教室

憂「おはよう!AちゃんBちゃん!」

A「あ,お おはよう」

B「おはよう…」

憂「あ,Cちゃんおはよう」

C「おはよう,どうした,今日は何か元気じゃないか?」

憂「そう?いつも通りだよ!孤独な少女は元気やでっ!」

C「あ,うん…」

梓(い,今のは…)

憂(今日もアニメが入るんだ!アニメがあれば私は頑張れる!)

A「ちょいと平沢さん,この問題わかるかな~?」

B「私も私も,わっかるっかにゃ~?」

憂「任せて!」

梓(う,憂が…一晩で変わった)

C「…進研ゼミか?」ボソ
梓「!」



放課後

唯「みんな,今日の部活は憂の相談会にしよう」

澪「だな」

律「唯,昨日憂ちゃん見ててどうだった?」


紬「何か録画する場面はあった?」

澪「ムギは黙って」


唯「ん~,昨日の夜はやっぱり元気ない感じだったけど…」

律「けど?」


紬「ペド?」

澪「ムギ黙れ」


唯「今日の朝なったら元気になってたの」

ガラガラ

梓「すみません,遅れてしまいました!」


澪「ムギ!」

紬「ええ!?」


梓「あれ?皆さん練習は?」

唯「あずにゃん,今は憂について話し合ってたところだよ」

梓「憂,今日は元気でしたよね」

唯「そうなんだよ~,あずにゃん何か知らない?」

梓「いえ,特には…」

澪「休み時間とかはどうだった?」

梓「相変わらず一人でいましたが,眼に力がありましたよ」

梓「あ,あとノートに何か書いてました」

律「DEATH NOTE!?」

梓「いえ,絵だと思います」


紬「もしかしたらBLかしら」

澪「ムギ!!」バシッ

紬「はぁああん!」


唯「じゃあ今日はそのノートをこっそり見てみようかな」

梓「唯先輩!プライバシー!」

唯「え,ああ,あはは,ごめんごめん」

梓「もう…」


澪「ムギ,脱いで」

紬「み,澪ちゃん?」

律「え…澪?」


澪「ムギにプライバシーはないんだよな?このブタめ!」パンッ

紬「いやぁん!は,はい,ありません!」

澪「よし,じゃあ今すぐ脱いでみせろ」

紬「はい,ご主人様」

律「た,大変だー!いや,変態か?とにかく澪とムギが壊れたー!!」

梓「ちょっ,止めて下さい澪先輩!ムギ先輩も脱がないで下さい!」

唯「あのー…」ポツン

唯(憂の話は…?)

梓「律先輩,さわ子先生を呼んで来てもらえますか!?」

律「ま,任せろ!」

梓「唯先輩も見てないで止めて下さいよ~!」

唯「あ,そうだよね!」

唯「澪ちゃんムギちゃん止めて~!」


澪「ムギ,やめよう」

紬「ええ!?何で?」はぁはぁ


澪「律がさわ子先生を呼びに行った,さすがにマズイ」

紬「そ,そう…」はぁはぁ

梓「ふー…」

唯「意外と簡単にやめたね」

バンッ!

律「ごめーん梓,遅くな…あれ?」

さわ子「どうしたの~慌てて~」はぁはぁ

律「すみません先生,澪達が喧嘩してたんですが,もう仲直りしてました」

さわ子「あら,そうだったの?まぁ,仲直りしたならよかったわ」

律「はい!」

さわ子「私はこれから会議があるから行くわね」

律「は~い」

澪「敵は去った,ムギ続きを…」


唯「憂のお話ーっ!!」

澪「あ,そういえばそうだったな,悪い唯…」

紬「ごめんね唯ちゃん」

唯「いいよ,自分の世界に入っちゃうことなんて,よくある話だよ」

律「唯なんてしょっちゅう自分の世界に入ってるもんな」

唯「りっちゃん!」

律澪紬「あははは」

梓「先輩,また話がズレてます…」

唯「ああ!しまった!」

唯「それでね,憂が今日は元気だったんだ」

澪「うん,よかったじゃないか」


紬「はぁはぁ」

澪「ムギ!そこはぁはぁするとこ違う!」


律「昨日の夜は元気なかったんだよな?」

唯「うん」

梓「ってことは夜から朝にかけて何かが…」

律「何か…」

律「っ!!////」

律「い,いや!憂ちゃんに限ってそれは!!」

唯「どうしたのりっちゃん?」

梓「何か思い当たるフシがあったんですか?」

律「な,何でもない!何でも!」

唯「…怪しい」

梓(夜にすること…)

梓(っ!!)

梓「律先輩,さっき思い付いた事を詳しくじっくり話してみて下さい」

律「だ,だから何でもないって言ってるだろ!////」

梓「何でもないって顔には見えないです!」

梓「さぁ!じっくりはっきり詳しく厳密に教えて下さい!」

唯「りっちゃん,私からもお願いだよ」

律「唯まで…////」

梓「律先輩!」

紬(じれったいわね~…)イライラはぁはぁ

澪(何でムギははぁはぁしてるんだ…)

梓「律先輩!!はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ」

律(唯はともかく梓の奴は完全にわかってるな…)


唯(んも~,りっちゃんの意地悪だな~)

唯(私なら夜にするって言ったらギー太の練習して…)

唯(ギー太にお股を擦り…)

唯(…もしかしてりっちゃんは…)

唯「はぁはぁはぁはぁ」

唯「りっちゃん早く教えてよ!」はぁはぁはぁはぁはぁはぁ

梓「そうです!意地悪しないで教えて下さい!」はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ

律「!」

律(唯まで息遣いが荒く!?)

律(気付いたのかー!?)

唯「りっちゃん!はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ」

梓「律先輩!はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ」

律(何なんだこいつらは…)


澪「二人とも息遣いが荒いぞ,病気か?」

紬「澪ちゃん!空気読んで!!」はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ

澪「!?」


律「言わない言わないぜぇーったーい言わなーい!!」

梓唯「ちぇっ!」

紬(あーん惜しい!)

澪「言えないことなのか律?」

律「こ,こいつらには言いたくない事なんだよ」

澪「ふーん?」

唯「じゃあ,憂が元気になった理由は…」

梓「決まりですね」

紬「それしかないものね」

律「え,いいの?」


澪「え?何それ?何何何何何何何何何?」

紬「澪ちゃん,空気!」

澪「…」


唯「スッキリしたところで,ムギちゃん!」

紬「はい」

紬「お菓子ターイム」

律「結局それかよ」

梓「まぁ,先輩らしいですけどね」

澪(ていうか,元気になった理由がわかっても一人ぼっちっていう問題の解決にはならないんじゃ…)

唯「ミルフィーユだぁ!」

律「ケーキとかどうやって持って来てるんだよ」

梓「こ,これ食べたら練習ですよ!」

紬「は~い紅茶ですよ~」

澪「おいひぃ」



帰り道

憂「最近はケータイでも動画が見れるから便利よね」

憂「おかげで昼休みに一人でも退屈せずに済んでよかった」

憂「そうだ,このケータイのタイトルは…」

憂「鳴らない電話」

憂「…ちょっと悲しくなってきたな,違う事考えよ」

憂「お腹が鳴くから帰ろ♪真っ直ぐお家へ帰ろ♪心が迷う時は,その笑顔が目印♪」



平沢家

唯「う~い~,ただいま~」

憂「お姉ちゃん,お帰りなさい」

唯「憂は今日お風呂は何時くらいに入る?」

憂「え?お風呂?ん~,8時半くらいかな」

唯「そっか,私は今入っちゃうから憂はゆっくり入るといいよ!」

憂「ありがと!どうしたの急に?」

唯「え,いや,何となくだよ!」

唯(憂はお風呂でやるかもしれないし,ゆっくりさせてあげなきゃ)

憂「ふ~ん?」

憂「ふ~,いいお湯だった~」

唯(あれ?普段通りだ)

憂「あ,お姉ちゃん新聞取って」

唯「はい」

憂「ありがとう」

憂(うわ~,深夜アニメって一日にこんなに入るんだ…)

憂(時間被ってるのもある,一応全部見てみたいしな~,ビデオ予約しなきゃ)

憂「~♪」

唯(憂が鼻唄歌ってる,機嫌がいいぞ)

唯(やっぱりお風呂でしたのかな?)


憂「おやすみ,お姉ちゃん」

唯「お~や~す~み~」



憂「ふふふ,やっとこの時間が来た」

憂「…あれ?おかしいな,時間になっても始まらないぞ」

憂「新聞新聞…時間もチャンネルも合ってる,何で!?」

憂「ん?野球中継で延長!!」

憂「なにそれーっ!何分!?」

憂「うわ,30分も…」

憂「もーっ!!!」



ジリリリリリリリリリ

憂「ん…あと5分」



唯「ひゃああああ!!うーいーっ!!!」

憂「んー…お姉ちゃん?どうしたの?」ムニャムニャ

唯「私達完全に遅刻だよー!」

憂「ええ!?うそ!!」

唯「もう9時過ぎてるよー!」

憂「わああああ!おおおおお姉ちゃん!何これ!?」

唯「私達寝坊したんだよ憂!」

憂「ええ!?うそ,ええ!?」

唯「と,とにかく準備!早く学校行こう!」

憂「う,うん!」

憂(う~,これも全部野球中継のせいだ!)


3