憂「だから…おっお姉ちゃんを…えぐっ…し、幸せに…してあげてね…うわぁぁぁん」

澪「今日は泣いていいぞ、好きなだけな」ギュッ

憂「澪さん…うえぇぇぇん」

澪「ほら、梓…唯のとこ行ってやれ」

梓「あ、は…はい」

澪「今日は天気がいいな…星がみえる」

憂「えぐっ…えぐっ…私、お姉ちゃんのことが大好きだった…けどお姉ちゃんは…お姉ちゃんは…」

澪「憂のことが好きなんだよ…」

憂「えぐっ…違いますよ…えぐっ」

澪「唯は憂のこと傷つけたくなかったんだろうな…きっと反省してるよ唯もさ…」

憂「でも、でも…」

澪「欲しいものってのはさ…近くにあるようでなかなか届かないんだ…気持ちが強ければ強いほど…ね」

憂「……」

澪「憂が唯をどんなに望んでも届かない…それは気持ちが強いからなんだ」

憂「…」

澪「でも届かないからって諦めてれば一生届かない…けどほんの少し、努力すれば手に入るんだよ」

澪「(しまった…また酔ってしまった)…ゴホン、つまり私は憂のことが好きだ」

憂「……ふふっ…あはは」

澪「ん、なにかおかしかったか」

憂「ごめんなさい…澪さんて面白い方ですね」

澪「そ、そうか…エヘヘ///」

憂「私、受け取ります…澪さんの気持ち」

澪「ほ、ほんとか」

憂「はいっ…エヘヘ」

澪「よ、良かった」

憂「(これでいいんだよね…)澪さんっていい匂いしますよね」

澪「そうか…なんか照れるなぁ///」

憂「(お姉ちゃんの空いたあなはきっと澪さんが埋めてくれる…きっと)」

澪「じゃあ暗いし…そろそろ帰るか、送るよ」

憂「あっありがとうございます」

澪「…もうこ、恋人なんだから敬語なんていいよ…それに私のことも呼び捨てでいいし」

憂「み…澪……ですか」

澪「まぁいっか…いこっ」

澪「なぁ憂…唯から聞いたんだが…一昨日…さ///」

憂「いやっあれは…お姉ちゃんが…//」

澪「いや、でもな唯がさ…その…///」

憂「ぐ……事実です///」

澪「いや、いいんだ…ちょっと意外だなぁって思っただけだ」

憂「……///」

澪「…そだ、手ぇ握っていいか」

憂「は、はい」ギュッ

澪「憂の手あったかいな…」

憂「澪…の手おおきくていいですね」

澪「ギグッ…あははそうか、そうか…」

憂「なんでもつかんでしまいそうで…つかんだから離さない…そんな優しい大きな手です」

澪「……でも、人の気持ちをつかむのは心の手だ…それは大きさなんて関係ない、気持ちだけだ」

憂「…ですね///」

澪「到着っと…」

憂「ちょっとあがっていきませんか」

澪「…そうだなちょっとお魔するよ」

ガチャ

梓「はぁ…はぁ…」

ガチャ

梓「唯先輩~」

唯「ふぇーん、えーん」

梓「唯…先輩?」

唯「うっ…うっ…あず…にゃん」

梓「どうしたんですか……って憂の件か」

唯「憂がね……私どうしたら」

梓「…(憂…唯先輩は私が守るから…)先輩…」ギュッ

唯「グスン……あず…にゃん」

梓「唯先輩には私がついてますから…絶対離しませんから」ギュゥゥウ

唯「あずにゃん…私…憂をね…憂を…」

梓「(唯先輩あったかくて気持ちいいな)憂に言われたんです『唯先輩を泣かせたら許さない』って…だから泣かないでください」

唯「憂が…?憂があずにゃんに……?」

梓「唯先輩は私が幸せにします」

唯「あずにゃーん」ギュゥゥウ

梓「先輩…あの…聞いて欲しいことが」

唯「ほえ…?」

梓「あの…私を彼女にしてください」

唯「でも私女だよ」

梓「私は男でも女でもかまいません、唯先輩の彼女…恋人にしてくださいっ」

唯「……私なんかで…いいの」

梓「唯先輩じゃなあきゃ駄目なんです」

唯「エヘヘ…これって告白……だよね」

梓「はい、本気です」

唯「……わかった、私はあずにゃんの恋人になるよ」

唯「じゃあちゅ~しよ」

梓「な、なんでそうなるんですかっ」

唯「え~恋人っていったらちゅ~だよぉ…ちゅ~だよね?」

梓「いや、まぁはずれてはないですけど…」

唯「じゃあいいじゃんちゅ~しよっ」チュッ

梓「ん……ぷはぁっ」

唯「これで私達は恋人だね…エヘヘ」

梓「……はい///」


満天の星空の中二組のカップルが誕生した

律「ありがとな…ムギ」

紬「いいのよ、でも嫉妬しているりっちゃんかわいかったわよ」

律「…っ……はぁ」

紬「どうするの、これから」

律「私たちは親友だからさ…別にどうでもいいんだ、私だけ傷ついたならそれはそれでよかったのかもな」

紬「本当の気持ち伝えなくていいの?」

律「あぁ…」

律が見上げるそらも悔しいほど満天の星空が広がっていた




唯「あずにゃんお風呂入ろっ」

梓「いやですよ…なんで一緒に…なんですか」

唯「泣いちゃうぞ…坊泣いちゃうぞ」

梓「…わかりましたよ…入ります」

唯「わーい…いいこ~いいこ~」

梓「…順番がおかしい気がする……絶対に」

唯「先入ってるからねぇ~」

梓「あっ…はぁ…仕方ないか…」

ガラッ

梓「……うぅ///」

唯「おぉ~…あずにゃん隠さない隠さない~」グイッ

梓「ちょっ…先輩っ」

唯「隠さない~隠さない~」グイッグイッ

梓「ちょっあっ…///」

唯「ほぉ~可愛いよぉあずにゃん」ギュゥゥウ

梓「ちょっ先輩…」

唯「あずにゃん私たちは恋人なんだよ?だから先輩はダメ」

梓「唯……離して///」

唯「よくできました~エヘヘ」

唯「それにしてもあずにゃんはおっぱい小さいよね」

梓「き、気にしてるのに…唯…もそんなに大きくないじゃないですか」

唯「でもほらあずにゃんよりはあるよ、ほらっ触ってみて」グイッ

梓「あっ…じゃ、じゃあ失礼します」プニュプニュ

唯「ん……あはっくすぐったいなぁ」

梓「柔らかい…私の小さいから…おっぱい柔らかいんだ…」

唯「おっぱいはねこうすると気持ちいいんだよ…」チュパペロ

梓「うっ…唯っ…あっんはっ…うぅ…だめっ…ですよおっあっあっ」


……

澪「お邪魔します」

憂「リビングでくつろいでてください」

澪「唯…は?」

憂「たぶんリビングに…あれ?…どこいったんだろう」

澪「梓いるみたいだけどな…唯の部屋とかかな」

「ちょっ先輩っ」

憂「あっ…風呂みたいですね」

澪「風呂?い、一緒にか?」

憂「そうみたいですね」

澪「……///」

唯「あははっあーずにゃーん」

憂「あっあがったみたいですね」

澪「そ、そっか」

憂「お茶どうぞ」

澪「あ、ありがとう…唯はいつもこんな感じで」

憂「私が全部やっちゃうので…エヘヘ」

澪「へぇ~そりゃずいぶん疲れ溜まるだろ」

憂「いえ、お姉ちゃんには笑顔で元気もらってるので…あっごめんなさい…つい」

澪「いいよ気にしてないから」

梓「なんでこれなんですか」

唯「だって下着ないの忘れてたんだもん」

澪「…なんか喧嘩してないか?」

憂「ちょっと見てきます」

澪「私も行くよ」

唯「あとで貸してあげるから…ね」

梓「絶対ですよ」

憂「お姉ちゃん?大丈夫…」

ガラガラッ



唯「おぉ憂ぃ~おかえりー」

梓「ひやっ……///」

憂「梓ちゃん…?」

唯「あずにゃん下着ないからバスタオル巻かせたんだけど、これじゃ恥ずかしいってさ…」

梓「当たり前じゃないですか」

憂「じゃあ私かえの下着もってくるね」

唯「いいよ憂、あずにゃんこう見えてドMだから」

澪「なるほど…唯は家にいると変態に……って」

梓「ドMなんかじゃないですっ早く下着っ」

唯「慌てない慌てない」

梓「で、なんでのん気に皆さんお茶すすってるんですか」

唯「風呂上がりの麦茶は最高だよぉ」

梓「いいから下着を…ですね」

唯「バスタオルとっちゃうよぉ~」

梓「やっやめてって…も~なんなんですか」

澪「なぁ唯、大事な話しがあるんだけど…いいか」

唯「大事な話?」

澪「あのな…私と憂、付き合うことにしたんだ…うぅ///」

唯「ほえっ憂と…澪ちゃんが……?憂…」

憂「お姉ちゃんは梓ちゃんが幸せにしてくれる…私も陰ながら応援するけど」

憂「その代わりに私は澪…に幸せにしてもらう」

唯「憂がいいなら…いいんじゃないかな…エヘヘ、おめでとう」

憂「じゃあ私たちお風呂入ってるくるから」

澪「私たち…?って私もか」

憂「あれ、澪は入ってくれませんか」

澪「明日も学校あるし…でもまぁいいや、入ろうっ」

憂「はいっ」

梓「唯…」

唯「どしたの」

梓「いい加減下着をください…寒いです」

唯「そういうときは」ギュゥゥウ

唯「あったかいでしょ…?」

梓「…っはい……///」

唯「ふん~♪」パサッ

梓「えっちょっと」

唯「あずにゃん裸んぼさん~」

梓「返してくださいよ…寒いんですよ」

唯「じゃあ部屋きてよ」

梓「じゃあそれ先にください」

唯「だーめ」ポイッ

梓「あっ…うぅ」

唯「ほらいくよっ」


澪「なんか緊張するな…」

憂「そうですか?私はたまにお姉ちゃんと入りますから…」

澪「それにしても…可愛いな憂は…」

憂「そんなことないですよ///」

澪「もう無理しなくていいんだよ…私の前では思いっきり笑って思いっきり泣いていいんだぞ」

憂「エヘヘ…ありがとう」

澪「入ろうか」

憂「はい……澪ってやっぱりおっぱい大きいですね」

澪「大きくてもいいことなんてそうないぞ、肩凝るし、男から変な目で見られるし」

憂「でも女っぽくていいじゃないですか…澪は可愛いし」

澪「(私が嫌なところ全部ほめてくれる…ありがとう憂)そ、そんなことないよ」


梓「は、はやく…風邪ひいちゃいます」

唯「あっでもさあずにゃんってネコだよね」

梓「人間ですよっ」

唯「あずにゃんってネコだよね」

梓「…人間です」

唯「あずにゃんってさ…」

梓「もういいですよネコで早く下着をっ」

唯「いやいやネコさんは服着ないじゃん」

梓「うっ…いや…だから」

唯「え、だってさっき自分で私はネコですって言ったよね…エヘヘ」

梓「もういいです自分でとります」ガシャガシャ

唯「めっ、悪いネコさんだなぁ…お仕置きが必要だね」

梓「えっ…ちょっとなんですか」

唯「さわちゃんからね…貰ったの『これでオナニーすると最高よ』って」ブブブブ

梓「そ、それをどうするつもり…」

唯「もちろんあずにゃんにぶちこむよ」ブブブブ

梓「冗談…ですよね…はは」

唯「大丈夫いれるやつじゃないから…処女のままだね」ブブブブ

唯「よし、じゃあいくよ…えいっ」ブブグウィィィイイ

梓「あああんっ……んはっ…はうっ…これ…ヤバいですうっ…てえ…っあっあっ」

唯「確か、適度に動かすんだっけな」グウィィィイイブブブブ

梓「いやっん~んはっ…っあっ……あんっ…はぅっ」

唯「これがクリトリスだね…エヘヘ」ブブブグウィィイブ

梓「ああああ……んっんっあっあんっ…だめ、イくイくイっちゃう…ああっんはっ…あああイくぅぅぅうう」ビクンッビクンッ

梓「はぁ…はぁ…はぁ…」

唯「あずにゃんのイき顔可愛いかったよぉ~」ギュゥゥウペロペロ

梓「あっむ、胸は…あっあんっ……はぁっ……んはっ」

唯「敏感だねぇあずにゃんは…」

唯「あっそうだ…これであずにゃんの処女奪っちゃおっと」

梓「なんですか…そのいかにもなものは」

唯「確か…こうして…こいかな…よしっおおっ、あずにゃん私ちんちん生えたよぉ」

梓「まままさかそれ…」

唯「大丈夫だってぇ優しくするし、今あずにゃんすごく濡れてるから」

唯「それとも初めて…私じゃいや?」

梓「いや、なんというか…それ唯のじゃなくて…玩具ですよね…」

梓「それに初めてをってのはちょっと…」

唯「私にちんちん生えてればいいのかぁ…」

梓「いやまぁ女ですし無理ですよ」

唯「ごめんねあずにゃん…私我慢できない」

梓「いやああああ」


澪「体洗うよ」

憂「あっありがとう…はい石鹸と垢取り」

澪「……」

憂「澪…?」

澪「憂っ…」チュゥウ

憂「んっ…んん……はむっ…んはっっ……んっ…ぷはぁっ」

憂「(体が熱い…私、澪さんを…だめ、理性を保たないと)唇柔らかいですね」

澪「憂はキス慣れつるな…」

憂「エヘヘ…」

澪「じゃあ洗うよ」ムニュムニュ



4