梓「まさか唯先輩が万引きなんて…」トボトボ

梓「やっぱり私信じられない……そうだ、憂はこの事知ってるのかな?」


梓「憂に聞いてみようかな」








唯「ただいま~和ちゃんの所でご飯ご馳走になってきたよ」

憂「お姉ちゃんちょっといい?」

唯「な~に憂?」


憂「梓ちゃんから聞いたんだけど……その……」

唯「あずにゃんがどうしたの?」

憂「…あのね、お姉ちゃんが万引きしたって……嘘だよね!?お姉ちゃんが万引きなんてしないよね!?」

唯「憂は…憂はどう思うの?」

憂「私はお姉ちゃんを信じる、お姉ちゃんは絶対万引きなんてしない!!」

唯「憂!」ダキッ

憂「お姉ちゃんったら////」


憂「でもなんで梓ちゃんはお姉ちゃんが万引きしたなんて思ったんだろ」

唯「実は…………」





憂「何それ!?律さん酷い!!お姉ちゃんを身代わりにするなんて!!私律さんに文句言ってくるよっ!!」

唯「もういいよ憂」

憂「よくないよ!!」

唯「あのね、私けいおん部辞めたんだ」

憂「え?」

唯「だからもうりっちゃん達とは何の関係もないから…」

憂「お姉ちゃんはそれでいいの?」

唯「えへへ~これで中学の時みたいに一緒に帰れるね、あ!これからおやつも用意してね」

憂「……お姉ちゃん」

唯「じゃあ私お風呂入るね」



唯「うんたんうんたん、えへへへ久しぶりに和ちゃんと遊んで楽しかったなぁ」ゴシゴシ

唯「これからは毎日和ちゃんと遊んだり憂と遊んだり出来るんだよね!明日から楽しみだ」 ゴシゴシ

唯「本当に……ヒック…ヒック…楽しみ…ヒック…だよぉ…ヒック」

唯「うぇ~ん、うぇ~ん」


うぇ~ん

憂「お姉ちゃん泣いてるの!?」 ガラガラ

唯「な、何でもないよ~恥ずかしいから閉めてよ憂////」


憂「ご、ゴメン////」ガラガラ

唯「ちょっと待って」

憂「何?」

唯「憂も一緒に入ろうよ」!

憂「い、いいの?////」ハァハァ


唯「一緒に入るの久しぶりだね~」

憂「そ、そうだね////(お、お姉ちゃんの裸が!お姉ちゃんの裸が後ろに!)」


唯「そうだ!えへへ~えいっ」ピトッ

憂「お姉ちゃん!?(はだ、裸、裸のお姉ちゃん、お姉ちゃんの裸が私の体に)」

唯「体で洗ってあ・げ・る☆」


唯「えへへ、どう?」

憂「…私しあわせだよ~」バタッ

唯「憂!?うい!!」


……

律「どうしようやっぱり唯にちゃんと謝った方がいいよな」


律「時間も遅いからメールですますか」


律「…ごめんな唯…っと、送信」

律「唯の奴許してくれるかな……でも唯なら大丈夫だよな」



ブー ブー

唯「メールだ、りっちゃんから……」


唯「ごめんな唯って…わかってない!!りっちゃんわかってないよ!!」

唯「もうっ!!…そんなんじゃ許してあげないよ…っと」

唯「送信っと」


ブー ブー

律「唯からだ!」パカ

律「えっと……何だよ唯の奴!!」

律「人が謝ってるのに許さないとか何だよ唯の奴!!もう唯なんか知るかっ!!」ポイッ





律「………………唯」


--教室--


唯「……………」ガラガラ

「なんか臭くない?」

「あれ~?さっきまで臭くなかったのに平沢さんが来てから急に臭くなかったんだけど」

「もしかして平沢さんから臭いが出てるんじゃない?」

「きゃはははは」

唯「無視無視」

「犯罪者のくせに無視すんなよ!!」パシッ

唯「……っ」

「きゃはははは平沢さん泣いちゃう?泣いちゃう?」

「みんな~平沢さんがまた泣くらしいよ」

「泣けばいいって思ってるよね~」

「そんなんだから私達女が泣けばいいって思われるんだよ!」

唯「……ヒック…ヒック…泣かないもん」


「泣かないもんだって~」

「きも~い」

律「おはよー」ガラガラ

「平沢さんきも~い」

「泣かないもんだって~泣かないもん…きゃはははは」

律「さて授業始まるまで寝るか」


紬「おはよう」ガラガラ

紬「…………」

唯を見つめるムギ


紬「(万引き犯と友達だったなんて)」
ムギ唯に失望する

唯「…………」

ムギに見られる唯

唯思う

唯「(ムギちゃんは私の事信じてくれないんだね)」


「きゃはははは」シュッ

唯「(早く学校終わらないかな~、今日も和ちゃんと一緒に帰れるかな…」パシッ

「そ~れっ」シュッ

唯「(和ちゃんがダメでも憂と帰れば楽しいよね!!できれば3人で帰りたいなぁ中学の時みたいに)」パシッ

「きゃはははは」

「我慢してるぅ」

唯「(早く学校終わらないかな)」


……

梓「憂ちょっといい」

憂「……何?」

梓「昨日の話なんだけど…」

憂「梓ちゃんはどう思うの?」

梓「え?」

憂「梓ちゃんは本当にお姉ちゃんが万引きしたって思うの?」


梓「……それは…私だって唯先輩が万引きなんてするとは思えないけど」

憂「けど?」

梓「律先輩が……」

憂「梓ちゃん、中途半端な気持ちでお姉ちゃんの味方されたら迷惑だよ…本気お姉ちゃんの事思ってないならね」

梓「そんな!私はちゃんとっ」


憂「ちゃんと…何?梓ちゃんが本気でお姉ちゃんの味方ならお姉ちゃんを信じるよね?なのに律さんの事を信じるって事は梓ちゃんはお姉ちゃんの事を考えてなんかいないんだよ」

梓「違う!私は唯先輩の事を信じて…」

憂「もういいから!!お姉ちゃんはけいおん部辞めたの、梓ちゃんとは何の関係もないのっ」

梓「辞めたって…憂本当!?」

憂「本当だよ、だから梓ちゃんとお姉ちゃんはもう無関係なんだよ」

梓「…………そんな」

憂「じゃあ私はお姉ちゃんと帰るから行くね」

梓「そんな……唯先輩」



唯「和ちゃ~ん!」

「やだ~あれって平沢さんじゃない?」

「○組の平沢さんだよね、万引き犯の」

「クスクス」

和「…………唯」

唯「今日も一緒に帰れる?久しぶりに憂と3人で帰ろうよ」

和「唯ちょっといいかしら?」


唯「何?和ちゃん」

和「ちょっとここじゃ話しにくい事だから…」

唯「何なの和ちゃん」





和「ここなら大丈夫ね」

唯「それで何なの?和ちゃん、私憂待たせちゃってるから」

和「大丈夫よ、時間は取らせないわ」

唯「も~和ちゃん変だよ?」

和「……………あのね、今朝クラスの子が話してたんだけど、唯が万引きしたって言うのよ」

和「もちろん私は唯が万引きなんてするわけないと思ってる、でも澪に聞いたら唯がやったって言うのよ」

唯「(りっちゃんだ!!きっとりっちゃんがけいおん部のみんなに!!)」

和「それで私はちゃんと唯の口から聞きたいの、唯の口からやってないって」

唯「…………」

和「そうしたら私唯の事信じられるから」


唯「…和ちゃんは、和ちゃんは私の事信じてくれるんじゃなかったの?」

和「だから私は唯の事を信じようって…」

唯「それが信じてないのっ!!和ちゃんはもう私の事疑ってるんでしょ!?和ちゃんは私なんかよりクラスメートや澪ちゃんの方を信じてるんだよっ!!」

和「私はちゃんと唯を信じて!」

唯「もういいっ、和ちゃんなんて嫌いだ!!」

和「ちょっと唯!待って!!待ってって唯!!」


唯「酷いよ和ちゃん!和ちゃんは私の事信じてくれるって思ってたのに」

唯「もう和ちゃんとは口聞いてやるもんか」

憂「お姉ちゃ~ん!お姉ちゃ~ん!」

唯「あ~憂」

憂「もう、遅いよ」

唯「…ちょっとね」

憂「あれ?お姉ちゃんなんか怒ってる?」

唯「べっつに~」

憂「怒ってるよね?何かあったの?」

唯「何でもないっ!!帰りにアイス屋寄るから」

憂「アイスはご飯食べてからって…」

唯「いくの!!」

憂「は、はい(何だかお姉ちゃん恐い)」

「はい、○○円お釣りね」

唯「はむっ!……はむっ!…はむっ!」ムシャムシャ

憂「…………」ペロッペロッ

唯「はむっ!はむっ!はむっ!」ムシャムシャ

憂「……………」ペロッペロッ

唯「はむっ!はむっ!はむっ!はむっ!」ムシャムシャムシャムシャ

唯「はむっ……無くなっちゃった、憂おかわり」

憂「おかわりって…お姉ちゃん買ったのって3段だよ?これ以上食べたらお腹壊しちゃう」

唯「いいからおかわりするのっ」

憂「は、はい!今すぐ買ってきます!」シュタッ

唯「うい~お腹痛いよ~」ピーゴロゴロ

憂「はぁ~…あんなにアイス食べるからだよ」

唯「うい~」ピーゴロゴロ

憂「はぁ~お姉ちゃんったら」


唯「うい~……うっ……と、トイレぇぇぇ」タタタ

憂「だから言ったのに……」


--トイレ--


唯「う~…これも和ちゃんのせいだ」

唯「今度文句言ってやる、それでケーキ奢らせてやるんだから」

唯「和ちゃんが悪いんだからね、和ちゃんが私の事信じてくれないから」

唯「……和ちゃんはヒック……私の事…ヒック信じてくれるって思ってたのに…ヒック」

唯「和ちゃんのばかぁ」



--部室--

律「…………」

紬「…………」

梓「…………」

澪「…………」

澪「…唯がいないと何だか静かだな」

律「………ああ」

澪「唯は最近来てないけど律達何か聞いてないのか?」

律「………別に…ムギは?」

紬「いいえ、私も何も聞いてないわ」

澪「そうか…」

澪「唯の奴なんで来ないんだよ…例え万引き犯でも私は唯の味方なのに…」

梓「その言い方だとまるで唯先輩が万引き犯って決まったかのようですね」

澪「え?私はそんなつもりじゃ…」

梓「つもりも何もさっき言ったじゃないですか!!例え万引き犯でもって!それって唯先輩が万引き犯って思ってるからですよね!?」

澪「な!確かにさっきのは軽率だったけど唯は自分で認めたんだぞ?」

紬「そうよ梓ちゃん、梓ちゃんは唯ちゃんの事と好きだったから庇いたいのよ」

梓「それは……でも!」

律「(今更私がやったなんて言えないよな……謝ったのに許さない唯も悪いよな)」


澪「それに唯がもしやってないならなんで部室に来ないんだよ、やってないなら私達に会えるだろ?」

梓「……辞めました」

律「え?」

梓「唯先輩はけいおん部やめました」

律「(嘘だろ……あれ本気だったのか?)」

澪「ほら、やっぱりやましい気持ちがあるから部活に来るのが辛くなったんだよ」


梓「違います!そんな理由じゃないです!!」

澪「なら何で来ないんだよ!?」

紬「澪ちゃん落ち着いて、梓ちゃも…ね」

梓「……わかりました」

澪「………ごめん」

律「……よし!練習するか」

紬「そうね」

澪「……ああ」

梓「そうですね、部活に来てる以上練習はしないといけませんね」


和「どうしよう…私唯の事信じてあげられてなかったわ」

和「唯の言うとおりだったわ、私ってば知らない内に唯より周りの事信じて……これなら唯に嫌われて当然よね」

和「唯許してくれるかしら……本気で怒ってたけど…」

和「とにかくまずは唯に謝る事から始めないとね」


……

唯「トイレにいったらスッキリしたよ」

憂「良かったね、ども食べ過ぎるからだよ?ちゃんと気をつけないと」

唯「は~い」

憂「でも何でそんなになるまでアイス食べたの?」

唯「実は…」


ピンポーン ピンポーン

憂「私が出るよ」


憂「誰だろ…和さん?」

憂「どうしたんですか?和さん」ガチャ

和「唯いるかしら?」

憂「お姉ちゃんですか?ちょっと待ってくださいね」

唯「うい~誰が来たの?……あ~!!」

和「唯!」

唯「…何しに来たの?和ちゃん」

和「ごめんなさい!私唯の事信じてるつもりだったのに唯の言うとおり疑ってたわ」

唯「……和ちゃん」

和「だから謝りたいの!本当にごめんなさいっ!!」

唯「…………」

和「……やっぱり許してくれないかしら」

唯「和ちゃんのアホ、和ちゃんのバカ、和ちゃんのオタンコナス、和ちゃんの小姑」

和「ゆ、唯?」

唯「和ちゃんのメガネ、和ちゃんの怒りんぼう、和ちゃんの…和ちゃんの…和ちゃんのバカぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ハァハァ

和「あ、あの…唯さん?」

唯「ケーキ!今度ケーキ奢ってもらうから!!いいね!!」

和「は、はい」

唯「憂の分もね!」

和「憂ちゃん、憂ちゃん、あれ本当に唯?」


3