澪「そんなこと分るよ、みんなが私を気にかけてくれてることぐらい……」

澪「それにみんなが私を貶めるような事は絶対しないだろ?」

澪「だったら、嘘をつくとしたら私の為だ」

唯「澪ちゃん……」

澪「私だってみんなの事が心配なんだ」

澪「今回のメールだってそう」

澪「もし、みんなが私の知らないところで危険で大変な目にあってるんなら」

澪「私、助けになってあげたいよっ」グスッ

律「……澪」

澪「なあ、いい加減、教えてくれよっ」

澪「この件と、梓がおかしくなった事は関係あるんだろ!?」

律「!!?」

澪「お願いだ、秘密を知ったことで、私はどうなってもかまわない!」

澪「頼むよ……」

紬「りっちゃん……」

唯「ねえ、もういいでしょりっちゃん、打ち明けようよ!」

律「……」

律「わかったよ」

澪「!」

律「澪、この話は教室でするもんじゃない」

律「昼休みに部室に来てくれ」

律「梓も呼んで、そこで全て明らかにする」

紬「ついにね……」

唯「澪ちゃん」

唯「驚くかもしれないけど、信じて」

唯「私達は澪ちゃんの味方だから」

澪「わかってるって……」

澪(みんなの様子から見て、これは只事じゃないな)

澪(一体何があるって言うんだ……)


部室!

律「とうとうこの時が来たな」

梓「本当に、本当に澪先輩に教えていいんですか?」

律「ああ、覚悟は決まったよ」

律「今思えば、もっと早くて良かったんだ」

律「私のわがままが、余計に澪を苦しめたのかも」

唯「りっちゃん……」

紬「さあっ、そろそろはじめましょ!」

澪「……」ゴクリ

澪(あれ?みんな横一列に並んだぞ……)

澪(そしてこの音楽……まさかっ!!!?)

澪(嘘だっ!!!そんなっ、こんな事って!!!!!!?)

梓唯律紬『あずにゃんダンス あずにゃんダンスっ』

梓唯律紬『あず にゃん ダンスっ』

澪「ちょっと待てぇーーーーっ!!!!!」



梓唯律紬『お目覚めしたなら顔あらーいましょ』

梓唯律紬『こーすり こーすり こすりこすーリ』

梓唯律紬『右のお手ての にくきゅう なめて』

梓唯律紬『ペーロリ ペーロリ ペロリペローリ』


澪「うっわー、振り付け完璧だなおい」

律『ボール遊びで日がくれーてー』

紬『夜になったらしゅうかいーさー』

唯『ねーこーは きーまぐーれー』

梓『集まりっ 悪い!』


澪「あー、個別パートもあるんだねー」


梓唯律紬『あずにゃんダンス あずにゃんダンスっ』

梓唯律紬『あず にゃん ダンスっ』

梓『いぇい☆』


澪「なるほど」

澪「お前らなぁ、これを私に隠してたのか?」

律「これって何だ?」

澪「何言ってるんだ?あずにゃんダンスだろ!?」

唯「あずにゃん……?」

紬「???」

梓「???」

澪「何だよ、何キョトンとしてるんだよ」

澪「今さっきお前ら踊ってたじゃないか」

律「……」

律「澪、よく聞いてくれ」

澪「なんだよ?」

律「私達は、お前の言っていることが」

律「まったく……分らないんだ」

澪「へっ?」

律「お前はだいぶ前から妙な事を言い出すようになった」

澪「妙な事?」

律「はじめはほんの些細なことだったんだ」

律「例えばおやつにケーキを食べたはずなのに」

律「お前はドーナツを食べたと言い出す」

澪「えっ?」

律「休みの日に私と二人で遊んだはずなのに」

律「お前は唯も一緒だったと言い張るんだ」

澪「……」

律「そんな事ぐらいならあまり気にならないし」

律「妄想癖と言うか、詩を書いたりするお前の感性のせいで」

律「特別おかしい事だって思わなかったんだ」

澪「……」

澪「だけどそれが段々酷くなって行って」

澪「今ではお前らが踊って無いのに」

澪「踊っていたと思い込むようになったって言うのか?」

律「ああ……」

澪「嘘だっ、そんなはず無いっ!」

澪「私は今さっきはっきりと見たんだ!聞いたんだっ!!!」

律「……いや」

律「私達は踊ってない」

澪「!!?」

澪「違うっ、違うよっ!!!!」

澪「そんなわけない!」

澪「私はおかしくなんか無いっ!!!!」

律「だったらよく考えてみろよ」

律「何で私達がここで踊らなくちゃいけないんだ?」

律「ここへは話しに来たんだろ?」

澪「えっ、でも、それはお前達が勝手に……」

律「澪……ありえないんだよ」

律「それは、澪の……」

律「全て妄想なんだ」

澪「えっ、ああ……っ、そん、な」ガタガタ

澪「なあムギ、そんな事ないよな?」

紬「……」

澪「唯っ、律はふざけてるんだよな?」

唯「澪ちゃん……」

澪「なんで?何でだよ!?」

澪「なんでみんなはそんな怖い嘘を言うんだ!?」

澪「からかってるのか!!?」

澪「やめろっ、止めてくれよっ!!!!」

梓「澪先輩……」

澪「梓、あずさだけは本当の事をいってくれよ」

澪「私はおかしくなんか無いよな?」

梓「澪先輩……」

梓「病院に……行きましょう」ポロポロ

澪「!!?」

澪「ううっ、うううっ……」ポロポロ

澪「梓、聞いていいか?」

梓「はい」

澪「お前、いがぐりを唯に投げたか?」

梓「いいえ」

澪「ムササビの真似をしたりは?」

梓「してません」グスッ

澪「そうか、わかった、分ったよぉ……」

澪「急に変な事言って抱きついたり、追いかけたりしてごめんな」

澪「怖かっただろ?」

梓「いいえ、いいんです」

澪「律も私の為に、話をあわせてくれてたんだな」

澪「ありがとうな」

律「ううん、ごめんな」

律「私、澪がおかしくなったなんて、認めたくなくて」

律「その内治ると思ってて……」

律「もっと早く話してあげれば良かった」

澪「いいんだよ……」

澪「話してくれてありがとう」

澪「辛い思いさせたな」ダキッ

律「澪……」ウルウル

澪「唯もムギも、ごめんな、大変だったろ」

紬「ううん」

唯「いいんだよ……」

澪(そうだな、よく考えれば分ることだった)

澪(あんなことありえないもんな)

澪(おかしいのは周りじゃなくて、私だったってこと)

澪(……ん)

澪(あれ?)

澪(でもっ、あれは?)

澪(でもあの説明はついてないぞ!?)

澪「でも、一つだけいいか?」

律「なんだ?」

澪「昨日のメールも私の妄想か?」

律「えっ……」

澪「私が妄想でメールを見たと思い込んだのを」

澪「みんなで話を合わせてくれたのか?」

律「それは……」

澪「それとも、今朝メールの話しをしたこと自体私の妄想とか?」

律「いやっ、それはな……」

澪(なんだ?何故答えに詰まるんだ?)

澪(もう私に何も隠す必要は無いのに?)

澪「みんなの話しは信じるよ、でも最後に確認したいんだ」

澪「私のパソコンのに昨晩、メールが来たはずなんだ」

澪「けいおんぶを 殺す って」

律「……」

澪「みんなの所にも着たんだよな?」

唯「りっちゃん……」

律「ううっ……」

澪「どうした?何故急に黙り込むんだ?」

澪「あのメールは何だったんだ?」

律「そのメールは……来なかった」

澪「……」

律「その話も、お前の妄想だよ」

紬「……」

澪「やになるな、自分の頭を信用できないって」

律「澪、その話はもういいだろ」

澪「じゃあ、今から家に確認しに行く」

律「!!?」

唯「だっ、ダメだよ!」

澪「えっ、何でだ?」

唯「だって、まだ……授業があるし……」

紬「澪ちゃん、いいじゃない、その事は」

澪「……」

澪「やっぱり私、行って来る!」ダッ

梓「ダメです!」バッ

澪「梓っ?」

梓「澪先輩、行かないで下さい!!!」

澪「行かないでって……」

律「澪、私はもう大事な事を話したじゃないか?」

律「お前は病気なんだ、余計な事考えずに」

律「今日の帰りにでも、一緒に病院へ行こう!」

澪「おまえ達……?」

澪「いいじゃないか?最後に一度確認したいんだ」

澪「お前達の事を信用してないわけじゃない!」

澪「でも、そのメールが着てなかったら、私は今の話を本当に飲み込めるんだっ」

律「その必要は無いって言ってるだろ?」

澪「……お前達」

澪「やっぱりっ、なんか変だよっ」

澪「私は行くぞっ!」

律「待ってくれ」ガバッ

澪「やめろ、放すんだ律!」

律「いいから今度だけ言う事を聞くれいて!!!」

澪「くそっ、放せよーっ!!!」バッ

律「わっ」ドサッ

梓「行かせませんよ!」

澪「退けっ」バッ

梓「きゃっ!!!」

澪(ごめんな、でも、これだけはどうしてもっ!)ダダッ

紬「追いかけましょ唯ちゃん!」

唯「うん!」

澪(あのメールこそきっと秘密の鍵なんだ!)タッタ

澪(他の事は形が残らないから、妄想だという証拠は出てこない!)タッタ

澪(でも、あのメールだけは、残るはずだ!)タッタッタ

澪「はあっ、はあっ」ゼイゼイ

澪「その答えを、この目で見てやる!」


澪の部屋!

澪「パソコンを立ち上げて……」

澪「もうっ、早く起動しろよ、このおんボロッ!」イライラ

澪「メール!」

澪「受信ボックス!」

澪「……」ゴクリ

カチャ カチャ

澪「!!!?」


け い お ん ぶ を   殺す


澪「!!?」

澪「あった!」

澪「やっぱりあったじゃないか!?」

澪「私の頭はおかしく無かったんだ!」

澪「律達に騙されそうになったのは、ショックだけど」

澪「きっとコイツの仕業に違いない!」

澪「このメールを送った悪者のせいで、みんなおかしくなったんだ!」

澪「今の時代、ハイテク捜査も進んでるだろうから」

澪「専門家に頼めば、このメールの送り主も特定できるはずだ!」

澪「この野郎、絶対にゆるさないぞっ!」

澪「よくもみんなをっ!!!」

澪「私は、病院に連れて行かれそうになったんだぞ?」

澪「私を病棟に閉じ込めることが目的だったのか?」

澪「私は……律に、みんなに」

澪「大切な仲間に騙されそうになったんだぞ!?」

澪「この辛さ、お前に分るか」グスッ

澪「絶対に赦さないっ、この報い、受けさせてやるっ!!!!!」

澪「ゆるさないから……な」

澪「……」

澪「あれ?」

澪「これって……」

澪「ふふっ」

澪「あはははっ」

澪「あはははははははっ」

澪「そうか、そういう事か」

澪「だからみんなは……」

澪は机の引き出しからカッターナイフを取り出し
その刃先を首筋に押し当てた





4