学校

梓「あれ?憂と唯先輩!?」

梓「今日はどうしたの!?何の連絡もなしにこんな時間に!」

梓「先生が家に電話かけても通じないって心配してたよ!」

憂「うう,ごめん梓ちゃん!ちょっと寝過ぎちゃって…」

唯「憂がお寝坊なんて珍しいよね~あずにゃん」

梓「ね…寝坊って…」

梓「よかった~,二人共来ないから一緒に事故にでも遭ったかと思っちゃったよ…本当によかった…」

憂「梓ちゃん…ごめんね,心配かけて」

梓「ううん,無事ならよかったよ!早く先生のとこに行ってきなよ!」

憂「うん!じゃ,また後でね!」

唯「バイバ~イ」


澪「ん,あれ唯と憂ちゃんじゃないか?」

律「あ,本当だ。今来たんかな」

澪「何で今頃?風邪とかじゃなかったんだな」

律「唯はわかるけど憂ちゃんは風邪引かないだろ~」

澪「ちょっと行ってみるか」

律「だな。おーい!唯ー!憂ちゃーん!」

唯「あ,りっちゃんと澪ちゃんだ。やっほー二人共ー!」

憂(こんなとこ見られるなんて,なんか恥ずかしいなぁ////)

澪「今日はどうしたんだ二人共,今来たのか?」

唯「うん,ちょっとお寝坊しちゃって」

律「うっわ,唯らしい」

澪「憂ちゃんは?」

憂「じ,実は私も…」

律「えー!?憂ちゃんも!?」

澪「…そ,そうか。宿題とか徹夜でやったとか?」

憂「あ,いや…その…」

憂(やっぱり妊婦さんなんて言えない…)

梓「あれ?先輩達,何やってるんですか?憂達も職員室行ってきた?」

憂「や,まだ…」

澪「待て梓,私は今憂ちゃんに遅刻した理由を聞いてるんだ」

律「澪?」

唯「澪ちゃん?」

澪「憂ちゃん,何で遅刻したんだ?」

律「澪なんか怒ってる?」

唯「どうしたの澪ちゃん?」

梓「あ…澪先輩,もうその辺で…」

澪「怒るよ,理由によっては」

憂「…」

律「怒るって…どしたの澪?」

澪「梓のクラス,今日体育あったよな」

梓「はい,ありましたけど…」

澪「梓,今日の柔軟は誰と組んでた?」

梓「あ…う…Cさんです」

澪「嘘つけ!!先生とだろ!!!」

澪「いつもは誰かが必ず寄ってくるのに」

澪「しかもあれは何だ!?生徒の数は偶数だったのに,わざと梓を余らせて!」

梓「先輩!!」

澪「いいか憂ちゃん!梓はな,憂ちゃんの味方になった時からクラスの敵になっちゃったんだぞ!!」

梓「止めて下さい先輩!」

澪「梓の友達は憂ちゃんだけなんだよ,それを遅刻して,ほとんど休んで…」

憂「あ,梓ちゃん…」

澪「憂ちゃん!遅刻した理由は何だ!?」

憂「あの…その…」

梓「いいよ憂,言わなくて。私は気にして」

澪「憂ちゃん!!」

憂「あ…」

憂(徹夜でアニメ見て遅刻したなんて…言えないよ!!)ダッ

澪「あっ!」

梓「憂っ!」

唯「ういーっ!」

律(はぁ…澪の奴,憂ちゃん責めすぎだな)

紬「あら?皆こんなところでどうしたの?部活は?」

律「ムギ,行こうか」

紬「え?澪ちゃんや梓ちゃんは?あ,唯ちゃん来たんだ」

律「後でちゃんと説明するから,はいはい行くよ~」

紬「あ~れ~」ズルズル…


澪「…唯,何か知らないか?」

唯「いや~,さっぱり…」

澪「そうか…」

梓「…」

唯「あっ,でも昨日はDVDをいっぱい借りて来てたような…」

梓(唯先輩!ダメです!!)

唯「あ…」

澪「!」

澪「それかもしれないな,徹夜で見て起きれなかったとか」

唯「で,でも」

澪「憂ちゃん,何やってんだ!」


……

憂「わ…私…最低だっ!」グスッ

憂「梓ちゃんが…うぅ…」ヒック

憂「何やって…だろ…」
ズズ

憂「うぅ…こんな時でも,アニメ見てるよ…」グスッ

憂「もう…最低」



放課後ティータイム

紬(空気が,重い…)

律「ムギ,さっき説明した通りだから」ヒソヒソ

紬「う~…」

唯「あ…お,お菓子おいしいよムギちゃん!」

紬「そ,そう~?ありがとう唯ちゃん」

律「あ,あ~おいしいな~これ何て言うんだ?」

紬「チョコクリームケー」

澪「チコク!?」

律「言ってない言ってない!」



唯「ただいま~…憂~?」

唯「…靴はあるし帰ってるよね」

トコトコ

唯「お部屋かな…いた。けど」

唯「う~,話し掛けにくいな~…」

唯「ご飯の時にしようかな…」

唯「…静かだなぁ」

憂「あ,お姉ちゃん,ご飯できたよ」

唯「お!ありがとう憂」

憂「ううん…」

唯「憂…」



夕食

カチャカチャ

唯「…」パク

憂「…」モグモグ

唯「あ~,明日は晴れるといいな~」

憂「…そうだね」

唯「あ~でも,明日は雨の予報だよ~,どうしよう憂~?」

憂「うん,傘必要だね…」

唯「あー…ごちそうさま!美味しかったよ憂!」

憂「うん,ありがとう」

唯「わ,私お風呂に入るね!」

憂「うん…」

唯「…」


唯「いいお湯だったよ憂ー」

唯「憂も早く入りなよー」

唯「お湯冷めちゃうよー」

憂「うん,今入るよ…」

唯「う,憂,明日は学校ちゃんと行くよね?」

憂「…」

唯「憂が起こさないと,私また遅刻しちゃうんだからね~!頼りにしてるよ~」

憂「…お風呂,入るね」

唯「憂…」



憂の部屋

憂「…梓ちゃん」ポロポロ

憂「うぅ,せっかくお風呂入って顔も洗ったのに…またぐちゃぐちゃだよ」グスッ

憂「もう…ストーリーに感動して泣いてるのか何なのか,わからないよぅ」ポロポロ

憂「うっ,うぅ…胸が痛いよぅ…」ヒック…ヒック…

憂「私,どうすれば…」グスッ

憂「いや,やるべき事は決まってる」グシグシ

憂「ちゃんとしなきゃ」キッ

憂「私は梓ちゃんを傷つけちゃった,いや,裏切っちゃったんだ!」

憂「私は,やらなきゃ!」

憂「梓ちゃん,ありがとう」

憂「さよなら…」



学校

梓「あ,憂!今日は遅刻しないで来れたね!」

憂「あず…。中野さん,あの時なんでもっとフォローしてくれなかったの?」

梓「え,あ,中野…さん…?」

憂「中野さんのせいで私ばっかり責められたんだから!それでも友達!?」

梓「う,憂?」

憂「まったく,もうちょっと使えるかと思ったんだけどなぁ。あーあ!」

憂「中野さん,あなた期待外れだよ」

梓「…う…い」

ザワ…ザワ…

A「梓~,大事な友達とケンカ~?」

B「駄目よ~,喧嘩なんて」

梓「そ,そんなんじゃ!」

憂「そうだよ!友達とケンカなんて!」

梓「憂…」

憂「私,ゴキブリと友達になった覚えはないよ」

梓「!!」

A「…え」

B「あ,あっそ~?なら,別に…」

C「…酷い奴」

梓「…憂,なによそれ,どういう」

憂「いや,なんかもっと使える奴かと思ったんだけどね?全然ダメダメだったからさ」

梓「何よそれ…」

憂「ゴキブリ語はわからないんだ」

梓「何よ憂ーっ!!」

ガタタッ ガタッ

A「うわっ,ちょ!梓やめなよ!」

B「こんな奴,殴る価値もないって!!」

C「…クズね」

梓「あ…はぁはぁはぁはぁ!」


憂「あ~あ,汚いな~。ゴキブリに触られちゃったよ」

梓「!」キッ!

憂「ふ,ふん!」

A「行こう梓」

B「あんなの無視無視!」

ザワ…ザワ…



午後

先生「え~,平沢は体調が悪いらしく早退した」

A「あ~あ,ずる休みっしょ」

B「絶対そうだ」

梓「ふん!いい気味です」



放課後ティータイム

澪「…あの,唯」

唯「ん~,なぁに澪ちゃん?」

澪「その…憂ちゃんはどうだ?」

唯「あー,うん,昨日はやっぱり元気なかったよ…」

澪「そうか…ごめん…」ズーン…

唯「い,いや,澪ちゃんが謝ることじゃないよ!」

唯「憂が悪かったわけだし,それに私だって起きれなかったわけだし…」

澪「それでも…ごめん」

律「それは~,唯じゃなくて憂ちゃんに言うことだろうが~」ガバッ

澪「うひゃあ!律!!」

紬「はぁはぁはぁはぁ」

唯「ムギちゃん!」

ガラガラ

梓「すみません,遅れました!」

唯「あ!あずにゃん!」

澪「梓」

梓「あ~!よかった!まだお菓子ありました!!」

紬「梓ちゃんの分は残してあるから大丈夫よ~」

澪「あの~…梓?」

梓「はい?何ですか澪先輩?」

澪「その…憂ちゃんの事なんだけど…」

梓「え~?憂?」

澪「今日,どうだった?」

梓「どうって…憂は相変わらず一人ぼっちで過ごして,一人ぼっちで早退しましたよ」

皆「え?」

梓「劇団ひとりぼっちです!」

唯「えっと,あずにゃん?」

澪「それ,どういう…」

律「梓?」

紬「…は?」


紬「はぁはぁする展開は?」

律「ムギ!空気!」


梓「あれ?私何か変な事言いましたっけ?」

梓「…ああ,劇団ひとりぼっちは寒かったですよね!」

澪「梓,お前」

梓「皆さん!早くしないと練習する時間が無くなりますよ!」


5