-澪の家-
ニャンニャンニャンニャン ニーハオニャン♪
ゴージャス デリシャスデカルチャァ~♪

澪「あずにゃんの声を録音したこの着うた!
  はぁ~…もぉうたまらないっっ!」

自分自身の体をギュッと抱く澪。

澪「あ~ずにゃんっ☆」ピッ


差出人:不明
件名:ただいま
―――――――――――――――
保守㌧クス…
まだ半分もうpできていないこと
に自分でもビックリした。

修造スレが逸脱すぎる。
もっと見習わなくては…。



澪「…なんだ?
  あずにゃんからのメールじゃないのか…削除っと。」ピッ



あ、もうこんな時間…
憂「憂、起きて…ご飯の時間だよ?丸1日寝ちゃって…もう…」

唯「むにゃ…うーいー?」
 (あれ…?もしかして、1日中寝てた?)

憂「あはは…憂、寝ぼけてるー。
  ほら、鏡見て… 憂が寝ぼけるなんて珍しいねw」
 (ボサボサ髪で涎出してるお姉ちゃん、かわいい///)

唯「あれ?ほんとだー あははw」
 (あれ??短いポニーテールもあるし…もしかして、憂の体と入れ替わった?
  もしかして…おっぱいが大きく…!?)バッ

体温で温まった唯の匂いがパジャマから込み上げる…
唯が目にしたのは可愛くぷっくりとした盛り上がりであった。

唯(かわってないかあ…とほほ)ションボリ

トントントン・・・

唯「お~、豪勢な晩御飯だぁ♪」

憂「憂は今日1日ご飯食べてなかったから、お腹ぺこぺこでしょ?
  頑張って作ったんだ♪」

唯・憂「いっただきま~す」



唯「ふぁ~、おいしかった…テレビ見よう~」
 (あの味付け…やっぱり私の姿をしているのは、憂だよね?)

唯がリモコンへ手を出そうとした瞬間、憂の声が唯の手を止める。

憂「うーい、宿題はやったの!?」

唯「へ??」
 (しゅ…宿題なんてあったっけ?)

憂「明日は日曜日だけど、今日のうちにやっちゃいなよー。
  そうだ…わたしと一緒にやろうか?」

唯「う…うん!」


-リビング-
唯「おね…おねえちゃん、この付箋がはってあるところだよね?」
 (憂は私と入れ替わったことに気づいているのかな?
  しばらく"妹"を演じていよう…)

憂「うん、そうだよ~」
 (私の教科書、いろいろメモしてあるから大丈夫だよね。)

唯「おー、それじゃはじめるか!」
 (ん?色々メモしてある、憂ってしっかり者なんだなぁ…
  そのおかげで…私が迷惑を…あれ?)


憂「憂、すごいじゃない!こんなスイスイ解けているなんて。」
 (よかった、メモも役に立っているし…去年赤点とったって言ってた問題もキチンと解けてる)

唯「ん~、お姉ちゃん…これ何か昔にやったことあるような気がする。」
 (これ…デジャヴ?)

憂「そんなわけないよ、だって高校に入らないと学べないことだよ?
  憂が頭いいだけだよ、きっと。
  宿題も一区切りしたことだし、アイス食べよ、アイス!
  今晩はハーゲンダッツだよ♪」

唯「やった~!あーいーすー♪」
 (うみゅ~、このままでもいいかぁ~)

憂(お姉ちゃんかわいい!)ポッ



唯「ん~…やっと終わった…  …? …お姉ちゃんありがと♪」
伸びをしてコキコキと肩を鳴らす唯。
憂は唯を気遣い唯の肩をモミモミと揉み解す。

憂「憂、久しぶりに一緒にお風呂入らない?」

唯「え…ちょっと恥ずかしいよ!」
 (おっぱい小さいままだし…)

憂「せっかくの姉妹なんだし、それに中学生になってからずっと入ってないじゃない。
  たまには…ね?」ニコッ

唯「うん…いいよ///」

憂「やったぁ♪」だきっ

唯(憂の体…やわらかくて…ぽかぽかする)
ギュッ

憂(お姉ちゃんの体、あったか~い♪)

-台所-
憂「ういー、お風呂先に入って待っててー、洗い物しちゃうから。」
台所では憂が晩御飯の後片付けをしていた。
冬の水は冷たく、手に刺さる…。

唯「は~い」ヌギヌギ
 (やっぱり…パンツは憂の物だ…
  ブラはつけてみないとわからないや。お風呂上がったら憂のブラつけてみようかなぁ…)

ジャバババ~キュッキュッ
憂「お姉ちゃんとおふろ~♪ お風呂♪
  憂~、今いくよー!」

浴室から聞こえる少女の返事、それは浴室内で反響する。
洗い物を終え、ウキウキした気分で浴室へ向かう憂。

跳ねながら歩くそのリズムに合わせ、髪はふぁさふぁさと舞い、
2つの鞠はたゆたゆんと小さく上下に揺れている。

トトトト


-風呂場-
憂「あーあ、こんな脱ぎ散らかして…

  …

  お姉ちゃんが1日穿いていたパンツ…スリスリ」
 (お姉ちゃんの匂い…いい匂い…)クンクン

1日中穿いていたその下着は、汗でしっとりと湿っており、
昨晩の愛液の跡がカペカペと若干残っている。
憂の鼻で吸い込んだその香りは、とても甘酸っぱく、夏みかんを彷彿とさせた。

唯「お姉ちゃん、まだ~?」
憂「」ビクッ!

憂「う…憂、今行くよ!」


わしゅわしゅ…
憂「憂、洗いっこしよ♪」ドキドキ

唯「自分で洗えるからいいよ~」
 (憂…やっぱりおっぱい大きい…)

憂「ほ~らっ」だきっ!

むちゅぅ…
濡れた体で憂は唯の背中へぴったりと密着する。
背中へ当てるもちもちとした球体。
憂いは泡だらけの体を動かし円を描く。

唯「お姉ちゃん…おっぱいが当たってるよ…///」
 (背中で憂のおっぱいの形がしっかり感じ取れるなんて…
  憂の乳首…少し固くなってる?
  あ…胸の鼓動まで聞こえてきたような気がする…)

憂「それじゃ、背中洗ってあげるね」ゴシゴシ
 (お姉ちゃんの肌、すごくキレイだなぁ…)


ザパーン
泡を洗い流し、よく磨いた肌を露わにする。

憂「それじゃ、前の方失礼しま~す♪」
 (ああ、火照っているお姉ちゃんの体…)

憂「」ジーッ

唯「はっ!…あわわ…前は自分で洗えるからいいよっ!」ササッ
 (は…恥ずかしいよ!)


憂「それじゃ、無理やりやっちゃうね!」

憂は手と腕に石鹸をたっぷり塗り、両腕で隠している唯の胸へとすべり込ませた。

唯「ひゃぅ!」ピクッ

憂「ひゃぅっ!だって、かわいい~
  えへへ…もう一度言ってみて!?」もみゅもみゅ


憂は唯の未熟とも言える果実を揉みしだく。
石鹸を纏ったその手は上手く乳房を掴むことができず、
にゅりゅんにゅりゅんと掴んでは逃げ、掴んでは逃げが繰り返された。

唯「や…嫌だよ、お姉ちゃん… あんっ!」
 (て…手で直接体を洗うなんて聞いたことない…)

そして憂は、やさしく…そっと先端に触れる。
そして…手のひらと…指先で乳首を弄ぶ。

くりゅ…
にゅぷ…にゅるっ…

泡だらけの手で何度も何度も唯の乳首に触れる。
手を動かす度、唯はピクンッ!ピクンッ!と反応する。

憂(お姉ちゃん…すごい敏感…面白い♪)

唯「お姉ちゃん…く…くすぐったいよ!ふぁ…」モジモジ
 (くすぐったいんじゃなくて…気持ち良いって言いたいけど…がまん)

憂「あらかた洗い終わったから、次は"ソコ"かな?」
 (昨日、私とお姉ちゃんが繋がった場所…
  昨晩痛くしちゃったから、優しく洗ってあげなきゃ…)

唯「お姉ちゃん…だいじょうぶだってば!そこは自分で洗えるよ!」ババッ

両手で秘部を隠す唯…しかし、憂の行動には勝てなかった。


ギュッ

憂「憂…よしよし…大丈夫、大丈夫…。」

唯の顔を自分の胸元へうずめ、抱きしめた。

唯(なんだろう…洗い流したあとの石鹸の香りがいい感じ…
  何かお母さんに抱かれているような気持ちになる。)

唯「おねえちゃん、やわらかぁい♪」ふにゅふにゅ

ちゅ…
赤子の様に憂の果実の先端に吸い付き、舌で乳首を転がし、ねっとりと絡めとる唯。
りゅちゅぅ…

憂「ひゃぅ!」ピクッ
 (お…お姉ちゃん!?)

唯「えへへ…ごめんなさい、お母さんに抱っこされてる気持ちになっちゃって。」

憂「憂ったら甘えんぼさんなんだから」コツン

憂「もうちょっと、おっぱい吸ってていいよ…優しく…ね」

唯は瞳を閉じ、石鹸の香りに包まれた憂の乳首に口をつけた。
舌をちろちろと細かく動かし、時にはねっぷりと乳輪に沿って舌を這わせる。
そしていつもながらの強い吸い付き…

ちゅぷ…ちゅう…ちゅう…
憂「んっ! あふぁ…!」ピクン…
 (お姉ちゃん吸うの強いよ!
  声が漏れちゃう…感じてるのバレないようにしなきゃ)

ちゅう…ちゅっ…   ちゅぽ…

憂「っ!…  …っ!!     …?」

突如憂の乳首から口を離す唯。
憂の乳房にはキスマークが数箇所できていた。

唯「お姉ちゃん…
  なんか眠くなってきちゃったよ…」ゴシゴシ

憂「それじゃ、"ソコ"を洗って髪を洗ったらお風呂から上がろうね♪」

憂(昨日は痛くしちゃってごめんね…)
優しく唯の秘部に触れ、軽く洗い流す。
そして、憂も自分自身の秘部は軽く洗い流した。


ガーッ
唯の髪にドライヤーの温風を当てる憂…
憂「憂の髪キレイだね~…つやつやしてる♪」
 (よし…今日1日しばり続けたおかげで髪の毛にクセがついてる。)

唯「えへへ、そうかなぁ…お姉ちゃんありがと。 ふぁ…」
 (うーん、お風呂上がった後に何かするつもりだったんだけど…なんだっけ?
  もう眠いし…明日また思い出そう。)

  もう眠いし…明日また思い出そう。)



-琴吹邸-
部屋に設置した30台余りのモニター。
そのうち20台弱は憂からもらった映像が、あらゆるアングルから再生されていた。

"「ふぎゅぁ! んんぁぁぁぁぁぁっっ!」ギシンッ!ギシギシッ!"

紬「唯ちゃんも見せてくれるじゃない♪まるでレイプじゃない…♪
  ここまで道具を使いこなしてくれるとは思わなかったわぁ。
  も~、これからオカズがどんどん増えて困っちゃう。」
 (けど、ウィダーインゼリー!って何かしら??ローション?)

多くのモニターのうち、5台はその映像とはべつな光景が映っていた。
唯と憂が仲良く入浴している光景…。

紬「念のため、お風呂場にも仕掛けておいてよかった。
  リアルタイムで見られたけど…画質が残念… ハァ」


紬「そうそう…メールしなくっちゃ。えーと…」

--------------------------
TO:"唯ちゃん"
件名:昨日はありがとう☆
―――――――――――――

--------------------------
紬「唯ちゃん昇格ぅ~♪」パチパチ

紬「今度はお風呂場にもちゃんとしたカメラ仕掛けさせてね…と。
  あと、憂ちゃんに近づく害虫の駆除ありがとう…と。」
  (試薬…あんなことになると思わなかったわ、でも…お金にはなりそうね♪)

メルメル

紬「送信…と、うふふ。」



-憂の部屋-
Plastic Lies ミツメルーヨリハシアワセートー♪
Paper Heart アノコローニハモドレナイーカーラー♪

唯「お姉ちゃん、メール来てるよ?」

憂「広告メールだから、気にすることないよ」
 (この着信音、紬さんからのメールだわ…そうそう、今日も撮影しなくちゃ♪)

憂「おやすみのキス…しようよ」

唯「え…お姉ちゃん、キスなんて…」
 (キスって男の人とするもんじゃないの!?)

憂「だって昨日だってしたじゃない♪
  お姉ちゃん、キスしてってせがまれて…もう///」

唯(昨日?昨日…?思い出せない…何かヒドいことを憂に言ったような…
  痛いこともあったような気もする…色々出てきて混乱してきた。)

唯「んむぐっ!」

強く重なる憂と唯の唇…舌を絡め、唯の口の中をかき混ぜた。
んちゅぅぅ…ぬちゅぁ…くちゅっ…

憂「ぷはっ」
つぅー…

二人の唇は唾液の糸で繋がり、唯に息継ぎさせることなく再度キスをする。
汗ばむ二人の体、室内に漂うシャンプーの香り…
二人は手を握り合い、互いの鼓動を確認する。

ちゅるっ…
ぺちゅ…ちゅっ… …ぷ。
憂は唯の上唇を吸い上げた後、下唇をねっとりと舐め上げた。

憂「んぷっ… ふぅ…それじゃ、憂、おやすみね♪」

唯「はぁ…はぁ… お、おやすみ…」ぱたっ
 (結構苦しかったけど、なんかココロがほわほわして… …て)

唯「すーっ…すーっ…」

憂「お姉ちゃん、おやすみね」ヒソヒソ
 (くすくす、もう寝ちゃった♪)

♪~翌朝~♪
憂「お姉ちゃんおはよ~♪」

ガチャリ

唯「Zzzz…おねえちゃん…、だいしゅき…」
さらさらとした肌をさらけ出して寝ている唯。
はだけている部分に空いているぽっかりと小さな穴…

憂「お姉ちゃん///」
 (よかった、ちゃんと寝てる…でも、カゼひいちゃうよ。)

毛布をかけなおし、軽くベッドメイキングをする
ついでに唯の髪を纏め、ショートポニーテールを作った。

憂「はい、おはようの…点滴だよ♪」

ツプリ…
憂は点滴針を取り出し、唯の左腕にツプリと挿入した。
血液に注がれる「特別ブレンド」の点滴…
液体はゆっくり、ゆっくりと注がれる。



憂(朝ごはん、お昼ごはん…たべさせてあげられなくてごめんね。
  お姉ちゃん…今日からギターを借りて行くね。
  お姉ちゃんを鼻で笑ってバカにしている、あのゴキブリのような虫を
  見返してやるんだから!)


ズシッ…
憂「お…重いっ…」
 (お姉ちゃん、こんな重いものを背負って通っていたんだ…)


♪~桜が丘高校~♪
-朝-
律「あ…梓とギター対決!?
  唯…大丈夫か?熱でもあるのか…?」

憂「あはは、だいじょうぶだよ…最近自身でてきたんだっ!
  審査するのは、りっちゃん・ムギちゃん・澪ちゃんね。
  この曲で勝負するつもりだから、朝のうちにスコア配布しておいて♪」

おもむろに取り出したスコアの束、
そこには各パートの譜面と歌詞が載っていた。
バサッ

律「ふむふむ曲目は…」
  ・Lost my music(りっちゃん)
  ・Link(みおちゃん)
  ・魔法のおしごと(ムギちゃん)

律「なんだこりゃぁ…!?」
 (これ…初めて知った音楽だな…私、叩けるのか?
  澪のはラルクか…、ムギのは…アニソン?)

紬「ところで…曲目の最後に書いてある名前は何かしら?」


憂「各自、割り当てた曲を自分のペースで弾いて貰って…うまく合わせられた方が勝ち。
  こういう勝負にしたいんだけど、どうかな?」

律「唯!おまえスゴい頭いいな!! よ~し、頑張って叩くぞ!!
  こういう勝負、燃えるぜぇぇぇぇっ!」ブンブンッ!

憂「えへへ、りっちゃんありがと♪」
 (その辺の譜面、適当に持ってきたけど…私でも弾けるよね?
  ちょっと不安になってきた)アセアセ

紬「わたしの曲は… まぁ///」
 (こんな曲があるなんて…唯様々だわ♪
  きっとフェ○○○もク○○もパ○○○も○○も○○○…
  伏字ばっかり、これはスゴいわぁ)ぽわぽわ

律「澪が見たら、逃げていくぞ…コレ」



律「…とまぁ、こんな感じで梓の所に来たんだけど、どうだ?」

梓「はい…」ニヤリ
 (これなら余裕♪
  唯先輩が無様な姿でぐずっている姿が目に浮かぶ!
  軽音部にバカで汚れているヤツなんていらないんですよ… …唯先輩♪)

不敵な笑みを浮かべる梓、その表情からは余裕が見られる。

梓「律先輩、唯先輩に"この勝負に勝ったら、憂と組ませてください"って
  伝えておいてください!」(これで… これで…邪魔者はいなくなる。)

律「お…おう…それじゃ、放課後な。」
 (この梓のやる気…唯は大丈夫なのか?)


律「ただいま~、唯、なんか梓が憂ちゃんと組み手したいんだってさ。」

憂「!?」
 (梓ちゃんに恨まれるようなこと…何かしたかな?)


5