次の日

教室

唯「おはよう…」

律「お、おはよう唯。どうした元気ないじゃないか?」

澪「な、なにかあったのか?」

唯「うん…えっとね…その…」

紬「あれ?唯ちゃん上履きは?」

唯「えーっと…無くなってた…」

律(…)

唯「き、きっと誰かが間違えて履いちゃったんだよ!」

紬「名前が書いてあるのに…?」

唯「で、でもきっと…」

律「唯。お前まさかいじめられてるのか?」

唯「えっ?ち、ちがうよ~きっと待ちがえたんだよ~いじめとか全然ちがうよ~」

澪「そ、そうか…」


澪「唯、元気無かった…」

律「いじめられてるんからな。当然だ」

律「澪。もう立ち止まっちゃだめだ。もう戻れないんだからな」

澪「うん。わかってる」

律「これからどんどんキツくしてくぞ」

澪「うん…」



数日後

音楽室


澪「靴隠し教科書隠しから全然進歩しないな…」

律「それでも唯は大分キてるぞ。隠そうとはしてるけど落ち込んでるのバレバレ」

澪「それは私たちがいじめてるからなんじゃないのか…?」

ガチャ

紬「…」

澪「む、ムギ!?」

律「ど、どうして?帰ったんじゃ…」

紬「ちょっと忘れ物しちゃって~」

紬「それよりさっきの話はなに?いじめとか言ってた様に聞こえたけど…」

澪「えっと…その…」

律「唯へのいじめの話をしてたんだ」

澪「り、律!?」

律「どうせ隠してもすぐバレるって」

澪「で、でも…」

紬「詳しく聞かせてくれないかしら…?」

紬「そういうことだったの…」

澪「悪いとは思ってるけどさ…もうこうするしか自分をたもてなかったんだ…」

紬「わかったわ!私も協力するわ~!」

澪律「ええ!?」

紬「私一度いじめっていうのやってみたかったの~!」

澪(お、恐ろしいな…)

律「ま、まあ協力してくれるのなら…」

紬「よろしくね♪」



放課後

唯「こんにちは…」

澪「…」

律「…」

紬「…」

唯「あれ?なんでみんな無視するの?ねえ…」

澪「…」

律「唯。これ引いてみろ。おみくじだ」

唯「おみくじ…?」

くいっ

唯「うわ…凶だよ…えっと…何か書いてある…」

澪「ついて無いあなたは親友から殴られちゃうでしょう」

唯「え」

バキッ


唯「痛い!何するの…?」

律「うぉら!!死ね!!死ね!!」

バキッ!バキッ!!

唯「いたい!やめて!!やめてよ!!」

澪「律。顔は殴るなよ。アザとかできたらばれるから」

律「わかってるって!!」

唯「やめて!なんで?どうしていきなり…いやっ!!」

バキッバキッ!!

律「フーフー…」

紬「うわ…りっちゃんすごーい!」

唯「なんで…?私たち友達でしょ…?」

律「親友を傷つけておいてよくそんな事がいえるな…」

唯「え…」

律「ほら、ふとももだせ。ふともも」

唯「え…?」

律「ほら、澪…」

澪「あ、あぁ…わかってる…」

唯「な、何を…」

澪「唯。お前にポイントをつける。私たちが満足するたびに1ポイント。100ポイントになったら素敵なことが起こる」

澪「そのポイントの目印がこれ。ホチキス。これをふとももにブッ刺す」

唯「うそ…だよね…」

澪「穴一つで0.5ポイントの目印だ。今回はこれでみんな満足したらしいから1ポイント」

唯「いやぁ!!やめてぇぇぇぇ!!」

紬「コラ!暴れちゃダメ!」

律「反抗したらホチキスじゃ済まないぞーw」

唯「ひっ…」

澪「じゃあ行くぞ…」

唯「いやだよぉぉぉぉ!!!やめてってば!!!はーなーしーてー!!」

紬「ほら唯ちゃん。いい子だから!ね?」

澪「大丈夫。ポイントの判定は穴の数だから。刺した後抜いていいから」

唯「いやぁぁぁぁぁぁ!!あああぁぁぁぁぁ!!!」

律「ほら!おとなしくしろ!!暴れても長引くだけだ!!行け!澪!」

澪「うん!えいっ!!」

カチッ

ザクザクッ

唯「うわぁぁぁぁ!!」ポロポロ

澪「刺さってる…私のホッチキスが…刺さってる…///」

紬「今抜いてあげるね~」

じゅぼ

唯「うっ…うぅ…」

律「お!キレイに穴が開いたなw」

紬「でも思ったより血でないわね。これは澪ちゃん向けだわ」

唯「うう…痛い…痛いよ…」

律「ったくこのグズは…いつまで泣いてやがる!!」

ボコッ

紬「そろそろ止めないと梓ちゃん来ちゃうわよ」

澪「そうだな…」チラ

唯「うっぐ…ひぐっ…」ポロポロ

律「おい、唯。ホッチキスよりもっと痛いの味わいたくなかったら梓が来てもいつも通り振る舞え。いいな?」

唯「コクン…」ポロポロ

律「だから無くなっての。ティッシュでもあててタイツで隠しとけ」

ガチャ

梓「こんにちは!みなさんおそろいですね」


澪「お、遅かったな!」

梓「はい。クラスの係の仕事で。これからもちょっと遅くなりそうです」

律「そうか。いいなーさぼれてー」

澪「サボりじゃないだろ!仕事なんだから!」

律「それでもサボリたいもん!」

澪「この馬鹿律!」

紬「あらあら」


梓「えっと…唯先輩は寝起きですか?」

唯「え?うん…ははは」

梓「まったく…こんなとこでも寝るなんて…」

律「唯ー授業中寝てもまだ寝足りないのかーww」

梓「ははは。でも唯先輩らしいです」

紬「みんな~!お茶とお菓子出来たわよ~」



平沢家

唯「た、ただいまー!」

憂「おかえりおねえちゃん!今日も部活楽しかった?」

唯「う、うん!楽しかった!本当にもう楽しかったから!!」

憂「もう!変なお姉ちゃ~ん」

唯「じゃあ食事になったら呼んでね。私二階にいるから」

憂「わかったよ!お姉ちゃん!」



唯の部屋

唯「うっ…痛いよ…でもちゃんと消毒しなきゃ…し、しみるよ…」

唯「でもなんで…今日の事夢じゃないよね…?」

唯「夢じゃないなら…今までの靴とか教科書とかもきっと…みんなが…」

唯「りっちゃんは私が傷つけたって言ってた…」

唯「明日とりあえず謝ろう…そしたらきっと許してもらえるもん…」

唯「みんなきっと怒ってるだけだよ…だってみんな私の友達だもん…私の…友達……」



次の日

澪「梓今日からもやっぱり少し遅れるみたいだな」

律「じゃあちょうどいいなww思う存分…」

ガチャ

唯「…」

律「おっと話をすればww」

唯「えっと…みんな…その…」

唯「ご、ごめんなさいっ!!」

紬「なんで唯ちゃんが謝ってるの?」

唯「なんか私が知らないところでみんなを傷つけたみたいで…その…ごめんね!」

澪「…」

律「…」

紬「…」

澪「頭を上げろ。唯…」

唯「澪…ちゃん…?」

澪「よし。これで腹が殴れるよ」

唯「え」

ボカッ!

唯「ケホッケホッ…」ウルウル

澪「今さら遅いよ。もう私は気持ちの整理ついたから」

律「いいぞ澪!さあ、唯。今日も私らを満足させてくれよ!!」

唯「いや…嫌だよ…」

澪「こんなに震えて…可哀相に…でも…」

律「唯、おみくじを引け!さあ!!」


紬「なになに…大吉。1VS3でじゃんけんを行う。唯が勝利した場合のみ、今日の罰を無効にし1満足ポイントを得る。」

澪「すごいな唯!大吉だ!」

律「よかったな唯!じゃんけんで勝てば罰が免除されるってよw」

紬「まだ続きがあるわ。唯が負けた場合、ひざの薄皮をはがす…ですって!」

唯「そんな…そんなのどっちも…」

律「じゃあじゃんけんするぞー!じゃーんけーん」


「ぽんっ!」


唯「勝った…」

律「くそっ…つまんねー」

澪「まあ私はホッチキスさえできたら全然いいんだけどな///」

紬「よかったわね。唯ちゃん。さあふともも出して?ね!」

律「おら!早くしろ!殴られてーか!?」

唯「ご、ごめん…」セカセカ

澪「さあ…行くぞ…唯…」

律「歯くいしばれよ唯~」

唯「くぅ…」

カシャン

サク

澪「あ、ミスった…ごめん唯。半分しか入らなかったよ。だからもう一回!な?」

澪「えいっ!!」

カチッ

ザクザクッ

唯「う…うぅ…」ポロポロ

律「あーまた泣いてるよ。いい加減慣れろ。こっちはただでさえ大吉引かれて興ざめだってんのに」

紬「だったらこんどからおみくじ無くさない?その方が私はわかりやすくていいわー!」

澪「そうだな。悪いがおみくじはこれで最後だ。これからは体張って頑張ってくれ。」

唯「ひっぐ…うぅ…」ポロポロ

律「うっわ…キモ…」




…数ヵ月後

澪「あー!今日でもう100ポイントかーつまんねーなー」

律「大丈夫だよw私らが満足できなかった事にすればなw」

紬「そうすれば永遠にいじめられるわね!」

澪「とりあえずとっておきのやつを考えなきゃなーwwくくく」

ガチャ

唯「…」

澪「唯!待ってたぞ!!」

唯「ねえ…前100ポイントになればやめてくれるって言ったよね?本当にやめてくれるの…?」

澪「さあな。まずお前が私らを満足させられるかわかんないしなぁ~」

律「とりあえず最後になるかも知れないからとっておきの考えないとな~」

唯「で、でも前のねずみのとかはやめて…あんなことは…もうしたくない…」

澪「あぁ、あったなー。唯がねずみ殺す罰ww」

律「唯って結構楽しそうに殺すのなwww」

唯「楽しそうになんかしてないよ…!」

律「あ?なんだその態度は…?」


唯「ごめんなさいごめんなさい…」

律「まったく…」

澪「そうだ!いいこと思いついた。唯。これが上手くいったら100ポイント目をやる」

唯「ほ、本当…?」

澪「あぁ、本当だ」

唯「な、何をすればいいの?」

澪「梓の嫌なところを全部述べて作文にしてくれ」

唯「そ、そんなのでいいの…?」

澪「あぁ」

律(み、澪…!?)


唯「はい。できたよ…」

澪「うん。上出来だ。じゃあふともも出してくれ」

カチッ

ザクザクッ

澪「今回のでみごと100ポイントだ!長い間ご苦労様!!おめでとう!唯!」

パチパチパチ

唯「これで終わりなんだよね…?もう許してくれるんだよね…?」

澪「終わらせることはできるといればできるな」

唯「じ、じゃあ…」

律「唯。お前ちょっと勘違いしてないか?終わるって言うのは100ポイントのご褒美を使うんだぞ」

紬「ポイントがたまった時の素敵な事って言うのは私たちが唯ちゃんのお願いを聞いてあげることなの」

澪「まぁ、私たちが妥協できる範囲内だけどな」

唯「じゃあそれ使ってやめる事って…」

澪「それでもいいけどその前に唯に一つ言わなきゃいけないことがあるんだ」

唯「言わなきゃいけないこと……?」

澪「私たち、次は梓をいじめるよ」

唯「え…あずにゃんを…いじめる…?」

律(そう言うことかw)

律「ああ。お前の時よりもっと酷いようにしてやろっかなww」

唯「やめて!あずにゃんには何もしないで!!」

紬「じゃあ100ポイントのご褒美のお願いを使えばー?」

唯「使う!使うから!お願い…あずにゃんはやめて…」

澪「無理www」

唯「そんな…」

澪「まぁ、条件付きなら考えてやらんでもないかなw」

唯「わかった…わかったよ…いじめる…私がいじめるから…」

澪「じゃあ交渉成立だな!」

紬「唯ちゃん、自分のいじめをやめてもらうためにお願い使わなくてもいいのー?」

律「このお人よしが後輩見捨てて自分のために使うわけねーじゃんwww」

澪「じゃあ約束通り思う存分いじめてくれ。ただそのいじめが生ぬるかったりしたら…」

唯「わかってる!一生懸命やるから!!だから!」

律「わかったわかったwww唯。お前本当にいい奴だな…w」

紬「きっと梓ちゃんも感謝してるわよww」

澪「じゃあ靴隠したりなんでもいいから、明日からさっそくいじめてくれ。期待してるぞ!」




~~~ 回想終わり



唯「はっ…朝…寝ちゃってたんだ…」

唯「もういっぱい泣いたから目がおかしいや…」

唯「学校…休もうかな…」

唯「でも休んでも私には帰る家なんて…」


4