~翌日・生徒会室~

紬「和ちゃん、出来た!出来たわ!」

和「出来たって…もうシナリオが完成したの?」

紬「そうなの、昨日の夜に頑張って仕上げました~」

和「…まあ、とりあえず読ませて貰うわよ」


和「何これ?」

紬「何って、今回の計画のシナリオよ?」

和「いや、それは分かるんだけど…」

紬「駄目かしら?」

和「駄目って事は無いわ」

和「私達が本当にそういう事件に逢ったみたいに、良く書けてると思う」

和「でも、どうして紬以外の全員がラストで殺されちゃうのよ」

和「探偵役にもなってないし、連続殺人事件にすらなってない」

和「これじゃ単なる大量殺人事件、それも紬が犯人ってどういう事?」

和「もしかしてこれ、何かの小説のあらすじを」

和「登場人物だけ変えて、そのまま写したとかじゃないの?」

紬「うふふっ、バレちゃった♪」

紬「凄く似たシチュエーションの作品があったから、ちょっと遊んでみたの」

紬「でも、丸写しじゃないのよ?ちゃんと今回の舞台に合う様に書き換えてあるわ」

和「紬、あなたね…真面目にやらないんだったら私も協力しないわよ?」

紬「ウソウソ、冗談よ」

紬「どういう風に書いて良いのか分からなかったから」

紬「とりあえずお手本になる様な物を作ってみたかっただけ」

紬「和ちゃんが良く書けてるって言ってくれたのなら」

紬「こういう風に作れば良いって事よね、分かったわ」

和「まあ、そういう事なら良いんだけど…」


~合宿3日前・生徒会室~

紬「ふぅ…大体こんな感じかしら」

和「書き終わった?」

紬「ええ、ちょっと見て貰える?」

和「良いわよ」


和「紬、あなた私をからかってるの?」

和「この前見せて貰ったのと全く同じ書き出しじゃない」

紬「まあまあ、そんな事を言わずに全部読んでみて?」

紬「途中からちゃんと書き換えてあるから」

和「分かったわよ…じゃあ、細かい部分も確認していくからね?」

紬「ええ、お願いするわ」

和「まず最初に、夜になってから外部との連絡手段を遮断」

和「遮断って、具体的には?」

和「電波が届く場所だったら、携帯の1個でも持ってたら無理な話よ?」

紬「それは、私に考えがあるから大丈夫」

紬「普通の電話は何処か1箇所、見ても分からない場所のコードを抜いておきましょ」

紬「町まで歩いて行くのは難しい距離だから」

紬「少なくとも朝までは建物の中に閉じ込められる事になるわね」

和「なるほど、此処まではこの前見せて貰ったシナリオと殆ど同じね」

紬「ええ、そうね」

紬「でもこの先からは、ちゃんと書き換えてあるわよ?」

和「どれどれ…」

和「次は…私が何処かに隠れる」

和「何処を探しても見付からない事で騒ぎになる…」

和「前のシナリオだと最初に姿を消すのは紬だったわね」

和「紬は探偵役なんだから、まあこの修正は当たり前なんだけど…」

紬「あら?やっぱり最初に姿を消しちゃうのは残念?」

和「そ、そんな事無いわよ…次に行くわね」

紬(もぅ…素直じゃないんだから)

和「紬がみんなを上手く誘導して脱出手段を提案、そのまま一夜を過ごす」

和「澪と梓、唯と憂を一緒にしてあげて…」

和「残った律に紬が真相を打ち明ける」

和(律と一緒になるのは、紬なのね…)

紬「その時に、私がりっちゃんを建物の外に連れ出すわ」

和「連れ出すって…外は物凄く寒いはずよね、その後はどうするの?」

和「それに、私が隠れる為の場所も必要になるわね」

紬「今度の計画に使う建物の奥にはね、小さな山小屋があるの」

紬「建物からは死角になってて距離も結構離れてるから」

紬「知らない人は絶対に気が付かないと思うわ」

紬「暫くの間はそこに、和ちゃんと一緒に隠れて貰おうかなって」

和「それなら良いんだけど…」

和「でも問題は、そこで律が素直に頷いてくれるかどうかね」

和「律の事だから…何でこんな事をするんだ!って、そんな感じになりそうよ?」

紬「ええ、なるかもしれない」

和「何かしらの対策が必要になるわね、律を確実に説得する為には」

和「それで?紬の考えた案は?」

紬「案?案なんて無いわよ?」

和「いや、無いって言われても…」

紬「ごめんなさい、実はこの辺でもうアイデアが出なくなっちゃって」

紬「最後までお話を書けなくなっちゃったの」

和「ほんとね、次のページから真っ白じゃない」

和「こんなペースで書き進めて間に合うの?」

和「今日だけだったら私も付き合ってあげるけど」

紬「ありがとう…でも良いの、私はもうこれ以上書くつもりは無いから」

紬「やっぱりね、この計画には無理があるかなって思う」

紬「もしこれを実行したとしても」

紬「多分、最初の1人が姿を消して半日位が限界」

紬「特に澪ちゃんは凄く怖がっちゃうと思うから」

紬「どういう風に進めても、可哀想になってしまって最後までは続けられないわ」

紬「だからもう良いの、私が探偵役になる」

紬「そういうお話を考える事だけでも」

紬「それを和ちゃんに聞いて貰える事だけでも凄く楽しかった」

紬「それに場所は折角確保出来たんだから」

紬「普通に合宿をして、和ちゃんと憂ちゃんも呼んで楽しく過ごす」

紬「それだけも…ううん、それで十分かなって思うわ」

和「そう、紬がそういう風に思ってるなら…それで良いかもしれないわね」


~合宿2日目・昼・紬の部屋~

和「それで、話って何?」

紬「和ちゃんはあの計画、まだ覚えてるかしら?」

和「計画って、紬が考えてた連続殺人事件を解決するって話?」

和「ええ、覚えてるけど…まさか今から実行する気?」

紬「そうだと言ったら?」

和「まあ、紬がどうしてもやりたいって言うなら協力しても良いけど」

和「でもあそこから先の話、それに律を説得する方法は考え付いたの?」

紬「ううん、それは何も考えてないわ」

和「それじゃ駄目でしょ…」

紬「でもね、1つだけ良い事を思い付いたの」

和「良い事ね…一応聞いてみるけど、何かしら?」

紬「和ちゃんと私の役、交換して実行してみない?」

和「…」

和「…ちょっと待って、意味が分からないわ」

紬「つまりね、私が最初に姿を消すの」

紬「和ちゃんはみんなを上手く誘導して」

紬「梓ちゃんと澪ちゃん、憂ちゃんと唯ちゃんを2人きりにする」

和「私はその間に律を説得して外に連れ出す…」

和「でも、連れ出した後の計画は何も無いんでしょ」

和「アドリブでどうにかしなさいって事?」

和「無理よ、そんなの」

和「それに、私にだって律を説得する自信は無いわ」

紬「自信なんて必要無いわよ」

紬「和ちゃんは何も言わなくて良いから」

和「どういう意味?」

紬「つまりね、和ちゃんにも2人きりの時間」

紬「プレゼントしてあげたいなって思ったの」

和「駄目よそんなの!」

和「そんな事急に言われても、私にはどうして良いか分からないわ…」

和「それに、そんな事をしたらやっぱり律は怒ると思う」

和「その時には…その、仲良くなれる…かもしれないけど…」

和「でも、後で私達がやった事だって気が付いたら嫌われちゃうわよ!」

和「律には、嫌われたくない…」

紬「大丈夫よ、全部私が考えてやった事にすれば良いの」

紬「私が連続殺人事件の真似事をするいたずらをして…」

紬「でも途中で上手く行かなくなって失敗」

紬「そういう事にしちゃえば、和ちゃんが嫌われる心配なんて何も無いわ」

紬「非難されるのは私だけで済むわよ」

和「紬、そんな風に言われて、私が納得すると思う?」

紬「思わないわね」

紬「でも、和ちゃんはさっき言ったわよ」

紬「私がどうしてもやりたいって言ったら協力してくれるって」

和「ええ、言ったけど…」

紬「和ちゃんが役の交換を嫌だって言うんだったら」

紬「最初の計画通り、和ちゃんには今夜消えて貰うわね」

紬「私が今夜、りっちゃんと一夜を一緒に過ごして」

紬「吊り橋効果を一杯利用して、仲良くなっちゃおうかしら」ウフフ

紬「和ちゃんは知ってるわよね?」

紬「私が女の子同士の恋愛に対して凄く積極的だって事」

紬「私だったら、りっちゃんの喜びそうな事、一杯言ってあげられる」

紬「朝までは長いから、その間に私の事を好きにさせる自信があるわ」

紬「少しでも好きにさせれば、その気持ちはどんどん膨らんでいって…」

紬「後でこの事がバレてもお釣が来る位、私の事を好きになってるの」

紬「別にりっちゃんの事なんて好きでも何でも無いんだけど」

紬「お遊びで付き合ってみるのも良いかもしれないわね」

紬「ああ、夜が早く来ないかしら」

紬「りっちゃんと過ごせる一夜、楽しみで仕方が無いわ♪」

和「はぁ…分かったわよ、降参する」

和「悔しいけど、それが全部嘘だって分かってても」

和「私はそんな事絶対にさせたくないって思っちゃったし」

和「さっき紬が言ってくれた事、してみたいって思っちゃったわね」

紬「あら?私は嘘なんて言ってないわよ?」

紬「でも和ちゃんがそうしたいのなら…うふふっ、もちろん代わってあげる」

和「ええ、代わって貰う事にするわ」

和「でもね、私はお礼なんて言わないわよ」

和「律の事、遊びで付き合っても良いだなんて」

和「そんな事を言う相手に、お礼なんて絶対に言わない」

紬「そう、じゃあ私はこれで」

紬「後は計画通りに」

和「待ちなさい」

紬「何かしら?」

和「さっき言った事、私に教えなさい」

紬「教える…何を?」

和「…」

和「律が何を言ったら喜ぶのか、教えなさい///」

紬「…」

紬「ええ、良いわよ」ウフフ


~夜・お風呂~

紬「このサウナには、中からしか開けられない非常口があるのよね」

紬「ぱっと見ただけでは分からない様に、昨日の内に壁紙を貼ってみたけど」

紬「バレちゃったらこの計画も台無し」

紬「それでも良いんだけど…今日1日だけは気が付かれないで欲しいわ」

紬「とりあえず鍵をかけてから」

ガチャッ

紬「さ、寒いわね…」

紬「早くみんなの携帯を回収しに行かないと」

紬「着信音だけで見付からなかったら…まあその時はその時ね」



~深夜・2階の廊下~

和「静かね…」

律「ああ…静かだな」

和「律は怖くない?」

律「それは、正直怖いよ」

律「何が起こってるのかさっぱり分からないからな」

律「あたしだって、泣きたくなる位に怖いさ…」

和(ごめん紬、やっぱり私にはこれ以上隠す事、出来ないよ…)

和「律、あのね…」

律「でもな、和が一緒に居ると安心出来るよ」

和「え?」

律「迷惑をかけっぱなしのあたしが言うのも変だけど」

律「和には凄く感謝してる」

律「何時も軽音部を見守ってくれてる事、分かってるから」

律「和が居てくれると、和に見守って貰えると…」

律「何時もみたいに、安心出来るんだよ」

和「律…」

律「唯の事が心配なんだよな?それは分かってるよ」

律「でも、軽音部の為に色々としてくれてる事」

律「それは凄く感謝してるって、言っておきたかったんだ」

律「こんな時じゃないと…は、恥ずかしくて言えないからな」アハハ

和「…」

律「う、嘘じゃないぞ?」

律「あたしは本当に…」

ギュッ

律「え?どうしたんだよ?和」

和「怖いの」

律「え?怖い?」

和「怖いから、このままで居て?」

律「あ、ああ…別に良いけど」

律「何だよ、和も案外怖いのが苦手だったりするんだな」

和「ええ、凄く怖い…」

和(律の事が好きになり過ぎて…怖いの…)

和「ねえ、律」

律「何だ?」

和「さっき言った事、本当?」

和「澪と梓の事、これで良いって言ってたけど…」

律「…」

律「どうしてそんな事を和が聞くんだ?」

和「え?そ、それは…」

律「朝まで時間はたっぷりあるんだ」

律「是非それを聞かせて貰おうじゃないか」

和「律、分かってて言ってるわね」

律「まあな…和よりはこういう事、慣れてるつもりだぞ?」

律「あたしは和の事はあまり知らない」

律「でも…今はそうだな、知りたいって思ってるよ」

律「だから聞かせてくれよ、和の事…」

和「うん…」

律「うん…だって、可愛いな!」

和「も、もう!そんな言い方しないでよ!///」





10