純「おっはよー梓、憂!今日は一緒に登校?」

憂「うん。昨日は梓ちゃん家に泊まってたから」

純「ま、まさか…私だけのけ物…!?」

梓「ちがうよ…!えっとその…いじめの話しててさ…」

純「そ、そっか…悪かったよ…で、何を話してたんだ?」

梓「えーっと、その…」

憂「…実は昨日梓ちゃんをいじめてた犯人が見つかったの」

純「…マジ?」

梓「うん…これで多分いじめも無くなると…思う…」

純「で、犯人って誰だったの…?」

梓「そ、それは…」

憂「梓ちゃんの知り合い。だから傷ついてるんだ…今はそっとしてあげて…」

純「…わかった」

梓(唯先輩…)



3年教室

澪「遅かったな唯。来ないかと思って心配したぞw」

律「私は自殺しないか心配だったwww」

紬「えらくやつれちゃって…唯ちゃん…」

唯「もうみんな憂とあずにゃんの事いじめないよね…?」

律「あぁ。もちろんお前はいじめるけどな」

唯「よかった…」

紬「自分がいじめられるのによかったって…唯ちゃんもしかしてM?」

澪「そうだ、唯。お前もしかして部活休む気じゃないだろうな」

唯「な、なんで…?」

紬「やっぱり休む気だったのね…」

律「ここで逃げなんてゆるさねーよ。部活には絶対来い。来なかったら…あとはわかるな?」

唯「うん…」

律「ははは。部活が楽しみだww」




音楽室

梓「こんにちはー」

紬「あら梓ちゃん。こんにちは」

澪「久しぶりだな。もう体調はいいのか?」

梓「はい。大分良くなりました。心配かけて申し訳ありませんでした…」

律「いいっていいって!健康第一だしな!なー、唯!」

唯「う、うん…そだね…」

梓「律先輩も心配かけてすみませんでした」

唯「あずにゃん…」

梓「なんですか唯先輩」

唯「え?あ、と…」

梓「話しかけないでくださいって言いましたよね…?」

唯「うぅ…」

律「なんだ梓。唯と何かあったのか?」

梓「いえ、特に何も」

律「そうか。ならいいんだw」



放課後

唯「あ、あずにゃん…!」

梓「…なんですか?」

唯「えっと…その…ごめんなさい!」

梓「今さら謝っても遅いです。というかなんでこんなことするんですか?」

唯「そ、それは…」

梓「私が嫌いなんですよね?」

唯「違う…!違うよ…」

梓「じゃあこの手紙はなんですか?私への文句をだらだらと書き連ねて…」

唯「どうして…それを…?」

梓「トボケないで下さい自分で入れたくせに…」

唯「入れてないよ…信じて…」

梓「唯先輩のどの辺を信じたらいいんでしょう?」

唯「あ、あずにゃ…」ポロポロ

梓「もう会いたくないから部室来ないで下さい。それでも来るなら私、けいおん部やめます」

唯「そ、そんな…」ポロポロ

梓「そうそう。まえに上げたアイスの割引券。あれ使って一緒に食べにいくって話。無かったことにしてくれません?」

唯「うっ…うぅぅ…ぁぁ…」ポロポロ

梓「泣いても許しませんよ。それじゃあ、失礼します」

バタン

唯「う…あぁ…あずにゃん…あずにゃん……あずにゃぁん………」ポロポロ



平沢家

唯(いつまでも学校にいるわけにはいかないよね…)

唯「た、ただいま…」

「…」

唯「う、憂…た、ただいま…」

憂「…」

唯「ご、ごめんね憂…私憂いに酷いことしちゃおうとして…本当に…ごめんね…」

憂「話しかけないで。もうお姉ちゃんは私の家族じゃないよ」

唯「え…」

憂「家から出ていってくれないかな?お姉ちゃんが出ていかないなら私が出ていくから」

唯「う、憂…」ポロポロ

唯「あずにゃんにも…憂にも嫌われちゃった…」

唯「もうけいおん部にもいられない…」

唯「私が生きてる意味って…あるのかな…?」

唯「あの時は楽しかったな…みんなで合宿して…夏フェス行って…お祭りに行って…」

唯「でももう戻れないんだよね…全部私の所為…自業自得…」

唯「みんな私を嫌ってる…私が死んだら…みんな喜んで…くれる…かな…?」ポロポロ

唯「もういいよね…みんな…色々疲れちゃったよ…」

唯「あいす食べに行きたかったね…あずにゃん…バイバイ…みんな……」