澪「はぁ…はぁ…ダメだ憂っ」モミモミ

憂「えっんっ……澪っんはっ…」

澪「憂…私のも…揉んで」

憂「う、うん」モミモミ

澪「あんっ……んっ…あっあんっ」

憂「揉みごたえがありますね…」モミモミチュパペロ

澪「あっ…そこは…んはっ…憂っ…いいっあっあんあん」

憂「こんなエロい体で…よく処女まもってこれましたね」

澪「はぁ…はぁ…んっあん…私…人見知りしちゃうんっんは…から」

憂「壊しちゃいたいです」チュパペロモミモミ

憂「下はどんぐらい淫乱なんですかね…ちゃんと毛の処理はしてるんですね」

澪「…憂?痛いのはやだよぉ」

憂「本当に澪は可愛いです、大丈夫優しくします…エヘヘ」ヌプッ

澪「なっんっ…憂がーっ入ってく…んっ」

憂「ほらその艶やかなおっぱいでも弄っててください」ヌプッズブブ

澪「…うんっ……あっあん」モミモミ

憂「動かしますよ」ヌプッヌプッピチャピチュ

澪「あっああっ…すごく…すごいっっんっ……んはっ…中で動いってるうっ」

憂「激しくっ」ヌプッピチャズブブ

澪「あっダメっ憂いぃ…憂っあんっあんっ」

憂「いやらしい体ですねっイっちゃえ」ズブブヌプッピチャズブブ

澪「そんな激しくっ…んっんはっ……イく…イくイっちゃう……ああああ」ビクンッビクンップシャァァアア

憂「手がこんなビチョビチョに…」チュパペロペロ

憂「おいしい…澪の愛液…はい、あーん」

澪「ぁーはむっん…おいひい……はぁ…はぁ」

憂「今度は澪の番だよ」くぱぁ

澪「ど、どうすれば」

憂「自分がやられたように…ね」

澪「いっ行くぞ」ヌプッ

憂「ひっ…んっ」

澪「だ、大丈夫か」

憂「うん…(澪の指予想以上に大きい…気持ちいい)」

澪「最初はゆっくり」ヌプッピチャ

憂「はぁーはぁ…んっ……」

澪「だんだん激しくっ」ヌチャヌチャ

憂「ああっ…そこっんっ…はあっ…み、澪…き、きす」

澪「う、うん」チュゥウ、ヌチャヌチャズブブヌプッ

憂「んっ…はうっむっ…あっんは……んっ…ぷはぁっ」

澪「最後はかき乱す」ジュボジュボ

憂「あああっんっんはっ……くっ…み、澪…おっぱい…んはっ」

澪「お、おう…」ジュボジュボ、モミモミ、チュゥウ

憂「すごい…こんな」に感じたの初めてでっんはっ……あっあっイく、イくイくいやぁやぁん」ビクンッビクンッビクン

憂「はあ…はぁ…気持ち良かったよ…澪」

澪「ペロペロ…憂の愛液おいしい…もっと」ジュルル

憂「あっそんな吸わないでっんはっ…あっあっ」

澪「はぁーはぁーー…おいしい」

澪「それにしても憂の締め付けはすごかったなぁ…抜けないかと思ったよ」

憂「だって感じちゃうんですもん」

澪「それにしても気持ち良かったな」

憂「はい」

澪「いやぁいい風呂だった」

憂「麦茶どうぞ」

澪「あっありがとうな」

ドンドンドドド

澪「あいつら…激しいな」

憂「…エヘヘ」

梓「いやぁぁああああ」

澪「あ、梓…どうしたんだよ素っ裸で」

梓「あんなので…処女奪われたくないですぅぅううう」

憂「あんなの?」

唯「まーちーなーさーーいあーずにゃーん」

梓「ひぃっ」

澪「あぁ…なるほど、確かに女の唯にはついてないもんな」

唯「ねぇあずにゃんしよっ…?しようよっ」

澪「梓は…嫌なんだな、だったらやめてやれよ恋人同士なんだろ」

唯「うぅ……あっムギちゃんに言えばなんとかしてもらえるかも」

憂「それってお姉ちゃんちんちん生やすってこと?」

唯「うん、まぁそうなるかな…エヘヘ」

澪「でもつけたまま学校いったりして…もしみんなにバレたらどうするんだよ」

梓「…そうですよ」

唯「でもね、いい加減指飽きた」

憂「じゃあお姉ちゃんこんなのは…ゴニョゴニョゴニョ」

唯「ほぉ~いいかもね♪」

澪「ん?なに言ったんだ」

憂「秘密です」

唯「あずにゃん…ごめんねこれはずすよ」ベリッバリッポイッ

唯「だから…ね、二回戦しよっ」

梓「なんでそうなるんですか…でも、やってやるです」

唯「じゃああずにゃんそこに仰向けに寝て」

梓「ちょっと澪先輩たちが見てる前でヤるんですかっ」

唯「細かいことは気にしない気にしない~♪」

梓「……こ、こうですか」

唯「うんそう、それでよいしよっと…はい舐めて」

梓「ふえっ…」

澪「なぁ…憂……これって…」

憂「顔騎ですね」

唯「はやく~」

梓「こ、こうですか」ペロペロ

唯「はうっ…んっ……うんっいいよ…あずにゃん」

憂「お姉ちゃん…もっとこうゴニョゴニョ」

唯「うん、わかった…えいっ」グイッ

梓「んんんんんんっ」

唯「これで…あずにゃんちゃんと舐めてよ~あぁ鼻がクリトリスに当たって気持ちいい~」スリスリ

梓「……っんはっ…」チュパチュパジュバ

唯「あっ…あっ…ん…いいよ…あはっ…すごいよあずにゃんはうっ」

梓「きもひいいへすか」ジュバジュバペロペロ

唯「うん、すごい…あっそうだあずにゃんのもやってあげるよ…向きを変えて、これで私も舐めてあげれるね」ペロペロ

梓「ひゃっ…んっ……あっ」

唯「んっ…ほらぁ~あずにゃんもちゃんと舐めてよぉ」ピチャピチュ

梓「んっ…あひっ…こへはどうへふか」ペロペロズブブ

唯「ひゃっ…指が…あずにゃんのが入っていくよぉ~」ペロペロ

梓「あっんっ…はぁはぁ…」クチュクチュ

唯「はぁ…っんっ…らめぇ~…あんっ」

梓「これがクリトリスですね」ピンッ

唯「あああっ」ビクンッ

澪「……」ソワソワ

憂「澪……」

澪「…?」

憂「私たちも…しよ」

澪「…」コクン

唯「はぁはぁ…」

梓「今度は私が攻めます」グワッ

唯「わわわあっあずにゃん」ドテン

梓「唯にもこれを使ってやるです」ブブブブ

唯「いゃん///」

梓「ていっ」ブブブブズブブ

唯「ひゃっん……ああっんっんっ…あんっあんっ…」ビクッビクッ

梓「ほら…早く私のも舐めてくださいよ」

唯「あっ…あんっ…だってええっ…気持ちいいんだもあんっあんっはうっ」

梓「いいですよ自分で押し付けますから、唯は舌出してて下さい」スリスリ

唯「んまっ…はっはっ…んはっ…まみゅ」

梓「はぁはぁ…いいです…んはっ」


澪「ってもうこんな時間…ごめん憂また明日」

憂「あっ…はいまた明日」

梓「はっんはっ…いいです」ブブブブ

唯「はぁっはうっ…ああっもうだめ、イくイくイくぅぅうう」ビクンッビクンップシャァァアア

梓「……イっちゃいましたね」ペロペロ

唯「あぁ今すごい敏感なのにぃ~だめぇ」ビクッ

梓「美味しいです唯の愛液」ペロペロ

唯「はっはうぅ~」


……

紬「そろそろ帰るわね」

律「ムギ、今日はありがとな…」

紬「えぇ…えいっ」スパッ

律「えっちょっ…返せよぉ」

紬「やっぱり髪下ろしたほうが可愛いわ」

律「そ、そんなことねーよ」

紬「りっちゃん…」チュゥ

律「んっ……なっなにを」

紬「あんまりにも可愛いから…じゃあまた明日」

律「……///な、なんなんだよ」


翌日…

唯「うぃ~」

律「おっ日直ごくろうっ」

紬「唯ちゃんお菓子どうぞ」

唯「エヘヘ…いただきま~す」モグモグ

梓「……///」ポワー

律「ん、どうした梓」

梓「あっいえなんでもないですあはは~///」

唯「ん、あずにゃんなんかついてる?」

梓「いえ、なんでもないですないです」

唯「あっそうだ…ムギちゃんちんちん生やす薬ってな~い?」

律「ブゴッ…ゴホッゴホッ…な、なにを急に」

紬「唯ちゃん?」

唯「あのね、私とあずにゃんはね…むむむむむ」

梓「唯ストップっ」

律「唯?呼び捨て…ククッ…なるほど、梓隠さなくてもバレバレだぜ」

梓「……ですね、やっぱり変ですよね女同士のカップルなんて」

紬「いいと思うわ、すごくお似合いだもの…ね、りっちゃん」

律「うっ……そうだな、あはは///」

紬「でもなんでペニスなんかつけるの?そのままでいいじゃない」

唯「あのね、昨日あずにゃんとエッチしたんだけど」

律「ブッ…お前の話は安心して聞けない…な」

紬「続けて…///」フゴーフゴー

唯「ちんちんの玩具あるでしょ…あの…」

紬「ペニバンね」

唯「たぶんそれ、それでエッチしようとしたら…あずにゃん『そんな玩具じゃいやです~』って言うから」

梓「嫌ですよ…玩具で処女奪われるなんて…」

紬「…そういうこと、わかったわお父様に頼んでみるわ」

唯「ありがとうムギちゃん…エヘヘあずにゃんこれでエッチできるね…」

梓「……はい///」

律「おぉっかなりラブラブだなぁ~コノヤロー」

澪「おぉみんなそろってるんだな…」

紬「澪ちゃんお菓子どうぞ…」

澪「あっありがとう…」チラッ

律「…お、遅かったなー澪ー」チラッ

唯「???」

澪「あ、あぁ…」

梓「(なんだろうこの気まずい感じは…)」

紬「(なんだかんだ言ってやっぱり澪ちゃん諦めきれてないのね)」

澪律「あ…あのさ……」

澪「律…いいよ先」

律「いやいや…澪が先で」

澪律「じゃぁ…」

澪「…もー律先言ってくれ」

律「じゃ、じゃあ……あのさ…澪、ちょっと2人で話さないか」

澪「えっああじゃあ外でるか」

バタンッ

梓「澪先輩律先輩なにかあったんですかね」

紬「恋ね…いいわねぇ~女同士の禁断の恋」

梓「ムギ先輩?」


唯「でも澪ちゃんには憂がいるじゃん」パクパク

紬「えっそれ本当なの」

梓「ああそっか…えっと昨日付き合い始めたみたいです」

唯「私たちもだよあずにゃん」ギュゥウウ

梓「ちょっと唯、く、苦しい」

唯「はむっ」チュゥウ

梓「んっはっ…はむっ…んっ…ちょ、いきなりなんなんですか」

唯「いいじゃん恋人だし」

梓「ひ、人がいるじゃないですか///」

唯「…わかったよ、じゃああとでいっぱいちゅーしようね…エヘヘ」

梓「……はい///」

紬「(りっちゃん大丈夫かしら)」


澪「で、話ってなんだよ」

律「澪…どうだったんだ昨日の…その…憂ちゃんとの…さ」

澪「あぁそのことか…付き合うことになったんだ」

律「えっ…あぁそうか…おめでとさん」

澪「ありがとな…律、お前がいなかったら多分自分に負けてたよ」

律「…そうか」

澪「やっぱもつべきものは親友だな…」

律「そうだな…あのさ澪」

澪「ん?」

律「もし、好きな人に恋人がいて…それでも好きだったらどうする?」

澪「…私なら退くかな、でも律なら進むだろうな……きっと結果がどうであれ」

律「…ククッ……やっぱり澪だな、私の大好きな澪だ」ギュゥウウ

澪「な、なんだよ律…あんまくっつくなって律…おいり…」

律「……しばらく、こうさせてくれないか」

澪「泣いてるのか…?……あぁ好きなだけそうしてろ」ナデナデ

律「……グスン……」

澪「私…律に謝らなきゃいけないことがあるんだ…」

律「わ、私に…グスン…か」

澪「律がさ…私のこと好きなの知ってたんだよ…いや正解には分かってたか…」

澪「でも律は律で私の親友なんだ、それ以上でも以下でもない」

澪「一番大切な親友なんだ…だから…ごめんな…律」


律「……なんだ…グスン、知ってたのかよ……」

澪「ライブで私が歌うことになったとき、心配そうに見てただろ…なんか嬉しかったよ」

澪「わざとふざけて私の緊張ほぐそうとしたり…小さい頃から律には助けられてばっかだ」

澪「こんな私と親友でいてくれてありがとな…そしてこれからも親友でいてくれ…律」

律「………馬鹿澪…グスン」

律「いつもそばにいるからな…ずっと親友のままだからな…絶対の絶対だぞ」

澪「あぁ…絶対の絶対だ」

律「……私も澪には感謝してるんだ…本当にありがとな」ギュゥウウ

澪「律……」ギュゥウウ

律「そろそろ戻るか…」

澪「そだな…」


ガチャ

唯「あっ澪ちゃんりっちゃんおかえりー」

澪「ただいま」

律「…ただいま///」

紬「(気持ちの整理はついたみたいね…)」

梓「練習しませんか、練習」

唯「えーいいよぉ…今日は暑いから、明日にしよっ…ね」

律「練習…するか?」

澪「するか…な」

紬「じゃあ練習しましょうか」

唯「えーみんな今日練習したい気分なのー?」

律「ごたごたいってないでギー太かつげギー太」

律「じゃあいくぞ~1、2、3」

じゃじゃ~ん♪じゃじゃ、じゃじゃ、じゃじゃ~ん♪

澪「あれ、唯上手くなってないか」

唯「エヘヘ…昨日あずにゃんに教えてもらったんだぁ」

澪「そっか…梓これからもビシビシやってくれ」

梓「はい」

唯「ビシビシぃ…なんかエッチぃ」

梓「な、何がですか」


5