屋上

梓「わ,私…ギアスは何回も見たのに…」

梓「あんなに…好きだったのに…」グスッ

梓「憂に,なんて事…」グスッ

梓「何で私気付かなかったんだろう…うぅ…」ズズ

唯「あずにゃん…」ハァハァ

唯「現実にね,あんな事やられても気付かないもんだよ…」

梓「唯…せんぱ…」

唯「小学生の時に先生厳しくされたらさ,その先生の事恨んじゃうでしょ?」

唯「何年かしないと,その先生のありがたみが解らないのと同じだよ…」

憂「ごめんね,梓ちゃん…」

梓「憂…!」ボロボロ

憂「私じゃルルーシュさんには…なれなかった…」ボロボロ

梓「う,憂…」

梓「ごめ…なさ…」ヒック

梓「ごめん…なさい!!」

憂「ううん…謝るのは…私だよ…」グスッ

憂「梓ちゃん…ごめんなさい!」

梓「ごめんなざい…」

唯「うん,うん…」ボロボロ

唯「二人とも…もういいんだよ…」


紬(はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ)



澪「はっ!言わなきゃいけない気がする!」

澪「ムギっ!!」

和「!?」



唯「あずにゃん,これからどうするの?」

梓「…」

憂「…梓ちゃんはさ,このままでいいよ」

梓「え…」

憂「お姉ちゃん,私やっぱり転校するよ,いいよね?」

唯「憂…」

憂「ふふ,先生には悪い事しちゃうな~…頑張るって言ったばかりなのに…」

憂「でも,梓ちゃんと仲直りできたからいいかな」

梓「よくない…よくないよ!」

憂「え…」

唯「あずにゃん,憂は」

梓「わかってます!憂は私を助ける為にこうなって!」

梓「だから…!」

憂「梓ちゃん…」

唯「どうする気?」


紬(はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ)

梓「憂,私と一緒に地獄まで堕ちてくれますか?」

紬(はぁは…!?)


憂「…」グシグシ

憂「いいよ,梓ちゃん!」

唯「えええええ!?」


紬(そんなこと,させないわ!)

ピッピッピッ

トゥルルルル…ピッ

澪『おームギ,なんだ?』

紬「もしもし澪ちゃん?お願いがあるんだけど」

澪『怖いなぁ』

紬「今から梓ちゃん達の教室に行って,言ってほしい事があるの」

澪『ししし下ネタとかは言わないぞ!?』

紬「きゃっ澪ちゃんのエッチ~!」

澪『き,切るぞ!』

紬「待って澪ちゃん,ごめんなさ~い」

澪『ったく…』



教室

同級生「ねぇ,どうする?」

同級生「梓まで出てったし」

同級生「平沢の姉とかどうなの?」

A「ちっ…梓の奴…」

B「テンション下がる~」



澪「…内容はわかった,けど」

紬『けど?』

澪「私も少し言いたい事は言わせてもらうぞ」

紬『余り厳しくしないようにしてね?』

澪「わかってるよ」

紬『じゃあ後で私も行くからね~…はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ』

澪「わかっ…ムギ!!!」


ガラガラ

澪「あー,お前らのやった事はまるっとごりっと全部お見通しだ!!」

同級生「え…誰?」

同級生「み,澪先輩だ!」

同級生「軽音部の?」

同級生「あの人が!?」

同級生「え,ウチらやってた事全部見られてたの!?」

澪「お前らな,憂ちゃんに何か恨みでもあるのか?」

同級生「…」

A「あ,あいつ,梓に酷い事を言ったんですよ」

B「そうだ,あいつから梓を裏切ったんだ」

澪「何言ってるんだお前ら,私は今の事を言ってるんじゃないんだよ」

AB「?」

澪「こういう事になる前,皆して憂ちゃんをハブにしてただろ?」

同級生「それは…」

同級生「平沢さんが誰だかの悪口言ってるって聞いて…」

同級生「そっから?かな…皆相手にしなくなったっていうか…」

澪「それ,誰に聞いたんだ?」

同級生「えっと…Aだっけ?」

同級生「あれ?私はBだった気が…」

澪「AとB,前に出て来て」

A「…」

B「…」

澪(ムギの言った通り,大半は別に憂ちゃんを嫌いなわけでもなく)

澪(ただノリと雰囲気と勢いだったわけだな。で,この二人か…)

澪「何で憂ちゃんをおとしめたんだ?」

A「べ,別に私達は…おとしめるとか…」

B「…羨ましかったんです,憂が」

A「!?」

澪「羨ましい?」

B「憂は,可愛いくて,明るくて,頭も良くて…」

澪「…」

B「…私の,憧れ…でした…」

A「B…」

澪「愛情の裏返し…か」

B「だけど…私ったら全然反対の事をしちゃって…うぅっ」

澪「そうか…」



屋上→教室

梓「憂,私こんな事はもうこりごりです!」

梓「たぶん大体の人達は憂に恨みも何もないと思うから,まだ頑張れば止めれるかも…」

憂「それでも止まらなかったら…?」

梓「その時はさっき言った通り,地獄の学生生活を一緒に満喫しましょう」

憂「ふふ,そんなの満喫したくないよ」

憂「でも二人一緒なら,地獄じゃないかも」

唯「じゃあ,私は天国から二人を見守ってるよ!」

憂「お姉ちゃんひどーい!」

梓「唯先輩は天使ですから!」



紬(二人に地獄なんて似合わないわ!)

紬(二人には天国に,いえ絶頂に,いえ楽園に行ってもらわないと!)

紬(はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ)

紬(澪ちゃんの説得で今頃教室は鎮まり,生徒の大半は罪悪感でいっぱいなはず)

紬(ジ・エンドは近いわ!)

紬(さぁ!いざ楽園へ!)

紬(はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ)



B「なんて言ったところで,今更遅いですよね」

澪「…それは,君次第だよ」

ダンッ

梓「皆さん!今までごめんなさい!!」

梓「私,憂と仲直りしました!だからもう…憂をイジメるのは…」

澪「梓,憂ちゃん,こいつらが憂ちゃんを孤立させた原因だよ」

梓「え…澪先輩,あの意味よく…」

紬「つまりね,この二人実は憂ちゃんと仲良くなりたかったのよ」

梓「ムギ先輩まで…」

紬「でも憂ちゃんは人気があるから自分達では近づいてもそんなに仲良くなれないかも…」

紬「だったら,悪い噂でも流して孤立させて,誰とも仲良くならないようにしてしまえ」

紬「そういう事をしてるうちに,自分達も近付けなくなってしまった」

紬「かしら?」

B「…」コク

同級生「なにそれ…」

同級生「ちょっと自分勝手じゃね?」

同級生「ありえないわ…」

澪「この二人どうする?」

梓「そ,それは憂に任せます」

憂「どうするも何も…」

憂「…仲良くしたいなら,私は皆と仲良くなりたいです!」

梓「憂…」

澪「憂ちゃん」

紬(ふ,ふふ…楽園は…もうすぐ!)

唯「憂,それでいいの?」

紬「唯ちゃん?」

唯「憂が今までどんなことをされてきたのか…」

唯「私…想像もしたくないけど,あんまり許したくない」

澪「唯…」

同級生「自分の欲の為に孤立させたとかないよね~」

同級生「レズなんじゃない?」

同級生「近付きたくないわ~」


澪「お前ら!!!」キッ

ビクッ

澪「お前らも今まで憂ちゃんをイジメてたくせに!」

澪「よく自分達だけそんな事言えるな!!」

憂「澪さん…」


紬「そうね,確かに私もそう思うわ」

紬「でも唯ちゃん,澪ちゃん」

紬「憂ちゃんはそういうの,嫌なんだと思うな…」

憂「…」

紬「やっぱり,楽え…学園は,皆楽しい方がいいと思うの」

憂「紬さん…」

紬「だからといって反省は必要よ?繰り返しちゃいけないから」

紬「過去に戻ってやり直す事は出来ないの,だから…これからは理想に進むのよ」

紬(酒池肉林の,理想郷に!)

唯「ムギちゃん…」


同級生「…あの,平沢さん…今までその…ごめんなさい!」

同級生「ごめん…私も流されて…つい」

同級生「ごめん…なさい」

同級生「今まで…ごめん…」

クラス「ごべーんっ!」

憂「うっ…うん,うん!」ボロボロ

梓「よかった…」ボロボロ

紬「本当に,よかったわ…はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ」

澪「…ムギ…ま,いっか」


唯「貴女たちはどうするの?」

A「…私は…」

B「憂が許しても…」

憂「…二人は」

AB「っ!」ビクッ

憂「罰として」

憂「これからは私と仲良くしてね!」ニッ

唯「憂…」

梓「バカですね憂は」

憂「梓ちゃん」

梓「それは罰じゃなくて,ご褒美って言うんですよ!」

憂「あはは,そっか」

A「ひら…憂,今まで,ごめんなさい!」

B「ごめんなさい,これからは…仲良く…したいよ…」


紬(それからというもの,憂ちゃんへのイジメは無くなった)

紬(やっぱり憂ちゃんに原因があったのではなく,それぞれ自分に原因があったみたい)

紬(憂ちゃんはというと,楽園…学園生活を満喫している)

紬(憂ちゃんはやっぱり梓ちゃんルートが良さそうだけど)

紬(私的には姉妹ルートもあると思うの)

紬(血縁者だからこその壁,それを二人の愛で乗り越える!素敵だわ!)


紬「はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ」

律「ムギ!!!」



和「唯,私…私…!!」

唯「和ちゃんも陰ながら応援してたんだよね!!」

律「唯…」

唯「りっちゃんがいなかったら部活があれだったよね!」

さわ子「…」

唯「さ,さわちゃん先生は…音楽の授業が忙しかったから仕方ないよね!」

紬(唯ちゃん,ハーレム…)


紬(はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ)

紬(お・わ・り!)