翌日

梓「あの、唯先輩お話があるんですが……」

唯「なぁに、あずにゃん」

梓「あの……私唯先輩のことが女性として好きです!」

唯「……」

梓「唯先輩付き合ってください!」

唯「……ごめん、あずにゃんのことは、そういう対象で見れないよ」

梓「えっ」

唯「あっ、もしかして勘違いさせてた?」

梓「あの、その……」

唯「大丈夫!あずにゃん!今の告白は聞かなかったことにするから」

唯「これからも友達として仲良くしてね!」

梓「思ってたのとちがう!」

唯「思ってたのって……」

梓「私の予想では唯先輩は私にメロメロだと……」

梓「あ、照れ隠しって奴ですか?」

梓「大丈夫ですよ!ドッキリとかじゃないです!ああ、もしかして私がドッキリ被害者なんですかね!」

唯「あずにゃん落ち着いて!」

梓「あ、あの、本当に私のことが好きじゃないんですか」

唯「恋人的な意味ではね。でも、友達としては……」

梓「じゃあ!恋人的な意味で誰が好きなんですか!」

唯「……内緒にしてくれる?」

梓「もちろんですよ」

唯「あのね、憂が憂が世界で一番大好きなんだ」

梓「う、憂ですか!」

唯「変だよね、姉妹なのに」

梓「変ですよ!」

唯「うん、でも、好き」

梓「そう、ですか……」

唯「だからあずにゃんの気持ちには応えられない」

梓「……とりあえず帰って頭整理します。お疲れ様でした」

唯「ごめんね」

梓「……まさか、憂とか」

ドカッ

梓「いたっ、キチンと前みて歩いて……って澪先輩!」

澪「すいません……って、梓か」

梓「どうしたんですか!死にそうな顔で!」

澪「まだ私は生きてるのか……」

梓「とりあえずあの店に入りましょう」

…………
ファーストフード店内

梓「一体何があったんですか?」

澪「……律に振られた」

梓(……あのデコビッチやっぱり澪先輩にも手を出していたのか)

梓(でも、澪先輩がふられたということは……あとはムギ先輩?)

梓(デコビッチを幸せにするとかありえないから。澪先輩から話を聞き出そう)

梓(しかし、今の澪先輩に私もデコビッチに遊ばれたんですよーって言ったら殺されそう)

梓(それは黙っておこうっと)

梓「あの、デコビッチ先輩にふられたというのはどういうことでしょう」

梓(ミスった)

澪「……おい、律の悪口を言うな!」

梓「すいません、すいません!」

澪「私と律の関係は凄い濃密で………
(省略されました)」

梓「は、はあ」

梓(ホットコーヒーがぬるぬるコーヒーになってしまった)

梓「それでその関係が潰えたのはいつなんですか?」

澪「昨日。いきなり言われた」

梓(昨日……私も昨日……ということはデコビッチは昨日何かあったってことか)

梓「誰が他に好きな人とかできたんですかねえ?」

澪「いや、騙されてるだけだと思う」

梓「そうなんですか?」

澪「律は単純だからな」 ニカッ

梓(ありえないそれは)

梓「誰が心当たりとかないんですか?」

澪「心当たり?」

梓「たとえばムギ先輩とか」

澪「その可能性はあるな」

梓「はい」

澪「よし、今からムギのところに行くぞ」

梓「ええ?」

澪「よし、ついてこい!」

………

紬「私じゃないわ」

澪「ふざけんな!律を返せ!」

紬「私もりっちゃんに振られたし」

梓「そ、そうなんですか?」

紬「そうよ、昨日。新しく好きな人ができたって」

梓「それは誰ですか!」

紬「そんなの聞いてないわ」

梓「……」

澪「あ!もしかすると!」

梓「なんですか?」


~~~

律「憂ちゃんくれ!」

唯「じゃあ!澪ちゃん頂戴!」

律「よし、のった!」

律「おい!澪!おまえ今日から唯のものな!」

澪「いやだよ……」

律「私の言うことが聞けないのか」

澪「ごめん!なんでも聞くから捨てないで!」

唯「へ、冗談じゃないの?」

~~~


澪「ってことがあった」

紬「……と、なると憂ちゃん、ということかしら」

梓「……ここだけの話なんですが」

澪「なんだ、梓」

梓「唯先輩は憂のことが好きなんだそうです」

紬「じゃあ、唯ちゃんと憂ちゃんが付き合えばまたりっちゃんフリーになるということね」

澪「なるほど、つまり憂ちゃんを唯に寄生させるってことだな」

梓(そうすればデコビッチ悲しむよ!)

澪(律を取返すことができる!)



夜 平沢家

唯「今日のあずにゃんにはびっくりしたなぁ」

憂「……梓ちゃん何かあったの?」

唯「うん、唯先輩付き合ってください!
って言われちゃった」

憂「へっ?付き合ってなかったの?」

唯「うん、そだよー」

憂「付き合ってるとばかり……」

唯「だよねーあずにゃんにも勘違いさせたみたいで。悪いことしちゃった」

憂「悪いことって……もしかて断ったの?

唯「うん」

唯「だって私は憂が好きだもん」

憂「それは家族愛的な意味だよね」

唯「へへへ……実は恋人的な意味って言ったらどうする?」

憂「……」

唯「ん?うーい!だまらないでよー」

唯「恥ずかしいじゃん」

憂「……」

唯「あの、憂は……どっかなって」

憂「Yes」

唯「やった……憂「だったよ、数週間前までは」

唯「へ」

憂「今は違うの」

唯「……え」

憂「ごめん、ちょっと部屋に戻るね」

唯「うん……」


憂の部屋

憂「ばかばかばか!」

憂「なんで!どうして?どうみても恋人のノロケだったじゃん!」

憂「普通友達関係であんなにデレデレしないよ!」

憂「うっうっ、うっ……」

憂「今になってなんで好きっていってくるの?」

憂「遅いよ、もう……」

憂「私はりっちゃんを裏切れないよ」

憂「こんなにもお姉ちゃんのことが好きだけど」

憂「優しくしてくれたりっちゃんを裏切るなんてことできない!」


翌日

憂「あ……もう朝。一睡もできなかった」

憂「お姉ちゃんが出てくる前に出よう」

唯「へへへ、おはよう憂」

憂「お姉ちゃん」

唯「一緒に学校いこう」

憂「……ごめん」

唯「どうして?」

憂「私律さんと付き合ってるから一緒に登校する」

唯「き、聞いてないよ!」

憂「別に言う必要もないから」

唯「りっちゃんに騙されたらダメだよ!」

憂「律さんの悪口言うのはヤメテ」

唯「うい……」

憂「じゃあ私先に行くから」

唯「ういっ!」 ダキッ

憂「ごめん。離して」

唯「やだよ!あんなケモノに憂は渡せないよ!」

憂「」 ブチッ

憂「離して!」 バッ

憂「りっちゃんはそんな最低な人じゃないもん!」

憂「私のこと大切にしてくれるもん!」

憂「お姉ちゃんみたいに私のこと弄んだりしないもん!」

憂「ばか!お姉ちゃんのばか!」 タッタッタッ

唯「う、うい」


……

憂「はぁはぁ……お姉ちゃんにバカって言っちゃった……」

律「おはよー憂。そんなに息切らしてどうしたの?」

憂「あ、おはよ。ううん、なんでもないよ」

律「そっかー?目の下クマできてるけど」

憂(ほら、りっちゃんは私を気遣ってくれる)

梓「あれ、律先輩。澪先輩の次は憂ですか?」

憂「あ、梓ちゃん!」

律「なんだよ、梓」

梓「憂、変なことされてない?」

憂「へ、へんなことって……」

梓「そちらにおられます部長様は手が早いから」

憂「やだなぁ、冗談キツイよ」

紬「憂ちゃん、それは本当のことよ」

憂「……」

澪「あの、憂ちゃんには悪いと思うけど、
律は憂ちゃんのことセフレくらいにしか思ってないよ」

律「おい、おまえらどういうつもりだ」

梓「親友である憂が変な人に引っかかりそうになってるから助けてるだけです」

紬「私修羅場に立ち会うのが夢だったのー(棒読み」

澪「律は私とじゃないとダメなんだ!」

律「~~~~」 ポリポリ

律「よし、憂!にげよう!」 ガシッ

憂「えっ!」

律「ダッシュ!」


律「ハァハァ」

憂「学校、遅刻しちゃうね」

律「一日くらいサボったって平気だよ」

憂「うん……」

律「それより……今日憂明らかにおかしいよ」

憂「それは……」

律「いや、あいつらから会う前から」

律「何があったのか教えて」

憂「実は……私の好きな人って」

律「うん」

憂「お姉ちゃんだったの」

律「唯だったのか」

憂「普通じゃないでしょ」

律「まあ私も弟とそういう気持ちは起こらないね」

憂「うん、だから言えなかったの。それに……」

律「それで?」

憂「それに、お姉ちゃんは梓ちゃんと付き合ってると思っていたから」

律(私が遊びで指示したやつだな)

憂「でも、お姉ちゃんは、梓ちゃんと付き合ってなかったって」

律「そうだったんだ。唯は……」

憂「でね、昨日お姉ちゃんに『恋人として好き』って言われちゃった」

律「……!」

律「それでどうなったの?」

憂「断ったよ」

律「そっか……」

憂「だって今はりっちゃんがいるもの」 ダキッ

律「うん、ありがとう」

律「でも、憂はそれでいいの?」

律「ずっと唯のことが好きだったんでしょ?」

憂「それはそうだし、今でも好き。りっちゃんには悪いけど」

憂「でも、今はりっちゃんのほうが好き」

律「そっか、うん……」



4
5  ※別エンド