憂「それにご飯の時に学校の話、よくするようになったんだ。
  中学の時はそんなにしなかったんだけどね……楽しいんだよ。学校」

梓「でっ…でも……」

憂「私にはお姉ちゃんが笑っていられてるって事実があるだけで十分だよ」

憂「信じるのには、それで十分。へへっ」

梓「…………」

梓「じゃあ…憂も私が間違ってるって……そう思うの?」

憂「えっとね……」

憂「私だったらお姉ちゃん以外の人にパシリなんてさせられたくないし」

憂「でも、それはあくまで私ならって話で…」

梓「……」

憂「だから…」

梓「い、いい。もういいよ、分かったよ」

憂「梓ちゃん…」

梓「私帰るね……」

憂「ま、待って梓ちゃん!」

梓「……」

憂「…梓ちゃんが梓ちゃんなりにお姉ちゃんの事心配してくれてるの、凄くよく分かるし……私は嬉しいよ~」

憂「だから私は梓ちゃんが“間違ってる”なんて、そんな風には思ってないよ!」

梓「……憂…」

憂「ありがとう。梓ちゃん」


梓「……」

憂「私、梓ちゃんはお姉ちゃんにとって凄く貴重な存在なんだって思うから」

梓「……」

憂「だ…だからね?お姉ちゃんのこと……」

梓「わ、分かってるよもう!別に私は唯先輩のこと嫌いになったわけじゃないよっ」

憂「ほんと?」

梓「ほんとほんと!本当に嫌いになってたらこんな……」

梓「な、泣いたりとかっ… 怒ったりとかも…しないもん」

憂「梓ちゃ~ん!」ガバッ

梓「ちょ、憂ぃっ!?」

憂「良かったぁー!」

梓「あははは…ほ、ほらもう帰るからぁ……」

憂「お茶していこうよ~♪」

梓「えぇ?い、いいけど……へへへ」


―――

ガチャ

唯「お茶だよぉ~♪ ささ、ムギちゃんどうぞ…」

紬「ありがとう唯ちゃん… 二人ともお待たせ~」カチャカチャ

澪「お、サンキュー」

律「グジュッ… はやくケーキ食べよーぜー」

唯「そうだよムギちゃーん、けーきはよう!はよう出して~」

紬「は~い」

澪「ん。お茶は緑茶か。緑茶でケーキ……」

律「…し、仕方無いだろうち日本茶しか常備してないんだから……」

澪「とりあえず律はそっちで一人で食べてよ」

律「な、なんでだよ。一緒に食べればいいじゃん」

澪「だってうつされたら困るし……」

紬「そうね~、ごめんねりっちゃん」

律「…………」


唯「いただきま~す♪」

澪「おいしいなぁ!」モグモグ

紬「りっちゃーん、どう~?」


律「……」モグモグ

律「ウマイよー」モグモグ


唯「良かったねりっちゃ~ん」

澪「はは、唯もすっかり元気になったな」

唯「え?うん~…」

澪「なっ…てない?」

唯「なったよ~、あはは」


律「ん、何かあったのかぁー?」


唯「えーと……」

澪「…実はさぁ、今日部活で律のお見舞い行こうって話になった時にな……」



澪「……てな事があったんだよ」

律「……」

唯「…も、もう気にしてないよぉ~。あははは」

紬「……ほんとに?」

唯「あぅ…」

律「えっとつまりその……あれか?私らのせいで唯は梓に嫌われちゃったの?」

澪「まぁそうなるかなぁ…ごめんな唯」

澪「これからは唯におつk…ぱ、パシリ させるのやめるよ。もう遅いかもしれないけど…」

唯「そんな、大丈夫だよぉ~私は別に今まで通りで!あはは」

律「……ごめん!」バッ

紬「ごめんね唯ちゃん…」

唯「や…やめてよぉりっちゃん……みんな~…」

唯(ヘンな事になってきちゃった…気をつかわれてるよ、私……)



澪「そろそろ帰るかな」

紬「そうね~」

律「あんがとね、今日は」ギッ

澪「いいって寝てろ律、勝手に出ていくからさ」

律「へへ」

澪「それじゃまたな~」

唯「……」

紬「唯ちゃんは?まだいるの?」

唯「あっ、ううん私も帰るよー」

唯「じゃあねりっちゃん!明日は学校こられそうだね~」

律「はは、そうだな。んじゃまた明日」

唯「ばいば~い」


―――

カランカラーン♪

憂「ケーキおいしかったね!」

梓「うん」

憂「お姉ちゃんにも食べさせたかったなぁ~」

梓「あはは、そうだね」

犬「……」

憂「あっ、わんちゃんだ!」

梓「ん~?この犬は」

憂「梓ちゃん知ってるの?」

梓「確かたまに唯先輩がぐりぐりしてる犬だよ」

憂「へぇ、そうなんだぁ。わんちゃ~ん♪」スッ

犬「……」トコトコ

憂「あ、あれ」

梓「あらら、逃げちゃった」

犬「……」ピタ

梓「ん?こっち見てるね」

憂「わんちゃ~ん♪」タッタッ

犬「……」トコトコ

憂「あれ……」

梓「かわいげないなぁああ~っ」

犬「……」ピタ

憂「あ、また…」

梓「からかわれてるんじゃない?」

憂「そ、そうかなぁ~」



ガササ…

犬「……」トコトコ

憂「も、も~ヘンなとこ通って…どこ行くのわんちゃーん」

梓「ねぇーっ、なんでついてくの?触らせる気ないんじゃないあの犬」

憂「でもなんかこういうの楽しくない?」

梓「そ、そう~?」

憂「ぼくらだけの 近道は~♪けして誰にも、話さない~♪」

梓「あっ、憂それ」

憂「これ?へへ、お姉ちゃんの部屋から流れてくるの聴いてたら覚えちゃった。知ってるの?」

梓「CD貸したの私だもん」

憂「えー、そうだったんだぁ~」

梓「♪通り抜けるときは お静かに~ぃ~♪ へへw」

犬「……」トコトコ

犬「……」タッ

ガササッ

憂「……あっ、通りに出た!」ガサガサ

憂「よっと…」ガサ

梓「へー、こんなとこ出るんだ。ほんとに近道だったね」

憂「すごいね~わんちゃ… あれ?」

梓「んん、犬どこいった」


「あーっ、わんたんだぁ!よーしよしよしよしよしよしよし♪」


憂梓「!!?」

憂「も、もしかして…」


唯「よしよしよしよぉおーしよしよし♪」グリグリグリ


憂「お姉ちゃんだ…梓ちゃんほら、あそこ!お姉ちゃんだよ!」

梓「ほんとだ…」

憂「行こう?梓ちゃん」


唯「よしよしよしよぉーしよしよし♪」グリグリグリ

犬「……」じぃーっ

梓(……んん、こっち見てるのかな…)

唯「よしよし♪よぉーしよし…」グリグリ…

梓(唯先輩……)


憂「…梓ちゃん?どしたの?」

梓「今日はありがとうね憂。もう大丈夫だよ、私」

憂「えっ?あ、うん」

梓「また明日ね~!」タッ

憂「あっ!梓ちゃ……」


憂「……」

憂「お姉ちゃ~ん」タッタッ

唯「よしよしy… ほっ!?あ、うい~!」

憂「お姉ちゃん見~つけた♪」

唯「偶然だねえ!何してるのー」

憂「ううん別に…家に帰る途中なだけだよ~。お姉ちゃんは?」

唯「りっちゃんのお見舞いの帰りだよ~。へへ、私のうつっちゃったみたいでねー」

憂「そうなんだーいいなぁ私もお姉ちゃんにうつされたかったなぁ~//」

唯「何言ってるのういったら~」

憂「えへへへへ」

憂「よーしよしよしよし」グリグリグリ

犬「……」


――翌日、放課後――

梓「……」

ワイワイ… キャッキャッ

梓(もう皆来てるんだ)

梓「……よし…」グッ


ガチャッ


梓「おつかれさまでーす!」


唯律澪紬「!」

梓「……」


唯「あ…あずにゃ~ん!やっほー!……」

梓「! やっほーです!唯先輩~。へへへ…」


律「…お、おーす梓ぁ」

澪「はは、待ってたんだぞぉ~」

紬「すぐにお茶淹れるね~」


梓「あっ、律先輩風邪治ったんですね。 …お見舞い行かなくてすいませんです」

律「いやっ別に!ははは……い、いいっていいって」

律(何だ…梓普通じゃん。聞いてたほどの事じゃなかったんじゃないか~?)


律「…あーヒマだなぁ、漫画でも読みたいなぁ。唯何か買っ… はっ!?」

澪紬「!!」

唯「うん、いいよぉー。何~?」

唯「あっ!?」

澪紬(あちゃーっ…)

律(やべっ、ホっとしたらついいつものクセがっ……!)

唯(つ、ついクセで答えちゃったよぉ~……)


梓「……」


律「な、なーんちゃって!言ってみただけ!wはははは」


梓「買ってきましょうか?」

唯律澪紬「!!?」


律「えーっと……いやっ、別に~」

梓「いいですよ、何ですか~?」

律「あー……じゃあその~…アクションを……」

澪(おいっ!?)


梓「分かりましたー。唯先輩、アクションだそうです」

律澪紬(!?)

唯「えっ?あ、うん」

唯「へへ、あくしょんだね~まかせてよー!」ガチャ

梓「私も一緒にいきまーす」

唯「へぁっ!? …い、いいよー。じゃあ行こ~」


バタン

律「……えーっと~、これは…」

澪「……バカ」

律「なにぃいい!」

紬「まぁまぁまぁまぁ……」


―――

テクテク…

唯「……」ソワソワ

梓「……」

唯「……」チラッ

梓「なんですか~?ちらちら見て」

唯「よ…良かったの~?あずにゃん。……怒らないの?」

梓「いいですよ別に。私も理解して…受け入れることにしましたから」

唯「ほんと~?へへ…そっか~♪良かったぁー」

梓「もし私が1年早く生まれて…先輩と同級生だったら、また何か違ってたかもしれませんけど……」

唯「? うん。えーっと……」

梓「とりあえず唯先輩が楽しいなら、それでいいです」


唯「へへ、楽しいよ~♪」

梓「そうですか~、あはは」

唯「あずにゃんも一緒に来てくれたしね!」

梓「! …もぉ~そんなこと言って……ズルいですよー//」

梓「…これからは二人で行きましょう。ずっと、絶対、そうしましょう」

唯「うん!」

唯「…じゃあこれであずにゃんも立派なぱしりだね~!w」

梓「ちっ違いますよ私は!先輩に付き合ってるだけです、そんなんじゃないです!」

唯「へへ、ぱーしにゃんっ♪」

梓「」

梓「なっ…なんてこと言うんですかぁあああ!!」

唯「へへへへへw」

梓「せ、せ…先輩なんか年季の入ったパシリのくせに~!」

唯「私別に悔しくないも~んwぱしにゃーん♪」

梓「こらぁああーー!」

唯「わぁああぱしにゃんが怒っちゃったぁああ!逃げろぉ~っ」タッタッ

梓「待てーっ!このッ……」


梓「パシリせんぱ~いっ!!」

唯「おつかい!さいこ~っ♪」



終わり