澪「無事みたいだな…」

梓「よ、良かった…」

憂「梓ちゃん!」

憂「ごめんね、梓ちゃん…私…」

梓「良いんだよ、気にしなくて」

梓「私が先に滑ってたら、多分憂と同じ事になってたと思う」

梓「もしそうなってたら、憂は私と同じ事をしてくれたかな?」

憂「もちろんだよ!」

梓「そう言ってくれたら十分だよ」

梓「それにね、憂のおかげでご褒美…じゃなかった」

梓「お仕置きして貰えたから///」

澪「あ、梓!こんな時に何を言ってるんだよ///」

唯「お、何か興味のあるお話ですな~」ムフフ

憂「お姉ちゃん、今はそんな事を言ってる場合じゃないよ!」

唯「はっ!そうだよ!りっちゃんが!」

澪「律はまだ下の食堂に居るのか?」

唯「多分そうだと思う…」

唯「こんな事になるなら一緒に居れば、せめて隣の部屋に居てもらえば…」

澪「唯、今は後悔しても仕方が無い」

澪「憂ちゃんの怪我はどうだ?歩けそうか?」

憂「大丈夫です!私、歩けます!」

唯「駄目だよ憂、こういう時は正直に言わないと」

澪「そうだな、嘘を言われてその為に間違った判断をしてしまったら…」

澪「後悔するのは自分だぞ?憂ちゃん」

憂「ごめんなさい…私、全く歩けません」

澪「そうか、じゃあ唯は此処に居た方が良いな」

澪「梓、今私が照らしてる懐中電灯を取ってくれ」

梓「はい、取りました」

唯「懐中電灯?そっか、確か部屋の隅にあったよね…忘れてたよ」

澪「私達も暫く気が付かなくてな、ちょっとパニックになってたよ」

澪「とりあえず、これを持っておけば少しは安心出来るだろ」

澪「律の様子は私と梓で見に行くから、唯と憂ちゃんは此処に残っててくれ」


~憂の部屋→食堂~

梓「澪先輩、律先輩は無事ですよね?」

澪「ああ、律の事だから1人でもパニックになる事は無いだろ」

澪「それに、確かあの部屋にも非常用の懐中電灯があったはずだ」

梓「そうですね、確かにありましたね」

梓「…」

梓「でも…だったら…どうして…」

梓「律先輩は2階に上がって来なかったんでしょう…」

澪「…」

澪「梓、どうして立ち止まるんだ?」

梓「だって…」

澪「私だって怖いさ、でもこのまま2階に引き返してどうなる?」

澪「ほら、ずっと手を握っててやるから…行こう」

梓「離したら…嫌ですよ?」

澪「分かってるよ」



~食堂の前~

澪「何も音がしないな」

梓「灯りも漏れてないですね」

澪「よし、まずは私がドアの隙間から部屋の中を見てみるよ」

カチャ

澪「…」

澪(予想通り…居ないか…)

澪(ん?何だあれは…律のカチューシャか?)

澪(それに部屋の入り口からずっとあそこまで…)

澪「!!!」

バタン

梓「あの、澪先輩?」

梓「律先輩は、居なかったんですか?」

澪「…」

澪「梓、目を瞑れ」

梓「え?こ、こんな所でさっきの続きですか?///」

澪「良いから、目を瞑るんだ」

梓「もぅ、こんな時に…はい、瞑りましたよ?」

澪「そのまま動くなよ」

梓「分かりました…」

澪(食堂から出て…こっちは…玄関…外に行ったのか?)

澪(どうする?確かめるのか?)

澪(私だけなら…でも、梓まで危険に晒すわけには…)

梓(…)

梓(あれ?)

梓(澪先輩の手が…凄く震えてる…)

梓「あの、澪先輩?」

ギュッ

梓(え?後ろからなの?)

澪「梓、目を瞑ったまま、そのまま歩くんだ」

澪「階段の所は私が誘導してやる」

梓「え?ど、どうしてですか?」

澪「梓、上手く言葉が出ないんだ…分かってくれ」

梓「は、はい…」

梓(違う、キスなんかじゃないよ…)

梓(だって、澪先輩…)

梓(体全体で震えてるよ…)

梓(何を…一体何を見たの?)


~憂の部屋~

ガチャッ

唯「澪ちゃん!あずにゃん!」

憂「ど、どうでしたか?」

澪「…」

梓「…あの、澪先輩」

澪「まずは、鍵をかけるんだ」

梓「は、はい」

澪「それから唯、この部屋の窓からなら玄関の辺りも見えると思う」

澪「懐中電灯を向けて、誰か居ないか見てくれないか?」

唯「う、うん」


唯「澪ちゃん、誰も居ないよ?」

澪「そうか…分かった」

澪「寒いだろうから、もう窓は閉めても良いぞ…」

澪「みんな、落ち着いて話を聞いて欲しい」

澪「律は…律は食堂には居なかった」

梓「…やっぱり」

唯「やっぱり?」

梓「食堂の中は澪先輩しか確認してないんです」

梓「私には見せない様にしたから、多分そうなんじゃないかと…」

梓「でも、それだけじゃないですよね?」

憂「それだけじゃない?」

憂「嘘、律さんが居ないだけでもショックなのに…」

憂「な、何があったんですか?澪さん」

澪「分からない、分からないんだ…」

澪「でも、1つだけ分かった事がある」

澪「律は多分…外に行った」

唯「外?こんなに真っ暗なのに?」

憂「それに、今は凄く寒いんじゃないですか?」

梓「そう言えば、部屋の中も…」

澪「ああ、さっきから暖房も切れてるから寒くなって来てるな」

澪「でも、外の寒さはこんなもんじゃないだろう」

澪「その中を、律は外に出て行ったんだ…」

唯「どうして外に?真っ暗で方向が分からなかったの?」

憂「でも、流石に外に出る扉を開けたら気が付くよね?考えられないよ」

澪「ああ、そうだな…」

梓「でも、そんな考えられない様な事をしたって分かってるんですよね」

梓「澪先輩、そろそろ言って下さい」

梓「一体、何を見たんですか?」

梓「どうしてそんなあり得ない事が分かったんですか?」

澪「…血だよ」

澪「それ程の量じゃ無かったけど…食堂の床に、血が飛び散っていた」

澪「それが入り口から廊下を抜けて、玄関の方に点々と続いていたんだ」

澪「玄関に人影は無かったから、外に出たとしか考えられない」

唯「えっと、りっちゃんが食堂で怪我をしちゃって…」

唯「慌てて外に飛び出しちゃったって事?」

唯「大変だよ!すぐに手当てをしてあげないと!」

憂「お姉ちゃん…」

梓「唯先輩…」

澪「唯、私だってそう思いたいよ」

澪「でもな、もし仮にそうだったとしたら」

澪「どうしてすぐに中へ帰って来ないんだ?」

唯「でも…でも…そ、そうだよ!」

唯「もし誰かが怪我をしてたとしても、りっちゃんかどうかは分からないよ!」

澪「じゃあ、一体誰が怪我をしたって言うんだ?」

澪「それにな…私は見たんだ、血で濡れた律のカチューシャを」

澪「誰かがいたずらでこんな事をしてるんじゃないかって」

澪「ムギも和も何処かに隠れてて、私達を驚かそうとしてるんじゃないかって」

澪「そういう可能性も0じゃないって、今までは思えたんだけど」

澪「もう…駄目だよ」

澪「こんな状況になってるのに、2人がそんないたずらをするはずがない」

澪「律が血を流す程の怪我をしているのに、自分から外に出て行く訳が無い」

澪「誰かが、私達以外の誰かが何処かへ連れて行ったんだ」

澪「私達以外に、誰かが…」

澪「誰かが…この建物の中に居たんだ」

澪「いや…」

澪「今も、居るのかもしれない…」

澪「もしかして、玄関の扉の向こう側に…」

澪「私が行った時には、まだそこに律が居たかもしれない」

澪「そう思ったのに、足が動かなかった」

澪「此処に帰って来てしまった」

澪「私は律を、見殺しにしてしまったのかもしれない」

梓「見殺しって、そんな…」

梓「そんな律先輩がもう死んでしまったみたいな事、言わないで下さい!」

梓「澪先輩は私の事を考えて、私が危険にならない様に…」

梓「そう思って此処に帰って来たんですよね?」

梓「自分の事、そんなに責めないで下さいよ…」

梓「でないと、私のせいだって言われてるみたいで…つらいです」

澪「違う!そういう意味で言ったんじゃないぞ!」

唯「私の責任だよね、私がりっちゃんを1人にしてしまったから…」

憂「そうじゃないよ!元はと言えば私が怪我をしてしまったから…」

澪「いや、律を1人にしてしまったのは私の責任だよ」

澪「最後に律と一緒に居たのは私なんだからな…」

澪「…」

澪「でもみんな、後悔するのはもう止めよう」

澪(そうだ、後悔なんてしても何も始まらない)

澪(私がしっかりしないと、梓を守ってやらないといけないんだ)

澪「今考えなきゃいけない事は、これからどうするかって事だ」

唯「そ、そうだね…」

憂「何とかして、この状況を打開しないと…」

梓「何か良い案はあるんでしょうか?」

唯「歩いて町まで行くのは…やっぱり駄目かな?」

澪「いや、この状況になってしまった以上は最初の選択肢だと思う」

澪「ただ、どれ位の時間がかかるか分からないからな」

澪「準備は万全にして、出来れば夜が明けてすぐに出発したいな」

唯「憂は?憂はどうするの?」

澪「憂ちゃんはみんなで交代して背負って行く」

澪「スキーの他にソリもあったと思うから」

澪「途中まではそれに乗って貰うのも良いな」

憂「でも、私の為にみんなに迷惑をかけるのは…」

梓「憂、今はそんな事を言ってる場合じゃないよ!」

憂「梓ちゃんそれは逆だよ」

憂「こんな時だからこそ、私の事なんて気にしちゃいけない」

憂「私1人の為にみんなが危険になるなんて、そんなの嫌だよ…」

憂「もしそうするなら、私は置いて行くべきだと思う」

唯(そんな…憂を1人で置いて行くなんて出来ないよ…)

唯「じゃ、じゃあ逆に…この部屋の中にずっと居るのはどうかな?」

唯「明後日…じゃないね、日付は変わっちゃったから明日の夜」

唯「明日の夜になれば、私達が帰って来ない事を心配する人達が出て来る」

唯「そうしたら探しに来てくれるよね?」

唯「それまでの間、此処でじっとしているの」

澪「それも1つの手だな」

澪「部屋の鍵は中からしか掛けられないタイプだから」

澪「普通の方法では外から開ける事は出来ない」

澪「此処は2階だから窓から入って来る事も難しいだろうし」

澪「家具をずらして窓に被せておけば、そう簡単には入って来れないだろう」

唯「澪ちゃん…澪ちゃんはもう、私達以外の誰かが居るって…」

唯「誰かが襲って来るはずだって…」

澪「ああ、信じたくはないが…それしか考えられないからな」

澪「現実から目を背けても、何にもならないよ」

澪「この建物には私達以外の誰かが居て」

澪「ムギと和、それに律を何処かに連れ去った」

澪「今も近くに居るのかどうかは分からないけど」

澪「次に狙われるのは私達4人、そう思って行動した方が良いと思う」

梓「澪先輩…今、普通の方法ではって言いましたよね?」

澪「ああ、言ったな」

憂「普通じゃない方法、例えばドアを壊して中に入るとか…」

澪「そうだ、そういう普通じゃない方法を使われた時点でアウトだ」

澪「この案の最大の弱点はそれだな」

唯「じゃあやっぱり、みんなで歩いて行くしか無いのかな…」

憂「私はその案に賛成」

梓「私も、今はそれが1番良い様に思えます」

唯「じゃあ、やっぱり憂は私達3人で…」

澪「いや、憂ちゃんは置いて行こう」

唯「え!?」

唯「酷いよ!澪ちゃん!」

唯「憂を置いて行くなんて、そんな事出来る訳無いよ!」

澪「憂ちゃん、それで良いよな?」

憂「はい、私は1人で…此処で待ってます」

唯「そんな…ねえ、あずにゃんはどう思う?」

唯「あずにゃんはそんな事、憂を置いて行くだなんて言わないよね?」

梓「…」

梓「ごめんなさい、唯先輩」

梓「私も色々と考えてみましたけど」

梓「憂は置いて行った方が良いって思い直しました」

梓「見捨てる訳じゃ無いんですよ?」

梓「私達の誰かが助かれば、憂を助け出す事だって出来るんですから」

唯「でも…」

憂「お姉ちゃん、良いんだよ」

憂「それが1番良い方法なんだ」

澪「それにな、唯」

澪「こんな事は言いたくないんだが…」

澪「どうしても納得出来ないなら言わざるを得ない」

澪「ムギや和、律だって死んだ訳じゃないんだぞ?」

澪「律は怪我をしている可能性が高いけど、ムギや和は単に姿を消しただけだ」

澪「みんな何処かで生きてる可能性だって…いや、絶対に生きてると思う」

澪「それを唯は見殺しにするのか?」

澪「3人がどういう状況に置かれているのかは分からない」

澪「でも、助けを呼ぶ事が遅れてしまったら…」

澪「助かる可能性はどんどん減っていくと思う」

澪「憂ちゃんを見殺しにする訳じゃない、単に少し助けるのが遅くなるだけだ」

澪「それだけの理由で、唯は他の3人を見殺しに出来るのか?」

唯「そんな、そんな言い方って酷いよ…」グスッ

唯「ムギちゃんだって…和ちゃんだって…りっちゃんだって…」

唯「みんな大切な仲間、大切な友達なのに…」

唯「そんな風に比べる言い方をするなんて、酷いよ…」

澪「唯…分かって欲しい、憂ちゃんだってそう思ってる事なんだ」

澪「憂ちゃんの事を1番分かってるのは唯なんだろ?」

澪「だったら、憂ちゃんが唯にどうして欲しいのか」

澪「分かってあげられなくてどうするんだ?」

唯「…」

唯「憂…憂は本当に此処に1人で残る気なの?私に行って欲しいの?」

憂「うん、お姉ちゃんは澪さん梓ちゃんと一緒に行って」

憂「私なら大丈夫だよ、みんなが来てくれる事、信じてるから」

唯「そっか…うん、分かったよ」

唯「待っててね憂、絶対に助けに戻って来るからね!」

憂「うん!お姉ちゃんの事、信じてるから」


6