ある日の夕方。

唯「ソースじゃないよ~醤油だよ~砂糖じゃないよ~♪」

とみ「おや、唯ちゃん……
   どこへ行くんだい……?」

唯「お砂糖買いに行くの!」

とみ「へぇ……お砂糖をねぇ」

唯「うん!」

とみ「お砂糖……
   本当にお砂糖なのかい?」

唯「え? うーん……」

とみ「お醤油じゃあないのかい」

唯「あ、そうだ! そういえばお醤油だった!」

とみ「やっぱりそうかい……
   醤油ならウチにあるから、ちょいと待ってなさい」

唯「わーい。
  でもお婆ちゃん、よく醤油だって分かったねー」

とみ「私は唯ちゃんたちのことなら何でも知ってるんだよ」

……

とみ「はい、醤油」

唯「ありがとー」

とみ「そうだ、ちょうど唯ちゃんに話があったのよ……
   これなんだけどねェ」ぴらり

唯「演芸大会~?」

とみ「老人会で毎年やってるんだけど、
   今年は出場者が少ないみたいでねぇ」

唯「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

とみ「唯ちゃん、出てくれない?」

唯「え、私が?」

とみ「若い人が出てくれるとねえ、盛り上がるのよ。
   唯ちゃんがギター弾くとこも見てみたいし」

唯「えー、うーん」

とみ「ねえ……頼むわ唯ちゃん」

唯「でもなー」

とみ「唯ちゃん以外に頼れる人いないのよ……」

唯「期末試験も近いしー」

とみ「賞品はケーキ食べ放題のチケットだって」

唯「出ます!」

とみ「あらそう、良かった……
   みなさんもきっと、喜ぶわね……ヒヒ」

唯(ケーキ食べ放題か~♪)



平沢家。

ガチャ
唯「ただいまいけるじゃくそん!」

憂「おかえり、お姉ちゃん。ずいぶん早かったね」

唯「うん、スーパー行こうとしたら、
  ちょうど隣のお婆ちゃんに会ってさ~」

憂「え゛っ」

唯「で、醤油おすそわけしてもらっちゃったー」

憂「お姉ちゃん……いつも言ってるでしょ、
  隣のお婆ちゃんには関わらないで、って……」

唯「えー、なんでー?
  いい人だよ、お婆ちゃんは」

憂「いい人なのは分かるけど……
  なんか気味悪いよ」

唯「もう、ダメだよ憂、人のことそんな風に言っちゃ!
  お婆ちゃんには小さい頃からお世話になってたでしょ!」

憂「えーでも……
  ご近所の人だって、お婆ちゃんのこと避けてるでしょ」

唯「近所がどうとか関係ないよ。
  お婆ちゃんはいい人なんだから。
  今日だって醤油おすそ分けしてくれたんだよ」

憂「あ、そう……」

唯「お婆ちゃん凄いんだよ、
  私が醤油買いに行くのを分かってたの!
  『唯ちゃんたちのことなら何でも知ってるんだよ』だって、
  なんかすごいよねー」

憂「いや怖いよ」

唯「もー、怖くなんかないってば。
  あ、これ醤油ね」

憂「え、うん…………」

唯「なあに、お婆ちゃんのお醤油にまでケチつける気?」

憂「えーだって……
  この前お婆ちゃんから貰ったお砂糖、なんか変な味したし……」

唯「もー、大丈夫だよ!
  せっかくお婆ちゃんがくれたんだから、ちゃんと使って! ほら」

憂「うん……分かったよ……」

唯「私部屋行ってるから、ご飯できたら呼んでねー」

憂「はいはい」

姉が2階に行くのを見送ってから料理に戻る憂。
お婆ちゃんからもらった醤油を一舐めしてみたところ
なぜかやたらと酸っぱい味がしたので
憂はそれを捨ててスーパーまで醤油を買いに走った。

……

唯「いただきまーす」

憂「いただきます」

唯「もぐもぐ……ほらー憂、
  別に変な味なんてしないじゃん!」

憂「そうだねHAHAHA」

唯「へんな憂~」

憂「あ、そうだお姉ちゃん……
  このチラシはなんなの?」

唯「あー、それもお婆ちゃんがくれたの。
  演芸大会出てみないかって」

憂「え……それで、出るの?」

唯「うん、出るよ」

憂「えー……」

唯「お婆ちゃんにはいつもお世話になりっぱなしだからね、
  ここらでちょっと恩返しも兼ねて!
  あと優勝したらケーキ食べ放題だし!」

憂「ケーキ目当てでしょ……
  で、いつやるの?」

唯「そのチラシに書いてあるよー」

憂「あ、ほんとだ……再来週の金曜日、
  って期末テストの最終日だよ」

唯「だいじょーぶ、勉強はちゃんとするから!」

憂「ホントかな……それで場所は、
  南豊崎の公民館……?」

唯「ああ、お婆ちゃん、
  若い時は南豊崎に住んでたんだって~」

憂「そ、そうだったの? 道理で……」

唯「道理で、って何が?」

憂「お姉ちゃん、知らないの?
  南豊崎って言ったら『あいなま地区』って呼ばれて
  部落で有名なとこだよ」

唯「ぶらく? なにそれ」

憂「説明するのは難しいけど……
  とにかく卑しい人達が隔離されて住まされてた土地なの」

唯「えーなにそれ、じゃーお婆ちゃんも
  その卑しい人の仲間ってことー?」

憂「そこに住んでたんだからそうだよ。
  ご近所の人たちはそれで避けてたんだ」

唯「もー、いい加減にしてよ!」

憂「びくっ」

唯「さっきからお婆ちゃんの悪口ばっかり言って……
  私は出るからね、演芸大会!」

憂「だ、だめだよあの地区に近づいちゃ」

唯「大丈夫だよっ!
  今時そんな危ない土地なんてあるわけないでしょ」

憂「で、でも……」

唯「憂の分からず屋!
  ごちそうさま、私お風呂はいるから!」

憂「お姉ちゃん……」



翌日、学校。

憂「……というわけでさー」

純「へー、南豊崎ねぇ。
  確かに良い評判は聞かないけど」

憂「評判が良い悪いの問題じゃないよ。
  小学校の時、男子たちが南豊崎に肝試ししようって話してたんだけど」

純「うん」

憂「それがバレて親たちにめちゃくちゃ怒られたらしいよ。
  何人かはしばらく外遊び禁止になったって」

純「へえ……思ったよりヤバそうだね。
  あ、そういえば思い出した」

憂「何を?」

純「ずっと昔、なんかの噂で聞いたんだけど、
  南豊崎って何十年か前まで処刑場があったんだって」

憂「処刑場?」

純「江戸時代くらいからずっとあったものなんだけど、
  戦後になってようやく取り壊されたって」

憂「へぇー……」

純「今生きてる老人たちは、その処刑場知ってるんじゃないかな。
  そしてその件のお婆ちゃんも……」

憂「こ、怖いこと言わないでょ」

純「はは、ごめんごめん冗談だよ」

憂「で、どうしよう……
  やっぱりお姉ちゃんを止めるべきなのかな」

純「さー、どうだろ。
  そんな危ないことにはならないと思うけど……
  部落とはいっても、現代日本なんだしさ」

憂「んー、そっかなー」

ガラッ
梓「おはよー」

憂「あ、おはよう」

純「そうだ、梓は南豊崎のウワサ知ってる?」

梓「南豊崎? なにそれ」

純「この近くにある部落地域だよ」

梓「さあ、知らない。私、高校入るときに引っ越してきたから、
  このへんの地域のことあんまり詳しくないんだよね」

純「へー、そうなんだ」

憂「ここ来る前はどこに住んでたの?」

梓「チベットだよ。
  家族そろって寺院に住んでたんだけど
  中国軍の宗教弾圧から逃れて日本に戻ったの」

純「何その壮絶な人生」

梓「で、その南豊崎とかいうのがどうかしたの?」

憂「実はお姉ちゃんが赫々然々」

梓「演芸大会……?
  ああ、そういえば夕べ、唯先輩から
  一緒に演芸大会出ようってメールが来たよ」

憂「なっ……」

純「で、OKしたの?」

梓「うん、別に断る理由もないし」

憂「……」

純「あはは……梓を味方につけて
  意地でも演芸大会出る気だね」

憂「それにしてもなんで梓ちゃんを」

梓「そーいえば唯先輩、
  他の先輩たちも誘ってみたけど全員から断られたって」

純「唯先輩てもしかしてハブらてるんじゃない?」

憂「もーやだなー、お姉ちゃんがハブられてるなんてあるわけ無いじゃん!」バチコーン

純「ぶほぉぁっ」

梓「何? 演芸大会がどうかしたの?」

憂「あーうん、実はそれに出ないかってお姉ちゃんを誘ったのが
  うちの隣の独居老人でさ」

純「その人が南豊崎の出身で、
  ご近所からも嫌われてるんだってさー」

梓「ダメだよ、そんなこと言っちゃ!
  出身地なんて関係ないじゃん、
  人はみな仏のもとに平等なんだよ」

純「仏って……」

憂「いやいや、出身がどうこうだけじゃなくてさ、
  ホントになんか怖いんだよあの人」

梓「何がどう怖いの?」

憂「話せば長くなるけど……
  そう、あれは私が幼稚園の頃だった」



【回想】

とある公園。

唯『うぇーん、ういー、
  私のぬいぐるみどっかいっちゃったよー』

憂『えー、おねえちゃん、なくしちゃったのー?
  さがさなきゃー』

唯『さがしてもみつからないんだよぉー』

和『本当にちゃんと探したの?
  さっきジャングルジムで遊んでたわよね。
  あのへんは探した?』

唯『探したけど無いんだよぉーうえーん』

和『最後にぬいぐるみで遊んだのはどこ?
  思い出して、そこを重点的に捜すから』

唯『わかんないよぉーうえーん』

憂(ののかちゃんはあいかわらずむずかしい言葉を使うなあ)

とみ『あら、どうしたんだい唯ちゃん』

唯『あ、おばーちゃーん』

和『あ、一文字さん。
  実は唯がぬいぐるみを紛失してしまったみたいで』

とみ『おやおや』

唯『うぇーん』

とみ『……滑り台の下は探してみたかい?』

唯『すべりだいのしたあ?』

和『ちょっと見てきます』たたっ

とみ『きっとそこにあると思うよ……』

和『あっ、ありました!
  これよね、唯』

唯『わー、うん、それだよー!
  ありがとーおばーちゃん!』

和『どうして分かったんです?』

とみ『私は唯ちゃんたちのことなら何でも知ってるんだよ』


【回想おわり】

【回想おわり】



純「いいお婆ちゃんじゃん」

梓「別に怖くないよね」

憂「これはまだ序の口なの!
  次があるんだよ」

純「ほう、聞かせてもらおうか」

憂「これは純ちゃんも知ってる話だと思うよ。
  中学の修学旅行のことなんだけど……」


2