梓「みんな帰っちゃいましたね」

唯「どうしよっか」

梓「あの…唯先輩」

唯「どしたの?」

梓「かぶってもいいですか」

唯「そ、そんな汚いよぉ…恥ずかしいし///」

梓「(恥ずかしがってる先輩可愛いすぎです)…えいっ」ガバッ

唯「あずにゃんのえっちぃ~」

梓「あぁ~幸せです…私唯先輩のパンツになりたいです」クンクン

唯「う~い~」

憂「お姉ちゃんどうしたの」

唯「一緒に寝てもいい?」

憂「うん、いいよ」

唯「わ~い♪」

唯「憂温かいねぇ」ギュゥゥウ

憂「お姉ちゃんも温かいよ…エヘヘ」

唯「おやすみ~うい~」

憂「おやすみ~」

憂(お姉ちゃん…寝たかなぁ…)

憂「はっ(顔が近いっ…///)……可愛いなぁお姉ちゃん」

唯「……むにゃむにゃ」

憂「(今なら…キス……しても大丈夫かな…でも…したいけど…)う~~~」

憂「……よし、お姉ちゃんごめんね……ん」チュ

唯「ん……ん?…憂……どうか…したの」

憂「い、いやなんでもないよお姉ちゃん…おやすみ」

唯「…うん、おやすみ」

憂「(お姉ちゃんの唇…柔らかかったなぁ…)」



唯「ただいま~」

憂「おかえり、お姉ちゃん…あれ今日は梓ちゃんも一緒なの?」

唯「うん、明日は休みだし泊めてあげるんだぁ~エヘヘ」

梓「お、お世話になります…」

憂「そ、そんな畏まらなくても…どうぞどうぞ」

梓「お、おじゃまします」

唯憂梓「いただきますっ」

唯「いやぁ~やっぱり憂の作ったものはうまいっ」

憂「エヘヘ…梓ちゃんはどうかな」

梓「すごく美味しい…」

憂「よかったぁ~まだあるからね」

~~~

憂「お姉ちゃ~ん、お風呂沸いたよ~」

唯「はーい…あっそうだあずにゃんも入ろうよっ」

梓「いいですよ…一人で入った下さい」

唯「えー冷たいなぁ~あーずーにゃーんー」

梓「いいから入ってきてください」

唯「ぶー…憂ぃぃ一緒に入ろ」

憂「えっ…うん」

憂「お姉ちゃんとお風呂…お姉ちゃんとお風呂…お姉ちゃんとお風呂…」

唯「憂?」

憂「あはは、ごめんね今入るよ」



唯「あれ、憂…おっぱいおっきくなった?」

憂「そ、そんなことないよ…」

唯「どれどれ~」モミモミ

憂「あっ…お姉ちゃ…んっ…はううっ」

唯「ほうほう感度いいですなぁ…エヘヘ」モミモミ

憂「ダメ…んはっうっ…たぁ…だよおっ…」

唯「憂…私のも触って…」

憂「え…いいの?」

唯「憂なら…いいよ…」

憂「じゃ…じゃあ…」プニプニ

唯「あはは、く…くすぐったいよ憂」

憂「あれ…う~ん、なら」チュパペロペロ

唯「あっ憂っ…それっんひゃ……いいっ」

憂「お姉ちゃんも感度いいね」チュパチュパペロペロ

唯「あふー…はっはっはううっ…あっあんっ」

憂「こっちはどうかなお姉ちゃん」ジュルペロペロチュウ

唯「…んはうっ……そこはあっ…汚いからあっんあっ…ダメだよぉ…んっ」

憂「凄い濡れてるよお姉ちゃん…あっこれがクリちゃんだぁ」プニプニペロペロ

唯「だっあんっあんっ…んっああんっ……そこっすごいよ憂いっ憂いぃぃぃ」

梓「全く…もっと静かに入れないんですかね…」

『あんっ…んはうっ』

梓「え……なにしてるんだろう…」ソー

梓「…って私はなにをっ……不潔……けどなんだろう…あのうらやましい感じは…」

唯「んはうっ…あっあっあんっ」

憂「(お姉ちゃんの顔がどんどん赤くなってく…可愛い)じゃあそろそろイかせてあげるね」ジュブズブブ

唯「あっ…は、入ってく…んはうっ…憂の指があんっ」

憂「最初はゆっくり…」ジュバジュバ

唯「はぁ…んっ…はぁはぁ…んはうっ」

憂「だんだん激しく」ズボズボジュブジュブ

唯「ああああっ…憂っっ…すごっんはっうっあんっ…すごいよ…んはっ」

憂「もっと激しくっ」ズボジュブジュブ

唯「あっあっんはっうぅ…あっあっあっ…イく…なんか…憂い、イっちゃいそう…変な…んはっあんっあんっ…」

憂「お姉ちゃんいつでもイっていいよ」ジュブジュバジュバ

唯「イくっイッチャアアア」ビクンッビクンッ

唯「…はぁ…はぁ…はぁ…」

憂「お姉ちゃん…」

唯「憂…いつのまに…そんなこと……はぁ」

憂「これくらい当たり前だよぉ…エヘヘ」

唯「でも…すごい…はぁ…気持ち良かったよ…はあはぁ」

憂「お姉ちゃん……ん」チュウ

唯「ん…むはうっ…レロっ…んっ…」モミモミ

憂「んっ…あっ…はむっ…んっ…」

唯「んっ…ん……エヘヘ」

憂「体洗おっか」

唯「うん」

憂「お、お姉ちゃん…んっ…おっぱい…ばっかりじゃなくて…んはっ…ほかのとこも…あんっあんっ」

唯「だって触ってると気持ち良いんだもん」モミモミ

憂「で、でも…んはっ」

唯「しょうがないなぁ…」ズボボ

憂「ひやぁっ…お姉ちゃん…」

唯「さっきのお返しだよ♪」ジュバジュバペロペロ

憂「(指で弄られながらおっぱい吸われてる)…んはっ…あっあっあんっ…いやっんっ…ああんっ」

唯「ほうかな…んっ」ズボッジュブペロペロチュパ

憂「ああんっ…すごいよ…お姉ちゃんっ…んはっ」

唯「はけひく…ひくよ~」ジュバジュバペロペロ

憂「ああんっ…んはっあんっあんっあん…だめイく…お姉ちゃんイっちゃうよぉぉ」

唯「もっほはへひく~」ジュバジュバチュゥゥウ

憂「そんっなにっんはっ…だめだめ…あっあんっ…イっちゃううううい」プシャアアア

梓「ほ、本当に不潔です…唯先輩見損なったです……ん?」

梓「これは…唯先輩の…タイツにパンツ……ゴクリ」クンクン

梓「いい匂い~」クンクン

憂「そろそろあがろっか」

唯「そうだね…それにしても気持ち良かったよ憂」

憂「お姉ちゃんもね…エヘヘ」

ガララッ



梓「…はっ」クンクンピタッ

唯「あれ、あずにゃんなにしてるの?」

梓「これは…その…だから…そ、そう脱ぎ捨ててあったからちゃんと入れておこうかと…」

唯「ありがとうあずにゃん」ギュゥゥウ

憂「……」

梓「ちょっと先輩、濡れてるじゃないですかっ」

唯「あははごめんごめん」

憂「ほ、ほらお姉ちゃん着替えないと風邪ひいちゃうよ」

唯「エヘヘ…そうだあずにゃん風呂で私のテクを見るかい?」

梓「遠慮しておきます」

唯「ぶーあずにゃんのケチ」


~~~

憂「じゃあお姉ちゃん先アイスでも食べてて」

唯「ほほほ~い」

梓「……」

憂「…で、梓ちゃん」

梓「え?」

憂「お姉ちゃんは渡さないからね」

梓「え…いや私は…」

憂「渡さないから…」

梓「…」


~~~

梓「お風呂あがりましたぁ~」

唯「お~あずにゃんちょうどいいとこだ、はい、あーん」

梓「あー…」

憂「…」ギロッ

梓「…それくらい自分で食べますよ」パクッ

唯「ええ…あずにゃん酷い」



唯「てな感じでさぁ…あはは」

律「それまた大胆な…」

紬「キマシタワ~」

澪「姉妹でってのがなぁ…というかなにより憂ちゃんが意外だ」

唯「でもね、あれからあずにゃんが私に冷たいんだぁ」

唯「ねぇ…あずにゃん、私なにかしたかなぁ」スリスリ

梓「べ、別になんでもないです」

唯「そっかぁならよかった」ギュゥゥウ

梓「そ、それはだめですってば」

唯「いいこいいこ~」

梓「///」

唯「あずにゃん、帰ろっ」

梓「ああ、あの…今日は澪先輩に用事が…」

澪「へっ?わ、私…」

梓「ですよね澪先輩」

澪「…あっそうだったな、忘れてたよ」

唯「えーじゃありっちゃん帰ろっ」

律「私は二の次かいっ…まぁいいやムギもなぁ」

紬「はいっ」

唯「あずにゃんやっぱり冷たいなぁ…」

律「考えすぎじゃね」

紬「そうよ、気にしすぎなのよ唯ちゃん」

唯「そっか、そうだよね…エヘヘ」



~~~

澪「それで、話って」

梓「…あの、唯先輩のことなんですが…かくかくしかじか四角いムーヴダイハツ見に来てね…で」

澪「なるほど…つまり梓は唯のことが好きなんだけど憂が邪魔だと」

梓「いや、邪魔というか…その…なんていいますか…」

澪「まぁ、私にまかせとけ」

梓「澪先輩~」

澪「ところで…さ…梓」

梓「はい…」

澪「私じゃだめかな…」

梓「へっ?」

澪「だから…その…唯じゃなくて…私じゃだめかな」

梓「……」

澪「あははごめんごめん冗談だ気にするな」

梓「…いいですよ」

澪「えっ」

梓「私も本当は澪先輩が良かったのかもしれないです」

澪「い、いいのか…私なんかで」

梓「はい…」

澪「そ、そうかそれは良かった良かった…よかった…」

梓「澪先輩」ギュゥゥウ

澪「泣いていいぞ、私が全部受け止めてやるから」

梓「うぅ……」

…………

澪「っていうパターンには」

梓「なりませんよ」

澪「だよな…」

梓「ごめんなさい…期待にそえられなくて…」

澪「いいんだ…なぁ梓、一回だけキスしていいか」

梓「えっ…そ、それは…」

梓「…ごめんなさい」

澪「だよな…まぁ私にも本命がいるしな」

梓「えっ本命ですか」

澪「あぁ…聞きたいか」

梓「はい…できれば…ですが」

澪「それはな…………だ」

梓「えっ……そんな…それって…」

澪「最初はわけわからにもんだけどさ…次第に好きなんだって気づいたんだ」

梓「…そう……なんですか意外です」



―――数日後

憂「…ん、手紙?」

『平沢憂様へ…今日の放課後××教室に来て下さい』

憂「……ラブレターかな…でも女子校だし…とりあえずいくか…」

―――××教室

憂「誰も来ないなぁ…イタズラかなぁ…」

ガラガラッ

憂「あなたはっ」

憂「あなたは…澪さん?」

澪「…やぁ……憂ちゃん」

憂「この手紙…澪さんですか?」

澪「……」コクン

憂「…はぁ……それで、話って」

澪「……あのな…憂ちゃん…私…憂ちゃん…いや、憂のことが好きなんだ」

憂「へ?」

澪「私は憂のことが好きだ」

憂「……本気…ですか」

澪「本気だ、私は本気で憂がすきだ」ガバッ

憂「ちょっ……(澪さんいい匂い)」

澪「私じゃ…だめ…かな」

憂「……」

澪「憂をみる度に、心臓が高鳴るんだ…憂、好きだ」チュゥ

憂「ん…んんん……っぷはっ」

澪「…ごめん、でも好きなんだ憂のことが」

憂「…うぅ……」

憂「私は…私は…」

澪「……ゴクリ」

憂「考えさせて下さい」ペコッ

澪「…唯か?」

憂「……うぅ」

澪「憂……わかった、待ってるよ」

憂「…はい」

ガララッ

澪「……告白ってしんどい…」

憂「…どうしよう」

憂「私は、お姉ちゃんが好き…けれどお姉ちゃんはいつも梓ちゃんばかり」

憂「私なんて見てくれてないよね…」

憂「なんだろぅ…ドキドキしてる…」

憂「澪さんの目、本気だったな…初めて誰かに本気で好きって言われた…あぁ」

憂「とりあえず帰ろう…」

澪「憂っ」

憂「ビクッ……澪さん」

澪「そういえば、聞いてなかったなアドレス…教えくれるか?」

憂「あ…はい」

憂「(なんでだろうすごいドキドキしてる)……はぁ…はぁ…こ、これで」

澪「ありがとな、ん?憂…顔赤いぞ熱あるのか?」


2