音楽室の外

梓「聞こえる?憂…?」

憂「うん…やっぱり本当だったんだ…ごめんね、お姉ちゃん…」

梓「今までは今回よりもっと酷いいじめもあったみたい」

憂「よくもお姉ちゃんを…!」メラメラ

憂「すぐに助けなきゃ!」

梓「ま、待って!今だけ助けてもまた私たちの知らないところで唯先輩がいじめられるだけだよ!」

憂「う…」

梓「とりあえず先輩たちがいじめる原因を見つけないと!そのための時間稼ぎのためなら我慢するって唯先輩も言ってくれたんだし!」


唯「ぶはッ!げほげほげほげほっ」

澪「あーあたった1分かよ…つまんね」

律「じゃあ反抗ポイント1ポイントだなww」

唯「は、反抗ポイント…?」

紬「そうよ。満足ポイントの次の制度♪唯ちゃんが反抗するたびに1ポイント!私が提案したの~」

澪「もちろんポイントのカウントは恒例の…」

唯「い、嫌ぁ…」

唯(あずにゃん…助けて…!)

ガチャ

梓「こ、こんにちはー!!」

律「あ、梓か…どうした?」

梓「どうしたって…ただ部活来ただけですけど?何してるんですか?」

澪「え、えーっとみんなで遊んでたんだ!なー唯!」

唯「う、うん!息止めにチャレンジして遊んでたんだー」

梓「そうですか。いじめかと思っちゃいましたよ。ははっ。すみません」

唯(あずにゃん…)

澪「…」

紬「みんなー!お茶とお菓子よー!」


梓(やっぱり時間稼ぎとかのんきなこと言ってられない…早くケリつけなきゃ…)

澪「お、ムギ。今日のお菓子美味しい」

紬「ふふ。今日のは私のとっておきなのー」

梓(切り出すなら…今か…?)

唯「い゛っ!」

梓「!?」

律「どうした唯~wwいきなり叫んでwww」

唯「あ、足が痒くて…」

澪「ははは。痒くて叫ぶとかww唯らしいなwww」

紬「ふふふ」

梓(もう見てられない!ごめん!唯先輩!)

梓「あの!」

澪「なんだ梓。あらたまって…」

梓「誰ですか、さっきの。唯先輩の脚を踏んだ人」

澪「踏むって…何言って…」

律「そんなことするわけないだろ…」

紬「誤解よ梓ちゃん」

唯「…」

梓「誤解…そうですか。誤解ですか…じゃあ唯先輩のふとももの傷。あれも誤解なんですか!?」

律「あ、梓…!?」

紬「…」ギロ

澪「ど、どうして…」

梓「私昨日見たんです。唯先輩のふとももの傷とお腹のアザ」

律「…」

梓「それで確信したんです。唯先輩はあなた達にいじめられてるって」

梓「唯先輩は最後まで何も話そうとしなかった。でも傷は嘘をつきませんよね」

律「そ、それじゃあ私たちがやったとは限らないだろ!」

梓「だから今証拠を集めようとしてるんですよ。次のいじめの現場を」

紬「く…」

澪「それより梓…どこで傷見たんだよ…腹とふとももが見えるシチュなんてプールぐらいしか…」

梓「あぁ、それですか…」

梓「実は私!昨日唯先輩と寝たんです!!だからお腹とかふとももとか!!それぐらい普通に知ってます!!」

律「な、なな…///」

紬「なんですってーーー!!///」

澪「…」

唯「?」

梓「そうですよ!!寝たんですよ!!///だから色々知ってるんです!!!」

梓「唯先輩は私が守るもん!!///これからはどんないじめも許さないから!!行こ!!!唯先輩!!!///」

唯「ひ、引っ張らないでよあずにゃ~ん」

バタン

澪「…」



紬「唯梓…///唯梓…///」

律「おい、澪…澪…?」

澪「…」

律(クソ…唯め…また澪の気持ちを捻りつぶしたな…!それに梓…!お前もよくも澪の前で…!)

澪「私…なにしてんだろ…」ポロポロ

律「ここでくじけるな!澪!復讐するんだ!!梓に!唯に!!私がついてる!ついてるから!!」

澪「律ぅ…」ポロポロ

律「ほら!3人でまた!きっと大丈夫!!だから…」

律「ほら!ムギも!一緒に策考えようぜ!」

紬「悪いけど私パス~」

律「えっ…」

律「おいおい…パスって…何を…」

紬「面白そうだったからいじめやってたけどもう流石に飽きちゃったし…」

律「飽きたって…あんだけやったんだぞ!今さら後に引けるわけ…」

紬「だから私は自分では手を下してないわ」

律「そ、そんなの唯が覚えてるわけが…」

紬「あら。そういうのやられた方は案外覚えてるものよ」

律「そんな…」

紬「今はいじめより唯梓を応援したい気持ちの方が大きいの。だからごめんね。りっちゃん、澪ちゃん」

バタン

律「ムギ…」

澪「ゆ…い…」ポロポロ

澪「唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯唯」ポロポロ

律「落ちつけ!澪!落ちつけ…落ちつけよ…」

澪「だって唯が!唯が!あ…あぁぁぁぁぁ!!」ポロポロ

律「泣くなよ…泣くな…お前に泣かれて…泣きたいのは私なんだぞ…」

澪「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…」ポロポロ

律「澪…頼む…唯のために涙を流さないでくれ…」

澪「あぁぁぁぁぁぁ…あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…」ポロポロ

律「澪…澪…」ポロポロ



……

唯「ねえ。なんであの時みんな真っ赤になったの?」

梓「し、知りません!///」

憂「梓ちゃん…許さない…梓ちゃん…許さない…」

梓「そしてなんで憂が的になってるの!?だからさっきのは嘘だって何回も…!///」

紬「みんな~待って~!」

唯「ムギ…ちゃん…」ビクッ

梓(唯先輩…脅えてる…)

紬「私仲直りしに来たの~!だから走るのやめて~!」

梓「え?仲直り…?」

憂「どういうこと…?」


紬「はぁ…はぁ…疲れた…ごめんね…待ってもらって…」

憂「いえいえ。お話だけ聞こうと思っただけです。ムギ先輩はなんでみなさんがお姉ちゃんをいじめたのか知ってますか?」

紬「えっとね。実は澪ちゃんは唯ちゃんの事が好きだったの」

梓「え?澪先輩が…?」

紬「そう。でね、りっちゃんは澪ちゃんの事が好き。始まりはりっちゃんのいじめよ」

唯「りっちゃんが…」

憂「嫉妬ですね…」

紬「そうね。そして澪ちゃんも引きこんでどんどんいじめてたわ」

紬「唯ちゃんに惚れてる澪ちゃんをどうやって引きこんだのかは知らないけど」

紬「私が知ってるのはこれぐらいよ。憶測も多少含まれてるけど」

梓「そうですか…」

紬「でも私も反省してる!今は唯梓を応援したいの!だから協力させて!」

憂「ムギ先輩。1ポイントです」

ムギ「え?なにを言って…」

ボコオォォォ!!!

梓「え…」

唯「ハイキック・・・」

紬「・・・」ピクピク

憂「だれかホッチキス持ってない?」ニコニコ

梓「それは駄目ーーーーーーー!!」

唯「ム、ムギちゃん・・・」ツンツン

紬「・・・」

憂「でもいい情報を得たね」

梓「うん。黒幕は律先輩だった・・・」

憂「じゃあ律先輩を説得できたら・・・」

梓「いじめは終わるかも・・・!」

憂「お姉ちゃんはここで待ってて?」

梓「私たちは律先輩とちょっとお話してくるから!」




音楽室

ガチャ

律「・・・だれだ?・・・なんだ梓か・・・それに憂ちゃん・・・」

梓「律先輩が澪先輩をそそのかして・・・唯先輩をいじめた張本人だったんですね・・・」

憂「よくもお姉ちゃんを!絶対に許さない!」

澪「そそのかした…?いじめは私が勝手にしたことで…」

梓「澪先輩…ムギ先輩から聞きましたよ。澪先輩も唯先輩の事が好きだったって」

澪「な…///」

梓「好きだったのに…澪先輩は本当に唯先輩をいじめたかったんですか!?」

澪「いや…ちが…私は唯が嫌いなんだ…だからいじめて…」

憂「…本当の事を…澪さんの心の声を…聞かせてください」

澪「うぅ…いや…私は…好きで…でも…きっと…敵わないから…」ポロポロ

梓「澪先輩…」

澪「だから…嫌いになろうと…努力して…そしたら…きっと心も楽になるって…」ポロポロ

憂「やっぱり…澪さんは本来なら自分の恋を諦めるつもりで…いじめるつもりなんて無かった…そうですか?」

澪「唯ぃ…唯ぃ…私…ごめん……!ゆいぃぃぃ…あ゛ぁぁぁぁぁぁぁぁ…!」ボロボロ

梓「澪先輩…」

澪「うわぁぁぁぁ!!あぁぁぁぁ…」ポロポロ

律「澪…やめろ…泣くな…そんな唯のために流す涙なんて私に見せるな…」

梓「律先輩…」

憂「この期に及んでよくそんな事が言えますね…」

律「…」ギロ

梓「謝る気は…無さそうですね…」

律「…」

梓「自覚が無いんですか?自分が唯先輩に酷いことをしたって言う自覚が…」

律「自覚も何も、酷いことなんかした覚えないけど?」

憂「よくもそんなことを…!」

律「私には唯をいじめる権利があるんだからな」

梓「権利……?」

律「そう。権利だよ。唯を憎んでる私にしかできない、いじめる権利」

憂「それは澪先輩も関係している…そうですね?」

律「その言い方…全部ムギから聞いたか…」

律「そうだよ。私は澪が好きだ。それも昔からな…」

律「小さいころからずっと一緒だった。恋愛感情じゃなくても、澪も私のことが好きだった」

律「でも、なのに澪は唯を好きになった…!高校でいきなり出てきた唯を…!」

律「唯を憎んで当然だろっ!!!あとから出てきて!あとから出てきた癖に!!」

律「唯なんか消えてしまえばいい!!唯なんか…唯なんか…!!!」

憂「律さん…」

澪「律…」

律「そうだ。だから澪と一緒に唯をいじめたのさ。澪がいじめているうちに唯のことを忘れてくれることを願って!」

律「そうすれば私は澪と一緒にいられるんだ!だれにも邪魔させない!させてたまるか!!」

梓「律先輩…」

梓「でもそうやって無理やり好きにさせても…悲しいだけです…きっと…」

律「今は無理矢理でもいいんだ!いつかきっと振り向いてくれるから!!」

憂「無理ですよ。恋心なんてそんな簡単に消えるものじゃないです。澪さんを見てまだそれがわかりませんか?」

律「く…」

澪「律…」

律「澪…もう大丈夫なのか…?」

澪「ああ。いっぱい泣いたからスッキリしたよ。今は辛いけど…今度こそ本当にふっ切れた気がする」

澪「律、唯に謝ろう」

律「な、なんで…」

澪「どんな事情でも、私たちは間違った事をした。それが事実だ。だから謝罪しなきゃいけない」

律「ま…間違ってたって…?なんで…!私は澪をこんなにも…」

ボコッ!

律「ぐはっ…!み、澪…?」

澪「この馬鹿律!例えその気持ちが本当に強いものだったとしても唯をいじめた時点でもう綺麗なものじゃないんだよ!!」

澪「実際唯が何をした!?何もしてないじゃないか!!私たちの自己満足でいじめて…傷つけて…!!」

律「澪…」

澪「そんな理不尽ないじゃないか!何があっても他人を巻き込むことはしちゃいけなかったんだよ!!」

澪「なのにお前は…お前は…」ポロポロ

律「み…お…」ポロポロ

澪「だから唯に謝ろ…私たちも前に進むためにも…謝罪はきっちりしなきゃ…」

律「うん…でも…きっと唯は…私を許さないよ…」

唯「…そんなこと無いよ」

澪「唯!?」

梓「唯先輩!?」

唯「りっちゃんも、澪ちゃんも、ムギちゃんも、あずにゃんも…みんな大切な友達だと思ってる」

唯「だからりっちゃんも分かってくれたなら…私はそれでいいんだ…」

唯「そしたらきっと今よりももっと仲良くなって…本当の友達になれるとおもうんだ」

律「唯…」ポロポロ

唯「だからりっちゃん。もう一回、私の友達になってくれるかな…?」

律「唯…唯…唯…」ポロポロ

律「ごめんな!唯…!本当に…本当に…!うあぁぁぁぁ…」ポロポロ

唯「泣かないでよりっちゃん…りっちゃんってば…」

律「うわぁぁぁぁぁ!!ごめん…!本当にごめん…!!うわぁぁぁぁぁぁぁ…!!」

唯「よしよしだよ、りっちゃん」

梓(…唯先輩、良かったですね)

律「うわぁぁぁぁん!!あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」



数日後

帰り道

梓「一応丸くは収まったけど…3人が唯先輩にしたことを考えると納得いきません!」

唯「いいのいいの!元に戻れて一番喜んでるのは私なんだから!」

梓「まあ、そうですね…一番心配だったふとももの傷も綺麗に消えたし。唯先輩がそれでいいっていうなら…」

唯「そうそう!まさに一件落着だね!」

梓(まったくこの人は…)

唯「そうだ、あずにゃん。あいす屋さん行こっ!あの割引券早くつかわないと!」

梓「いいですね。行きましょう。」

梓(そういえばやっと使えるんだ…この割引券。渡してからずいぶん長くなっちゃったけど…本当にやっと…)

唯「ほら!急ご急ご!あいす!あいす!」

梓「わ、わかりましたから~!!引っ張らないでくださ~い!!!」

梓(そうだ…これからは私と唯先輩の時間なんだ。唯先輩…一緒にいられる時間はあと少ししかないけど…)

梓(嫌な思い出に負けないくらい…素敵な思い出をいっぱいいっぱい作って…笑って卒業できるように…!!)

梓(きっとそうなる…ううん。そうするの!自分たちの力で…楽しい未来をつかむんだ!)

梓「やってやるです!!」