和「悪いけど、ムギには指一本も触れさせない」

紬「ふふっ、和ちゃんがいてくれると頼もしいわ~♪」

梓「和先輩、どうして邪魔をするんですか?」

和「目の前でムギに危害が加えられるのを、黙って見ている訳がないでしょう」

梓「その忠誠心は、ムギ先輩にお金で買われたんですか?」

和「……随分と失礼な口の聞き方をするのね」

憂「梓ちゃん、どういう事なの?」

梓「和先輩の初任給、いくらだと思う?」

憂「えっ、大卒だから20万円くらいかな」

梓「うん、普通はそれくらい。でも和先輩は、異常な額の報酬を受け取ってる」

和「そんな事まで調べてあるのね、趣味が悪いわ」

唯「……それで、いくらなの?」

和「私の初任給は53万円です」

唯「おぉおぉぉっ、お金持ち!」

和「……唯にそんな言い方をされても、嫌味にしか聞こえないわ」

唯「えっ、どういう事?」

梓「和先輩の実家は、失礼な言い方ですが、あまり裕福ではないそうですね」

和「えぇ、あなたたちと違ってね」

梓「そこに目を付けたムギ先輩は、多額の報酬を餌にして、和先輩の頭脳と忠誠心を買ったんです」

紬「ふふっ。今日の梓ちゃん、本当に口が悪いわね」

梓「褒め言葉として受け取っておきますよ、ムギ先輩」

紬「それで構わないわ。ちなみに、どうして私が和ちゃんに大金を払っているか、知ってるの?」

梓「琴吹食品を牛耳るため、和先輩の力が必要だったんでしょう?」

紬「えぇ、その通りよ」

ガシッ

梓「……えっ」

唯「和ちゃんがいつの間にか、あずにゃんの肩を掴んでる!?」

憂「気付かなかった、動きが見えなかった……」

紬「和ちゃんは、とても優秀なの。どんな仕事も的確にこなしてくれる」

和「悪く思わないでね、梓ちゃん」

スチャ

梓「なっ、まさか!?」

紬「そんな和ちゃんの能力(ちから)が、私には必要だったの~♪」

ドクンッ

梓「あぁあぁぁっ!?」

唯「ど、どうしたの、あずにゃん!?」

憂「ハッ、まさか……」

紬「あら、もう気付いたみたいね。憂ちゃんも優秀な人材だわ、もう1人の参謀になってほしいくらい」

律「な、何が起こったんだ!?」

澪「ここから見ても、和がメガネを外しただけにしか……」

憂「皆さん、目を伏せて!!」

唯「えっ、なんで?」

憂「いいから伏せて、和ちゃんと視線を合わせちゃダメ!!」

律「あっ、あぁ、わかった!」

澪「とにかく和の目を見なければいいんだな?」

憂「……そうだったんだ。だから和ちゃんは、いつもメガネを付けていたんだ」

唯「憂、どういう事なの?」

憂「……和ちゃんも、能力者だったんだね」

唯「えぇっ!」

和「その通り。梓ちゃんはもう、私の子どもを妊娠しているわ」

梓「あっ、あっ、あっ……」

ガクガク...

梓「ゆい、せんぱぃ……」

唯「あずにゃん、しっかりして!」

ガクガク...

梓「わたし、にんしん、しちゃったぁ……」

唯「大丈夫だから、ねぇ、落ち着いて!」

律「くそっ、なんてこった!」

澪「あんな簡単に妊娠させられるなんて、どんな能力なんだ?」

憂「……たぶん、目です」

澪「……目?」

憂「メガネのレンズを通さずに、和ちゃんと直接目を合わせると、妊娠しちゃうんです」

和「あなたたちが能力に目覚めるずっと前から、私はこの能力を持っていた」

憂「だから絶対にメガネを外さなかったんだね」

和「えぇ。これは妊娠を防ぐための特製メガネだから、どこにも売ってないけど」

紬「和ちゃんの能力は、ムギムギ沢庵を発売するために、必要不可欠だったの~♪」

和「発売に反対する琴吹食品の社員は、片っ端から妊娠させていったわ」

紬「おかげで不穏分子はみんな病院行き。やりやすくなったわ」

和「病院と言っても、産婦人科だけどね」

紬「……さて、私を妊娠させるつもりだったっけ?」

和「残念だけど、妊娠するのはあなたたちの方よ。5人まとめて、私の子どもを産んでちょうだい」

紬「ついでに、私の子どもも妊娠してもらおうかな。2人分なら、ギリギリ死なずに出産できるよね?」

澪「くそっ、どうすればいいんだ?」

律「目を合わせる事ができなきゃ、おでこを合わせる事もできない!」

スッ

和「……あら?」

憂「……お姉ちゃん?」

唯「私に、任せて」

スタスタ...

紬「唯ちゃんってば。一直線に和ちゃんへ向かって歩いて行くなんて、いい度胸ね」

和「何か策があるのかしら。それとも、ただの無謀な突撃?」

唯「……ねぇ、和ちゃん」

スチャ

和「うるさいわね、さっさと妊娠しなさい」

ビクンッ

唯「あっ、ふぅっ!?」

憂「お姉ちゃん!?」

ガクガク...

唯「あ、あぅ……」

和「呆れたわ。まさか本当に無策だったなんて」

梓「唯先輩、大丈夫ですか!?」

ガクガク...

唯「へ、へへ、ぴぃす……」

梓(あのポーズ、どこかで見た事が……)

スタッ...スタッ...

紬「あら、まだ和ちゃんに向かって行くの?」

和「ちょっと、唯、何を考えて」

ダキッ

唯「えへへ……。和ちゃん、ぎゅ~♪」

和「し、しまった、油断した!」

唯「ダメだよ、和ちゃん。ムギちゃんもそうだけどさ」

和「な、何を言って」

唯「私たちの能力は、誰でも構わず妊娠させるんじゃなくて、大好きな人のために使うものなんだよ」

和「……そう。残念ね、今あなたのお腹にいるのは、私の子どもよ」

唯「問題ないよ。だって私、和ちゃんの事が大好きだもん」

和「……まったく、何を言い出すかと思えば」

澪「唯の言う『大好き』が、よくわからなくなってきた……」

憂「お姉ちゃんは、大好きな人がたくさんいるんですよ。その人の赤ちゃんを産んでもいいくらい、大好きな人が」

澪「へぇ……」

憂「たとえば梓ちゃんの子どもを産んだのも、その後私の子どもを産んだのも、」

澪「あっ、憂ちゃんの子どもも産んだのか。知らなかった」

憂「さらにその後、律さんの子どもを産んだのも、みんな同じくらい大好きだったからでしょうね」

澪「……って、律!?」

律「わわっ、バカ! それは澪には内緒だって」

憂「あっ、ごめんなさい!」

バキッ

律「ぎゃん!!」

澪「この浮気者ぉっ!!」

唯「そう言えば、和ちゃんのメガネを外した顔、初めて見るね!」

和「当然でしょ、さっきから人の話を聞いてなかったの?」

唯「こんなに凛々しい顔を見たら、妊娠しちゃうのもわかる気がするよ~」

和「本当にもう、いい加減にして」

チュッ

紬「あらあら!?」

和「な、な、な!?」

唯「ねぇ、せっかく大好きな和ちゃんの子どもを妊娠しちゃった事だし」

ギュ-ッ

和「きゃっ!?」

唯「私と、愛のあるセックスをしようよ」

クチュ...

和「あっ……」

唯「ほら、私のおまんこトロトロでしょ?」

和「う、うん……」

唯「和ちゃんに、舐めてほしい」

和「はぁ!?」

唯「その代わり、私も和ちゃんのおまんこを舐めてあげるから!!」

バタンッ

和「ちょっと、待って、きゃあっ!?」

律「よくわからんが、唐突に69の体勢になったぞ?」

澪「何が起こってるのか、誰か説明してくれ……」

憂「見ての通り、お姉ちゃんは今から和ちゃんとセックスをするみたいです」

澪「なんでまた突然?」

律「あっ、潮を噴いて和を妊娠させるつもりなのか?」

憂「それも目的の一つだと思います。でも、たぶん一番の理由は……」

クチュクチュ...

唯「愛のあるセックスをしないで、子どもを妊娠しちゃいけないんだよ!」

和「何なのよ、その理屈は……、はぁ、んっ!」

スルリ

唯「和ちゃんのパンツ、脱がしちゃえ~♪」

和「ちょっと、やめて、ってば!」

グリグリ

唯「和ちゃんのおまんこ、こんな感じなんだね!」

和「あぁっ、ひゃぅん……」

クチュクチュ...

唯「和ちゃんも、私のおまんこをイジってよぉ」

和「め、目の前で、性器をイジらないでよ!」

唯「あれっ、メガネを外しても見えるの?」

和「あんまりよく見えないけど、音とか、匂いが……」

クチュクチュ...

唯「この音?」

和「だから、やめてって言ってるでしょ……」

クチュクチュ...

唯「同じ音が、和ちゃんのおまんこからも出せるんだよ!」

和「ひゃ、めぇ……」

澪「あれっ、なんか和の抵抗が弱くなってきたぞ?」

律「唯のテクニックで、感じてきちゃったんじゃないか?」

澪「ふ~ん。唯のテクニックについて、よく知ってるんだなあ?」

律「あっ、いや、その」

梓「……匂いだ」

憂「……梓ちゃん?」

梓「私、わかったんです。唯先輩の狙いは、おまんこの匂いを、和先輩に嗅がせる事だ!」

憂「あっ、そういう事か!」

律「……いや、どういう事?」

梓「唯先輩の能力は、潮を噴いて妊娠させるだけじゃないと思うんです」

憂「同じ事に、私も気付いてました。お姉ちゃんのおまんこの匂いには、何か秘密があるって」

梓「おそらく、唯先輩のおまんこの匂いを嗅ぐと、戦意を喪失して穏やかな気分になる」

憂「と言うよりも、やる気をなくしてダラダラしちゃうんじゃないかな?」

澪「そ、そうなの?」

梓「よく言えばリラックス効果ですよ。昔よく唯先輩に来てもらって、家の芳香剤になってもらったのも、そのためなんです」

憂「皆さん、不思議に思った事はありませんか?」

律「えっ、何が?」

憂「プロを目指せるレベルの実力と熱意を持っていたはずの皆さんが、何故か部室ではダラダラしてしまう」

澪「そう言えば、元々みんなマジメに練習するメンバーだったな」

憂「その理由は、部室に誰もいない時、いつもお姉ちゃんがオナニーしていたからなんです」

律「えっ、マジで!?」

澪「そう言えば、唯は部室によく一番乗りしてたっけ……」

憂「そこでやる気を奪われなかったら、皆さんは今頃メジャーデビューしていたかも……」

梓「なんかすごく納得できるんだけど、納得したくない話だなぁ」


6