律「憂ちゃんくれ!」

唯「じゃあ!澪ちゃん頂戴!」

律「よし、のった!」

律「おい!澪!おまえ今日から唯のものな!」

澪「いやだよ……」

律「私の言うことが聞けないのか」

澪「ごめん!なんでも聞くから捨てないで!」

唯「へ、冗談じゃないの?」

律「じゃあ、憂ちゃんもいただいて来るわ」

唯「ちょ、ちょっと待ってよ!」

律「なに?もしかしてさっきの嘘だったとか?」

唯「……憂に変なことしないでね」

律「ああ、私からはしないよ」

唯「……!私も帰る!」

律「チッ、澪!」

澪「ほら、唯は今日は私とだろ」ズルズル

唯「わ、わ、澪ちゃん……」


平沢家

律「」ピンポーン

憂「はい?あ、律さん。こんにちは」

律「どうも、憂ちゃん。あがってもいい?」

憂「ええ。でも、お姉ちゃんまだ帰ってませんよ」

律「いや、唯じゃなくて憂ちゃんに用事があるんだ」

憂「はい、私に?なんでしょう?」


居間

律「いやーわるいね」

憂「お姉ちゃんのお友達ですから。構いませんよ。粗茶ですが……」

律「憂ちゃんのお茶美味しいね」

憂「ありがとうございます。それより用事って……」

律「憂ちゃん好きな人とかいるの?」

憂「へっ……」

律「どうなの?」

憂「えー、いきなりどうしちゃったんですか」

律「いやー憂ちゃんに好かれる奴は幸せだろうなって」

憂「秘密ですよ。律さんはいらっしゃるんですか?」

律「うん、いるよ」

憂「へー中学校の時のお知り合いとかですか?」

律「んにゃ、憂ちゃん」

憂「えっ……」

律「憂ちゃんが好きなんだ」

憂「……」

律「いきなりでごめんね」

憂「いえ、その、びっくりしてしまって」

律「ちなみにライクじゃなくてラブだから」

憂「そうなんですか、あははは……」

律「まあ、今日は憂ちゃんとこれまで以上に仲良くなりたくてさ」

憂「はい」

律「とりまメアド教えてほしいと思って」

憂「メアドくらいなら、はい」

律「ありがと。じゃ、帰るわー!またメールすっからね!」


玄関

憂「は、はい。愛想もなく……」

律「いやいや、急に押しかけたのはこっちだから」

憂「あ、あの。さっきのって……」

律「ん?もしかしてもう返事くれるとか?」

憂「いえ、冗談……ですよね?」

律「冗談じゃないよ」

憂「あの、私他に好きな人が……」

律「付き合ってるの?」

憂「そ、そういう関係ではないですけど」

律「なら、私にもまだチャンスあるってことだね」

憂「もう!からかわないでください!」

律「おっ、怒った憂ちゃんも可愛いなぁ」

憂「ああっ、もう!どうしたらいいんですか」

律「はは、とりあえず帰るよ」

憂「あっ、はい」

律「今晩またメールするよ」

憂「わかりました」

憂「行っちゃった」

憂「うー好きって言われたのはじめてかも」

憂「でも、私はお姉ちゃんが好きだから……」

憂「律さんには悪いけど次告白されたらちゃんと断ろう」

………

唯「ういー!」

憂「お姉ちゃん、急いでどうしたの?」

唯「りっちゃんに変なことされなかった?」

憂「ううん、何も」

唯「よかったー!」 ギュ

憂「……お姉ちゃんは私のこと好き?」

唯「うん!」

憂「あの、実は私……」

prrr

唯「あっ、待って。あずにゃんからだ」

憂「うん」

唯「後で聞くよ、またね憂」

憂(私がお姉ちゃん好きでも)

憂(お姉ちゃんは梓ちゃんが好きなんだよね……)

30分後

唯「ごめんね、憂。あずにゃんあまえちゃってさー」

憂「うん、そっか」

唯「それでさっき何いいかけたの?」

憂(言わなきゃ)

憂(でも、言ったってお姉ちゃんは梓ちゃんと付き合ってる)

憂(それに妹に恋愛感情抱かれたとか知ったら嫌われるんじゃないかな……)

憂(だったら……)

憂「今日は何食べたいかなって」

唯「そんなの大好きな憂の作ったものならなんでも大歓迎!」

憂(それって家族愛の好き、だよね)

唯「……?ういー?」

憂「あ、うん。じゃあ、私のお任せということで」

唯「まかしたー!」

唯「じゃあちょっと部屋に戻るね」

憂「ご飯出来たら呼ぶよ……」


食後 憂の部屋

憂「今日も言えなかった」

憂「……」 ピト

唯『あずにゃんおもしろーい!』

憂「また梓ちゃんと喋ってるのかぁ……」

憂「やだな、応援しないといけないのに」

憂「……さみしいよ、お姉ちゃん」

prrr

憂「メールだ」

憂「律さんから……画像つき」

憂「ぷぷっ、なにこれ……」

憂「律さんって本当おもしろい」

憂「なにやってるんですかー、と」

prrr

憂「えっ、もう返事!」

憂「また変な画像」

憂「ふふふ、感謝しなきゃね」


翌日

律「おはよう憂ちゃん」

憂「おはようございます。律さん」

律「なんか他人行儀だなぁ」

憂「えっ、それは失礼にならないように」

律「……ふたりっきりのときはさ、敬語とか使わなくてもいいよ」

憂「そんなのおかしいですよ」

律「そんなことないよ」

憂「でも……」

律「梓だって唯とふたりっきりの時は敬語やめてるよ」

憂「そ、そーなんですか」

律「そうそう」

憂「でも、2人は付き合ってるんじゃ……」

律「だったら私たちも付き合えばいいじゃん」

憂「……そんなこと言われも」

律「あー好きな人いるんだよね」

憂「はい」

律「誰かは知らないし聞くつもりもない」

律「でも、その人は憂ちゃんを愛してるのかな」

憂「……」

律「私は憂ちゃんのことを愛してるけどね」

律「ごめんね、何度も」

律「まあ、仮に憂ちゃんがその人とダメでも」

律「ここに憂ちゃんを待っている人がいるってことを知ってほしかったからさ」

憂「……どうして、私のことが好きなんですか?」

律「ほへ?」

憂「あの、失礼ですけど、私たち、そんなにお互いのこと知りませんよね」

律「うん」

憂「そんな状態でどうやって私のことを好きになったんですか?」

律「んー、そんなの理由いるの?」

憂「気になります」

律「うーん、憂ちゃんの魅力ってことでしょ」

憂「魅力というか……」

律「そりゃ、やっぱり家庭的なところだよね」

憂「家庭的ですか」

律「うん!実は私も結構料理とかするからさ」

憂「えっ、料理とかするんですか」

律「意外でしょ」

憂「ええ」

律「だからそう言うところで話あうかなって」

憂「確かに私の周りにもそういう話できる人いないかも、ですね」

律「だっしょ?そうだ、よかったら一緒にお菓子でも作らない?」

憂「それくらいなら……」

律「じゃあ早速放課後に!」

憂「ぶ、部活があるんじゃ……」

律「大丈夫、私は部長だからな」 キリッ

憂「もう、バカなこと言わないでください」 フフッ

律「お、憂ちゃん笑ってくれた」

憂「だって律さん面白いから……」

律「うん、やっぱり笑顔の憂ちゃん可愛い」

憂「へへへ、ありがとうございます」


放課後

律「あ、ごめん。憂ちゃん待った?」

憂「いいえ、今来たところです」

律「そっかーよかった。じゃ、いこか」

憂「そうですね、それじゃあ、まずはスーパーへ」

律「あっ、そっちじゃないよ」 ガシッ

憂(えっ、手を握られた)

律「そっちよりね、こっちのが安くて品揃えいいよ」

憂「へ、へえー、そうなんですか」

律「ん?憂ちゃん顔赤いよ、熱とか出てる?」

憂「出てないですよ!さぁ、行きましょう!」


スーパー

律「よしーこれとこれと」

憂「いっぱい買うんですね」

律「うん、けいおん部用のお菓子にするつもりだしね」

憂「あっ、なるほど」

律「……もしかして2人っきりで食べるとか思ってた?」

憂「そ、そんなわけじゃないですか!」

律「だよね、憂ちゃんには好きな人がいるんだもね」

憂「は、はい……」

律「よし、こんなもんかな」

憂「じゃあウチで作りましょうか」

律「ん、ウチのが近いからおいで」

憂「えっ、そんなご迷惑ですよ」

律「……来てくれないの?」

憂(いきなり何これ)

律「」 ウルウル

憂「……あの、律さんが問題ないならいいですよ」

律「わーい」

律「ねえ」

憂「はい」

律「さっき律さんが問題ないならいいって言ったよね」

憂「ええ」

律「だったらタメで話してよ」

憂「そ、それは正直抵抗あります」

律「そっかーじゃあさりっちゃんって呼んでほしいな」

憂「えーえーと、それも……」

律「ね、ふたりきっりの時だけでいいから」

憂「わ、わかりました」

憂(誰にも聞かれるわけじゃないし)

憂(断り続けるのも悪いよね)

律「」 ワクワク

憂「あーえっと、その」

律「」 ウルウル

憂「り、りっちゃん……」

律「」 ニパァ

憂「こ、これでいいんでしょうか」

律「うんうん!ありがとう!憂ちゃん!」

憂「どういたしまして……」

律「ふふっ、さぁ、行こうか」 ダッ

憂「は、はい」


田井中家

律「できた!」

憂「へー、律さんって本当お料理上手なんですね」

律「あっ……」 プイッ

憂「えっ、どうしていきなり不機嫌に……」

律「今律さんって言ったからー」

憂「あっ、ごめんなさい」

律「だめ、許さない」

憂「えーそんな……」

律「あーんってしてくれたら許してあげる」

憂「へ」

律「だーかーら、憂ちゃんが、私にあーんってしてくれるなら許してあげるって!」

憂「そ、そんなことでいいならば……」

憂「はい、あーん」

律「……」 プイッ

憂「……りっちゃん、あーん」

律「うん、あーん」 ニコパクッ

律「うまい!」

憂「律さ……りっちゃんが、お料理上手な証拠ですよ」

律「うーん、というよりも隠し味のせいだと思うんだよね」

憂「何か特別なものいれたんですか?気づきませんでした」

律「うん、憂ちゃんにあーんってして貰った」

憂「……」

律「可愛い憂ちゃんに、そんなことされたら、もっと美味しくなるよ」

律「ありがとう、憂ちゃん」

憂「……なんか恥ずかしいです」

律「あはは、そんなに気負わないで」

律「はい、これお土産。唯と一緒に食べて」

憂「はい!」


2