梓「おはようございます,澪先輩!律先輩!」

澪律「おはよう」

憂(梓ちゃん,私の憧れの人!)

梓「憂,おはよう!」

憂「あ…お…おはよぅ…」

憂(梓ちゃん,お姉ちゃん以外誰も近寄らない私に話し掛けてくれた…)

唯「あずにゃんおはよう!」

梓「唯先輩おはようございます!」

憂(私も…梓ちゃんみたいになりたい…!)



昼休み

憂(皆,友達と仲いいな,羨ましいな…)

A「平沢さん相変わらず暗いよね~」ヒソヒソ

B「まぁ,名前幽霊のゆうだしね~」ヒソヒソ

C「あんたら…これ,ゆうって書いてういって読むんだよ…」ヒソヒソ

B「…し,知ってたし///」

A「顔本気だったじゃん」

梓「…」



体育

先生「じゃあ皆,2人一組で組作って柔軟体操~」

憂(だ,誰か…)

A「おーい,B組もう」

B「はいよ~」

C「梓~,組もうよ~」

梓「あ…うん」

憂(今日は一人欠席だし,一人余るのはしょうがないよね…)

先生「ん?平沢は先生と組むか」

憂「…はぃ」



放課後

紬「お菓子タイム~」

唯「わーい!今日は何かな~」

律「お,チーズケーキか~」

澪「これ食べたら練習だぞ皆」

梓(憂の事,先輩に相談してみようかな…)

梓「あの~先輩方,ちょっといいですか?」

唯「ん~?なぁにあずにゃん?」

澪「どうした梓?」

律「練習ならこれ終わった後だぞ?」

紬「録画いるかしら?」

梓「録画はいりません」

梓「クラスでイジメまではいかないんですけど」

梓「一人ぼっちでいる子がいたら,皆さんはどうしますか?」

澪「そうだな,私なら…律に話し掛けさせるかな」

律「私かよ!」

紬「うふふ」

梓「唯先輩は?」

唯「それって憂の事?」

梓「え…あ,いや…」

唯「憂の事だよね?」

梓「唯先輩,それは…」

唯「知ってるよ私,憂がぼっちだって事くらい」

唯「私は憂の事なら何でも知ってるよ」

唯「生理の周期も,中学2年からずっとぼっちだって事も」

唯「実は憂が」

梓「や,止めて下さい!!」

唯「どうしたのあずにゃん?」

梓「そ,その…プライバシーは…守るべきです」

唯「プ ラ イ バ シ イ ? 」

梓「ゆ,唯先輩が言う知ってるは…憂の,プライバシーです!」

紬「はぁはぁ」

律「ゆ,唯,言い過ぎだって」

澪「そ,そうだぞ唯」

唯「あずにゃん,プライバシーってなに?」

梓「え,プライバシーは…プライバシーです」

唯「あずにゃん私ね,憂の事が大好きなんだよ?」

梓「それは,わかりますけど」

唯「好きな人の事を知りたいと思うのは自然なことじゃない?」

梓「で,でも,それでもプライバシーは守るべきです!」

澪「唯,梓の言う通りだぞ」

律「てか唯,今日なんか変じゃね?」


紬「はぁああん!!!」

澪「ムギうるさい」


唯「りっちゃん,私おかしいかな?」

律「今日は特に」

梓「そ,そうです!いつもの唯先輩はもっと…ふんわりほんわかしてます!」

澪「マシュマロみたいにふ~わふわ♪」


紬「澪ちゃん空気読んで」

澪「!」


唯「実はね昨日の夜,ひぐ…ひぐ何とかの鳴くころにってのを見てね」

唯「その影響かもしんない!皆ごめ…」

唯「み゙ん゙な゙ごべーん゙!」

梓「唯先輩,ワンピースも見たんですか?」

唯「うん!わかっちゃった?」

律「何だよ~,唯がおかしくなったかと思っただろ~」

唯「えへへ」

澪「唯その…」

唯「な~に澪ちゃん?」

澪「せ,生理の周期がどうとかは…」

唯「それは知ってるよ?姉妹だもん」

唯「たまにナプキンも貸し借りしあってるし」


律「うお~い!」

紬「いやあ~ん!」


唯「ていうか何の話してたんだっけ?」

梓「え…あ,あの,憂が一人ぼっちでいるんで何とかならないでしょうかって話を」

唯「え!?憂本当に一人ぼっちだったの!?」

梓「ええ!?それは知らなかったんですか??」

唯「そっか~…高校入ってからちょっと元気なかったもんな~」

澪「中学の時はどうだったんだ?」

唯「中学の時は…友達連れて来たりしてたよ!」

律「じゃあやっぱり高校入ってからか」

梓「どうしたらいいですかね?」

唯「…あずにゃんが」

梓「私が?」

唯「私と付き合う」


紬「はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ!」


梓「なななな何言ってるんですか!!」

唯「じょ,冗談だよ~,そんなに怒らないでよあずにゃん」

律「まぁ唯,冗談が通じないくらい梓は憂の事を考えてるってことだ」


澪「私はちょっと本気にしちゃったかも…」

紬「ちっ!」


唯「ありがとうあずにゃん」

梓「う…うぅ…」

梓「なんか反則です」ボソ
律「でも憂ちゃんがぼっちなんて意外だよな~」

澪「あんないい子なのにな」

紬「どこか嫌われてるところとかわかる?」

梓「嫌われてるところですか?」

梓「ん~,皆は暗いって言うんですが,入学した時はむしろ明るかったんですけどね~」

唯「あずにゃんは憂と友達じゃないの?」

梓「え?」

梓「…入学した時に少し話した程度で,後は挨拶するくらいしか…」

唯「じゃあ何で友達にならないの?」

律「だな」

澪「どうしてだ梓?」

紬「梓ちゃん」

梓「はう…」

梓「えっと…その…」

皆「うんうん」

梓「皆さん,練習始めましょう!」

梓「武道館を目指して練習を!皆さんはあと2年高校生活があります!!
その間に一旗上げてスカウトされて一気にデビューです!
いつまでもお菓子ばっかり貪っていてはいけません,部活とは練習に練習を重ねて
いつか来る魅せるべき時の為にあるものです!
このままじゃあいつまで経っても進歩しませんよ!!!
私達のバンドはまだ全然初歩の段階,いやむしろまだ始まってすらいません!
ちょっと長いプロローグで立ち止まってる場合じゃないんです!!
さぁ,始めましょうよ!練習!!!!」

澪「…梓が,熱い!!!」




部活終了

唯「ちぇっ結局練習して終わっちゃったよ…」

律「腕痛ぇ~」

紬「指が…」

澪「今日は充実したな」

梓「では皆さんさよなら~!」

唯「あっ!あずにゃん!!」

唯「あ~あ…」

澪「明日もあるさ唯」

律「そうそう,あと家に帰ったら憂の事よく見ておけよ」

唯「うん,ありがとう二人とも!」

紬「唯ちゃん,もしもの事があったら録画お願いね」

唯「もしもの事?うん,ありがとうムギちゃん!」



……

唯「う~い~,ただいマシュマロ~」

憂「お帰りなさいお姉ちゃん」

唯「憂~アイス~」

憂「お姉ちゃん,それはご飯食べてからだよ」

唯「ん~も~」

唯「憂~,今日学校どうだった~?」

憂「ん?楽しかったよ,何で?」

唯「ん~何となく~」

憂「そ,そっか…」

唯(やっぱり元気ないな…)

憂「お姉ちゃんお風呂入りなよ」

唯「ん~,アイス~」

憂「お風呂の・あ・と!」

唯「む~」


チャポーン

唯「憂…やっぱり無理してる気がする」

唯「ちゃんと向き合わなきゃダメだよね!」

唯「よーし!明日の部活は憂の相談会だ!!」



憂の部屋

憂「もしかしてお姉ちゃん,何か気付いてるのかな…」

憂「そういえば梓ちゃんもお姉ちゃんと同じ軽音部だったな…」

憂「何か言ったのかもしれないな…」

憂「さすが梓ちゃんだけど,この事だけは言わないでほしかったな…」

憂「グス…ヒック…ズズ…」

憂「な,泣いてちゃダメだよね!」


TV「ありゃりゃ木さん」

TV「僕の名前を間違うな」

TV「噛みました」

TV「違う,わざとだ」

TV「噛みまみた」

TV「わざとじゃない!?」


憂「あ,アニメだ,こんな時間にもやってるんだ」

憂「そういえば小学生の頃はよくお姉ちゃんとアニメ見てたな…」

憂「…」

憂「あれ?ちょっと面白いぞ?」

憂「うわー,面白かった」

憂「明日も何かやるんだぁ,見てみようかな…」

憂「あっ,もうこんな時間だ!寝なきゃ」


……

憂「おはようお姉ちゃん!」

唯「う~い~,お~は~よ~う~」

憂「お姉ちゃん,早く食べないと遅刻するよ!」

唯「憂~食べさせて~」

憂「んもぅ!しょうがないな~,はいあ~んして?」

唯「あ~ん」



梓「おはようございます,唯先輩!」

唯「あずにゃんおはよう~」

憂「おはよう!梓ちゃん!」

梓「え!あ,お おはよう」

梓「ちょっと唯先輩」ヒソヒソ

唯「ん~?」

梓「今日の憂,なんか元気じゃありませんか?」ヒソヒソ

唯「ん~?…うん,そうかも」ヒソヒソ

梓「昨日何かありました?」ヒソヒソ

唯「昨日?いや,特には…」

梓「そう…ですか…」


2