―――その頃学校―――

ドカッ
憂「ぐうっ…」

女1「あ~、マジ最高だわ」

女2「だよね~。容姿端麗、頭脳明晰な憂がまさかレズだったとは…ねっ!」
ドスッ

憂「っ!」

女1「しかも姉ととか…。この姉妹危なくね?ww」
ドカッ

憂「…」ギリッ

女2「何その目?反抗的な態度とるんじゃねぇよ!」
ガッ
ドカッ


―――――――
―――――
―――

女1「はあ…はあ…」

女2「…今日はこんなもんでいいんじゃない?」

女1「だね…。」

憂「…」

女1「分かってると思うけど誰にも言うなよ」

女2「そうそう。あんたはまだしも姉はどんな目で見られるんだろうねぇ?」

憂「…」

女1「はあ…はあ…」

女2「…今日はこんなもんでいいんじゃない?」

女1「だね…。」

憂「…」

女1「分かっていると思うけど誰にも言うなよ」

女2「まあそんなことしたら姉や親がどんな目で見られるか分かっているでしょ」

憂「…分かってるよ」

女1「じゃあいいけど。また明日ね、憂」

女2「明日は女3と4の日でしょw」

女1「そうだっけwwストレス解消出来ないじゃんw」

女2「まあまあwとりあえず帰ろうw」

女1「そうだね。じゃあね~」

女2「じゃあ」

ガラガラ


憂「…」




――自宅――

ガチャ
憂「…」

スタスタ

ガチャ

唯「…」

唯(憂またすぐに部屋に入っちゃったよ)

唯(話したいけどあずにゃんにあんまり憂に関わるなって言われているし…)

唯「防護用のスプレーもっていけば大丈夫だよね?」

唯「…よし」

――

トントン

唯『う、うい?』

憂「…何」

唯『今日遅かったね。何してたの?』

憂「…別に何でもないよ」

憂(お姉ちゃん…部屋には入ってきてくれないんだね)
スッ


唯『そう、それならいいんだけ』
ガチャ

唯「!」サッ

憂「…お姉ちゃん。そのスプレー…」

唯「あっ!な、何でもないよっ!蚊がいたから…」

憂「…」

憂「…そう。蚊は嫌だもんね。心配してくれてありがとう。でも何でもないよ」バタン

唯「あ、うい…』


憂「…」

憂(さっきのスプレー…)

憂(お姉ちゃんにとって私はそういう対象なんだね…)

憂「…」

憂「ははっ、分かっていたとはいえちょっと苦しいな」ボソッ

憂「…ご飯作らなきゃ」



―――唯の部屋―――
唯「うーん…バレてないよね?」

唯「大丈夫だよ。憂も蚊用のスプレーだと思っていたみたいだし」

唯「…」

トントン

憂『お姉ちゃん、ご飯出来たよ』

唯「分かった~、今いく~」

憂『…私先に下行ってるから』トテトテ

スタスタ


ガチャガチャ
唯「…あ、部屋鍵しめてたんだった」

ガチャン

唯「さ~てご飯ご飯」




――次の日、学校――

ガラッ

憂「…」

スタスタ

憂(昨日は筆記用具忘れちゃったからな…)ゴソゴソ

憂「っ!」ズキッ

ツー

憂(…画鋲)


クラスメート「…」

憂「…」

ガラガラ

先生「よし始めるぞー」

ガヤガヤ

憂(多分教科書にも…)パラ


『シネ』『レズ女』『近寄るな』『帰れ』


憂(…やっぱり)


憂(まあ…全部私が悪かったんだから文句は言えないけどね)

憂(…そう、全部私が悪いんだ)

――――――
――――
―――

放課後

女3「やあ憂」

女4「ちゃんと待っててくれるんだ。えらいね」

憂「…」

女3「じゃあ早速だけど…手、縛らせてよ」

憂「…」

憂「そんなことしなくても逃げないよ」

女3「何?反抗する気?」

憂「…分かったよ」

女4「そうそう、素直が一番だよ、憂」
スッ
ギュッ

憂「…」

憂「…で、今日は何分くらいかかるの?」

女3「ははっ、そんなこと心配しなくていいよ」

女4「そうそう。今日は憂を蹴るとかそういうことしないから」

憂「…どういうこと?」

女3「憂…、憂って女の私から見ても綺麗だよね」

女4「そうそう、綺麗だよ。汚しちゃいたいくらいに」

憂「…!」ゾクッ

女3「ふふふ…前回は女1と2がいたけど今日はいないからね」


女4「ふふふ」

ジリジリ

憂「い、いゃっ…!」ガクガク

女4「おっと。大きな声出したらお姉ちゃんがどうなるかわからないよ?」

憂「!」

女3「ふふふ…、いっぱい楽しもうね、憂。明日は休みだから時間はたっぷりあるし」

憂「っ…」

女3「それじゃあ…」
ドンッ

ドサッ
憂「っ!」

憂「い、いやだ…」ガクガク

女4「ふふふ…、いいねその顔。強気の憂からは想像出来ないよ」

女3「じゃあ…いただくよ、憂」

ガバッ

ビリッ!

憂(いゃぁぁあああ!)

―――――――
―――――
―――

憂「…」

女3「ふぅ……、最高だったよ、憂」

女4「ちょ、3w。あんた男かww」

女3「4だってあんなに激しくしておいて人の事言えないでしょww」

女4「そうかwまあいいけど。…憂大丈夫かな」
女3「大丈夫でしょ」

女4「そっか。もう憂が使えなくなるんじゃないかと心配したわ」

女3「道具扱いかよwまあ私もそう思ってたけど」

女4「ふふふ、じゃあ私達は帰ろうか」

女3「うん、そうだね」
女3「じゃあね憂。また今度」

女4「楽しみにしているから」

ガラガラ


憂「……」


憂「……」

憂「うっ…ぐすっ」ジワァ

憂(お姉ちゃんも…こんな気持ちだったのかな…)

憂「ごめんね、お姉ちゃん…」ポロポロ

―――――――
―――――
――――


――平沢家――

ガチャ

憂「…」

スタスタ

コンコン
憂「お姉ちゃん…いる」

唯『う、うい?どうしたの?』

憂「…お姉ちゃん、ちょっと入るよ」

ガチャ

唯「え…」

唯(鍵かけるの忘れてた…)

憂「…」

唯「…どうしたの?憂」ジリ

憂「…お姉ちゃん…」
ギュッ

唯「え…」ドクン

唯「やだ…離して…」グイッ

憂「お姉ちゃんまっ」

唯「いやだ…離してよっ!」ジタバタ

憂「違うの!何かするつもりじゃないの!暫くこのままでいさせ」

唯「やだぁあああ!」

プシュー!

憂「ううっ…!」フラッ

ドカッ

憂「…っ!」

唯(あっ、タンスの角に頭を…)

憂「ううっ…」

唯「あっ…」

憂「うっ…ごめんねお姉ちゃん…。もう出るよ…」フラフラ

唯「う、憂」

憂「ごめんねお姉ちゃん、ごめんなさい…」
フラフラ

ガチャ
バタン

唯「うい…」



――憂の部屋――

憂「っ!」フラフラ

ドサッ

憂「…」

憂(…あーあ)

憂(…お姉ちゃんだけが支えだったんだけどなあ)ズキッ

憂「…」

憂「お姉ちゃん…」ポロポロ



――唯――

唯「…」

唯(憂…すっごく悲しそうな目してた)

唯「何で私はあんなこと…」

唯「…」

唯「…だってあんな電話もらったら…」

――
―――
――――

数時間前

ヴー、ヴー…

唯「あれ?あずにゃんからだ」

唯「もしもし?」

梓『あ、唯先輩。ちょっといいですか?相談したい事があって…』

唯「?…なぁに?」

梓『えぇ…実は憂が…憂の視線怖いんです』

唯「え?どういうこと?」

梓『はい。あの時の…唯先輩を襲った時の目にそっくりで…』

唯「まさか…そんな…」

梓『今日は特に変です。唯先輩…気をつけてください。いきなり抱き付いたりしてくるかもしれません』


唯「うん……、わかったよあずにゃん。憂とは話したいけど、まだ様子を見てみるよ……」

梓『そうしてくださいです。いざという時はスプレーを使ってくださいね』

唯「……でも、それは憂が可哀相だよ……」

梓「何言ってるですか!唯先輩の身に何かあってからじゃ遅いんですよ!!またあんな事されたいんですか!!?』

唯「そ、そういう訳じゃ……」

梓『唯先輩は優しすぎるです。憂の目は本気でしたよ……もし先輩の身にまた何かあったら私……グスッ』

唯「わ、わかったよあずにゃん。だから泣かないで……」

梓『すみませんです。唯先輩はやっぱり優しいですね……じゃあ、くれぐれも気を付けてくださいね?』

唯「うん……ありがと。あずにゃんも気を付けてね……」ガチャン

――――――
――――
―――


唯(はぁ……やっぱりあずにゃんの言ってた事は本当だったのかな……)

唯(でも、憂も何か言いたそうだったな……なのにスプレーなんかかけちゃって……)

唯(…やっちゃったな……そうだ、明日あずにゃんに会ってもう一回話してみよう。みんなにも会って本当に憂が変なのか聞いてみ……)

コンコン

唯「ッッ!!!」


憂「お姉ちゃん……ご飯できたよ。あと、さっきは急に抱きついたりしてごめんね…?」

唯「……」

憂「……お部屋……入ってもいい?」

唯「!!」カチッ、ガチャン

憂「……お姉ちゃん……何もしないから…グスッ…話がしたいだけだから、お願いお姉ちゃん……」ポロポロ

唯「……ごめんね」

憂「……お姉ちゃん……開けてよ…グスッ……話を聞いてほしいの……抱き締めてほしいの……お姉ちゃぁん!」ボロボロ

唯「ひっ」


ピポパピ…プルルル…プルルル…ガチャ

梓『どうしました?唯先輩?』

唯「あ、あずにゃん!?憂が、憂がおかしいの!!」

梓『え?』

憂「違うの!お姉ちゃん…グスッ…話を聞いてほしいの!何もしない!!……何もしないからぁ……」ガチャガチャ

唯「ひっ!来ないで!!どっか行ってよ!!!」バンッ!

憂「っ……お姉ちゃん……グスッ……私……私は」

唯「いいからどっか行ってよ!!あずにゃん助けて!!」

憂「っ!!」ダダッ


3