憂「さて、梓ちゃん」

梓「どうしたの、憂?」

憂「今日はお姉ちゃんを呼んで、何をしてたの?」

梓「別に大したことじゃないよ。色々と家のことを手伝ってもらっただけ」

憂「ふうん、そうなんだ~」

純(……風呂から出たら、いきなり険悪な雰囲気!?)

純(もう私には事情がさっぱり分からないけど、この空気は勘弁してほしい)

ピンポ-ン

純(ナイスタイミングで来客!)

澪「こんにちは、お邪魔します」

唯「あっ、澪ちゃん。どうしたの?」

澪「梓に呼ばれたんだ。お菓子を作るから手伝ってほしいって」

唯「お菓子を作るから、澪ちゃんを……?」

澪「何かおかしいか?」

唯「いや、お菓子だったらムギちゃんやりっちゃんの方が得意そうだし」

澪「私だって料理くらいできる!」

唯「えへへ、そうだよね。ごめんごめん」

澪「まぁ、私が呼ばれた理由は察しがついてるんだけどな」

唯「……?」

純「澪先輩、こんにちは!」

澪「あっ、純ちゃんも来てたのか」

憂「こんにちは」

澪「憂ちゃん……、あれ、何か嫌なことでもあった?」

憂「いえ、別に」

梓「来てくれてありがとうございます、澪先輩」

澪「今日は大人数だな。それで、お菓子って何を作るんだ?」

梓「はい、みんなでミルクプリンを作ろうと思って」

唯「あれっ、でも牛乳はさっき全部使っちゃったんじゃ」

澪「……なるほど、やっぱりね」

唯「……?」

梓「という訳で、みんなで仲良くミルクプリンを作りましょう!」

憂「みんなで仲良く、ね……」

澪(何があったんだろう?)

梓「材料はここに並べてあります」

純「ねぇ、肝心のミルクが見当たらないけど」

梓「じゃあ澪先輩、よろしくお願いします!」

澪「はいはい、っと」

ポロンッ

純「……えっ?」

唯「おぉ~、やっぱり澪ちゃんのおっぱいは大きいね!」

澪「あんまりジロジロ見ないでくれよ、もう」

純「いや、あの、なんで澪先輩は胸を露出してるんですか」

梓「服を着たままだと、ミルクを出せないでしょ」

純「はぇっ、ミルク、出す?」

澪「このボウルに絞り出せばいいのか?」

梓「はい、お願いします」

プシュ-ッ

純「あばばばばばばば!?」

唯「澪ちゃんのおっぱいから、純ちゃんの顔に、何か飛んでいった!?」

憂「まさか、母乳!?」

澪「ごめんごめん、暴発しちゃった。まだ慣れてなくてさ」

純「んぐっ、んぐっ……」

唯「純ちゃん、大丈夫?」

純「はい、ちょっと驚いただけです。ただ何か忌まわしいトラウマが蘇りそうな気が」

梓「あー、それで、味は!?」

純「……味、ねぇ」

梓「そうそう、澪先輩特製ミルクの味」

純「正直、すごく美味しい」

澪「そ、そうか、ありがとう」

純「いえ、その、澪先輩に気を遣って、とかじゃなくて。本当に美味しいです」

憂「そっか、美味しいんだ……」

純「うん、まろやかだけど深いコクがあって。明治の美味しい牛乳より、何倍も美味しい!」

梓「香り唯マン、味澪パイですね」

唯「へぇ、そんな言葉があるんだ!」

澪「梓の造語だろ。私たちはキノコかよ……」

梓「どちらも堪能できて、今日は幸せです」

憂「へぇ、梓ちゃん。堪能したんだね……」

純(殺意の波動!?)

梓「さて、澪先輩。改めてミルクをお願いします」

澪「あぁ、しかし結構な量だから大変だ……」

憂「それにしても、澪さんが母乳を出せるなんて知りませんでした」

唯「私も全然知らなかったよ!」

澪「あぁ、つい最近の話だからな」

純「どんなきっかけで、そんな体質になったんですか?」

澪「きっかけって、そりゃ、赤ちゃんを授かったから……」

純「!?」

憂「!?」

唯「!?」

純「えっ、あっ、赤ちゃん、って」

唯「澪ちゃん、私たちまだ高校生だよ!?」

澪「あぁ、もう。だからみんなには隠しておきたかったのに」

唯「ひどいよ、私にも教えてくれなかったなんて!」

澪「唯にはちゃんとした場を設けて報告するつもりだったんだ。こんな形になっちゃって、ごめんな」

憂「そ、それで、父親は?」

澪「えっ、父親?」

憂「だから、その、誰の子どもなんですか?」

澪「誰って、そりゃ……、律だよ」

純「!?」

憂「!?」

唯「!?」

純「えーと、あの、澪先輩」

澪「うん」

純「私、今日は色々と意味不明な出来事がありましたけど、これがトップ賞です」

澪「えーと、よく分からないけど、ありがとう」

純「できれば私にも理解できるように説明してほしいなー、なんて」

澪「あっ、うん。何から説明すればいいのやら」

梓「要するに、律先輩が目覚めた特殊な能力で、澪先輩が妊娠しちゃったんだよ」

純「特殊な能力?」

梓「そう。律先輩のおでこに、自分のおでこを重ねた人が、一定の確率で妊娠しちゃう能力だよ」

澪「律の能力が発覚したのは、私が妊娠した後だった」

澪「そうとも知らず私は、風邪をひいた律の看病をしていて……」

澪「熱が下がったかどうか確かめるために、おでことおでこを接触させてしまったんだ」

澪「1日に6回も、すべてゴムを付けない生の接触だった」

澪「それだけ律におでこをくっつけたんだ。妊娠しない方がおかしい」

澪「お腹の子どもを極秘で産むために、ムギのお父さんの力をずいぶん借りちゃったよ」

唯「そうだったんだ……」

澪「ごめんな、唯。今まで黙ってて」

唯「ううん、いいよ。澪ちゃんも色々悩んだんだよね」

澪「ありがとう。そう言ってくれるだけで、救われる思いだ」

梓「ほら、澪先輩が2週間くらい学校を休んだ時がありましたよね」

唯「そう言えば……」

梓「あの時に出産してたんですよ、澪先輩が、律先輩の子どもを」

唯「あずにゃんは、どうして事情を知ってるの?」

梓「その2週間、何か怪しいと思って、勝手に事情を探ってみたんです。今思えば最低な行動でした」

澪「いいんだよ、もう。その時のことは忘れよう」

梓「澪先輩……」

唯「あっ!!」

憂「どうしたの、お姉ちゃん?」

唯「2週間の休み、ってことは、まさか……」

梓「さすがの唯先輩も、気付いちゃいましたね」

唯「最近……、ちょうど2週間くらい、りっちゃんが学校を休んでるのは」

澪「あぁ、3日前に無事出産を終えた。父親は私だ」

唯「そ、そうだったんだ……」

純「ちょっと待ってください!」

梓「純、どうしたの?」

純「それはおかしくないですか。だって、妊娠させる能力は律先輩しか」

梓「妊娠させる能力を手に入れたのは、律先輩だけじゃなかった」

純「……えっ?」

澪「私にも、あるんだ。その特殊な能力が」

純「つまり、澪先輩のおでこに自分のおでこを接触させた人は……」

澪「いや、私の能力は少し違うんだ」

純「えっと、どう違うんですか?」

澪「私の場合、私の母乳を飲んだ人が妊娠しちゃうんだよ」

憂「えっ、そんなものを料理に使っちゃ……」

梓「あぁ、安心して。火を通せば妊娠しないって、実験で証明されてるから」

澪「妊娠するためには、母乳の鮮度が重要らしいんだ。絞りたて生乳を直接飲んだりしない限り、問題ないよ」

梓「それだけ気をつければ、澪先輩の母乳はとっても美味しいからね」

憂「そっか、安心だね。じゃあ後で、私にも飲ませてください」

澪「お安い御用だよ」

純「……あれっ?」

梓「実は、まだあるんです」

憂「えっ?」

唯「あずにゃん……」

梓「澪先輩も知らない話ですが、他にも3人の能力者が確認されてるんです」

澪「そ、そうなのか!?」

梓「1人は私、中野梓」

唯「1人は私、平沢唯」

憂「お姉ちゃんも!?」

梓「そしてもう1人は、平沢憂」

憂「……って、私!?」

澪「信じられない……」

唯「最初は私も驚いたけど、どうやら本当みたい」

澪「ゆ、唯こそ私に黙ってたんじゃないか」

唯「私だって最近わかったんだもん。私と憂だけがこんな能力を持ってると思ってたし」

憂「ちょっと待って、なんで私も……」

梓「順番に説明します。まず、私をペロペロした人は妊娠します」

唯「だから私のお腹には、たぶんあずにゃんの子どもがいる」

梓「唯先輩はすべてを知ったうえで、私をペロペロしてくれたんです」

憂「……今、何を?」

梓「憂、落ち着いて、冷静に聞いてね」

唯「たぶん憂のお腹にも、あずにゃんの子どもがいる」

憂「!?」

唯「私と憂の間には、シンクロニティが働くから……」

梓「妊娠という未知の感覚も、おそらく共有されてしまう」

唯「だから憂も、私と一緒に赤ちゃんを産むことになるの」

憂「~~~」

バタン

澪「憂ちゃん!?」

唯「気絶しちゃった……」

梓「ショックが大きすぎたんですね。現実を受け入れるためには、ゆっくりと時間をかける必要があると思います」

澪「……話を戻そう」

梓「はい、次は唯先輩と憂の能力です」

澪「2人とも能力があるのは、シンクロニティとやらの作用なのか?」

梓「はい。その内容は……」

唯「おまんこから噴いた潮を浴びた人が、妊娠しちゃう能力だよ」

梓「唯先輩も、憂も、この同じ能力を持っています」

唯「澪ちゃんの母乳と同じで、至近距離で直接浴びるようなことがなければ、まず妊娠しないけどね」

純「……あれ?」

澪「ってことは私たち、みんな能力を持っていて……」

梓「みんなその能力で妊娠してる、って訳です」

澪「ふふっ」

梓「くすっ」

唯「えへっ」

澪「な~んだ、隠す必要なんてなかったんじゃないか!」

唯「そうだよ、私たちはみんな仲間なんだから!」

梓「特殊な能力があっても、高校生で妊娠しちゃっても、大丈夫です!」

アハハハ...

憂「」

純「」


それから2年後。

律と澪は、お互いの子どもを育てるため、生計を共に暮らしている。

梓は唯の子どもを産んだが、憂に配慮して唯とは同居せず、シングルマザーの道を選んだ。

憂は一時、精神的に不安定な状態に陥った。
だが唯のサポートもあって、どうにか現実を受け入れ、無事に梓の子どもを産んだ。

唯は憂と一緒に、それぞれが産んだ梓の子どもを育てている。

紬は能力を持たないが、いつの間にか律の子どもを妊娠して、大騒動になった。
紬がシングルマザーになることで騒動は終結したが、今でも澪との間に亀裂が残っている。



純は同時に唯・憂・澪の子どもを3人も身籠ってしまい、その負担に耐えきれず死亡した。
棺桶には献花のかわりに、たくさんのモップが詰め込まれたという。



妊娠編おわり




紬「私、みんなを妊娠させる能力者になるのが夢だったの~♪」

――少女はやがて大人になり、念願を叶えた

憂「妊娠の、感染爆発【パンデミック】……!?」

――歪んだ形に、その姿を変えて

澪「私の、母乳を、飲めええぇぇっっ!!」

律「純ちゃんのところに、お前も送ってやるよ」

和「私の初任給は53万円です」

唯「イくっ、イっちゃうぅうぅぅっ!!」

プシャアアァアァ

――最後の戦いが、今始まる

梓「唯先輩のおまんこの匂いが、世界を包んでいく……」



お楽しみに!(予定は変更される場合があります)



4