唯「憂のせいで…
  みんな私のことをバカにしているんだよ?
  "憂ちゃんにいいところ全部もっていかれた"なんて毎日言われているし、
  さらに…みんなの前でギターが上手いってことまで披露しちゃって…
  わたしは…みんなに自慢できるものが無くなっちゃったんだよ?」

憂「あれは…軽音部のみんなを心配させたくなかったから。」

唯「あの1件から・・・
  あずにゃんも"憂と組んでみたいんですけど"唯先輩、
  頼んでもらえますか? とか…
  りっちゃんにも"憂ちゃんくれ!!"とか…
  みんな憂、憂、憂…って私に問いかけてくるの。
  憂は愛されていていいよね、だって…「できる妹」なんだもん」

憂「…」


唯「私、周りからに影でなんて言われているか知ってる?
  できないかわいそうな子、アホの子、池沼…もう散々だよ!?
  文化祭ライブのときなんて、りっちゃんは"このままカゼひいてくれたほうがいいかも"
  なんて言っていたようだし、学校の唯一の居場所までとらないでよ!」

唯「もう、わたしも限界…」

唯「憂への挨拶は、毎朝"死ね"、"生まれてこなければよかったのに"、
  "校舎から飛び降りろ"でいいよね?それでいいよね?」

憂「!?」

唯「あ…そうだ、憂が校舎から"平沢唯"として飛び降りてくれれば、
  みんなは変装した私を"平沢憂"として見てくれるようになるんだ~
  わたしってば天才♪」

憂「お姉ちゃん…ひどいよ」

唯「明日月曜日だし、明日早速やってみてよ!
  遺書は私がキチンと書いてあげるから。」

憂「お姉ちゃん…いつもの優しいお姉ちゃんに戻ってよ!
  お姉ちゃんおかしいよ、どうしたの?
  わ…わたしはお姉ちゃんが大好きなのに グスッ グスッ」

唯「わたしのことが大好き?ほんと?」

憂「お姉ちゃんの為だったら何だって…何だってできるよ!」

唯「ふ~ん、本当に? 何でも? 絶対に?」

憂「うん!お姉ちゃんの為だったら何でもする!」

唯「じゃぁ、ちょっと外食してくるから…その間に死んで。」

憂「う…そ…そんなことできないよ」

唯「だって何でもできるって言ったじゃない!」

唯「それじゃ、食事行ってくるから"よろしくね"」

ガチャン

憂「…」

ガチャン

憂「!!」

トトトト

唯「食事代忘れちゃった」アセアセ

憂(お姉ちゃん…かわいい///)

唯「それじゃ、憂…"また来世"でね。」
トトトト

ガチャン

憂「お姉ちゃん、あんなにかわいいのに…
  周りはなんで解ってくれないんだろう。」

…2時間程経過

唯「ただいま~っと♪
  満腹満腹、あ~るふぁるふぁ~がおいしかった♪」

憂「…」

唯「あれ?」


唯「なんで生きているのかな?
  私のこと大好きなら死んでって、心からお願いしたのに!
  私の言うことが聞けないの?」

憂「えへへ…
  お姉ちゃんが見ている前で死にたかったから、服毒することにしたんだ。」グスッ

憂「…」ボロボロ

唯「気分悪いからそういうことは止めてくれないかな?
  警察の事情聴取めんどくさいし、救急車呼ぶのもダルいし…
  それに涙流すなんて、とてもあざといね!」

憂「ごくっ…ごくっ…」

唯「あ!!勝手になにを…!?」


ダッ!

いきなり憂からキスされる唯…
そして流し込まれる憂の唾液を含んだ何かの液体。

唯「んぐっ! 憂…何…何を!?」

憂「お姉ちゃん…ごめんね」バンッ

唯の背中を思い切り叩き、流し込んだ液体を強制的に飲ませる。


唯「ぶふっ! う…い…」パタン

唯「Zzzz…」

憂「おやすみね、憂♪ ふぁぁ…
  口に含んだだけでこの効果、色々支度しなくちゃ♪
  みんなに愛されるお姉ちゃんになるんだから。」ペチペチ

憂(そして、お姉ちゃんだけに愛される私になるんだ♪)


憂「お姉ちゃんは携帯没収♪私の携帯使ってね、
  私の携帯のアドレス帳にはお姉ちゃんの番号・アドレスしかいれてないようにしといたから」

唯「ぐ~…Zzzz…」

Prrrr…Prrrr…
憂「あ、ムギちゃん?夜遅くにごめ~ん。」

紬「あら? 唯ちゃんこんばんは、どうしたの?」
 (めんどくさいヤツから電話が…適当に池沼の相手して電話終わらせよう)

憂「じつはね…その…憂としたくなっちゃって…
  私のカラダ、おかしいのかな??」

紬「あらあら、唯ちゃんったら過激ね///
  でも、間違ったことじゃないから大丈夫よ。」
 (池沼でも使えるようなことするじゃない!
  これは…なんとしても行為を勧めなければいけないわね)

憂「それでね、ムギちゃん…憂がなかなか許してくれないから、強制的にしようと思って。
  眠気が強くなるクスリ、性欲が増し増しになるクスリ、あと点滴いっぱい欲しいかな?
  道具も一通り揃えて欲しいんだけど、だめかなぁ?」

紬(これは千載一遇のチャンスだわ)
 「もちろん良いに決まっているじゃない、でも…ビデオ撮影して頂戴ね」

憂(このガチレズ女め…)
 「あはは、ちゃんと撮影するよ♪
  でも、インターネットにばら撒いたりしないでねw
  それじゃ、今晩よろしくね~」

ガチャリ

紬「さてさて、色々準備しなくちゃ しゃらんらしゃらんら~♪」




憂「お姉ちゃんはもう私のベットに運んだことだし…
  さて、紬さんが来る前にお姉ちゃんの髪をたばねて… 撮影ポイントを確保して…と。
  …お姉ちゃんが寝ている姿、すごい可愛い///」

唯「ぐーっ…ぐーっ…スヤスヤ」

憂「あ、涎出てる…。な、舐め取るくらいなら大丈夫だよね」

ぺろ…ちゅぷっ…ぴちゃぴちゃ

憂「ふぁ…舐めちゃった///
  あ…舐めて失敗したかも…お姉ちゃんの涎のせいで眠気が…」


憂「もうそろそろ紬さんが来る頃ね…」

…ピンポーン♪

憂「あ、ムギちゃんいらっしゃ~い」もじもじ

紬「唯ちゃん、こんばんわぁ~」ぽわぽわ

憂「ふぁ~…」

紬「あら?唯ちゃん大丈夫?これからが本番だというのに…」

憂「憂に口移しで睡眠薬使っちゃってさ~
  私っておバカだよね~ えへへ」

紬(もうコトは始まっていたのね…
  しかしこの池沼、ちゃんとやってくれるのかしら?)

憂「それじゃ、ムギちゃん…
  おね…憂の部屋に機材設置するのお願いしてもいい?」

紬「ベストポジションを確保するわよ!」フンッ!!
 (64個も上手くしかけられるかしら…部屋、あまり大きくなかったわよね。)



-リビング-
紬「ベストポジションに全て仕掛けることができたわ。
  このスイッチで20個弱のカメラが一斉起動して録画がはじまるから♪
  日常なんて見てもつまらないだけだから、えっちする時に"か・な・ら・ず"起動してね。」
  (やっぱり64個全ては設置できなかったわね…
   仕掛けすぎて、隠れてないカメラがいっぱいあるけど…大丈夫かしら。
   憂ちゃんならすぐ気づいちゃうかもしれない アセアセ。
   しかし、憂ちゃんの寝顔…唯ちゃんにそっくりでかわいかったわ ジュルリ///)

憂(うわぁ… 紬さんすごすぎる。)
 「む…ムギちゃん、こんなにいっぱいお薬ありがと~♪ これは?」

紬「万が一、憂ちゃんに悪い虫がついた時の、殺虫剤よ。」ニヤリ
 (池沼はさておき、憂ちゃんは純粋でいなくちゃいけない…)

憂「わぁ…憂のためにそこまで用意してくれたんだぁ~
  ムギちゃんって優しいんだね」ニコニコ
 (私を思ってくれるのは嬉しいけど…紬さんの声…ものすごく怖い)

憂「あれ?ムギちゃんこれな~に?」ヒョイッ
 (これって…おちんちん…だよね///? 両方についてる?)

紬「唯ちゃん、憂ちゃんって処女でしょ?
  日ごろ慣れている唯ちゃんが、キチンと憂ちゃんをエスコートしてあげなきゃ!
  貝合わせよりも、こっちのほうがいいと思ったんだけど…迷惑だったかしら?」
 (特A級品のディルド、どんな活躍してくれるかしら♪)

憂「!!」
 (お姉ちゃん…彼氏いたの!?
  あとでメールのやりとり、アドレス帳調べておかなきゃ。)

憂「う…うん、大丈夫、憂の初めては私にするから!」ボンッ
 (私の初めてはお姉ちゃん…私の初めてはお姉ちゃん…)

紬「唯ちゃん、すごい汗よ?
  やっぱり憂ちゃんとじゃ緊張するのかしら??」

憂「あはは…憂が痛がらないかな?ってちょっと考えちゃった」ヒヤヒヤ

紬「そこは唯ちゃんの腕の見せどころよ、がんばって!」

紬「それじゃ、映像たのしみにしているわぁ」ぽわぽわ

憂「うん、ムギちゃんまたね~♪」


ガチャン


憂「それじゃぁ、おねえちゃん…はじめよっか」

カチッ

憂は紬の支持通り、一斉にカメラを起動した。
静穏化を施してあるのだろうか?カメラ自体が放つ音が全くしない。
LEDが光っているから、きっと動いているのだろう。

唯「あぅ~…スヤスヤ」


憂「え~と、まずはお姉ちゃんのを濡らさなくちゃだめなんだよね?」

憂いは唯のパジャマを、下着を脱がし生まれたままの姿にした。

憂(わ…お姉ちゃんのおっぱい…かわいい。
  子供の頃、一緒にお風呂入って以来だからなぁ…)

そして…秘部を舐め始める…

ぺろ…くちゅ…

唯「ん…ふぁっ」

ぺちゃ…ぺちゃ…

憂(お姉ちゃんの匂い…いい匂い。
  そして感じる時の声も…かわいい)

ぷちゅくちゅ…

憂「んっ…ぷはぁ! このくらいでいいのかな?」

憂(もしかしたら、私のイチバン感じる部分と、
  お姉ちゃんが感じる部分って同じなのかな?)


憂は唇を離し、唯の膣に指を入れ…自分がイチバン感じる箇所を小突いてみた。

唯「ひひゃんっ!!!」ギシッ!
憂「」ビクッ!

唯の体は折れんばかりに反れ…ゆっくりと元に戻った。

ぽすんっ…

唯「んぁ…ぐー…ぐー…」
憂(びっくりしたぁー。でも…まだ起きていない…)ホッ
 「あとは、私のを濡らしてっと…お姉ちゃん、ちゃんと舐めてね」シュル…シュル…

パジャマの下を脱ぎ、憂は下着一枚になっていた…部屋に、下着の紐を解く音が聞こえる。
自分の秘部を唯の口に当て…憂は唯にそっと声をかける。



憂「お姉ちゃん、アイスいっぱいあるよ…今日は一杯食べていいんだよ?」ヒソヒソ
唯「おおばんぶるまいだぁ~…むにゃむにゃ」

ぺろ…ぺちゃ…ちゅぴっ

憂「ひゃぁぁっ!」ビクッ
 (お…お姉ちゃんいきなりすぎるよぉ…)

ぴちゃ…ぴちゃ…ぷちゅ

憂(もうちょっとこっちのほうが感じるかな?)グイグイ
 「わたしの匂い…感じて…」
唯「むぐっ…」

ぺろっ…にちゅぬちゅ…るちゅっ

憂「んんぁぁぁっ!すご…すごいっ! あっ…あぁ…」
 (お姉ちゃんの鼻息が…舌が…吸い付きが…
  …軽くイっちゃった。やっぱり、お姉ちゃんってスゴい…)

唯「ぷはぁ…塩きゃらめるあいすぅ…Zzzz」



憂「んしょっ」


暖房がついていることもあり、憂はパジャマを脱いだ。
既に汗でしっとりとしている。
憂のたわわな胸があらわになる…
身体は紅潮し、じっとりと汗をかいている。

憂は耳元でこっそりと唯に呟く…

憂「おねえちゃん、今度はチューペットなんてどう?」ヒソヒソ

自分の乳房を唯の口に乗せ、乳首を唯に含ませる。


2