~食堂~

紬「そう、そんな事があったの…良かったわね」

和「ええ…」

紬「それで、りっちゃんは今どうしてるの?」

和「寝ちゃったわ」

和「風邪を引かない様に布団はかけてあげたけど」

和「ちゃんと被ってるかどうか心配だから、これを飲んだらすぐに戻るわね」

紬「そんな事言わずに、もう1杯どうかしら」

紬「結構自信があるのよ?紅茶の淹れ方」

和「そうね、ほんとに美味しいわね…それに、体が温まるわ」

和「もう1杯、頂こうかしら」

紬「ええ、どうぞ」

和「昼間はあんな事言っちゃったけど、ごめんなさい」

和「やっぱりお礼を言わせて貰うわ、紬、ありがとう」

紬「うふふっ、どういたしまして」

紬「後は、全部私が悪かった事にしちゃえば良いって事ね」

和「紬…やっぱり私、律には全部正直に言いたいわ」

和「全部正直に言ってから…それから律の事、好きだって言いたい」

紬「りっちゃんが和ちゃんの気持ちを受け止めてくれたとしても」

紬「和ちゃんはこの状況があったから、吊り橋効果のおかげだって思っちゃうから?」

和「ええ…その…通り…よ…」

紬「そんな事は無いと思うんだけどな…」

紬「でも、確かに焦る必要は無いかもしれないわね」

紬「和ちゃんの恋は始まったばかりなんだから」

紬「ゆっくりと気持ちを確かめていくのも良いかも…」

紬「…」

紬「和ちゃん?」

和「…」

紬「和ちゃん?」

和「…」

ユサユサッ…ユサユサッ…

和「…zzz」

紬「そう…やっと、寝てくれたのね…」

紬「ごめんなさい、和ちゃん」

紬「今実行しているシナリオ、最初に和ちゃんにも見せたわよね?」

紬「私と役を交換してしまうと…」

紬「1つ目のシナリオ、そのまま実行出来ちゃうのよ」


~山小屋~

和「うっ…」

紬「気が付いたかしら?和ちゃん」

和「紬…その声は紬なの?」

紬「ええ、私よ」

和「此処は何処?真っ暗で何も見えないんだけど」

紬「和ちゃんには話したわよね、あの建物の奥にある山小屋の中よ」

和「山小屋の中…」

和「ちょっと待って、暗いのは夜だからって思ったけど」

和「私、目隠しされてるの?」

紬「そうみたいね」

和「それに何?どうして動けない訳?」

紬「だって和ちゃん、手も足も縛られているんだもの」

紬「動ける訳がないじゃない」

和(この展開…何処かで見た記憶が…)

紬「でも和ちゃんは流石ね、こんな状況なのに冷静で居られるなんて」

紬「まるでこうなる事が分かってたみたい」

和(やっぱり…)

和「紬、あともう1つだけ聞くわ」

紬「何?」

和「私の状況は理解した…紬、あなたも私と同じ状況なの?」

紬「違うわね」

和「…」

和「そう…つまり私は…」

和「紬が見せてくれた1つ目のシナリオ、その最初の犠牲者って訳ね」

紬「その通りよ」

和(思い出して来た、あのシナリオ通りなら次の犠牲者は確か…)

和(律!律になる!)

和(でも、まだ紬の目的は分からない)

和(単に私だけを狙ってという事も考えられる)

和(そうじゃ無かったとしても、私だけを狙う様に…)

和(私だけを恨む様に、紬を怒らせてみる?)

紬「他に聞きたい事は?」

和「今の所は別に、何も無いわね」

紬「あら?どうして私がこんな事をするのか、聞きたくないの?」

和「ええ、聞きたくないわ」

和「言いたかったら言う、言いたくなかったら言わない、それだけの事でしょ?」

和「何か言いたい事があるのなら、勝手に言ってれば良いんじゃないの」

紬「…」

紬「和ちゃん、そんな言い方って酷いと思うな」

紬「そんな風に言われたら…私、いじめたくなっちゃうじゃない」

和「良いわよ、やれば良いでしょ」

紬「ええ、たっぷりといじめてあげるわ…」

紬「和ちゃんの大好きな…大好きなりっちゃんをね」

和「!?」

和「待って!紬!律は止めて!」

紬「和ちゃん、りっちゃんだけじゃないのよ?みんな一緒にいじめてあげる」

和「じゃあ紬は、あのシナリオを本気で…」

紬「ええ、実行する気よ?」

和「そんな…」

和(だとしたら…駄目、紬の事は誰も疑ってない)

和(みんなこのまま…捕まってしまう…)

紬「もう夜が明けて来たみたいね」

紬「今夜のお楽しみに備えて、私はもう寝る事にするわ」

紬「和ちゃん、ラストの瞬間まではちゃんと生かしておいてあげるから…」

紬「じゃ、おやすみなさい」

ガチャッ

和(隣の部屋に行ったの?)

和(でも、今ほんの少しだけど足音が…)

和(足音が2つ聞こえた気がするのは…気のせい?)


紬「りっちゃんを説得して連れ出す自信は無いけど…でもね」

紬「連れ出すだけなら…お芝居じゃ無かったら、そんな回りくどい方法は必要無い」

紬「それは今夜にでもやらせて貰うわ」

紬「残った4人は…憂ちゃんの怪我は予想外だったけど、シナリオの修正は出来る」

紬「脱出を目指すなら、澪ちゃんと梓ちゃんだけね」

紬「もしそうなったら2人には途中で眠って貰う、町までは辿り着けない」

紬「歩いて行ける距離なんてたかが知れてるわ」

紬「眠っている所を連れ帰す事もそんなには難しくはないはず」

紬「唯ちゃんは憂ちゃんを置いては行けないから此処に残ると思う」

紬「警戒もしてるでしょうから、まずは2人を引き離した方がやり易いわね」

紬「唯ちゃんには憂ちゃんを犯人だと思い込ませれば、一緒には居られないはずよ」

紬「多分1人になりたいと思うから、そこを襲いましょ」

紬「もし1人にならなかったら、絶対に部屋を出たくなる罠を仕掛けておくの」

紬「憂ちゃんは動けないから、そのまま放っておいても構わないわ」

紬「それで全てが終わる…そう、全てが終わるのよ」



~合宿3日目夜・食堂~

バチンッ

律「何だ?停電か!?」

律(落ち着け、落ち着くんだ…)

律(…)

律(確か、部屋の入り口の壁に懐中電灯があったよな?)

律(まずは壁を探して…よし、この壁伝いに行けば安全だな)

律(そろ~っと、そろ~っと…段々目も慣れて来たな)

律(ん?何だ?…誰か居る!)

ゴツンッ

律「痛っ!」

紬「りっちゃん、痛いじゃない…」

紬「ちゃんと前を向いて歩かないと駄目よ?」

律「え?」

律「む…」ムギュッ

紬「りっちゃん、大声を出さないで?」

紬「今大声を出すと危険よ、分かった?」

律「…」コクコク

紬「じゃあ、手を離すわね」

律「ぷは~」

律「ムギ!無事だったのか!」

紬「し~っ、大声を出しちゃ駄目って言ったでしょ?」

律「あ、そうだったな」

紬「うふふっ、りっちゃんは素直だから…大好きよ」

律「は?何だよいきなり…て、照れるじゃないか///」

グサッ

ポタッ…ポタッ…ポタッ…

律「え?」

律「ちょっと待てよ、ムギ…」

律「な、何でだよ…」


~合宿5日目・夕方・ペンション跡~

さわ子「この事件の犯人は、1人しか考えられません」

紬叔父「まさか、紬が犯人だと言うんじゃないでしょうね?」

さわ子「紬さんはこの合宿の発案者、条件としてはぴったりですね」

紬叔父「馬鹿な!紬がそんな事をする訳が無い!」

さわ子「…」

さわ子「ふふっ…ふふふっ…」

紬叔父「…何がおかしいんですか?」

さわ子「いえ、この事件の犯人の事を哀れんでいるんですよ」

さわ子「計画通りに行ったと思っているんでしょうけど」

さわ子「何て馬鹿なんだろうって」

さわ子「憂ちゃんを犯人に仕立て上げるなんて、本当にお馬鹿さん」

さわ子「計画的?突発的?」

さわ子「そんなの、全く関係無いんです」

さわ子「憂ちゃんがみんなを殺そうとするだなんて…」

さわ子「そんな事、絶対にあり得ないんですよ」

さわ子「それに、唯ちゃんはそのまま死なせてあげてですって?」

さわ子「笑ってしまう位にあり得ない」

さわ子「もし本当に唯ちゃんが自殺しようとしたら」

さわ子「憂ちゃんなら例え可能性が0であっても唯ちゃんを助けて欲しい」

さわ子「探し出して欲しいって言うはずです」

さわ子「もっと笑ってしまうのは…その程度の事、私にだって分かるんです」

さわ子「みんなの事を何時も見守っている紬さんであれば」

さわ子「それが分からないなんて事、絶対にあり得ない」

さわ子「あの子達はとても深い絆で結び付いてる」

さわ子「それが犯人には全く理解出来ていなかった様ですね」

紬叔父「さっきから何を…いや、何が言いたいんですか?」

さわ子「簡単な事ですよ、紬さんを含めて此処に集まった7人に犯人なんて居ません」

さわ子「犯人はそれ以外で、この合宿の事を知っていた人物」

さわ子「もちろん私ではありません」

さわ子「私は合宿期間中には此処から遠く離れた学校に居ました」

さわ子「それは多数の方が証言してくれます」

さわ子「それに第一、私が犯人だったらこんなヘマはしませんから」

紬叔父「…」

さわ子「消去法で考えれば…誰が犯人なのか、お分かりになりますよね?」

さわ子「この事件の犯人は…」

紬「犯人は叔父様!あなたよ!」ズビシッ

紬「…」

紬「き、決まったわ!」ジーン

さわ子「…」

さわ子「それ、普通に考えたら私の台詞でしょ…」

紬「ごめんなさい、さわ子先生」

紬「どうしても言ってみたかったんです」ウフフ

さわ子「そこの木の陰でずっとタイミングを見てたのはこれだったのね…」

紬「美味しい所だけ貰っちゃいました」

紬叔父「つ、紬…」

紬「どうして生きてるの?って顔をしてるわね」



~合宿3日目・夜・食堂~

律「何でだよ…」

紬「りっちゃん…い、痛い…」

律「何でムギが…ムギが、刺されてるんだ…」

紬叔父「大声を出さないのは紬の言った事を守っているから…では無さそうだな」

紬叔父「人間、あまりにも予想外の出来事が起きた場合、意外と声は出ないものだ」

紬叔父「まあ叫んで貰っても構わないんだが…」

紬叔父「その場合は2人共、今すぐに死んで貰う事になるぞ」

紬「嘘…どうして…約束が…違…う…」ドサッ

律「ムギ…」

律「嘘…嘘だろ?」

紬叔父「嘘では無い、これは現実の出来事だ」

紬叔父「このままでは紬は失血死する」

紬叔父「死なせたくなければ大声を出すな、話を良く聞け」

律「あ、ああ…ど、どうすれば良いんだよ…」

紬叔父「紬は私が担いで行く、お前は私の後を付いて来い」

紬叔父「言っておくが、もし何か変な事を考えたら…紬の命は無いものと思え」

紬叔父「おっと、私がそれを言うのはおかしいな…言い方を変えよう」

紬叔父「真鍋和とかいう娘の命は無いものと思え」

律「和…和だって!?」

紬叔父「大声を出すなと言ったぞ?」

律「あ、ああ…わ、分かったよ…」

紬叔父「よし、では行くぞ」



~山小屋~

律「和!」

和「その声は…律?」

律「生きて、生きてたんだな…」

紬叔父「感動のご対面だな」




律「縛った上に目隠しか、手も足も出ないとはこの事だな…」

紬叔父「口を開くのはそこまでだ」

紬叔父「次に口を開いたら、二度と閉じる事は出来なくなると思え」

律(…)

律(いっそ大声で叫ぶか?)

律(必死だったからどれ位歩いたのか分からないけど)

律(建物まで声が届けばあるいは…)

紬叔父「言っておくが、今更大声を出しても無駄だぞ?」

紬叔父「あの建物まで声が届く程、此処は近くない」

紬叔父「雪がこのまま降り続ければ足跡を辿る事も出来なくなる」

紬叔父「此処を見付ける事もまず不可能だな」

律(随分と色々喋ってくれるんだな…)

律(まあ、今更何をしても無駄だって事だろうけどよ)

律(それよりムギは、ムギは無事なのか?)

紬叔父「紬の事が気になるか?」

紬叔父「止血はしておいたが、どうだろうな」

紬叔父「残りは4人、人数が少なくなればこちらとしてもやりやすくなる」

紬叔父「2~3日生きていてくれれば何の問題もない」

律(くっ…)

律(何か言ってやりたいけど、今は何を言っても無駄だ)

律(状況を整理して考えるしかない)

律(犯人はこいつ1人なのか?)

律(だったら、何時かは此処から離れるはずだ)

律(そうすれば、和から色々と聞く事も出来る)

紬叔父「1つだけ言っておこう」

紬叔父「私は暫くの間、此処を動かないぞ?」

律(動かない?どうしてだ?)

律(此処から動かなかったら、建物の中に居る4人には何も出来ないぞ?)

紬叔父「4人が1つの部屋に集まってるな」

紬叔父「脱出の相談をしているが…ふふっ、無駄な事だ」

律(見てもいないのに、何でそんな事が分かる?)

律(いや、見てるのか?)

律(監視カメラだ!)

律(気付いてたんだ…あたしも、他のみんなも)

律(でもあれはムギの仕業だと思って、誰も何も言わなかった)

律(合宿を出来るのはムギのおかげだから、その位のいたずらは許してやろうって)

律(その内みんな忘れてしまって…)

律(まさかこんな事に利用されているとは…)

律(このままじゃ4人が危ない)

律(何か、何か手は無いのか?)

律(何か、手は…)


11