~合宿4日目・朝・憂の部屋の前~

唯「じゃあ憂、行ってくるからね」

憂「気を付けてね、お姉ちゃん」

唯「足は…やっぱり動かない?」

憂「少しだけ動く様になって、痛みも昨日よりマシになったけど」

憂「でも、歩くのは…お姉ちゃん達に付いて行くのは無理だと思う」

唯「…分かったよ」

唯「私達が行った後、絶対に…絶対にドアを開けちゃ駄目だよ?」

憂「大丈夫だよ」

憂「ベッドをこの位置まで動かして貰ったから、鍵はちゃんと閉められる」

憂「水は沢山用意して貰ったし、食べ物も家から持って来た携帯食で十分」

憂「寒さは、このままスキーウエアをずっと着てるから」

憂「部屋の中で布団を被ってれば、夜中でも大丈夫だよ」

澪「唯、そろそろ行くぞ」

梓「唯先輩、少しでも早く行った方が…」

唯「待って」

唯「憂…」

憂「お姉ちゃん…」

チュッ

唯「行ってくるね」

憂「うん、行ってらっしゃい」

澪「…」

梓「…」

澪「自然だな…」

梓「自然ですね…」


~ペンション→町への道~

澪「唯、何を見てるんだ?目覚まし時計か?」

唯「うん、そうだよ~」

梓「そんなの何に使うんですか?」

唯「これはね、憂の声が入ってる目覚まし時計なんだよ」

唯「寂しくなったら、これで憂の声が聞けるかな~って」

澪(唯…)




澪「最悪の事態も考えてたけど、どうやらそれは避けられたみたいだな」

梓「最悪の事態って、これ以上最悪な事ってあるんですか?」

澪「この雪道は、私達が普段履いている靴じゃ長く歩けないだろ?」

澪「服にしてもそうだ、私達が着て来た服じゃ寒くて長くは耐えられない」

澪「スキーウエアとブーツをどうにかされてるんじゃないかって思ってな」

梓「なるほど、でもそういう風に考えると」

梓「私達の危機はもう去ったって事ですか?」

澪「そうだな、私達をどうにかしたいなら…」

澪「脱出する方法は全部消しておくべきだろう」

澪「ウエアやブーツを隠すか、あるいは壊す事はそんなに難しい事じゃない」

澪「そう考えたい所なんだけど、油断は出来ないな」

梓「ところで…唯先輩の事、良いんですか?」

澪「ああ、最初からこうなる事は分かってたからな」

澪「あの2人の絆は理屈だけじゃ切り離せないさ」


~憂の部屋~

憂「お姉ちゃん、今頃は何処を歩いてるのかな…」

憂「雪崩が起きてる所までは行けたのかな…」

憂「あそこから先は道が無いから、心配だよ…」

憂「お姉ちゃん、私の大好きなお姉ちゃん…」

憂「本当は離れたく無かったけど、でも…」

憂「私はどうなっても良いから、お姉ちゃんだけは…」

憂「…」

憂「う…凄く重要な事を忘れてたよ…」

憂「トイレ、どうしよう…」

憂「我慢する?でも、ずっと我慢してるなんて無理だよね…」

憂「トイレは部屋の外にしか無いから、今の私には行けないし…」

憂「それにドアを開ける事自体が怖くて無理だよ…」

ドンドン!

憂「」ビクッ

ドンドン!

憂(嘘…だ、誰?誰なの!?)

憂(あ、駄目…漏れちゃう…)

ドンドン!

?「う~い~、私だよ~、開けて~」

憂「え?お姉ちゃん?」

憂「…」

憂「嘘だよ!お姉ちゃんが此処に居るはず無いよ!」

憂「誰!私のお姉ちゃんの真似をしてるのは!」

?「う~い~、ほんとに私なんだよ~、だから早く開けて~」

?「早く開けてくれないと~、私も怖いよ~」

憂(確かに、本物のお姉ちゃんなら早く開けてあげないと…)

憂(声は絶対にお姉ちゃんなんだけど…でも、用心しないと駄目だからね)

憂(でも、どうやって確かめたら良いんだろう…)

憂(何個か質問していけば、その内分かるかな?)

憂「じゃあ、本物のお姉ちゃんだったら絶対に答えられる質問をするよ!」

?「な~に~」

憂「お姉ちゃんが、お姉ちゃんが好きな人って誰!」

?「…」

憂「どうしたの!答えられないの!」

?「難しい質問だね…う~ん」

?「沢山居るから、1人には絞れないかな?」

憂(嘘…どうして私だって言ってくれないの…)

ガチャッ

唯「あれ?今の答えで正解だったの?」

憂「…」

唯「憂、酷いよ~、声だけで分かってよ~」

憂「…」

唯「あ、とりあえず鍵は閉めておかないとね」

憂「…お姉ちゃん」

唯「何?」

憂「今言った事は…本当?」

唯「うん、ほんとだよ」

唯「え?間違いだった?だって正解だから開けてくれたんだよね?」

憂「お姉ちゃんの偽者だったら、絶対に私だって言うと思う」

唯「あ、なるほど~、確かにそうかもしれないね」

憂「なのに違う答えが返って来たから、思わず開けちゃった…」

憂「嘘でしょ?お姉ちゃんの好きな人が沢山居るだなんて」

唯「あ~、そういう意味で言ったんじゃないんだけどな…」

憂「え?じゃあ、お姉ちゃんの好きな人って…1番好きな人って誰なの?」

唯「それはもちろん…憂!」




唯「だからね、好きな人って言われたらまず最初に憂の事が思い浮かぶんだけど」

唯「でもね、私の知ってる人に嫌いな人なんて居ないよ?」

唯「みんな好きな人ばっかりなんだから、ちょっと難しい質問だったな~って」

唯「もしそういう事が聞きたいんだったら、1番好きな人は誰って聞いてくれないと」

憂「…」

唯「あれ?何?どうして怒ってるの?」

唯「何か変な事、言っちゃったかな?ご、ごめんね?」

憂「違うよ…そうじゃないよ、お姉ちゃん」

憂「私はね、自分が情けなくて…自分に腹を立ててるの…」

憂「私だったら、きっとお姉ちゃんだって答えてたと思う」

憂「でも、私だってお姉ちゃんと一緒なのに、嫌いな人なんて居ないのに…」

憂「お姉ちゃんには、そういう風に答えて欲しくないって、思っちゃったから…」

唯「憂…」

唯「私はね、憂がそういう風に思っちゃう所も含めて大好きだよ?」

唯「確かにちょっと良くない考え方だと思うけど…」

唯「でも、憂はそれが間違ってるって事だってちゃんと自分で分かってる」

唯「だったら、良いと思うな」

唯「この世に天使の様な人なんて居ない、みんな心の奥底では嫌な事を考えてる」

唯「でもね、それが間違ってるって分かってるならそれで良いと思うんだ」

唯「それにね、憂がそんな風に答えてくれたら、やっぱり私は嬉しいよ?」

唯「憂みたいに考えちゃうと、本当はいけないのかもしれないけど…」

唯「でも、嬉しいっていう気持ちに嘘は付けないからね!」

憂「お姉ちゃん…うん、ありがと」ニコッ

憂(お姉ちゃんの考え方は否定したくはないけど…でも、絶対に1つだけ間違ってる)

憂(天使の様な人は居る、私の目の前に居るんだよ…)

唯「良かった、やっと笑ってくれたね!」

憂「えへへ~」

唯「ところで、さっきから気になってたんだけど…」

唯「ちょっとアレな臭いがするのは…気のせい?」



~ペンション→町への道~

澪「此処が雪崩の起きた場所か」

梓「ようやく着きましたね」

澪「そんなに遠く感じたか?」

梓「ええ、昨日は此処まであっと言う間に来た感じです」

澪(そうか、だとするとこの先も予想以上に時間がかかるって事だ)

澪(例えもう1度道に出られたとしても、歩いて行くのは厳しいかもしれない)

澪(梓が嫌だと言っても、あの手を使うしかないな)

梓「とりあえず、どうしましょう?」

梓「山側を登って行きますか?それとも崖側を降りて行きます?」

澪「上だな、山側へ登って先の道を探す」

梓「遭難した時には上へ登れ…ですね、聞いた事があります」

澪「それは一般論であって、全部のケースに当てはまる訳じゃないと思う」

澪「登山をしている人の間でも意見が分かれているらしいからな」

澪「それに第一、私達は登山をして遭難した訳じゃない」

梓「じゃあ、どうして上へ?」

澪「先へ行く道が見付からないまま体力が尽きかけてしまった場合」

澪「上からなら元の道に戻る事は、そんなに難しく無いと思う」

澪「でも、一旦降りてしまってそうなったら…多分元の道に戻る事は無理だろう」

澪「そうなってしまったら、遭難したのと同じだ」

澪「それに、まだ万策尽きた訳じゃないからな」

澪「最後の手がある以上、戻る事も頭に入れて行動した方が良い」

梓「え?最後の手って、澪先輩には他の案があったんですか?」

澪「ああ、ただそれは本当に最後の手段だ」

澪「もし私に何かあったら、梓がそれをやって欲しい」

梓「そんな、そんな悲しい事を言わないで下さいよ…」

澪「心配するな、万が一の事だよ」

澪「さあ、それじゃあ行こうか」


~憂の部屋~

憂「お姉ちゃん、それ位は自分で出来るから…」

唯「駄目だよっ」

唯「憂は怪我をしてるんだから、私が全部お世話してあげる」

唯「綺麗に拭いて着替えさせてあげるからね~」

憂「うん…」

憂「ごめんねお姉ちゃん、こんな事をさせて…」

唯「良いんだよ~、将来の役に立つかもしれないんだから」

憂(え?それって…どういう意味?)

唯「ほら、子供が出来た時にはこういう事、毎日しないといけないでしょ?」

憂「え?子供?」

唯「うん、私達の子供、欲しいよね?」

憂「…」

憂「お姉ちゃん、赤ちゃんってどうしたら生まれるのか知ってる?」

唯「もちろん、知ってるよ~」

唯「好きな人同士がベッドに入って…」

憂「うん…」

唯「寝てれば良いんだよ!」

憂「…」

唯「あれ?じゃあ何で私達には子供が出来ないんだろうね?」

憂(お姉ちゃん、何て純真なの…)

唯「ぷっ、冗談だよ~」

唯「憂、信じちゃってる顔してるね?」

憂「え?だって、お姉ちゃんなら本当にそう思ってるんじゃないかって」

唯「こういう時にはね、少し位冗談を言って…」

唯「…」

唯(どうして憂のバッグの中に、こんな物が…)

唯(…)

唯(考えなきゃ、どうしてなのか考えなきゃ…)

憂「どうしたの?お姉ちゃん」

唯「ううん、な、何でも無いよ?」

唯「着替えを出したから、着せてあげるね」

憂「うん…」

憂「でも、ちょっと恥ずかしいね…」エヘヘ

唯「こんな事で恥ずかしいなんて言ってたら、結婚した時に大変だよ?」

憂「え?誰と誰が結婚するの?」

唯「もちろん、私と憂だよ!」

憂「ふふっ、またそんな冗談を言って…駄目だよ?もう騙されないんだから」

唯「え~、今度は冗談じゃないのに~」

憂「でも…そうだね、本当に冗談じゃ無かったら良いのにね…」

唯「憂…」


~ペンション→町への道~

澪(おかしい…)

梓「あの、澪先輩…」

梓「もう少し早く歩いても、私は大丈夫ですよ?」

澪「そうか…いや、私はちょっと疲れたみたいなんだ」

澪「休憩しても良いか?」

梓「え?はい、良いですけど…」

梓(ついさっき、歩き出したばっかりなのに…)

澪(体が重い…どうしてだ?大した距離は歩いてないと思うんだけど…)

澪「梓、スキーの板は何処にあるんだ?」

梓「板?板って何の事ですか?」

澪「昨日は雪崩が起きた所に置いて来たんだよな」

澪「だったらそれを回収しておけば、もしこの先で道が見付かった場合」

澪「梓にはスキーで先行して貰おうって思ってたんだ」

梓「そんな、澪先輩を1人で置いて行くだなんて出来ないですよ」

澪「そう言うと思ったんだけど、場合が場合だ」

澪「それに道沿いに降りて行けるなら私だって迷う事は無い、大丈夫だよ」

梓「それはそうですけど…でも、板は持って来てないですよ?」

澪「え?どうしてだ?私はそれを言わなかったか?」

梓「いえ、聞いてませんけど…」

澪(どうして…どうしてそんなに重要な事を言い忘れてしまったんだ…)

澪(駄目だ…さっきから頭が上手く回ってない気がする…)

澪(眠い…眠気が我慢出来ない…目を開けているだけでもつらくなって来た…)

梓「それに私はそういう事を考えて無かったんですけど」

梓「板は何処にも無かった様に思います」

澪(何?それじゃあ…私達の行動も読まれてるって事なのか?)

梓「あ、澪先輩」

澪「…何…だ?」

梓「澪先輩の水筒を貰います」

梓「私のはちょっと出しにくい場所にあるので、良いですよね?」

澪(水筒?水筒…水筒の水…)

澪(そうか…ウエアとブーツが無事だったから油断した…)

澪(傍にあった物も全部、無防備に持って来てしまった…)

澪(駄目だ梓…それを飲んだら…)

梓「あっ、今更ですけど…間接キスになっちゃいますね」エヘヘ

澪(せめて梓だけは…)

バシッ

梓「痛っ!」

梓「もぅ!何をするんですか!」

梓「酷いですよ、いきなり何を…」

梓「あれ?澪先輩どうしたんですか?」

グラッ…ドサッ

梓「え?嘘…嘘でしょ…」

梓「何かの…何かの冗談ですよね?」

澪(こうなったら…最後の手を使うしかない…)

澪(最後の手は…あの建物を燃やす事…)

澪(1回やってしまったら…何も出来なくなる…本当に最後の手だ…)

澪(でもそうすれば…誰かが気が付いてくれる…助かる可能性がある…)

澪(それだけは…伝えたかったのに…)

澪(駄目だ…口が…開かない…)

澪(梓…)


7