憂「あっ…いえ大丈夫です、さようなら」タッタッタッ

澪「あぁ…部活いかなきゃ」

ガラッ

律「おっ澪~おっせ~ぞ」

梓「……」

唯「澪ちゃんお菓子食べよっ」

紬「紅茶もいれておきますね」

澪「……」

律「な~に辛気くさい顔してんだよ~」グイッ

澪「ふぇっ…な、なにすんだ律」

唯「今日の澪ちゃんなんか変だよ?」

澪「…あはは、そんなことないぞ…あっ美味しそうなケーキだ」

紬「紅茶もどうぞ」

澪「ありがとな、パクッ…うん美味しいっ」

梓律「……」

律「なぁ梓…ちょい」

梓「はい」

唯「あずにゃんどこいくの~」

梓「ちょっとトイレに」

澪「トイレにいっトイレ~なんちゃって」

唯「あはは、今日の澪ちゃん面白いねぇ」

紬「……?」

律「おい梓お前なにした」

梓「えっ私ですか?なにもしてませんよ」

律「昨日一緒に残ってただろ」

梓「いや…だから…それは、その違いますっ」

律「ほんとか」

梓「本当に本当です」

律「ならいいんだけど」

律「あはは悪い悪い梓がおっきいほうするっていうからさぁ」

梓「言ってませんよ、してませんし」

唯「あずにゃーん、あーんっ」

梓「はーむっ」パクッ

唯「美味しい?」

梓「美味しいれすぅ」ホワホワ

唯「よかったぁ~あずにゃん大好きぃ~」

梓「ちょっ先輩…顔が近いっ」


律「なぁ澪…なんかあったのか」

澪「べ、別になにもないよ」

紬「なにか悩み事?相談乗るけど」

律「なに、言ってみなってほれ、ほれ」ムニュムニュ

澪「む、胸を触るなっ」ゴスッ

律「いたーっ…エヘヘ、でなんだよ悩みって」

澪「(言えるわけない…律は親友だから…こんなこと)」

律「なるほど、好きな人でもできたか」

澪「ちょっ律っなんてことを」

唯「ほえ?澪ちゃん好きな人いるのぉ?」

紬「どうなの、澪ちゃん」

律「(なんかムギが怖い…)で、誰だよ」

梓「いますよ澪先輩、好きな人」

澪「こらっ梓」

律「な~るほどねぇ~ズバリ澪は梓のことが」

澪「違うわっ」ゴスッ

律「痛いーっ…冗談冗談」

紬「で、どんな方なの?」

澪「……んと…それは…」

唯律紬「…ゴクリ」

澪「やっぱ言えないよぉ///」

紬「澪ちゃんらしいですね」

律「ちぇっ」

唯「あずにゃんは知ってるの」

澪「梓っ……」

梓「はい、知ってますよ」

澪「梓、ちょっとこい」

梓「ひいっ…助けて唯先輩」

唯「いってらっしゃぁ~い」

律「う~ん、まぁそういう年頃だけど…まさか澪に」

紬「あら、りっちゃん妬いてるの」

律「ち、違うわいっ」

紬「フフン♪」


澪「おい、梓…言ったら殺すからな」

梓「で、でも…唯先輩に言ったほうが…早いんじゃ」

澪「梓…お前はなんにもわかってねぇ、今日な…わわわ私はなうう憂に、こっ告白してきたんだよ…」

梓「えっ…それで遅かったんですか」

梓「で、どうだったんですか」

澪「考えさせてくれって…やっぱり唯のこと好きなんだよぉ」

梓「(こうして見ると澪先輩も可愛いかも)……なら私と共同戦線をひきましょう」

澪「へ?」

梓「私は唯先輩が好きです、澪先輩は憂が好き…だから」

澪「…なるほど」

梓「互いに百害あって一利なしです」

澪「…そうだな…ってそれじゃだめだろ」

梓「冗談ですよ先輩、頑張りましょうね」

澪「…梓ぁぁああ」ギュゥゥウ

梓「く、苦しい…胸が…」

澪「ありがとな梓」

梓「窒息する…」モミモミ

澪「ひゃっああ梓っなにをっ」

梓「はぁはぁ…苦しいですよ先輩」

澪「わ、悪い……あっ梓もっと揉んでくれないか」

梓「なにいってるんですか憂に揉んでもらえばいいじゃないですか」

澪「いや、その小さな手で思いっきり揉まれると気持ちよかったんだ…なぁ頼む」

梓「……ちょっとだけですよ」モミモミ

澪「はぁ…んっ気持ちいいっんはっ……もっとつよくっうっんはぅっ」

梓「(これはこれでなかなか楽しいかも…)しょ、しょうがないですね…それにしてもエロい体してますよね」モミモミギュッ

澪「あっあっあんっ…いいっんはっ…もっと…んっ」

梓「大きい割には感じやすいんですね」モミモミ

澪「あっあんっんはっ……あっんっ」

梓「はぃ、終了です戻りましょ」

澪「はぁ…はぁ……梓…私をこのままにしておく気か」ヒラッ

梓「ちょっとスカートめくっ…濡れてる…ビチョビチョに…」

澪「なぁ最後まで…」

梓「ダメです、自分でやってればいいじゃないですか」

澪「……馬鹿梓」

ガチャ

律「遅いぞーなんだ梓またおっきいほうか」

梓「違いますよっ」

唯「あれ、澪ちゃん顔赤いけど…大丈夫?」

律「まさか…二人でイケナイことを…」

梓「違いますよっ」

紬「イケナイこと…イケナイこと…」プルプル

唯「なーにーイケナイことって」

律「それはな…ゴニョゴニョゴニョ」

唯「あぁなるほど~それなら一昨日憂としたよ~」

律澪紬「なんですと!?」

唯「憂ったらね…エヘヘ~」

律「…本当か」

唯「こんなことで嘘つかないよ~あぁ気持ちよかったなぁ…」

紬「フゴーフゴーフゴー」

澪「負けた……」

梓「先輩しっかりしてください」

律「あの憂ちゃんが…なんてこった」

律「…ってもうこんな時間かよ…帰ろーぜー」

唯「あずにゃん帰ろっ」

梓「は、はい」

紬「澪ちゃん帰ろ、ね」

澪「うん…グスン」

――

律「じゃあ私たちはここで、じゃな~」

律「……で、誰だよ」

澪「……」

律「親友の私にも言えないのか…梓には言えて」

澪「違うっ…律は…私の親友だから…」

律「まぁ…今日家に寄っていけよ」

澪「…」コクン


律「そろそろ…いいんじゃね」

澪「……笑わない?」

律「あぁ笑わないよ」

澪「…あのな…私……う、憂のことが好き…なんだ」

律「……」

律「あっはっはっそりゃねーよ」

澪「律っ笑わないって」

律「あははは、悪い悪いいや~意外だったわ」

澪「それで今日告白をしたんだ」

律「えっ憂ちゃんに」

澪「うん、それで考えさせてくれって…」

律「そっか…付き合えるといいな」

澪「律…」


律「まぁこのことは秘密にしておいてやるよ…」

澪「ありがとな…律」

律「当たり前だろ…親友だろ私たち」

澪「あぁそうだな…今日はありがとな、じゃ」

律「じゃなあ~」

バタンッ

律「澪が憂ちゃんと…か…私、なにしてんだろ」

律「ずっとそばにいたのに、好きって一言も言えなくて…ただ一緒にいる時間だけ幸せで」

律「こうなるんなら私も言っておくべきだったな」

「たらりらたんらん~♪」



律「誰だ」

「恋の妖精、ツ・ムギチャです」

律「なんだムギか…」

紬「りっちゃん…悲しいなら泣いていいのよ」

律「悲しくなんかないよ悲しくなんかぁぁぁあああ」

紬「よしよし、しょうがないわよ…これが運命なんだもの」

律「澪ぉぉおおお」

紬「よく、我慢してたわね」

律「ムギ、ありがとな…グスン」

紬「友達でしょ私たち」

律「そうだな…へへっなんかどうでもよくなったわ」

紬「りっちゃんは笑ってるほうがいいわ」

律「そ、そうか?」

紬「前髪も下ろしたほうが女の子らしくて可愛いわよ」

律「…っ…それ…はダメだ」

紬「あら、残念」


……

憂「どうしよう…どうしよう」

憂「何を迷う必要があるの?私はお姉ちゃんがすき、そう好きなんだ…」

唯「ただいまぁ~」

憂「あっお姉ちゃん…おかえりー」

唯「おー憂いーただいまぁ」

憂「(私はお姉ちゃんが好き、けどお姉ちゃんは…)」

唯「どしたの憂」

憂「うんん、なんでもないの」

唯憂「いただきます」

唯「モグモグ…うまいっ、今日も最高だよ憂ぃ~」

憂「……」

唯「憂…?」パクパク

憂「…はっ、ごめんお姉ちゃんどうかした?」

唯「憂、今日疲れてるみたいだね…何かあったの」パクパク

憂「エヘヘ~大丈夫なんでもないよ…」

唯「ふ~ん…食べないの?」パクパク

憂「あっうん食べる食べる」

唯「やっぱり今日の憂、変だよ」モグモグ

憂「そんなことないよ…」

唯「私に話せないこと?」パクパク

憂「そうじゃ…ないけど…」

唯「じゃあ話してよ、私でよければ助けてあげるよ…エヘヘ」

憂「(やっぱ…お姉ちゃんにはかなわないや)エヘヘ…あのね」

憂「お姉ちゃんって好きな人いる?」

唯「いるよ」

憂「……そっか、ちなみに…?」

唯「憂だよ」

憂「へっ?わわ私…///」

唯「うん憂大好きだよ、軽音部のみんなも、お父さんもお母さんもみんなみんな大好きだよ」

憂「あはは…そっかぁ~エヘヘ(期待した私が馬鹿か…)」

憂「……じゃ…じゃあさ、お姉ちゃん恋したことある?」

唯「恋…?好きとは違うの」

憂「…なんていうか、好きよりもっと…こう、一緒にいるだけでドキドキするような…」

唯「恋かぁ…でもあずにゃんといるときはドキドキするかな」

憂「あああ梓ちゃん…そっかぁ~、エヘヘ」

唯「憂は恋したことあるの」

憂「…うん」

唯「そっかぁ…あっ彼氏…とかそういう奴か、恋って」

憂「そうなるかな…」

唯「ほぅ…そういえばさ、今日あずにゃんがね」

憂「(また梓ちゃんの話…お姉ちゃん梓ちゃんの話になると活き活きしてるな…)」

憂「(私は…梓ちゃんに負けたんだ…もううんざりだ)」

唯「それでね、あずにゃんが『そんなんじゃ駄目ですー』って本当に可愛いかったな」

憂「……もういいよ」

唯「ほえ?」

憂「そんなに梓ちゃん梓ちゃん言うなら梓ちゃんと一緒に暮らせば?」

唯「憂……?なんか怖いよ…」

憂「どうして…お姉ちゃんは……私を……」

唯「憂……」

憂「どうして、ねぇどうして」ガシッ

唯「い、痛いよ憂」

憂「お姉ちゃんは私だけ見ていてくれればいいの、私を見てよっわかってよ、愛してよ」

唯「憂……泣かないで、ごめんねごめんね」

憂「…グスン…グスン…」

唯「憂……なにがなんだかわからないよ…ねぇ泣き止んでお願い」ギュゥゥウ

憂「お姉ちゃんのばがぁぁぁいあああ」

唯「いいこ~いいこ~」ナデナデ

憂「えぐっ…えぐっ…お姉ちゃん…」

唯「ごめんね…馬鹿なお姉ちゃんで」

憂「一つ…えぐっ…聞いていい?」

唯「うん…いいよ」

憂「お姉ちゃんは…私の…グスン、こと愛してる?」

唯「…えーっと、好きとは違うんだよね…恋人みたいな…」

唯「……ごめんね、憂は憂なんだ…それ以上でもそれ以下でもない…ごめんね」

憂「…グスン、そっか…そうだよね姉妹だもんね…私が馬鹿だったよ、変な質問してごめんね」

唯「でも、憂のことは好きだよっ」

憂「うん、ありがとう…エヘヘ」

憂「やっぱりお姉ちゃんには梓ちゃんのほうが似合ってるよ」

唯「…そうかな……エヘヘ」

憂「ちょっと外に出て頭冷やしてくるね…」

唯「わ、私もいくよ」ギュッ

憂「大丈夫、ひとりで平気だから…」

唯「……うん(なんでだろう、寂しいな)」

ガチャ

唯「(私は憂とずっと一緒だった…でも憂は憂だった、それは今でも変わらない)」

唯「(あずにゃんと一緒にいるとドキドキする…気持ちがあったかくなる)」

唯「(でも、なんだろう…この寂しい感じ、憂が私から離れていくような…)」

唯「…どうして、こうなっちゃったんだろう」

憂「はぁ……」

憂「これで……いいんだよね…そうだ…」

ほっとぱっぴっぷっぺっぽっぴぷっぺっぽっぱっぴっぱ

憂「ふぅ……よし」ピッ

ティンティンティコティコ~♪

梓「…ん、憂から…か」

『今から●●公園きてくれる?』

梓「殺され…るわけないよな…とりあえず澪先輩も一緒に連れていこう」

梓「じゃあ澪先輩はここに隠れてて下さいね」

澪「…まぁいいか」


梓「ごめん、遅くなって」

憂「ううん大丈夫」

梓「…用件って(殺されるのか…殺されるのか)」

憂「お姉ちゃん、泣かせたる許さないからね」

梓「へっ?」

憂「お姉ちゃん…私じゃなくて梓ちゃんを選んだんだ…」

梓「で、でも…憂は…」

憂「私は…大丈夫、ちょっと高望みしてたみたい」

憂「姉妹だけでも幸せなのに、それ以上を望むなんて…エヘヘ」

梓「憂…」


3