憂「だと思うんですけど……私もなんだが今日のお姉ちゃんは変な感じが…」

唯「2人とも何話してるの?」

憂和「「な、何でもないです」」ビクッ


唯「そうだ、和ちゃんご飯食べていくよね?」

和「そのつもりは…」

唯「あぁん?憂のご飯が食べられないって言うの?」

和「……と思ったけどなんだが憂ちゃんの料理が食べたくなったわ」

唯「憂もいいよね?和ちゃんと一緒に食べるの」

憂「う、うん」

唯「じゃあご飯食べるまで私の部屋で話しよ」

和「私憂ちゃんの手伝いを……」

唯「いくよ!和ちゃん」

和「はひぃ」

唯「…………」

和「………あの」

唯「……私本気で怒ったんだから」

和「…唯」

唯「和ちゃんは私の事信じてくれるって思ってたのに」

和「……ごめんなさい」


唯「ぶぅ~もういいよ」

和「本当にごめんなさい!」

唯「今度ケーキ奢ってもらうからね!それで許してあげる」

和「わかったわ今度行きましょ、ありがとうね唯」

憂「ご飯出来たよ~」

和「ごちそうさま、美味しかったわ憂ちゃん」

憂「ありがとうございます」

和「それじゃあ私そろそろ帰るわ」

唯「私送ってくよ」

和「悪いわよ」

唯「いいからいいから、この前は私が送ってもらったしね」

和「じゃあお願いしようかな」

唯「うん!」


……

律「……はぁ…ん?あれは…」


律「唯!唯!」

唯「…………」

律「待てって!唯!」ガシッ

唯「…何?」

律「あ…いや…その…」

唯「痛いんだけど…離してくれる?」

律「ご、ゴメン」

律「…って、そうじゃなくて唯!」

唯「だから何?」

律「本当にゴメン!!私唯に酷いことして……本当にゴメン!!」

唯「…………」

律「やっぱり許してくれないよな…」

唯「……何で?」

唯「何ですぐ自分だって名乗り出てくれなかったの?」

律「それは……恐くなって…言い出せなくなって」


唯「私は何にもしてないのにみんなから犯罪者呼ばわりされたんだよ!?それなのにりっちゃんは私を犯人にしようとして!!」

律「あ、あの時はついとっさに」

唯「聞きたくないよ!!もう聞きたくない!!」

律「唯待てって!」

唯「ついてこないで!!りっちゃんと私はもう何の関係もないんだからっ」

律「関係ないって…やっぱり部活やめるのか?」


唯「いられるわけないでしょ?りっちゃんがけいおん部のみんなを騙して私を犯人に仕立て上げて」

律「それは…」

唯「和ちゃんが澪ちゃんから聞いたって、りっちゃんはクラスの子だけじゃなくけいおん部のみんなも!!」

律「違う!私は!!」

唯「もういいよ!!りっちゃんと私はもう友達でも何でもないから」


……

梓「いろいろ考えたけどやっぱり唯先輩が万引きしたなんて思えない…」

梓「それに澪先輩はまるで唯先輩が犯人じゃなくなるのが嫌みたいな感じがした」

梓「じゃあ澪先輩が?……いや、あの写メはどう見ても澪先輩には見えないし…」

梓「誰かを庇ってる?でも誰を?あの写メに似てる人で澪先輩の知り合い……う~ん…」

梓「でも誰だろう?私の知らない人なのかな?……おはよー」ガラガラ

純「でね、私ったら…」

憂「あはははは」

梓「憂、ちょっといい?」

純「梓おはよう」

梓「純おはよう」

憂「おはよう梓ちゃん、それで何?」

梓「ここじゃなんだから違うところで話したいかな」

純「なになに?私には秘密なの?」

梓「あはははゴメンね」

純「もう!梓には猫触らせてあげないから」

梓「あずにゃん2号~」

純「人の猫に勝手に名前つけるな~」

梓「あぅ~あずにゃん2号~……ってじゃなくていい?憂」

憂「いいよ」

梓「じゃあ付いてきて」

憂「うん」

純「行ってらっしゃーい」



梓「それで話しって言うのは…」

憂「お姉ちゃんの事だよね?」

梓「……うん」

憂「梓ちゃんは別にお姉ちゃんの味方じゃないんでしょ?だったらお姉ちゃんに関わるのはやめ梓「私は唯先輩を信じる!」

梓「私は唯先輩を信じる!!唯先輩は万引きなんてする人じゃないもんっ!だって唯先輩は…唯先輩は…唯先輩は私の大好きな人なんだからぁぁぁ」ハァハァ

憂「あ、梓ちゃん?」

梓「あ!い、今のは無し!何でもないから/////」

憂「…梓ちゃん」

梓「本当に違うから!今のは違うから~////」

憂「梓ちゃんゴメンね、私梓ちゃんに酷いこと言って……梓ちゃんはお姉ちゃんの事思ってくれてたのに」

梓「そ、そんな私は別に」

憂「ゴメンね梓ちゃん」

梓「いいよ別に」

梓「じゃあ教室に戻ろうか」

憂「そうだね」

憂「あ!そう言えば…」

憂「さっきお姉ちゃんの事好きって言ってたけど詳しく聞きたいなぁ」

梓「あ、あれ?憂なんだかさっきのときより恐くなってない?」

憂「あはははは!何言ってるの梓ちゃん、ほらこんなに笑顔だよ」

梓「ひぃぃ~」

憂「あははは待ってよ梓ちゃん」


……

律「お~す」ガチャ

澪「おはよう律」

律「あれ?今日は澪一人なのか?ムギと梓は?」

澪「ムギなら家の用事で梓も今日は用事あるって」

律「へぇ~…何の?」

澪「私が知るか」

律「…………」

澪「…………」

律「……暇だぞ澪~」

澪「なら練習しろ」

律「みんなでやらないと意味ないじゃん」

澪「それもそうだけど」

律「はぁ~暇だ~」
澪「なら予習でもしたらどうだ?和は毎日やってるらしいぞ」

律「うへ~」

律「なぁ、澪」

澪「さっきからなんだよ、私は本読むのに忙しいんだよ」

律「真面目な話しなんだよ」

澪「なんだよ律らしくない顔して」

律「とにかく聞いてくれ」

澪「わかったわかったから」


澪「それで…いったいなんなんだ?」

律「唯の事で澪に話しておきたい事があるんだ」

澪「唯の事?」

律「あぁ、澪には本当の事を話そうと思うんだ」

澪「……………」

律「………実は」

澪「なぁ律、帰りにどっか寄っていかないか?」

律「別にいいけど…って!私の話しをだな」

澪「………いいよ」

律「澪?」

澪「律の話したい事私わかるから」

律「澪?」

澪「はぁ~…何年一緒にいると思ってるんだよ、例え後ろ姿でも律を見間違うはずないだろ?」

律「じゃ、じゃあ澪は知ってて?」

澪「……うん」

律「何でなんだよ!?」

律「それなら何で私が犯人って言わないんだよっ!?何でなんだよっ!!」

澪「言えるわけないだろっ!!」

律「何で!?そのせいで唯は…」

澪「……唯には悪いと思ってる、それでも私は言うことは出来ない」

律「何で!?何で唯より犯罪者の私を庇うんだよ澪!」

澪「そんなの好きだからに決まってるだろっ!!」

澪「そんなの好きだからに決まってるじゃないか、例え律が犯罪者だとしても私は律が好きなんだよ」

律「澪!?」

澪「……だから私は言わないから、言わないからな」


……

斉藤「お嬢様、紬お嬢様」コンコン

紬「…………」

斉藤「失礼します、紬お嬢様」ガチャ

紬「…………」

斉藤「よろしいのですか?紬お嬢様、最近ずっと学校をお休みのようですが…」

紬「行きたくないの」

斉藤「ですがお嬢様、既に一週間も休まれてはお友達も心配してしまいますよ」

紬「…友達」ピクッ

斉藤「確か……律さんと言いましたかな?それと唯さんに澪さん、あとは梓さんと言いましたか…」

紬「唯ちゃん」ピクッ

斎藤「どうかなされましたかお嬢様?」

紬「なんでもないわ、今は気分が悪いの下がりなさい」

斎藤「かしこまりました」




紬「……ごめん、ごめんね唯ちゃん」

「ムギちゃんの家っていっぱいお金あるんでしょ?」

幼紬「う、うん」

「すご~い!」

「いいな~!じゃあ好きな物何でも買ってもらえるんだ」

幼紬「そんな事はないけど」

「ねぇねぇムギちゃんあれ買って~」

「私あれほし~い」

「私も私も」

「ね、いいでしょ?」

「私達友達だもんね?」

幼紬「……うん、私達友達だもん」


幼紬「はぁ…はぁっ…はぁ…忘れ物しちゃった、早く取りに戻らないと斎藤が迎えに来ちゃう」タッタッタッ

「ほ~んとムギお嬢様々だよね~」

「何でも買ってもらえるし最高~」

「と・も・だ・ちで何でも買ってくれるなんてね」

「きゃはははは」

幼紬「…………っ」ダッ



―――帰宅!

憂「ただいまー」ガチャ

唯「あ、ういーおかえr……」ドタドタ

梓「お久しぶりです、唯先輩」


唯「!!!あず……にゃん?」

憂「大丈夫だよ、お姉ちゃん!梓ちゃんはお姉ちゃんの味方だから」

唯「えっ!?でも、りっちゃん達からもう……」

梓「はい、律先輩から話は聞きましたし写真ももう見ました」

唯「じゃあなんで……?」

梓「私は……唯先輩を誰よりも信じているので」
梓「それに唯先輩みたいなおっちょこちょいな人が万引きを上手く出来るなんて考えられませんしね!」ニコッ

唯「あ、あずにゃーん!」ガバッ

梓「ちょっ!唯先輩苦しいです///」


和「ちょっと唯、私を部屋にほったらかして……ってあら、その子は確か軽音部の」ドタドタ

憂「あ、和さんいらしてらしたんですか」

和「えぇ、唯に宿題を教えろってせがまれて
で、梓ちゃんがここにきたっていうことは……」

梓「はい、私は唯先輩を信じます!」

唯「ありがとう……ありがとうあずにゃん!」ギュッ

和「そう、良かったわね唯」

憂「お姉ちゃん、梓ちゃんは別に逃げたりしないんだから、とりあえずはなしてあげて、じゃないと中に入れないよ」

唯「あ、そうだね!えへへ、あずにゃん抱きしめるの久しぶりだったから」

梓(憂の目が怖い……)



――
――――
―――――――

和「……そう、他のメンバーは完全に唯のこと……」

梓「はい、紬先輩も澪先輩も……でもなんで律先輩は嘘なんて……?」

憂「それは律さんが――」

唯「憂!」ジロッ

憂「……お姉ちゃん……」

和「あら、何かあるようね」

唯「何でもないよ……何でも」

和「唯?私達はあなたを信じてるのよ?
今度はあなたが私達を信じる番でしょ?」

唯「!!」

唯「そうだね、和ちゃんや梓ちゃんには話すべきだよね」




―――紬家!

紬「……はぁ」

ブ-ブ-ブ-

紬「唯ちゃんの証拠写真……こんなの回してこなくていいのに」

紬「唯ちゃん……どうして万引きなんか……」チラッ

紬(!あれ……なんだろうこの違和感)

紬(この写真の唯ちゃんには何か……何かが足りないような)ジー

紬「あっ!!!」


―――平沢家

和「そんなっ!」

梓「じゃ、じゃあ、唯先輩は律先輩にはめられて!?」

唯「……うん」

梓「酷い……」ワナワナ
――バン

憂「やっぱり私我慢出来ないよ!律さんのせいでお姉ちゃんがいじめられるなんて」

梓「そうです!言うべきですよ!みんなにその事」

和「…それはダメよ
今唯がそんなこといったら周りからは言い訳としか思って貰えないわ
余計いじめが酷くなるだけよ」

憂「じゃあ、じゃあどうすればいいんですか!?」

唯「……もういいんだよ、憂
私には憂や和ちゃんやあずにゃんがいればそれでいいから……」

梓「そんなの駄目です!」

唯「でも……」


4