「そうね…で、戻るのに数時間かかるわけね…とにかくここにいるとまずいわ、早く帰りましょ」

和「で、唯どうするの」

唯「どうするって?」

和「憂ちゃんにどう説明するのよ」

唯「あっうぅ……」

和「まぁいいわ私もついていってあげるから」

唯「ありがとー和ちゃん…あっ」
和「どうしたのよ」

唯「また起ってきた…」ムズムズ

和「全く…そこの公園いくわよ」

和「余計なこと考えないようにしてれば自然と落ち着くから…」

唯「和ちゃん詳しいね…」

和「……そんなことないわよ///」

唯「だめだぁ…収まらないよぉ」

和「しょうがないわね…トイレいくわよ」

唯「うぅ臭い……」

和「パンツ降ろせる?」

唯「うん……」プチッ

和「あっ……まぁしょうがないわ…なかなか大きいのね」

唯「うう…ビクンビクンしてるよぉ」

和「じゃあエッチなこと考えてて…」シコシコ

唯「えっ舐めてくれないの?」

和「えっ?舐める…いや、無理よ」

唯「だってあずにゃんはそれでやってくれたよ」

和「あぁあの新入部員の…意外と淫乱なのね」

唯「だから和ちゃんもさぁ…」シコシコ

和「いやよ…恥ずかしいわ」

唯「うぅ……」シコシコ

和「いいからエッチなこと考えてて」

唯「うぅ…えっと…あずにゃんとバイブ使ってエッチした」シコシコ

和「声に出さなくていいから」

唯「(´・ω・`)ガッカリ…」シコシコ

シコシコシコシコシコシコ

シコシコシコシコシコシコ

和「なかなかイかないわね」

唯「ちんちん痛いよぉ…」

和「あら、いつの間にか萎えてるじゃない」

唯「あっほんとだ…ありがとー和ちゃん」

和「ちんこ弄った手で触らないで」

唯「ごめん」

和「じゃあ行くわよ」


唯「ただいまぁ~」

憂「ん、誰~」タッタッタッ

憂「あっ和さん、この方は…?」

和「唯……よ」

唯「やぁ憂~」

憂「え、お姉ちゃん?……」

和「えっとねかくかくしかじか四角いムーヴなのよ」

憂「えっじゃああと半日はこのまま…」

憂「なんで、お姉ちゃんどうしてこんなこと…」

唯「いやぁ~あずにゃんの為なんだよぉ…それに副作用ないみたいだし」

憂「本当にお姉ちゃんなの」

和「私が保証するわ唯よ」

憂「お姉ちゃん今食べたいものは?」

唯「あーいすー…エヘヘ」

憂「確かに本物っぽいですね…まぁありがとうございました和さん」

和「いゃ、いいのよ」

和「じぁあ私帰るわね」

憂「はい、お姉ちゃん?」

唯「どしたの憂」

憂「ううん、なんでもない…とりあえず着替えてきて」

唯「ほーい」

憂「う~ん、どうなんだろう…澪に聞いてみおう」

トゥルルルルルルルル、ガチャ

澪「どした憂」


7