唯「うにゅ、チューペットぉ…」カミッ
憂「うぎっ!!!ととととぉ…取れるぅ!」
 (もっと優しく!優しくしてっ!痛い痛い!)

憂「大丈夫だよ、もう開けてあるから」ヒソヒソ

唯「ちゅー…ちゅー…」

ぺろ…れろっ…くにゅくにゅ…ぴちゅ。

憂「んぅ… あんっ…こんなにうまく舐めるなんて。」
 (お姉ちゃん、赤ちゃんみたいでかわいい///)

憂「それじゃ、晩御飯近いから…残りはあとでね」ヒソヒソ

ちゅぽっ

唯「ぷはぁ…ぐー…スヤスヤ」

憂(お姉ちゃんの唾液…ぺとぺとしてる)ぬりぬり
勃起した憂の乳首は唯の唾液で艶やかに光っている。
そして…唯の唾液を乳首に塗り広げる。

唯「うーいー…」

憂「う…ウィダーインゼリー!」アセアセ
 (あぶない…私の名前、呼ばれないようにしないと。)


憂「私は初めてだから、もう一度自分のを濡らして…」

くちゅ…くにゅ…

ぴちゃぷちゅ…

憂「んっ!」

憂「この子も濡らさなくちゃ…」

ディルド全体をぎこちなく舐めまわし、自分に挿入した。

憂「うぁっ!! さ…裂けそう」
 (でも…お姉ちゃんが初めての相手になるんだ…)

憂「それじゃ…挿入するね…」

ずにゅ…ぴちゅ…


ディルドの先端で唯の花弁を少しずつ開いていく。
唯「っ…!?」

憂「!!」
 (起きちゃった!)

唯「痛たたたたっ!!!!何するの!?う…むぐぐ」
 (なんで?帰宅して憂は服毒したんじゃ!?)

憂は紬から借りていた道具箱にボールギャグが入っていることを思い出し、
無理やり唯に咥えさせた。

憂「ごめんね、痛くしちゃって…
  わたし、がんばるから…お姉ちゃんの為にがんばるから!!」

ずっ…唯の秘部にディルドを挿入する。

唯「むぐぐー!むぐー!!」
 (いだいいだい!いだだだっ!)

憂の前戯が足りなかったのだろうか、ディルドが上手く入らず、
唯は歪んだ表情になった。

憂「それじゃ、もっと入れるから…耐えてね」ドキドキ
 (私の初めてをお姉ちゃんにあげられる…)

唯「ふぐぐ…うぎー!」
 (いだい…憂ー!)

唯の声は届くことなく、唯の秘部にディルドを突っ込む。

憂「ふふっ、入っちゃったね…とても痛そう…」

唯「うぎゅー!ぐぐふぁぁ!」
 (憂ー!もうやめてぇ!!)

憂「大丈夫…私もこれから同じ痛みを味わうから…」


プチッ…ズチュッ…ッチュ

ディルドは唯の膣の奥までコツンと入りきり、
憂はディルドに体重をかけ…憂は処女を失った。

憂「うぎぃ…  … あぁ…」
 (痛い…避けそう…正直抜きたいくらい。
  でも…ついにお姉ちゃんとひとつになれた…。)

破瓜の血で染まるディルド。
二人の結合部は血で染まり、唯も処女であったかのようにも見えた。

憂「そ…それじゃぁ…動くから…」

唯は必死で首を左右に振り、必死に拒否した。
しかし…憂は唯が瞳に涙を浮かべているのを確認したが、止めることはなかった。

ずちゅ…にちゅ…

唯「ギー!ムグゥー!」
 (憂!憂ー!)

ぬっちゅぬっちゅ…

憂「ハァ…  ハァ…」
 (一生懸命やらなくちゃ、お姉ちゃんと気持ち良くならなくちゃ)

みちゅ…ぬっちゃ…ずりゅ…

唯「んぎぃー…ふぐぐがぁ!!」
 (憂…ごめんなさい!)

ず…  ずちゅ…   ちゃぷ…

憂「ふぁ… ふぅ…」
 (つ…疲れた… 痛みでなかなかイけない。
  でも、お姉ちゃんだけはイって気持ちよくなってもらわないと…)

ぬるっ…つぷぅ…

憂と唯を繋げていたディルドを抜き取る。
血まみれとなったディルドはとても痛々しく見えた。
唯に挿入されていた亀頭にも多少ながら血がついている、痛いというのも当然だ。

憂「ディルドじゃなくて…手でごめんね…
  こんなに血が付いて、痛かったでしょう…」ションボリ
 (初めてお姉ちゃんでイけると思ったのに…残念。)

憂は設置している付近のカメラに、ディルドをわざとらしく見せ付けた。

憂「それじゃ…気持ちよくしてあげるね…」

憂いは自分の秘部に指を入れ、血に染まった指を唯の秘部に入れ…ゆっくりとかき回す。

唯「ふぐっ!ふぐぁ!」
 (痛い…!痛い!)

憂「まだ痛むんだ…でも…"ココなんでしょう?"」

片手で思い切り膣内のポイントを付き…
さらに、もう一方の手で憂自身が感じている花弁のポイントを強く弄んだ。


唯「ふぎゅぁ! んんぁぁぁぁぁぁっっ!」ギシンッ!ギシギシッ!

ぷしゅぁ、ぷぴゅぁぁぁぁっ!
ぴゅくっ…ぴゅっ…

折れんばかりに唯の体は仰け反り、驚く量の潮を吹いた。

唯「ふぅぁ… ふぅ… ぁぁ…」ピクッピクッ

痙攣する唯…体全体に唯の潮を浴びた憂。
唯の咥えているボールギャグからは、おびただしい量の唾液が漏れている。

憂「うふぁ… いっぱい出たねー
  えへへ…すごい感じてくれて嬉しいよ♪」



唯「Zzzz…すーっ…すーっ」

憂「さすがの憂も疲れて寝ちゃったかぁ
  ごめんね、憂…痛くしちゃって…次は痛くしないようにするから。」
 (お姉ちゃん、すごい気持ちよさそうな顔して寝てる…よかった。)

カチッ
憂は全てのカメラを停止しディスクを回収した。
そして、カゼをひかぬよう、唯の全身を暖かいおしぼりで優しく拭き、
あたらしいパジャマを着せ、布団を被せて安眠できるようにした。

憂「お休み…お姉ちゃん」チュッ



♪~翌朝~♪

憂「お姉ちゃん、ごはんできたよ~」

し~…ん

憂「あれ?」トントントントン

唯「ぐ~…す~っ…」スヤスヤ

憂(よかった、まだ寝てる…
  紬さんから貰った点滴と、睡眠薬で…しばらくおやすみね♪)

プチュッ

憂「あ…昨晩撮った動画、紬さんに渡さなきゃ。
  えーと…アドレス帳は…コレ…だよね?」



TO:ガチレズ
件名:
―――――――――――――



憂(これだよね…?)

憂「さくばんはありがとう…と。」

メルメル

憂「これでよしっ、あとは髪を整えて、お姉ちゃんの制服借りて出発~♪」

唯「あるふぁるふぁぁ~♪ むにゃむにゃ・・・・」




-琴吹邸-
ユリユリユリ ユリユリリリー♪ユリハイイネ イイヨネー(モピューン)
チャーンチャーン チャララッチャチャーン♪

紬「あら、こんな朝早くから池沼からメールだわ?」


From:池沼
件名:おっはよ~(≧ω≦*)
―――――――――――――
昨晩はありがとう☆
ディスク渡したいから、
今日はいつもより早めに学校
へ行こう♪

いい画いっぱい撮れたと思う
よヽ(´∀`*)ノ


紬(あらあら、朝からなんて嬉しいメール。
  ええ、もちろん楽しみにしているわ♪///)

パンパンッ

紬「女官達!急いで私の身支度を整えて!」

紬「斎藤!今日は急ぎの用があるの、すぐにクルマを用意しなさい!」

斎藤「はっ、かしこまりました。」



-学校-
紬「唯ちゃんおはよう♪」ニコニコ

憂「つ…ムギちゃんおはよ~」

紬「例のアレは無事に回収できたみたいね」ニヤリ

憂「ひっ…ムギちゃんなんか怖いよw」
 (紬さん、肉食獣のような目をしてる…)

女の子らしく"CECIL McBEE"の袋で包んだディスクを渡す。

紬「あら、唯ちゃん目が少し赤いわね…
  結構はげしかったのかしら?クスクス」

憂「え…そ…そうかな///」ポンッ

紬(池沼のこういう姿、とてもかわいいわぁ…)ポッ


ガラッ!

律「おーっす!珍しいじゃん、唯が私よりも早く登校するなんて!
  しっかりした妹を持つとやっぱり違うなぁ~w」

憂「えっへん!今日は自分のチカラで起きたんだよ!」
 (ほんとだ…お姉ちゃん、こんなこと毎日言われていたんだ)

律「こっの、唯のくせにぃ~ ニヤニヤ」グリグリ
憂「いたたたw」

紬「あらあら、朝からお熱いわねぇ♪」ニコニコ

ガタッ
唯「あ、そうだ!?職員室行かなくちゃ!」

紬「あら?憂ちゃんお休み?」

唯「うん、それじゃー行ってくる!」
タタタタッ


律「ムギ…なんで憂ちゃんのことだと思ったんだ?」

紬「(ギクリ)だって、二人は仲良しだから…うふふ。
  私は解るのよ♪」
 (うるさいデコっぱちね…)



-職員室-
さわこ「あら?唯ちゃんじゃない、おはよう」

憂「あ、さわちゃん先生、おはようございます」

さわこ「朝から職員室に…何か用?」

憂「えへへ…憂がお休みすること、
  電話で伝えわすれてて…直接言いに来たんです。」

さわこ「それは大変ねぇ…でも、憂ちゃん居ないと大変でしょ?
    唯ちゃん一人で看病できる?」

憂「まかせてください!」
 (先生もお姉ちゃんのこと…そんな風に見てるんだ…)

さわこ「ふふ、その心意気や良し♪ それじゃ、がんばってね。」

憂「はい、それでは先生のところに行って来ま~す」
 (お姉ちゃんのブラ使って、おっぱいの締め付けているから、バレてない…)ホッ


憂(でも…ちょっとキツいなぁ…)

♪~1現目~♪
ヴヴヴ…ヴヴヴヴヴ…
憂(…誰からだろう?)コソコソ 

カパッ

憂(あ、男の人からだ…この人が彼氏?)


From:男ちゃん
件名:おはよ♪
―――――――――――――
唯、おはよ(^-^*)ノ
この前の夜はとても楽しか
ったょ(*^^*)ポッ
唯もかなり上手になったね☆

今度妹さんも紹介してよ♪
愛してるょ、唯(∩∀`*)


憂(うっぜ…)



憂(こいつ…までお姉ちゃんを…ユルサナイ…絶対に!)

メルメル

TO:男ちゃん
件名:Re:おはよ♪
―――――――――――――
男ちゃん、おはよ^^
わたしも男ちゃんの為に
頑張れてよかった///

18時にカラオケBOXで
どう?
妹と3人でしょぅょ☆

部屋は209号室予約しとい
たから、待ってるょ(゚▽゚*)


憂(メール打つだけでイライラしてくる…何?この小さい"ょ"!)


3