~合宿2日目・朝・食堂~

紬「朝御飯も終わった所で、ちょっとみんなにお知らせがあります」

律「お知らせ?何だ?」

紬「実はね、今日は1組だけお客さんが来る事になったの」

梓「え?誰も来ないんじゃなかったんですか?」

紬「ええ、ちょっと連絡が行き届かなくて…キャンセルも間に合わなかったみたい」

唯「そっか…じゃあ私達がお迎えしないといけないんだね」

澪「私達だけで出来るのか?」

律「確かに、1組だけって言ってもちょっと不安だな…」

紬「大丈夫よ、そのお客さんはね、私達も良く知ってる人達だから」

紬「車の音…来たみたいね」

紬「じゃあみんな、お迎えの準備は出来たからしら?」


紬「…良いみたいね」

ガチャッ

唯律澪紬梓「ようこそ、いらっしゃいました!」

憂「え?お姉ちゃん!?」

和「唯…それに軽音部のみんなじゃないの…」

和「あなた達、此処で何をしてるの?」


~食堂~

和「合宿を兼ねたアルバイトね…楽しそうで良いじゃない」

律「それよりも和と憂ちゃんはどうして此処に?」

唯「そうだよ、憂が此処に泊まりに来るなんて全然知らなかったよ?」

和「まあ細かい所は省略させて貰うけど…」

和「私が商店街の福引で此処へのペア旅行を当てたのよ」

和「最初は唯と憂に行って欲しくて、憂にプレゼントしたんだけど」

憂「お姉ちゃんを誘おうとしたら、合宿に行くって先に言われちゃったから…」

和「代わりに私が誘われたって訳」

唯「そうだったんだ…憂、ごめんね?」

憂「ううん、今はこうしてお姉ちゃんと一緒になれたから良いんだよ」


澪「なあ律、ちょっと話が出来過ぎてると思わないか?」

律「確かにな…でも、合宿がもっと楽しくなると思うから良いんじゃないのか?」

澪「まあ、そうなんだけど…」



~夜~

律「ふぅ~、食った食った…」

律「憂ちゃんもそうだけど、和も料理が上手いんだな」

和「そ、そう?ありがとう」

澪「2人共悪いな、昼も夜も作って貰って」

憂「良いんですよ、私は料理するの大好きですから」

梓「でも、言ってくれれば私達も手伝うよ?」

唯「そうだよ~、私も…」

梓「唯先輩は手伝わなくても良いですから」

唯「あずにゃん、酷い…」

和「少しだけみんなでスキーをして遊んだけど」

和「それ以外の時間は5人で朝から頑張ってたものね」

和「これ位の事はさせて貰わないと居心地が悪いわよ」


ドーン!

律「何だ?今の音は」

紬「花火じゃないかしら?」

梓「花火?この季節にですか?」

紬「ええ、珍しいでしょ」

紬「名前は忘れちゃったけど、確か町でお祭りがあったはずよ」

紬「花火も打ち上げるんじゃなかったかしら?」

唯「見て見て!こっちの窓から少しだけ見えるよ!」

憂「ほんとだ…綺麗だね、お姉ちゃん」

和「でも、さっきの音ってちょっと違う方向から聞こえなかった?」

澪「山で音が跳ね返るんじゃないのか?」

和「なるほど…そうかもしれないわね」


~お風呂~

律「昨日は眠くて良く覚えてなかったけど、此処の風呂は広くて良いな~」

紬「言い忘れてたんだけど、温泉だから1日中好きな時間に入っても良いのよ?」

梓「だったら、私は明日の朝にも入りたいですね…」

梓「あの、澪先輩も一緒に…」

澪「そうだな、1人で入ってもつまらないか…じゃあ、私も付き合うよ」

梓「はい!」


憂「どうしたの?お姉ちゃん」

憂「さっきからじっと胸を見られてる気がするんだけど…」

唯「憂、どうして私を追いて行くの…」

律「唯、そういう時にはな…」ゴニョゴニョ

唯「なるほど!憂、ちょっと私の後ろに来て?」

憂「え?良いけど…何かするの?」

唯「うん、ちょっと手を出して?で、そのまま私の胸を…」

律「和はメガネを外すと何も見えないのか?」

和「ええ、殆ど何も見えないわね」

和「でも、そういう状態にも慣れてるから」

律「そうか、何か見てて危なっかしいって思ったから」

律「付いててやろうかって思ったんだけど、大丈夫か」

和「…」

和「あの…律」

律「ん?何だ?」

和「家のお風呂だったら慣れてるんだけど…」

和「知らない所だと、やっぱりちょっと怖いかも」

律「そうか、じゃあずっと付いててやるよ」

和「え、ええ、そうして貰えると助かるわ」

律「あれ?」

律「ムギ、今出て来た扉は何だ?」

紬「1人用のサウナよ?」

律「サウナか…あたしも入ってみようかな」

紬「あ、今は入らない方が良いと思うわ」

紬「ちょっと温度調節が故障しちゃったみたいだから」

紬「中は逆に寒い位じゃないかしら?」

律「寒い位って…良く見たら鳥肌立ってるじゃんかよ」

律「分かった、諦めるとするか」

和「…」



~憂の部屋~

憂「今日は1日楽しかったな…」

憂「お姉ちゃんと一緒にスキーをして」

憂「和ちゃんと一緒にお料理をして」

憂「みんなでご飯を食べて、お風呂に入って…」

憂「和ちゃんを誘って本当に良かった」

憂「明日も凄く楽しみだよ…」

憂「さて、寝る前に純ちゃんにメールしておこうかな」


憂「あれ?おかしいな…携帯は確かテーブルの上に置いておいたのに…」



~梓の部屋~

コンコン…ガチャッ

憂「梓ちゃん、お邪魔…」

憂「…」

憂「あの、見てないからね?」

梓「良いよ別に…どうせ憂には分かってると思うから」

憂(ぬいぐるみだけど…澪さんにそっくりだね)

憂「それ、毎日やってるの?」

梓「やってるよ、寝る前にぎゅ~って」

憂「言えば良いのに、きっと梓ちゃんなら大丈夫だと思うよ?」

梓「…憂は、よく言えたよね」

憂「…」

憂「そうだよね、私も言う時には凄く迷った」

憂「言いたくても言えない事って沢山あるよね…ごめんね、梓ちゃん」

梓「ううん、良いんだよ」

梓「それで、憂は私に何か用事?」

憂「そうだよ!すっかり忘れてた!」

憂「あのね、携帯を何処かに置き忘れちゃったみたいなの」

憂「梓ちゃんは純ちゃんにメールするよね?」

憂「私からもよろしくって事、伝えておいてくれないかな?」

梓「良いよ、私も寝る前にメールしようって思ってたから」

梓「でも置き忘れたって、どの辺に?」

憂「分からないんだけど、お風呂に入る前までは見てたから…」

憂「とにかく、この建物の中の何処かだと思う」

梓「じゃあ憂の携帯に電話すれば、着信音で何処にあるのか分かるよね」


梓「何でだろ…お風呂に入る前には此処にあったはずなのに…」

憂「…」

憂「梓ちゃん、私と一緒に来て?」

梓「え?何処に行くの?」



~唯の部屋~

コンコン…ガチャッ

憂「お姉ちゃん」

唯「どしたの?憂、そんなに怖い顔して…」

憂「携帯、持って来てるよね?」

唯「うん、持って来てるよ~」

憂「ちょっと出してみて」

唯「え?あの…もしかして中を確認したりするの?」

唯「今ちょっと待ち受けの画面が恥ずかしい事になってるから…」

梓(唯先輩が恥ずかしいって、それはちょっと気になるな…)

憂「ううん、あるかどうかだけ確認して欲しいの」

唯「中は見ない?」

憂「うん、見ないから」

唯「じゃあ、ちょっと待ってね~」

唯「確かベッドの枕元に…あれ?無いよ?」



~食堂~

律「正直に言ってくれ、誰がこんないたずらをしたんだ?」

澪「律、みんなを疑うのか?」

律「疑いたくはないけど…でも、此処にはあたし達しか居ないんだぞ?」

律「誰かがいたずらして隠したに決まってるだろ」

和「律、それは無いと思うわ」

律「どうしてだよ」

和「今、話を聞いてて分かったんだけど」

和「携帯が無くなったのは、みんなでお風呂に入ってる間の事よ」

和「私もね、はっきり覚えてる」

和「明日の天気が気になったから携帯で調べようと思ったんだけど」

和「出した所で律が呼びに来たから鞄の中にしまっておいた」

律「そう言えば…確かにあたしが呼びに来た時に、和は携帯を持ってたな」

和「お風呂から上がったら続きを調べようと思ったの」

和「でも…帰って来たら無くなってたわ」

和「お風呂には此処に居る全員で入った」

和「誰が誰を誘って全員が揃ったのか…」

和「みんなの話をまとめていけば分かると思うけど、それは無意味ね」

和「私と律がお風呂に来た時にはみんな揃ってた」

律「そうか…誰も途中で風呂からは出てないから…」

律「和の携帯を隠す奴は居ないって事になるな」

和「もちろん、私と律がいたずらをする為に嘘を言ってる可能性もあるわ」

和「でもね、1番最後に来たって言ってもせいぜい1分位の違いよ?」

和「逆にお風呂から上がる時は全員揃って戻ったわよね」

和「みんな最初は自分の部屋に戻ったと思うから」

和「その間に全員の携帯を探し出して隠すなんて事、まず不可能よ」

澪「待て、待ってくれ和」

澪「それ以上は言わないで欲しい」

澪「それ以上何か言われると…私、怖くて泣き出すかもしれない…」

梓「澪先輩…だ、大丈夫ですよ!みんな何か勘違いしてるだけですって!」

唯「う~ん、何だか良く分からないけど…」

唯「私達以外の誰かがこの建物の中に居て」

唯「その人が全員分の携帯を隠したって事?」

澪「ひっ…」

律「あちゃ~、言っちゃったか…」

和「まあ、常識的に考えればそうなるわね」

憂「でも、私達以外は誰も居ないんじゃなかったんですか?」

紬「…」

紬「そう、私達以外には誰も居ないわ」

紬「それなのに、こんな事が起きるなんて絶対におかしい」

紬「警察に連絡しましょ!」

律「警察?それはちょっと大げさ過ぎないか?」

和「ううん、私は賛成よ」

和「梓が言ったみたいに、全員が勘違いをしている可能性も0じゃないと思う」

和「でも、それならそれで良いじゃない」

和「これ以上不安なままで過していたら澪が…ううん、正直に言っちゃうとね」

和「私も今すぐに泣き出したい位に怖いのよ」

和「唯、そこにある電話で110番して」

唯「うん、分かったよ」

唯「ぴ…ぽ…ぱっと」

唯「…」

唯「…あれ?」

律「どうした?唯」

唯「つ、つながらないんだけど…」

梓「外線をかける場合には、最初に何かを押すんじゃないんですか?」

唯「ううん、そうじゃなくって」

唯「音が何にも聞こえないの、電話線が切れてるんじゃないのかな…」

憂「そんな…コードが抜けてるとかそういう事じゃないの?」

唯「う~ん、どうなんだろ?私には分かんないや…」

律「ぱっと見た限りでは、そうでも無さそうだな」

梓「故障だとしたら、素人が見ても分からないですよね…」

和「私達の泊まってる部屋には電話が無かったけど」

和「紬、他に電話は無いの?」

紬「あるとしたら、此処のオーナーさんの部屋かしら?」

紬「鍵も預かってるわ」

和「じゃあ、そこの電話を試してみましょう」



~オーナーの部屋~

和「駄目だわ…つながらない」

梓「パソコンがあったので立ち上げてみましたけど」

梓「ネットも全く繋がらない状態ですね」

和「打つ手無しかしら…」

澪「そんな、和にそんな事を言われたら…」

律「何か良い手は無いのか?和なら何か思い付くだろ?」

和「私だって普通の女子高生よ?」

和「そんなに簡単に思い付く訳ないでしょ!」

唯「和ちゃん、そんな言い方をしなくても…」

和「あっ…ご、ごめんなさい…」

律「いや、あたしの方こそ…」

憂「あれ?」

唯「どしたの?憂」

憂「紬さんが居ない…何処に行ったんだろ?」


3