梓「隠れたって無駄ですよ!」

律「やば見つかったか」

憂「……また?みんなしてなんで律先輩を
いじめるんですか?」

梓「いじめるも何も。事実から将来推定すると憂も捨てられるよ」

憂「そんなことしないよ、ねえ律先輩」

律「すまん、憂。こいつらが言ってることはマジなんだ」

憂「うそっ……」

律「ごめん。憂。でも、過去は変えられない。だけど、未来は変えれる」 ガシッ

憂「りっちゃん」

律「おまえらには悪いが憂は大切にするんだ!」

憂「りっちゃん……」

梓「だまされちゃダメだよ!」

紬「そうよ!あきたらポイよ!」

憂「りつ……」

律「わたしを信じて」

憂「うん、信じる」

憂「みなさん辞めてください」

梓「………はぁ、ここまで入れ込んでるとは」

紬「なかなか強敵ね」

唯「ういっ!」

憂「お姉ちゃん!」

唯「りっちゃんのこと聞いたんでしょ」

憂「うん……」

唯「それでもりっちゃんのことが好き、なんだね」

憂「うん」

唯「わかった……」

梓「唯先輩ここで引き下がったらデコビッチの思うが壺ですよ」

唯「でも!憂が好きな人とつきあってほしいよ!」

律「……」

憂「お姉ちゃん」

唯「私は憂にしあわせになってもらいたい!」

澪「わたしは認めない!」

唯「澪ちゃんのバカ!」 バンッ

澪「えっ、唯」

唯「私だってつらいよ!でも、2人をしあわせにしてあげようよ!」

梓「まあ、唯先輩のいう通りかもしれないですね」

紬「たしかに愛し合ってるカッブル潰すの畜生道にも劣るわ」

唯「……憂おめでとう。りっちゃんよろしく」

律「お、おう」

梓「でも正直先輩許せませんよ」

紬「そうね。どうしてやろうかしら」

澪「このままじゃおさまりがつかないてな」

憂「あの、いったいどうするつもりなんですか」

澪「いや、ちょっと殴らせてもらうだけだよ」

唯「だめだよ!澪ちゃん!」

唯「暴力は負の連鎖を生むだけだよ!」

澪「じゃあ、この怒りはどこに向ければ!」

唯「私が受け止めてあげるよ!」

澪「えっ……」

唯「大丈夫、澪ちゃんは一人じゃない!」 キュッ

澪「唯……」

唯「よしよし澪ちゃん」

梓「あの、唯先輩私もいいですか」

唯「もちろん!ムギちゃんもおいで!」

紬「唯ちゃーん!」

………

憂「なんかよくわからないし、意味不明ですけど、お姉ちゃんがやってくれました」

律「そうだな」

律「んーなんだ憂ちゃん」

憂「はい」

律「これからもよろしくね」

憂「こちらこそ」 チュッ

律「///」

唯「はっ、澪ちゃん気づいたよ!」

澪「なにが?」

唯「唯憂とかもうオワコンだろ、今は律憂の時代」

おわり